FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮徴用工判決 ~ いま、対南鮮外交に必要なのは、ありとあらゆる制裁だ

南鮮徴用工判決 ~ いま、対南鮮外交に必要なのは、ありとあらゆる制裁だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「歴史を忘れた民族に明日はない」というのは、南鮮でよく使われるフレーズだ。当然、このフレーズは日本に対して頻繁に使われる。しかし、当の本人たちは、歴史を忘れるというより、歴史を作ってしまうのだから、何をかいわんやだ。彼らの知識の中には、南鮮が日本から独立したことになっているが、実際は米国によって独立させてもらったのが史実だ。先の大戦では日本国民として戦ったのにもかかわらず、彼らの知識では、日本と戦ったことになっている。

 僅か70年前の出来事は、歴史の証人もいれば証拠もあり、事実を曲げることは不可能に近い。しかし、彼らはそういった現代の歴史まで捏造してしまうのだから、都合の悪いことは公にしない。嘘で塗り固めた歴史教育で国民を洗脳し、怒りや憎しみが日本に向かうように国民を教育してきたのが青瓦台だ。彼の地で今起きていることは、その洗脳された国民が、日本に対する敵意を「謝罪」「賠償」という訴えに変え、為政者に迫るという循環だ。洗脳した国民によって、青瓦台は身動きが取れなくなるという、一種のタコツボ状態だ。

 2002年の日韓共催ワールドカップの頃は、日本のメディアが南鮮を持て囃し、「友好」のサブリミナル効果も相まり、日本人の南鮮に対する感情は悪くなかった。韓流ブームなどという珍現象も起こり、人々の交流も活性化した。その南鮮への感情を、どん底に落としたのが李明博である。李が日本の領土である竹島に上陸するパフォーマンスを披露したことも理由のひとつだが、最もインパクトが強かったのは、天皇陛下への謝罪要求発言だ。ここで日本国民の南鮮への感情は、落ちるところまで落ちた。朴槿恵も就任後、第三国で日本批判を繰り返す告げ口外交、コウモリ外交を展開し、国民の支持を得ようとしたが、米国の指導もあり、矛を収めざるを得なくなった。その結果が、慰安婦に関する日韓合意だ。普通はこの決着点で落ち着くものだ。

駐日南鮮大使を呼んで抗議した河野外相
駐日南鮮大使を呼んで抗議した河野外相


 文在寅は、日本人の嫌韓レベルを、更に高く上げた。一応は司法判決という形をとってはいるものの、盧武鉉ですら動かさなかった「個人請求権の認識」を覆したということは、この判決が何らかの政治的な影響下にあってなされたものと認識するのが妥当だろう。最も公正であるべき司法までも、偽りの歴史をもとに法を曲げる。近代国家の要件として三権分立というものがあるが、南鮮の場合、立法や行政のみならず、司法までも反日世論に迎合するのだ。こんな国、相手にするのはバカバカしい。

 自覚というのは、様々な外的影響を受けて芽生えるものだ。そのひとつが教育だが、南鮮の場合の教育は事実に基づいていないから、結果は自覚と真逆の方向に向かう。そもそも、南鮮民族が正しい歴史を学び、自国の立場を自覚する日など、来るわけがないと言っても言い過ぎではない。さりとて、日本に被害が及ぶのであれば、傍観するわけにはいかない。

 最も有効な手段は「痛み」だろう。ここでいう痛みとは、打撃(力、攻撃)によるものではない。打撃による覚醒促進は、打撃を送る側も一定のリスクを負う。彼らのためにリスクを負うなんて、ナンセンスだ。バイの関係上で制裁すればよいのである。不法滞在者の摘発、強制送還はもちろんのこと、輸出入の制限・凍結、文化交流の凍結、南鮮国民のビザなし渡航の停止、南鮮有事における在日米軍出動の不許可など、ありとあらゆる制裁が考えられる。南鮮が請求権協定を破棄したのだから、南鮮に残した日本資産の対価を請求することも可だ。

 とにかく、遺憾というフレーズの繰り返しでは、何の問題解決にもならない。日本政府が手を抜くようなら、批判の矛先は政府にも向けられることになる。安倍政権は、国民感情を蔑ろにしないことだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/01 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
仰る通り
韓国というクニに対し、今更もう何も言うつもりもありません。
ブログ主様はじめ皆様ご指摘の通り、このクニにまともに期待する事の方が間違いだという結論です。

今回のブログの結びの「安倍政権は、国民感情を蔑ろにしないことだ」とありますが、正にその通りだと思います。

このところの安倍政権に「裏切られた感」があるのは私だけでしょうか?
そもそも安倍政権の一丁目1番地である「デフレ脱却」はどうなったのでしょうか?
日銀に頼るだけで、財政は緊縮なので国内経済は停滞したままなのに、増税を表明し移民拡大を図るなど、全くズレた政策ばかりで、デフレ脱却どころか間違いなくデフレが深刻化します。

最後の任期に期待していましたが、全く期待外れで、この状態で来年の参院選、憲法改正の国民投票はどうなるのでしょうか?

あまり期待していませんが、今回の韓国に対する措置で、国民の政権に対する感情が表面化する様な気がします。
[ 2018/11/01 13:38 ] [ 編集 ]
 わが政府の現状の対応で見る限り、従来とあまり変わらない口先だけの非難に終始するような気がします。

 本気で怒っているとはとても感じられません。

 折角、韓国が一生懸命、日本国民の怒りを誘発しているのに、それに応える気が感じられません。
 次に問題提起するのはなんでしょうか?

 竹島への常備軍の配置でしょうか?
 対馬の領土主張を明確にした侵略構想をぶち挙げることでしょうか?

 今後の対応によっては、安倍政権に暗雲が急激に垂れ込める危険性が大なりと思うのは私独りでしょうか?
[ 2018/11/01 15:50 ] [ 編集 ]
害虫に‘かわいそう’は禁物
在日朝鮮人の資産を没収して国外追放にする。これだけで韓国への強い抗議の意思を示すことが出来ますし、不満を抱いている多数の市民の溜飲も下がるでしょう。馬鹿なリベラル層からの罵詈雑言は出るでしょうが、それ以外のまともな日本人は決して反対などしないはずです。なぜこの程度の事すら出来ないのかと思います。
[ 2018/11/01 18:03 ] [ 編集 ]
大好きな
南鮮の連中はどうやら原爆が大好きなようなので、頭上に大好きな原爆を炸裂させるのが宜しいかと…。
[ 2018/11/01 20:45 ] [ 編集 ]
文大統領「解放」72年演説
デフレ脱却未だ成らずで消費税アップは当然反対ですし、移民政策ではない、と言っても、何時なし崩しになるか確証は無いだろうと思いますので、(小泉政権の非正規社員雇用は当初職種限定だったはずですが、あっという間に全職種に広げられ、そして問題山積となりました様に。)この二件について、官邸メールで反対を申しました。

この度のトンデモ南鮮に、私は安倍総理も河野外相も心底怒りを覚えている様に拝見しております。人間、心が冷え切るに連れ冷静度が上がりますから。
あの相手ですから政府も予想は十分にしておられたでしょうし、外相の打つ手や発言がそれを証明しているのでは。とも思います。
私たち一般国民が怒り心頭で発する限度の無い言葉と、政府段階の外交言語は違いがあって当然ではないかしら。


文大統領は”解放”72年の「光復節」(八月十五日)に
「(戦前の)強制動員の苦痛は続いている。今後南北関係が改善すれば南北共同で被害規模の実態調査を検討する」主旨の演説をしています。
その言を実現させるつもりなのだろうと思います。
昨日のテーマに書きましたように、05年の盧武鉉政府の「日韓請求権は協定で解決済み。後は韓国政府が補償する」という表明の場に秘書官として立ち会った人物が、昨年にこの演説です。
なので、
国際協定や条約がどうであっても、彼らは気にしないで「日本汚しのエンドレス」運動なのだろうと捉えるしか無いように思います。

まじめに相手にしたら疲れるだけでしょう。ろくでなしに対応する知恵が必要です。
勿論国際常識面で政府や日本国民が論じ世界に発信する事は大事ですが、当の南鮮にはそれは”馬の耳に念仏”で「説得」の甲斐は無いと思います。

ただ、日本側の「過誤」の代表がアノ菅直人「首相」にあります。
05年の盧武鉉の決定で鎮まっていたこの問題が、2010年の「日韓併合百年」に出された菅直人の談話で南鮮の「タカリ」根性を呼び起こしたのだろうと思います。
「(日本に依る朝鮮半島統治は)政治的、軍事的背景の下、当時の韓国の人々はその意に反して併合された」、というバカな「首相」の認識表明。
ここから2012年の南鮮最高裁の徴用工問題訴訟の協定効力否定判断に繋がった、と過去に幾人もの識者が指摘しておられます。
その者、唯今議席を持って立民の顧問をしています。

日本側からの断交は下手で南鮮から言わせるべし、というお説も分かりますが、相手はタカリが目的の一つです。その汲めども尽きぬ筈の蜜壺を、彼らが手放す事は、まあ無いのではないかしら?あれば良いのですけどね。
[ 2018/11/01 22:55 ] [ 編集 ]
訂正
(”馬の耳に念仏”で「説得」の甲斐は無いと思います。)の後に 
日本政府は打つべき手を淡々と沈着に打てるでしょう。選択種は日本側に多くあると思います。
の一行を書き加えます。
[ 2018/11/01 23:13 ] [ 編集 ]
韓国の徴用工賠償判決にできる日本の強い報復措置
韓国の徴用工賠償判決にできる日本の強い報復措置」
①日本人が半島に残した個人財産への補償を要求

②対北朝鮮経済協力の拒否(統一時も含む)

③三代目以降に特別永住者の地位を認めない事(日韓基本条約上は可能)

④歴史教科書における近隣国条項を韓国に限って撤回

⑤韓国大衆文化の流入制限(韓国が日本にしているのと同じ程度)
http://agora-web.jp/archives/2035480.html
日本側からの条約破棄?
美味しい事なんか何も無いでしょ。一体何したいの?
で敵の思うつぼに成りますよね~実は連中、日韓基本条約破棄して何度でも締結しなおして、何度もお代りしたいわけですから。
其れが出来ないから条約無効同然にして嫌がらせをしてくるんでしょ。
慰安婦合意と同じですね
破棄したいけど出来ないから日本側に嫌がらせしたり世論を焚きつける
条約破棄して得られる物が有るとしたなら「気が晴れる」位でしょうか実効性何か有りませんし軍備も此れを運用する法律も有りませんね。
敵のおもうツボに嵌まる。
下の下の下策
[ 2018/11/01 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: