FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  玉川徹のトンデモ発言 ~ 「都合の悪い情報は見なければなかったことになる」

玉川徹のトンデモ発言 ~ 「都合の悪い情報は見なければなかったことになる」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮との関係が“順調に”悪化している。そもそも反日全体主義で教育を受け、その中で暮らす民族との間に友好を育むことは難しく、条約ですら司法を使ってでも反故にしようとする国家とは、こちらから進んで関係を改善する必然性もない。いわゆる徴用工判決問題に続き、BTS(防弾少年団)という未熟な青年たちのおイタが物議を醸しているが、守旧メディアがいくら火消しに走ったとしても、無駄な努力に終わる。守旧メディアは、ネットに対してほぼ無力であるからだ。

 それほど、ネットの言論空間が持つ力は大きくなってきている。もちろん、ネット言論は玉石混淆である。真実とデマが入り交じり、その中から真実をピックアップする能力は個人のスキルに依るところが大きい。表現の自由に関しても、例えばSNSをとれば、言葉の制約はそのサービス事業者側が持つ基準に依存しているから、そのサービス事業者の判断によっては制約が生じる。しかしその基準があったとしても、守旧メディアとは比べ物にならないほどの情報が出て来て、その情報についての議論は、守旧メディアでは対抗できないものとなっている。最近でいえば、蓮舫の二重国籍疑惑に関し、過去の週刊誌等での発言を最初にピックアップしたのは、ネット民だ。

 だから、私個人的には、守旧メディアはネットとの共存や、相互補完を、これからのテーマとすべきだと思う。しかし、そういう考えとは真逆なメディア側の人間は極めて多いようだ。恰好のサンプルが、テレ朝の玉川徹である。安田純平氏が拘束を解かれ、帰国したときに「英雄」と称したのが玉川だ。玉川は過日のモーニングショーで、トンデモ発言をかましていた。

「ネットなんきゃ見なきゃいいんですよ」
「見なきゃ無かった事になるんですよ」


 この発言は、ネットでの安田純平氏に対する批判が家族の耳にも届くという文脈の中で発せられた。しかし、安田氏への論評だけならまだしも、玉川の発言は、ネット言論自体を無きものとすればよいという趣旨である。これはどういう理屈から捻りだされたものなのだろうか。

玉川徹


 玉川の、「ネットなんきゃ見なきゃいい」「見なきゃ無かった事になる」というのは、ネットでの言論を無視してもよいというものだ。しかし、ネットであろうと守旧メディアであろうと、はたまた路上での井戸端会議であろうと、それは言論活動のひとつであり、そこには発言の主体たる国民がいる。都合の悪いことなら、他人の意見を無視しても構わないという論理は、守旧メディアの傲慢さであり、ネットに対する差別だ。玉川が生きるジャーナリズムというのは、そういう世界なのか。それなら、他のジャーナリストに失礼である。

 玉川の発言を更に解剖していけば、「国民の知るべき情報は、我々ジャーナリストが取捨選択する」という理屈にもつながる。いわゆる「報道の自由」と「報道しない自由」の使い分けだ。こういう理論は、ジャーナリズムが一般国民の上位に位置し、情報を「与えてやる」という意識がなければ生まれない。

 数々の発言で炎上する玉川だが、テレ朝もよくこういう偏向した人物を使い続けるものだ。それとも一種の炎上商法なのだろうか。いずれにせよ、玉川徹という人物の傲慢さが良く表れた発言であり、批判は当然の反応だろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/12 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(6)
これで「ジャーナリスト」w
こういう人を使っているとテレ朝も近いうちに待望のフジの二の舞になるかも、で楽しみです。
韓流押しがしつこくてデモを掛けられ、抗議電話に「嫌なら観るな」と返答した職員が居たフジは、その後何を制作しても視聴率が取れないまま。

今回の原爆Tシャツ坊やの出演をキャンセルした理由が「フジの様にはなりたくない」のも一つだそうで、既にその方向に踏み出しているお雇いコメンテーターのご健闘を祈りたいw



原爆坊や達のトンデモ業績の数々をネットで知ったのですが、その中には3・11の悲惨な情景を揶揄するものが、日本向けの動画にありました。
もうこのバカ者達は「おイタ」では済まない、敵対するレベルの反日思想者だと断じます。
他にも前にバロン閣下がお知らせの、ハーゲンクロイツを模した旗だとかSSの髑髏帽子などもありましたし、Tシャツの子とは違うメンバーが原爆ブルゾンを着用している映像など、はっきり言って気が狂っている、としか思えない集団の様ですね。
南鮮のユニセフ支部では「リトルボーイ」を模したのか?平面看板状の作りモノを持ってみたり(これを飛行艇だと強弁するむきもありますが、固定された短い尾翼では飛行艇は進めなかろう)。

どういう反日集団でも感情は個人の自由ではあろうけれど、それで何故日本に出稼ぎに来るのか?その辺りもまともな神経では無いのだろう。あのクニだし・・・

[ 2018/11/12 07:59 ] [ 編集 ]
釣り指南
「こんちは~」
「はいはい」
「表の看板見て入ってきたんですがね、こちらで釣りを指南してもらえるそうで」
「はい、あなた、釣りを教わりたい?」
「へぇ、どうにもヘタクソで、鮒一匹釣り上げられたためしがねぇんで」
「はいはい、釣り場と餌を工夫すれば入れ食いで釣れますよ」
「そいつはありがてぇ、ぜひ教えてもらいたいもんで」
「はいはい、釣り場はそうですな……ここにしましょう」
「ここは西早稲田ですけど……」
「そうですよ、ダボハゼがウヨウヨいます」
「そうですか、餌は何を?」
「そうですね、『原爆Tシャツ』でやってみましょう、新鮮ですからね」
「そうですか……仕掛けはどのように?」
「仕掛けなんざ要りゃしません、糸の先に吊るして置けば結構ですよ」
「そうなんですか?……あ! 本当だ! なんかもじゃもじゃの頭のやつが釣れました」
「それはアハですね、続けてやってみましょう」
「今度は頭が金色のが釣れましたよ」
「餌を変えてみましょうか、今度はこれ、『自己責任』で」
「わっ、本当に入れ食いですねぇ、おでこの広いのが釣れました、なんか口をパクパクさせてますけど」
「ああ、どうせ大したことはしゃべってません、ついでに聞く耳もないですし、視野も極端に狭いんですぐに釣れるんですよ」
「どんどん釣れるのは良いんですけどね、もうちょっとこう……」
「河岸を変えてみましょうか、永田町のほうに行けばまた違う釣りが楽しめますよ」
「それはどういった?」
「餌を変えて狙いを絞るんですよ、餌は『原発』『国籍』『しばき』『セメント』などですね、やってみます?」
[ 2018/11/12 08:50 ] [ 編集 ]
玉川さん、もう一度考えてみてはどう・・・・
心の歪みが顔に表れ、汚れたヒョットコみたいな玉川さん、
「ネットは見なきゃいい」「見なきゃ無かったことになる」って、
それは無理です。
「砂に頭を突っ込んだダチョウになれ」なんて。・・・失礼だと思うなー
私たちは、背筋を伸ばして立ち、四囲を見回して、
美しい風景も眺め、世の悲惨な事実も知りたいと思います。

ウマル氏への、ネットの辛辣な反応、玉川氏の助言を容れて、
ウマル氏が見なくても、厳然とあり、存続し続けましょう。おそらくは、
ウマル氏自身、無視できない「力」を持っていると思われます。

玉川さん、他人への助言、自ら実行していましょうか・・・・・
厳しいネットの玉川氏への批判を、見ず、無かったことにして、
大切なものを、もしかして、失っていないでしょうか・・・
[ 2018/11/12 08:51 ] [ 編集 ]
DNAには逆らえないね
「見なきゃ無かった事になる」、彼の民族が持つ考え方ですね。
[ 2018/11/12 10:32 ] [ 編集 ]
自称「ジャーナリスト」w
「ジャーナリスト」なる呼称は誰でも名乗れる。
つまり須く自称なんですね。
公的な資格もなく、名刺の氏名の右肩か左上に印刷すれば
「ジャーナリスト」の一丁上がりwww
ぱよちん玉川はテロ朝の「ジャーナルテロリスト」。
略して「ジャーナリスト」なのかもwwwwwwww
[ 2018/11/12 11:26 ] [ 編集 ]
玉川と青木理を使っている限りあの番組は救いようがないですね。
それはテロ朝の終焉の始まりです。
[ 2018/11/13 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ