FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  護憲派こそ語れ! ~ どうやったら安田事件を防げたのか、どうやったら安田氏を救出できたのか

護憲派こそ語れ! ~ どうやったら安田事件を防げたのか、どうやったら安田氏を救出できたのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


 これは、言うまでもなく我が国の憲法の前文からの引用だ。憲法前文は、この憲法の理想を理念として総合的にまとめたもので、憲法全体にかかるものだ。「崇高な理想」ということばが2度も出て来ることからもわかる通り、理想、理念としては極めて気高い。

 しかし、この憲法が他国に影響を与えるかと言えば、そんなことはありえない。数多の主権国家はそれぞれのルールを憲法として明文化し、そのルールの下で国家を運営している。言うまでもなく、日本国憲法はあくまで日本国と日本国民に限ったルールであり、他国や他の民族の言動を拘束しない。こんな当たり前のことが護憲派には通用しないのだから、まことに困ったものだ。

 護憲論者には、「平和憲法の理念を世界に広めよう」とか、「憲法9条の精神を世界共通の価値観としよう」などという、実現し得ない理想を語る人たちがいる。それぞれが理想を持つことは勝手だが、彼らはあたかもそれが実現可能なように表現する。彼らがそれを実現するまでのプロセス、方法論を述べたとは、寡聞にして知らない。実現性のないことを声高に主張するのは、単なる「遠吠え」と同じで、理想論のなかに埋もれていく運命を、彼らが自ら選択しているだけだ。

安田純平氏


 安田純平氏が武装勢力に拘束され、すったものだの挙句に解放され、帰国した。彼の過去の発言や、解放後の発言をめぐって論争が起きているが、事実として残るのは、(1)安田氏が第三国で拉致・拘束されたこと、(2)解放までのプロセスで、何らかの交渉があったこと、(3)日本国が彼を救出する手段として、武力を行使できなかったこと、である。

 (2)はともかく、事件そのものの起点である(1)の拘束は、我が国の平和憲法の理念では考えられないことだ。我が国の憲法は「専守防衛」という理想主義を建前としている。しかし、専ら守ることだけでは、安田氏の事件は防げなかったのだ。当然、政府は危険地域への渡航を、理由の如何を問わず禁止した。これは「守る」の理念だ。しかし、安田氏のような勝手な人物がその地域に赴き、武装勢力が彼を拉致した。そうなると、安田氏に対する防衛を、国家は発動できない。従って、専守防衛という理想主義を壊したのが安田氏ということになり、護憲派こそが安田氏を批判するべきなのだ。しかしながら、あちら側の陣営からは、そんな声は一切聞かれない。これは護憲派の矛盾ではないのか。

 我が国の憲法は、自衛隊を認めていない。従って、安田氏を救える組織がない。警察は、その警察権を国外で行使することはできない。そうすると、唯一の解決方法は、護憲派が大好きな「話し合い」ということになるが、テロリストと話し合いをするということは、テロリストを対等な交渉相手として認めることに他ならない。

 どう考えても、我が国の平和憲法が、国家、国民の安全、平和を守る手段として、機能していないのだ。このことを、護憲派に分かり易く説明して欲しい。どうやったら安田事件を起こさせなかったか、どうやったら安田氏を救えたのか、護憲派こそ語るべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/30 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(6)
こんなんどうでしょう?
宣伝じみますけど、こんなん書きました。
お暇ならどうぞw

https://novel.daysneo.com/works/episode/aaeff7d0165d02d9b88df12e55cf5126.html

シリーズものなので登場人物のご紹介など

ライダー:ご存知、仮面ライダーです。
ライダーマン:仮面ライダーV3に登場した協力者、公式に4人目の仮面ライダーと認定されてます。
マッスル:オリジナルキャラ、元はショッカーの戦闘員だったが、ライダーに恩を受けて改心、怪力と戦闘センスが特徴
レディ9:マッスルの妻であり、現代に生きるくのいち
安部晴子:安部晴明の末裔、現代に生きる陰陽師
立花藤兵衛:ライダーチームの参謀(演:小林昭二)
[ 2018/10/30 10:27 ] [ 編集 ]
人物次第 ではないか?
川向うの人々は「だから九条憲法にノーベル賞を」と言い出しそうw
ノーベル賞を戴けば世界各国が皆見習って世界へーわになる筈、らしいですから。(本気かね?)

彼らの側の仲間内なら、渡航禁止の危険地帯でも行きたいところに行こうとするのは「勇気」で、それがジャーナリストの肩書を持つ人間なら勇気の前に「崇高な」が付いて、捕虜にされたら「即刻政府が助けるべき」で、救助に時間がかかると「冷たい政府」「何もしようとしない」と責め立て、救助に成功して帰国が為されたら「英雄として扱うべし」。で、政府への感謝の一言もない。
解放された本人は「日本政府に助けられたと思われたくない」とホザイても、聞こえない。
そこにテロ集団への多額の「身代金」が渡っているかも、とは思ってもノープロブレム。
不利な事には徹底して触れず、言わずに、ただ仲間内擁護で絶賛。

これが、もしも、百千万歩譲っても無い事でも、それでも仮に、百田さんだったら、彼らは罵倒三昧で年中嬉しく騒ぎ、拘禁してでも閉じ込めなかった安倍が悪い!禁止を破って行った百田が悪い!知ったことか!でお祭り騒ぎでしょうね。

ここに彼らが占領憲法の存在や、自衛隊の不健全な立場を思うことは、たぶん、一瞬でも一切ないと想像致します。


[ 2018/10/30 16:24 ] [ 編集 ]
英雄的行動は、救出される側ではなく、救出する側にある。
>どうやったら安田事件を起こさせなかったか、どうやったら安田氏を救えたのか、護憲派こそ語るべきである。

〇まずは、安田さんの無事な帰国、よかったと思います。安田事件も韓国の徴用工判決もそうだが、社会のルール(国内法や国際法の遵守)を守ること、つまり、逸脱した行動や言動を慎むことこそ、平和な世の中にとり、大切であると思います。

〇安田さんのような行動が褒められるならば、無謀な雪山登山やひとりで山菜狩りなどで、行方不明になった人も、智恵と勇気のある英雄なのだろう。しかしながら、そのとき、遭難した人たちを、自らの危険を賭して救出を試みる救助隊の方々がいることを決して忘れてはならない。その方々こそ、真の英雄ではないだろうか。真の英雄的行動、植村直己さんのような冒険者には、自己完結を信条とされている方々が多い。ボランティアの尾畠さんもそうだが、自己完結を信条とされていたようだ。安田さんが、自らの力で脱出したのではなく、救出されたということは明らかだ。自己完結とはいえないのだから、ひとりだけの問題で済まされる話ではない。

〇安田さんの周りには、心配する家族と世間の人々もいることを思えば、日本人ならば、「みなさまに大変なご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。」と頭をさげる謙虚な姿勢こそ、テレビの画面の中であってしかるべき姿ではないでしょうか。

〇韓国の徴用工問題についても、同じようなことがいえる。つまり、自分勝手さが過ぎたるといえるだろう。中国は、ODAについて、日本国に謝意を示しました。日本人ならば、あたりまえのことではありますが、中国人の日本人への謝意は、懐の広さを思わせるものでもありました。韓国人も、隣国として中国人の姿勢は、見習うべきだろう。

〇徴用工問題については、日韓基本条約により、外交的には解決。徴用工問題は、慰安婦問題もそうですが、主権国家たる韓国の国内問題だ。

〇日本国政府としては、「主権国家たる韓国国内の諸問題を、日本国への外交問題へと、責任転嫁する諸行動について」、早期に国際司法裁判所に提訴したほうが良いと思います。
[ 2018/10/30 16:42 ] [ 編集 ]
ST様
御力作読ませていただきました。よくもまあ思いつくものだわ!と笑いつつ思いながら。
 普遍的・・・ゴ  飲み物を持っていなくて幸いでしたゼ
「遊びたい」    wwwww ここ特に大好きw
 猫熟女は九尾のキツネでもよかったような、とちょっとだけ・・犬猫好きですもんで。
何で今日本で人気のカワウソ?と思いましたが、氷漬けにするにも溶かすにも手間が掛からない丁度良い大きさ。 さっすが~

幹部用個室と食堂、なにかと足腰が弱らないで良いですねw
[ 2018/10/30 17:33 ] [ 編集 ]
別件ですが、
先日、北朝鮮への渡航も政府は止めるようにと直接注意している中で、「日体大を代表して」(どういう意味か?)松浪健四郎氏が渡航しましたね。もう帰国済みかもしれませんが。

アントニオ猪木、TBS金平、日体大松浪 言っても聞かない中高年齢は如何にせん。
[ 2018/10/30 17:44 ] [ 編集 ]
こはる様
読んで頂いた上にご感想まで、ありがとうございます。
狐女は『出し惜しみ』ですw
こちらにくのいちと陰陽師がいるので、狐女はかなり強力な敵として扱いませんとw
狐女になぞらえられるほどの逸材(?)が現れるかどうかはわかりませんがw
トカゲ女、緑の狸では雑魚怪人ですしね。
今思いついたんですが、セメント女ってのもアリかも、ピンチになるとカチカチに固まり、攻撃が止むと液状になって逃げ出すとかw
ドラム缶に詰め込んで万景峰号に乗せるとしますか。
[ 2018/10/31 07:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: