FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の恥ずかしいロジック ~ 「新聞を読む人は意識が高く、読まないネット民は偏っている」

朝日新聞の恥ずかしいロジック ~ 「新聞を読む人は意識が高く、読まないネット民は偏っている」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党麻生太郎・副総理兼財務相が「新聞を読まない人は全部自民党(を支持している)」と挑発的に語ったのが今年6月のことだ。当然ながら「全部」という言葉は100%を意味するものではなく、新聞を読む人と読まない人の違いを際立たせるための、誇張した表現であることは言うまでもない。これに正面から反応するのは、読解力が欠如した自分を曝け出すようなものだ。

 ところが、朝日新聞が遅ればせながら、この言葉を検証しようとしている。「SNS・ネットで情報入手の人、内閣支持率高め なぜ?」という記事を書いたのは、朝日の世論調査部に所属する三輪さち子で、7月に調査したデータをもとに、情報入手先であるメディアと政治意識 ~ 特に内閣支持率と政党支持率 ~ 間に相関関係を見出そうとしている。調査結果では、調査対象全体の内閣支持率が38%(不支持率43%)だった一方、SNSやネットを参考にすると答えた人の支持率は40%を超えていたという。ここで朝日は、情報を新聞から得る層とネットから得る層には、明らかな違いがあるという傾向を導き出す。

 普段、ネットを頻繁に利用している層から見れば、遅すぎる分析と言える。こういう結果が出るのは、既存メディアの報道に対してリテラシーを働かせる人々には容易に想像できたことで、朝日のようなメディアの周回遅れぶりを確認するくらいしか収穫がないともいえる。

お前が言うな、朝日新聞


 驚くべきロジックは、ここからだ。

 今回の結果から、何が見えるのか。政治とメディアの問題に詳しい、東京工業大の西田亮介准教授に聞いてみました。
 西田さんは、情報を得るためのコストをかけるかどうかが、内閣支持率に影響しているのではないかと指摘します。
 新聞を参考にする人は、情報を取ることにコストをかけている人です。つまり社会や政治のことを、お金を払ってでも知りたいという積極的な意識を持っていると捉えられます。
 一方、SNSは、情報を得るためのコストは低い。社会や政治への意識、関心が高いとは言えず、受動的になりがちです。
 その上で、「コストを払おうとしない人たちは、現状肯定に流されやすいのではないか」と言います。


 つまり、記事で定義するのは、こういうことだ。
  • 新聞を読む人: 情報にコストをかけている分、意識が高く、積極的
  • 新聞を読む人: 情報にコストを払わない分、意識が低く、流されやすい

 以上の勝手な分析を捻りだした結果、朝日新聞が結論づけたかったのは、だいたい以下の3つだろう。
  • 新聞を読む人のほうが正しい判断をしている
  • 新聞を読まない人の政治的な判断はアテにならない
  • だから、みんな新聞を読め

 更に朝日は、ネットを情報源とする人々は偏っているとして、次のロジックを繰り出す。

 ネット上で自分の好みのニュースだけを見聞きすることを、「選択的接触」と言います。
 意見が合う人たちばかりと交流することで、自分の意見が正しいように思えてくることは「エコーチェンバー(反響室)現象」と呼ばれます。
 私は以前から、安倍内閣を支持する人たちと、支持しない人たちとの間で、こうした分断が起きているのではないか、と感じていました。
 ツイッターやフェイスブックは、自分と意見や価値観が似ている人をフォローしたり、「いいね」したりする方が多くなりがちです。
 SNSやネットが重要な情報源になってきた今、興味がないニュースや自分と異なる意見に触れる機会が減っているのではないか。そのことは、内閣支持率に影響するのではないか。それが今回、私たちが、用意した質問の狙いでした。
 今回の結果は、ある程度、その予想が当たっていたように見えます。


 朝日にとって、ネット民は“井の中の蛙”だということだ。ネットという偏った情報源に頼る「情報弱者ども」による安倍内閣の支持率が高いから、安倍政権の支持率がネットで高いことも同じく偏りだというのだ。

 ネットに、同じ意見を持つ人たちが群れをつくる傾向があることは確かだ。しかし、これを「朝日新聞だけに情報を頼る人々の判断は、果たして正しいのか」という逆質問に変えてみたら、かなり面白い結果が出るのではないか。ネットが偏っているという朝日だが、私のような者から見れば、朝日の偏りは、ネットの偏りとは次元が違う。ネットは権力ではないが、朝日のような巨大メディアは権力そのものだ。権力を持つ者が偏れば、世論がその偏りにある程度左右されるのは当然だ。結局、偏っている者から対極を観れば、偏っているように見えるというだけの話だ。わざわざ解説してもらうほどのことでもない。

 ひとつ言えるのは、「情報にコストをかけて情報を取る、意識の高い人」がいて、その情報源が朝日新聞である場合、その人たちが積極的にかけるコストは「無駄」を強いられた上に、「朝日に洗脳されてバカになる」いうことである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/20 07:18 ] メディア | TB(0) | CM(8)
今もWGIPを実行中
朝日新聞に代表される左派メディアは、今もなお「WGIP」に則た報道を行っている。
日本人に贖罪意識を持たせ続けて国際政治の場で日本の国益確保の為の主張を積極的にさせない為、日本在住の他国籍人が日本人よりも優遇されるようにする為、日本人が結束して外国政府等に対処しないようにする為にね。
だから、同メディアは親アメリカとは言えないかもしれないけど、
その報道内容は、反アメリカでは決してないですね。反米のポーズをとっているだけ。
このことは、日本共産党や他の反日政党にも当てはまる態度です。
[ 2018/10/20 12:54 ] [ 編集 ]
インテリ気取りの馬鹿ほど無様な代物はありませんね。今でもいますよ、新聞は朝日、書籍は岩波が知性の象徴だと信じ込んでいるガイジが。
[ 2018/10/20 18:48 ] [ 編集 ]
敢えてこの屁理屈の土俵に乗って反論
つまり、明らかな捏造・誤報を読者にしか渋々謝罪せず国益や在外邦人の生活を
途方もなく傷つけた前科のある朝日新聞から情報を得ている読者・ネタ元にして
いる情報番組はコスパの悪い正誤を判断できない大馬鹿者であると。
金をかけているから大丈夫と言う浅知恵で世の中を舐めた見方をしている、
いわば詐欺師の極上のカモであると。自意識過剰なウルトラバカって痛いですね。
[ 2018/10/20 20:17 ] [ 編集 ]
なにを仰るアカヒさん 
アカヒの購読料は月4000円ぐらいと聞きます。 内容は歪曲、偏向、捏造で
そのくせ善意と崇高を装う悪質な偽善。

我が愚ムスメは新聞なぞ読みませんがスマホの通信料金を月/8000円以上
払っております。拾える情報は玉石混淆なれど偽善で虚飾されてはおりません。

私めの場合、PCとスマホとプリンターを5年に一度買うとすれば20万円程で年間
4万円。 月割りで3400円+PCとスマホの通信料。 それに雑誌・正論の
定期購読料。 捏造新聞なんぞ読むより遥かにカネがかかっておりますわぃ~

嗚呼、嗚呼、「それにつけても、、、カネの欲しさよ!!」 でございまする。
[ 2018/10/20 20:46 ] [ 編集 ]
いつも新しい情報ありがとうございます。
わたしの同僚(たぶん60代)は、長年の朝日新聞購読者で安倍首相は嘘つきだと
信じていますが、首相動静という記事欄があることを知りません。
北海道出身なのに守占島を知りません。
「北方領土が早く戻ってほしいですよねぇ」と言ってはいますが、
取り戻せない原因について自ら調べ、取り戻す方法を考えることはありません。

新聞を購読するのは習慣になってるだけで、知的生活を送っていることの満足感や
日々同じことをしている安心感に包まれていたいだけなんだろうなあ〜、と私は思っていました。
そこへもって朝日はお花畑なので、なお安心できますし。
「コストをかけても知りたい人たち」だなんて、思わず笑ってしまいました…





[ 2018/10/20 21:13 ] [ 編集 ]
また代弁者に言わせている~w
天下の朝日w、なんだか、哀れを催す記事ですねえ。
よっぽど実質販売部数を減らしているのか?
こうして書くことで自己満足できるのなら、それはソチラの仲間内で言い合っていれば良いのに。と思います。言い訳がましいのはみっともない。
何時ものことだが、社の意向に合う代弁者を使うより、自社の責任の下に社員書くべきではないのか?

朝日の場合、最初から意図的に捏造した「情報」を発信する事が結構あったと今では知れ渡っているので、そんな虚偽情報発信社にコストと時間を掛ける無駄はしない、と思うのは当然でしょう。

その朝日の言い分は、結局「これも安倍(とネット民)の所為」に行き着くんでしょうね。
口惜しかったら、少しは人間としてまともな感覚を以て物事を正面から受け止めた記事を書け、というしか無いです。
ですが、もう朝日新聞は日本毀損の宣伝紙と化していますから、「まとも」が何かも判らないでしょうね。
潰れた方が社会の為だと私は思います。
[ 2018/10/20 23:20 ] [ 編集 ]
こんな駄論にすがるほど落ちた朝日
朝日が引用した部分以外に、この東工大の西田という人間が、どんなことを唱えていたのかわからないが、引用された部分だけを見ると、我田引水とすら言えない、駄論であることがすぐわかる。

本人も気づいているものと期待したいが、少なくとも、以下2点の基本的欠点がある。

1.新聞が偏っていないという前提で論が述べられていること
  現代日本において新聞は、表現の自由、及び、言論の自由が
  保証されているので、「偏らない」ためのチェックは
  新聞社の報道姿勢に全面的にゆだねられており、結果の担保は
  何もないという事実を完全に無視している。
  新聞が偏っているかわからないという前提の上には、
  今回の論は、まったく成り立たない。

2.「コスト」を、「費やした金銭の額」でしか評価して
  いないこと。
  コストは本来、入手するために代替/消費したものの
  価値で量られるべき。
  例えば、インターネットでは無料の情報が手軽に
  入手できるが、同時にそれは大量多種多様の情報。
  ここから情報を選別し、理解する手間は小さいとは
  言えないのではないか。
  毎月3000円あまりの新聞購読料を入れておけば
  消化しやすく加工された情報を毎朝ポストに届けて
  くれるよりもむしろ手間はかかかるとも言える。
  
この程度のことも認識できずに出した論などは、論評に価しない。

そのような駄論に疑いもなくすがり、自社に購読料を払ってくれている読者にそのまま出す所を見ると、既に朝日は情報を客観・公正に理解・評価する能力を失っているように見える。言論以前の問題。

記事に角度をつけて書くように記者を育ててきた成れの果ては、まっすぐにありのままを見ることができず、幼児よりも簡単に騙されてしまう、相当に退化した知性でしかないのではないか。

こんなことにも気づかぬ集団が何が言論機関か。

冗談も休み休みにしてほしい。
[ 2018/10/20 23:40 ] [ 編集 ]
御用学者
東京工業大の西田亮介准教授って
フェイクニュース専門紙アカヒの御用学者なんだねw
とすれば、コイツも偽善者の嘘つきだなwwwwwwwwwww
[ 2018/10/23 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: