FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮徴用工訴訟でのあり得ない司法判断 ~ 日韓断交を決断すべき時

南鮮徴用工訴訟でのあり得ない司法判断 ~ 日韓断交を決断すべき時

← 応援クリック、ありがとうございます。

 注目されていた南鮮徴用工訴訟で、南鮮大法院が30日、新日鉄住金に原告1人当たり1億ウォン(約1,000万円)の支払いを命じた。大法院は日本で言う最高裁だ。南鮮司法が日韓間の個人請求権を認めたのが控訴審判決で、最高裁はその判決を追認し、新日鉄住金の上告を退けた。まったく、「あり得ない判決」である。

 南鮮司法がこの訴訟のテーマとしていたのは、日本による朝鮮半島併合の違法性、および、日韓基本条約・請求権協定後の個人請求権の有効性である。今回、南鮮司法は、日本の朝鮮併合を「違法」としている。朝鮮日報は「日本による朝鮮半島の植民地支配は違法だとする憲法的判断に基づき」と書いているが、日韓両国のメディアを当たってみても、何の法律をもとに「違法」という判断をしたのかが不明だ。判決には「日本による植民地支配や侵略戦争遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為」と書かれているが、この事実誤認も甚だしい。1910年の日韓併合は、国際法に基づいた条約であり、国際社会でも認知されていたものだ。不法というなら、その条約を締結した南鮮側も同罪だろう。

 個人請求権の有効性についても、日韓請求権協定の精神の真逆を行くものだ。協定は、請求権について「完全かつ最終的に解決済み」と謳っており、そこに疑問を挟む余地はない。請求権の規定を条文通り読めば、すべての請求権は解決されたもので、南鮮国民の請求は自国政府に対して為されなければならない。従って、今回の判決は、南鮮政府の責任放棄と、日本への法的根拠なき責任転嫁を意味する。およそ近代国家ではあり得ない判断だ。

徴用工


 南朝鮮では、司法判断は法に基づかず、国民感情によって下されると言われる。「情治国家」と言われる所以だ。それが自国内の事案に対して採用されるだけなら知ったことではないが、我が国に対して求められるものがあるとすれば、話は別だ。

 そもそも、請求権協定の一方的破棄は、慰安婦問題でのちゃぶ台返しが南鮮の成功事例となっている。日本は一貫して賠償を拒否しているが、その代わりに民間で「償い金」という対症療法で凌ぎ、2015年にはこの問題を不可逆的な解決に導くため、癒し事業のための10億円を提供している。それでもなお、慰安婦問題は収束しない。南鮮政府が常にゴールポストを動かし続け、条約に等しい日韓合意は、南鮮政府によってその効力を事実上、無効化されている。彼らは条約を守る気などなく、この度の「徴用工判決」で請求権協定すら破棄したのである。日本に対する明らかな敵対行為だ。

 青瓦台の報道官は、「今回の判決が日韓関係に否定的な影響を及ぼさないよう、韓日両国の知恵を集める必要性を日本側に伝えている」とコメントしているが、知恵どころの話ではない。安倍総理は「国際法に照らしてあり得ない判断だ。毅然として対応する」と述べ、河野外相はすぐさま南鮮大使を呼びつけ、「国際社会の常識では考えられないことが起きている」と抗議した。当然すぎる対応だが、それでは足りない。

 日本にとって、南朝鮮は必要な国だろうか。歴史上、地政学上、南鮮は日本にとって必要だと信じられてきた。近代では列強ソ連による南侵、また、現代ではソ連・中共という共産主義の防波堤という役割として、朝鮮半島は緩衝地帯として必要とされてきた。しかし、現在はどうか。文在寅は平壌の報道官として仕事をこなし、仮に南北朝鮮統一があったとしても、新しい朝鮮民族国家は、必ず日本と敵対する関係になる。もう、そんな国・地域との妥協を重ね、日本が譲歩する必要はないだろう。

 日本は南鮮との関係を切るべきだ。先だっての南鮮海軍観艦式における「旭日旗掲揚拒否」にしても、日本政府は「遺憾」で片付け、世論の批判を浴びた。「遺憾」という態度表明だけでは、南鮮がつけあがるだけであり、彼らの暴走を増長させるだけだ。彼らに様々な形で苦痛を覚えさせることこそ、国家間問題の解消方法である。日本政府は、南鮮との「断交」を検討すべきだ。彼らの「条約破棄」が、日本の決意を促しているとさえ思える。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/31 07:06 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
韓国の行く末
もうこの国は、条約、法律、取り決め、全く機能していない。反日に徹しているのだから、それなりの覚悟があろう。
おそらく、今回の判決で日本人の大半が切れたと思う。韓国はゆくゆくは北に飲み込まれて行くだろうし、間違いなくもう敵性国家だ。
おそらくアメリカも制裁破りの経済的な代償を韓国に課すことだろう。

これからは、韓国の甘えはこれまで通りには通らないだろう。韓国寄りの朝日、毎日TBS、テレ朝は我慢だとか、静観だとか主張するのだろうけど、スワップをはじめ、徹底的に反韓方針になって行くだろう。

今、韓国を擁護する意見は、日本人のほとんどは容認しないだろう。

今度の判決は、韓国が斜陽化するきっかけになりそうな気がする。仕方がないよね、文さんがそのように仕掛けたのだから。
[ 2018/10/31 08:06 ] [ 編集 ]
ESW
さすが国民情緒法のバ韓国w

一般人が法より感情なのはまだ仕方ないにしても、司法や政府までこの調子だから救いようがない。

[ 2018/10/31 08:34 ] [ 編集 ]
ゴキは相手にしない
徹底して除鮮3原則を貫くべし!!
[ 2018/10/31 08:42 ] [ 編集 ]
時間の観念が……
よく思うのですが、彼らの頭の中には時間軸と言うものが存在していないのでは?
100年前だろうが昨日だろうが、彼らにとっては全部『さっき』のような気がします、時々わかっているようなフリをしますが、都合の良いように後付しているだけですよね。
[ 2018/10/31 11:21 ] [ 編集 ]
子供や孫に
今回こそ、腹を据えて朝鮮人と対峙しなければ後々まで火種は残る、我々の子供世代どころか孫世代まで負の遺産を遺す事になる。
政治家だけでなく日本国民がこの喧嘩を買う時だ、とても楽しみである。
[ 2018/10/31 12:54 ] [ 編集 ]
北主導の朝鮮半島統一
親北派の文在寅は、南鮮を孤立化させて北主導の朝鮮半島統一を
成し遂げたいのだろうから、今回の最高裁の判決を本音では歓迎している事だろう。
日本にとっても、国交のない北が主導しての統一が好ましい。
ミサイル、航空兵器の時代に朝鮮半島なんて、日本の国防にとってどれだけの重要性があるのだか。
日本の国防に南鮮(朝鮮半島)を利用しようとしてきたから、軍事攻撃を受ける以上の脅威、損害を南鮮(人)から受けてきたのが日本という国。
この事がいまだに理解できない日本の政治屋や官僚が多すぎるのだ。
[ 2018/10/31 15:08 ] [ 編集 ]
日韓関係という繰り返される茶番
まともに日韓関係を考えれば所謂「非韓三原則」こそ正しい歴史認識から導き出された日本人の処すべき態度なのですが、流石に政治家としてはそれをストレートには出せないでしょう。

https://www.sankei.com/life/news/170826/lif1708260014-n1.html

しかし政治家が言葉には出さなくとも、その基本から外れた対韓外交として表した時、その外れ度合いが大きいほど日本の国益は損なわれ、結果日韓関係は不信の関係を将来に渡って続けるのです。

日韓関係では逆にあの金玉均などの改革派が日本に近づいた頃の方が朝鮮が生まれ変わるチャンスでもあったのですが、結果支那属国の歪んだままの国のまま現在の南北朝鮮と成りました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%8E%89%E5%9D%87
https://www.y-history.net/appendix/wh1303-132_1.html

現在韓国は表面的には民主主義国などと先進国気取りですが、中身は劣等感満載が裏返った根拠の無いプライドでやっと立っているという様な国です。
そんな国だというのを見間違えて「同じ価値観を持つ民主主義の隣国」などと思う事が全ての間違いの大もとであるという事です。

よく言われる「情冶主義」、そのものの分かりやすい実例が今回の「最高裁新日鉄住金徴用工訴訟判決」というものです。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/47961?page=2

https://ironna.jp/theme/816

日韓政府間の合意であり、国際法にも反するものを韓国の司法の最高位が堂々と出してしまうという呆れたものです。
我々日本国が相手にしているのは、その様な国であるという事です。

そこで今回の韓国の動きに対してさて日本国民はどう思うのでしょうか?
おそらく国民多数が「韓国という国は政府間の約束事を最高裁という司法の最高権威が覆す少し民主主義国としてはおかしな国だな」という印象を持つのではないかと思います。

次が韓国や日本の偏向メディアなどが主張する歴史認識である「侵略史観」、「植民地支配」というものです。
そこでそれに騙される素朴な一般日本国民は「そんなに日本が過去悪い事をしていたのだから、話し合いで韓国の被害者を助ける事をすべきだろう」という間違いに誘導される危険性があるわけです。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7268.html

https://samurai20.jp/2018/10/takari-2/

しかしまあ、甘い騙され上手な日本国は断交するほどの決断力がありません。


[ 2018/10/31 17:40 ] [ 編集 ]
ちょっと前なら覚えちゃいるが……
  ちょっと前なら覚えちゃいるが
  七十年前だとちとわからねぇなぁ
  徴用工の賃金だって?
  とっくの昔に支払い済みさ
  悪いな 他を当たってくれよ

  アンタ 頭はダイジョブかい?

♪ ユスリやタカリにゃウンザリ・断交~

  
[ 2018/10/31 18:20 ] [ 編集 ]
日本人が目覚めちゃうよ、もっとやれ。
彼らは程度というものを知らないので、
いよいよマスゴミも正面から庇いきれなくなってきました。
これまで政治や歴史に関心がなかった多くの人達が、
彼らの本性とこれまでの大嘘に気が付くのも時間の問題かと。
壮大なる自爆を生暖かく見届けてやりましょう。
[ 2018/10/31 18:28 ] [ 編集 ]
日本国内への飛び火を懸念します
共同通信の記事にこうありました。


「在日コリアン、徴用工判決を歓迎」
ttps://this.kiji.is/429929676620416097?c=39550187727945729


この茶番劇が在日コリアンには歓迎すべき朗報だという話です。この馬鹿げた裁判をきっかけに、日本国内でも在日コリアンによる言い掛かり告訴が横行するのではないかと懸念しています。
話は前後しますが、過去に在日朝鮮人の女が覚せい剤を他者に譲渡したことを批判した日本人ジャーナリストが在日差別と告訴され、しかも敗訴したことがありました。在日コリアン相手では違法行為を批判することすら出来ない、逆に在日コリアンは自身の不正や怠惰を棚上げして日本人に言い掛かり告訴を行い、賠償金を奪い取ることが出来る。日本はそんな異常な社会に陥ってしまうのでしょうか。
[ 2018/10/31 19:09 ] [ 編集 ]
断交、チョット待ってくださいませんか・・・・・
「日本の植民地支配の違法性を認めずに下した判決は、
韓国内では効力が無い」ことを根拠に、コリア最高裁は、
この度、住金に徴用工賃金の支払いを命じた。

恐らく、日本国政府は其処を突く。
韓国併合の合法性を、否応なく、コリア政府に飲み込ませる。
国際法・常識的法理を踏まえれば、コリア政府は飲み込まざるを得ない。

当然のこと、コリア最高裁の判決は、根底から覆る。
よって、今回のコリア最高裁判決のデタラメが、国際社会に周知される。

我が国は、史実に訴える、唯、それだけでよい。
常識的法理に基づいて、静かに自説を主張すればよい。
斯くなすだけで、コリアの異常性が、
国際社会で、露わになる。

「日韓基本条約」で、全ては終わっており、
徴用工への補償金支払いは不要とする
「日本の裁判所の判決が、大韓民国の善良な風俗や社会秩序に反する」
として、今回のコリア最高裁の判決が下された。

最高裁判決の根拠が、「大韓民族の善良な風俗・社会秩序」とは、
笑わせてくれる。
玉響の激情に駆られた風俗や、混沌たる社会無秩序があるだけなのに・・・

流石に、13人の裁判官の二人は、このデタラメに拠る判決に反対した。

だが、皆さん、
直情的に、日韓断交に走れば、
コリアと同じ地平に立つこととなり、
多少とも冷静な、国際社会から忌避されましょう。
コリア孤立化に向かって、
冷静に法理に基づいた言動を採りましょうよ。
[ 2018/10/31 19:41 ] [ 編集 ]
徴用工の裁判で賠償判決が下り、さあ新日鉄の資産を差し押さえるぞと意気込んだ矢先に判明した事実。米国預託証券として扱われていることが分かり、結局は米国でも裁判を始めないといけないことが分かってしまう。韓国としては賠償金が得られないばかりか、国際的な評判を落とすだけでメリットゼロの展開となってしまった。日本は何も困らないし、何も関係ないし、株価も無事に上昇した。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!
[ 2018/10/31 21:00 ] [ 編集 ]
韓国の人達が”民主的な革命”で選んだ文在寅という大統領が、皮肉にも民主主義に逆らい数十年続いた合意を反故にしてしまった。韓国のどこにも民主主義がないことが分かってしまったけど、それを何の違和感もなく受け入れるのは他でもない韓国の人達自身だ。徴用工裁判で結局韓国が困ることになっても、日本は何も困らない。
[ 2018/10/31 21:23 ] [ 編集 ]
朝鮮日報が日韓請求権協定にまつわる歴史の真実をあっさり報道した。当時韓国が日本からもらったお金は賠償金ではなく、経済協力金ということを書いている。その根拠として、「韓国は日本と戦ったことがない」というSF条約の真実まではっきりと述べている。これ韓国の人達の愛国心は大丈夫なのか?ww
[ 2018/10/31 21:46 ] [ 編集 ]
現代日本に“朝鮮進駐軍”が現れる可能性
楽観的な見解を述べている人もいますが、相手は朝鮮人です。裁判で判決が出たからという理由で新日鉄住金の事業所や関連会社を襲撃して金品を奪う、くらいの事はやりかねません。社員やその家族に危害を加える可能性も十分に考えられるでしょう。冷静になれとか対話が大事などと言う前に、蛮行を未然に防ぐことが大切ではないでしょうか。
[ 2018/10/31 22:28 ] [ 編集 ]
非近代国家かも
お名前空欄の方様 朝鮮日報の報道をお知らせいただいてありがとうございます。お名前書かれることをお勧めしたいです。

常に冷静であろうとする優しい主様でも、とうとう堪忍袋がブチ切れて国交断交を仰る。お待ち申し上げておりましたw

判決文のそこここに示されているのが、
「日本の不法で暴圧的な植民地支配と、侵略戦争遂行に直結した日本企業の反人道的な不法行為を前提とする強制労働」思想。
つまりは反日歴史観に基づくイデオロギー裁判以外の何物でもない、と思います。

この南鮮最高裁長官は文在寅大統領に依って昨年9月に任命された人で、履歴としては高裁判事も最高裁判事も経験していない人物だそうです。
そしてその長官に依って、同じ左派系の裁判官が次々任命されているのが、南鮮司法界の現状。

国際条約はどんな政権に依って締結されたものでも歴然とした国家間の事実です。
在寅サンのボス・盧武鉉大統領が05年1月と8月に、65年の「日韓請求権協定」の存在を明らかにしたのは、多分、締結時の大統領の長女が彼の政敵だったからだろうと私は思っているのですが、ともかく日韓協定締結時の外交文書を公開して、<元徴用工の個人請求権の消滅>を南鮮国民に初めて知らせたことは日本にとって、相手がまともであれば大きな意味を持つ筈でした。
そしてこの時、請求権を持つ個人に対する補償義務は「韓国政府が負う」と南鮮外務省も明言しているそうです。
その時、在寅サンは盧武鉉内閣の「民情首席秘書官」でこの立場は司法に大きな影響力を持つものだそうです。
全てを知って、この動きをする現南鮮政権。何年経っても近代化は無理なクニなのかもしれません。

日本政府が今後如何なる手段を採るのが大上策か?国際政治のステージで日本の主張を考え得る限りの知恵で広め尽くし、南鮮(とそれを見て居る北に)ゴネ得を二度と許さない形で、南鮮との国交に冷徹に幕を下ろしていただきたいと思います。
[ 2018/10/31 23:32 ] [ 編集 ]
被害者に成る事が重用で断交を仕掛ける事は問題外。新たなタカリネタを提供するダケの悪手
日本側からの断交はお断り、只新たなタカリネタを提供するだけに成りますから
半島側から断交してくれる様な高度な外交を展開しましょう
先ず一手打つならビザの復活と入国の厳格化並びに韓国人を雇用し無い辺りから始めましょう
此方の方が依り現実的な手で、韓国側は大いに慌てるでしょう
何せ韓国の態度は日本を舐め切ってる事が原因ですから
そして徐々にハードルを高くして行って向こう側から断交して来るようにするのが望ましいヤリ方です
例えるなら日米開戦時の米国側のヤリ口をなぞる様にして相手側を追い込む様にして行くヤリ方が望ましいです。
例え勢いで叫んだとしても我々日本側が損に成り後後までの禍根に成る様な考えを広めては成らない。と思います。
飽く迄我々は被害者だと云う立場を貫く事が重要で有り、先の大戦で敵から学んだヤリ口です。

そして国家同士が断交すると云うことは其の後に繰り広げられるであろう戦闘と云う考えも含まれます。
国際慣例、国際常識的にはそう云う手順が踏まれます。
そして何より一番重要な事は勝つと云う事で、勝てば官軍負ければ賊軍で有り、賊軍を待ち受ける物は謂われ無き中傷と濡れ衣で溢れた魔女狩りでの裁きだと云う事です。それが先の戦争で学んだ真理です
[ 2018/11/01 07:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: