FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  サンモニでの居酒屋談義 ~ 市民がジャーナリズムに疑念を持ち始めている

サンモニでの居酒屋談義 ~ 市民がジャーナリズムに疑念を持ち始めている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平凡社の世界大百科事典(第2版)によれば、ジャーナリズムとはこういう定義である。

日々に生起する社会的な事件や問題についてその様相と本質を速くまた深く公衆に伝える作業。また,その作業をおこなう表現媒体をさしていう。歴史的には新聞や雑誌による報道・論評をつうじて果たされることが多かったので,転じて新聞・雑誌など定期刊行物を全体としてさす語として用いられることもある。ラテン語の,日々の刊行物をさす〈ディウルナdiurna〉に由来する。


 上記の定義に照らして考えると、日本には真の意味でのジャーナリズムというものは、希少であることに気づく。日々、事件や問題を伝えるメディアは、もちろんある。しかし、「その様相」はまだしも、「本質」を伝えるメディアが極めて少ないのが現実だ。彼等メディアが伝えようとする「本質らしきもの」は、文字にされる、または言葉として発せられる以前に、特殊な色付けをされる。現実に文字になり、言葉になった時点で、イデオロギーまみれになっているのだ。

 当然ながら、一次情報に接するマスメディアが社会全体から不必要とされる事態は、今後も訪れないだろう。しかし、メディアの在り様は、時代とともに変わる。守旧メディアは、放送波の事実上の独占と、宅配システムというなかば完成されたインフラによってその立場を不動のものとしてきた。しかし、インターネットという新しいツールが、彼らの地位を脅かし始めている。昨日引用した毎日新聞の社説は、「極論を排し、健全なフィルターを通して報道することの重み」は、衰退するメディアの悲鳴ともいえる。

 当然ながら、この潮流は、既得権益を貪って来た側にとっては死活問題となる。日頃、「サイテーモーニング」と揶揄される偏向番組「サンデーモーニング」は、そんな相手にされなくなりつつあるジャーナリズムを代表する番組だが、番組内で青木理がボヤいているようだ。


 レベル的には、飲み会でのぼやきと大差ない。メディアは自分らの視点で権力をチェックし、毎日ゴミのような報道が量産されている。決してチェックする機能が弱いのではなく、批判ありきで建設的な意見のないメディアの報道に、国民の多くは飽き飽きし、もう期待もしていないのだ。青木のような左巻きが暮らしづらいのは、保守長期政権が政治を動かし、メディアに情報を依存しなくなりつつある国民が、その政権を支持しているからに他ならない。暮らしづらいのは、彼ら左派に賛同者が少ないという単純な理由からであり、それは政権のせいでもなんでもない。

青木理


 言論の自由は重要だ。しかし、その言論を封殺しようとしたのが、小川榮太郎氏を言論を尽くす以前に司法の場に引きずり込んだ朝日新聞や、杉田水脈氏を公開リンチで攻撃し、言語空間に制約を課した左派であり、彼らは青木にとってはシンパである。関口宏の「普通の人も偏りつつある」というのは、まさに笑止千万。自分が偏っているから、正常な人が偏って見えるだけの話だ。

 (市民ではなく)国民ジャーナリズムに疑念を持ち始めているのは、ジャーナリズム自身が戦後の歴史のなかで自殺行為を重ねてきたからだろう。ぼやく前に、ジャーナリズムが主戦場とする言論を以て、視聴者、国民を説得してみろと言いたい。その努力をしないなら、彼らのセリフは飲み屋の愚痴と同等だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/17 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(10)
朝日的記事「辛口カレーについて」
 昨今カレーは辛口が良いという意見が散見される。
 しかし、この事項についてはまだ議論は尽くされておらず、異論が噴出している、国民の合意が得られていないことの証左であろう。
 カレーの辛さについては個人の好みであることは間違いではない、だがちょっと待って欲しい、それは料理の多様性を否定することに繋がらないだろうか。
 考えてみて欲しい、辛い料理はなにもカレーばかりではない、四川料理や韓国、北朝鮮にも辛い料理は存在し、一定の支持を受けてきたはずだ、それらに目を向けずカレーばかりを辛い料理の代表とするのはいかがなものだろう。
 昨今、ネットでは中国や韓国、朝鮮民主主義人民共和国へ批判的な記事が多く見受けられるがそれらはどれも個人の意見の域を脱しておらず、心無い中傷に過ぎない。 
 それらを盲目的に信じ、同調することは無用な軋轢を生むばかりかアジア諸国からの批判を浴びることに繋がりはしないだろうか。
 もしそのような事態に至った場合、辛口カレーを放置した安部政権の責任は重いと言わざるを得ないだろう。

(結論は常にこれですw)
[ 2018/10/17 08:31 ] [ 編集 ]
ぱよちん青木のシナゴキ批判
>メディアが権力をチェックする機能が弱い国は暮らし難い。

珍しいことに、ぱよちん青木がシナゴキ批判か?wwwww
キムチTBSから放逐されるだろうwwwwwwwwwwww
[ 2018/10/17 08:54 ] [ 編集 ]
Re: 朝日的記事「辛口カレーについて」
STさま

コーヒーふきましたwww
まったく天賦の才をお持ちです、STさんは。
[ 2018/10/17 09:26 ] [ 編集 ]
山桜花も、マトモと思っています。
関口氏の「ネットの関係か、普通の人も偏りつつる」には、
ホント、ケラケラ笑っちゃいました。

誰もが、自身をマトモと思っている。
ソクラテスの古往から、人は、そういう存在故、
政治の困難が、今に存続している真因。

関口一家に、心地よく住んでウン十年。
実景を垣間見ることもなく、夢心地のまま、生の終わりまで・・・

普通の人と自身が、大分違っていることに気づいたのは、進歩の端緒。
しかし、自身を顧みず、ネットに原因を見るのは、残念。

視聴率のより一層の低下が、
関口氏の夢を覚ます、唯一の方便でしょうか。
もうしばらく、時間があれば、実現するでしょう。
[ 2018/10/17 10:20 ] [ 編集 ]
目的で無罪
ST様 好っきよ~w

左巻きはその思想が元で犯した事柄に依って逮捕されても、一切罪を認めないものだそうな。
「目的は常に手段を正当化する」のが左巻経典の重要欄外事項で、世界革命の”崇高な目的”の前には、敵対する資本主義民主社会の常識や礼儀やルールなどは への河童。なので徹底無罪を主張して恥じることは一切無い。
そーいえば彼の汚沢大センセー(中共人民軍の野戦司令官希望者)も政治資金の何億流用で不動産ごっこをしていても「無罪」とは言ったが「無実」とは言わなかったw

左巻きであれば何を言ってもやっても「自分は正位置確保!傾いてなど居ない!!」。
なので左巻きじゃない人や左巻きから脱出した人は皆「傾いている」様にしか思えないのでしょうね。精神的乱視ガチャ目の裸の小間使い(1王様ではない。2妄想するべからず、軍曹殿)

青木理と名乗る人の頭の中にはどうやら「国民」という単語は無くて、置き換えられているらしい言葉は「市民」なのですね。
国の民ではなくて市中の民。その思考は「国家」否定者なのでしょうかね。だとしたら、語る次元が違いすぎて論点が噛み合うことは無い気がします。逆に言えば、それが彼の逃げ道か。

権力とは常に国民に対峙し圧するもの、という思想がその番組の根幹にあるのかもしれませんが(一度も見て居ない番組なのでわかりません)、それに反発心を感じているはずの彼らが左巻きというのは理解が難しいです。
かつてのソ連邦や東欧圏、中共や北朝鮮に随分な親しみを持っている人々の集会所番組、と想像しているもので。

ためしに、北朝鮮や中共国家相手に、関口氏や青木氏等は「国家権力のチェック」紀行本を出してみたらイイと思いま~~~す。旅費一切のスポンサーは当然TBS。
[ 2018/10/17 12:33 ] [ 編集 ]
管理人様、こはるさま、ありがとうございます。
論点ずらしのあたり、我ながら上手く書けたかなと思ってます(^^)
コーヒーの弁償はしかねますがw
[ 2018/10/17 13:32 ] [ 編集 ]
ジャーナルの語源
前と後ろに二つの顔を持つローマ神のヤヌス(Janus)に由来するのだとか。 
二つの顔で過去と未来、物事の外面と内面を見る知恵を持つ神様だそうです。
ローマは西洋文明の根幹となっているだけに意味深い概念に思えます。

過去と現在を踏まえて未来を見据えようすれば「イデオロギー」は大した意味を
持たず現実的な経緯(歴史)を踏まえた未来を想定することに重きが置かれます。 保守的な立ち位置からは民族の伝統や美意識に基づく決断に重きが置かれることになるのでしょう。 ヤヌスの叡智に通じる処があります。

一方ブサヨやマスゴミは自己都合による「イデオロギー」を喚きたてるだけであり
パリサイ人さながらで説得力は皆無。 愚鳩の「朝鮮人への愛があればぁ~」、
民辛残党の「ソンタクがぁ~」、有象無象奴の「LGBTへの人権がぁ~」・・・
枚挙にいとまがありませんわい (呆!) 人気を失うのも然もありなん。


こはる様
「裸の小間使い」
何じゃ、これ? フランスの「小間使いの過ち」なら仄聞したことがございますが。
妄想いたしますれば、こういうことかと・・・・

こいはん(商家の姫)が始めて眼鏡をかけて登校してみれば慧眼の友が、、、
「ミンチン先生みたぃ~」。当意即妙な「ご挨拶」にクラス仲がドッと沸き上がり、
いたく傷ついたこいはんは家に帰るやいなや女中見習いのうら若き乙女を裸に
して縛り上げムチで打ち据える。 こんなことなんかなぁ・・(ああ、無情!)
レ・ミゼラブルでございますなぁ・・・
[ 2018/10/17 19:47 ] [ 編集 ]
関口の爺さんに合わせるために言ってる訳でなく、本当にそう考えてるとしたら、青木理はジャーナリストを称してる割りには、認識ゼロってことですね。

国民の心を推し量れないジャーナリストって。
単に独りよがりな、活動家です。
あの番組は活動家の集まりだから気持ち悪いんですね。
似非ジャーナリストや、似非知識人の集まりで自己満足のための番組。こんな番組のスポンサーの価値観が疑われます。

反日、侮日にいそしむ番組に手を貸すスポンサー。
まとめて日本人の敵です。
[ 2018/10/17 22:14 ] [ 編集 ]
ウフ 軍曹釣れた

ローマ神は二面なんですか、東洋には十一面観音菩薩様がおわしますゼ。勝った!w

こいさんって末娘ですよね?長女がいとはん(だったと思う)。なんで分かっちゃった?ワタクシ書いたことあったか?・・・ココのブログ、油断してらんないわ。
軍曹殿が「裸」でエロい妄想をしてはあかん、と思いましたんえ。

ア奴等のえらそうな物言いは外から見たら丸裸の王様状態だと思ったのですが、褒め殺しにしても「王様」とは思えませんもの。で、小間使いよ。
[ 2018/10/17 23:02 ] [ 編集 ]
↑ お優しい表現
ふむふむ, 金豚王子様の宦官ちゅ~ことですか、納得‼
[ 2018/10/18 06:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: