FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  ペンス米副大統領、米中の冷戦を宣言 ~ 備えよ、日本

ペンス米副大統領、米中の冷戦を宣言 ~ 備えよ、日本

← 応援クリック、ありがとうございます。

 10月4日、ペンス米国副大統領がハドソン研究所で重要な講演をしてから10日が経過するが、この講演の内容の重大さとは裏腹に、日本のメディアはこれをほとんど報じていない。ペンス副大統領の演説はYoutubeで視聴できるが、全文翻訳はこちらにある。国際情勢の大転換点となり得るこの演説は、一度目を通しておいた方がよい。

 ペンス副大統領はの演説は中共を題材にしたもので、その内容すべてが対中への強硬姿勢を示している。トランプ施政から2年間、中共との関係をつくり、語り、協力してきたことで見えてきたものを、具体的な言及を伴うかたちで語っている。冒頭に出て来るのは、「中国政府が、政治、経済、軍事的手段とプロパガンダを用いて、米国に対する影響力を高め、米国国内での利益を得るために政府全体にアプローチをかけている」「中国はまた、かつてないほど積極的にこの権力を利用して影響力を及ぼし、我が国の国内政策や政治活動に干渉している」という告発だ。これを、「米国国民が知っておくべきこと」と定義し、中共に対する米国国民の真の理解を促した。

マイク・ペンス米国副大統領


 日本では、米中の経済戦争という報道が大半を占めているが、ペンス副大統領の講演は、決して経済分野だけに留まらない。人民解放軍を名指しし、「最先端の軍事計画を含む米国の技術の大規模な窃盗の黒幕」と批判した。他国にカネを貸しておいて、利益は自国に流し、返済能力がないとわかると代償に領土をかすめ取る「借金漬け外交」、様々な分野での言論および宗教弾圧等々、その批判は辛辣だ。

 講演での批判は、中共が触れてほしくない部分にも及んでいる。

中国はまた、仏教も厳しく取り締まっています。過去10年間で、150人以上のチベットの僧侶が、中国による信仰と文化への弾圧に抗議するために焼身自殺しました。そして新疆ウイグル自治区では、共産党が政府の収容所に100万人ものイスラム教徒のウイグル人を投獄し、24時間体制で思想改造を行っています。その収容所の生存者たちは自らの体験を、中国政府がウイグル文化を破壊し、イスラム教徒の信仰を根絶しようとする意図的な試みだったと説明しています。

中国共産党は昨年から、中南米3カ国に対し、台湾との関係を断ち切り、中国を承認するよう説得しています。これらの行動は台湾海峡の安定を脅かすものであり、米国はこれを非難します。米国政府は、3つの共同声明や台湾関係法に反映されているように、 「一つの中国政策」 を尊重し続ける一方で、台湾の民主主義への支持は、全中国人にとってより良い道であると常に信じています。


 講演の翻訳を全文読めば、米国の対中強硬姿勢が、決して経済分野に限定されるものではないことが理解できるだろう。チベット、ウイグル、台湾など、日本のメディアが北京を忖度して報道を控えるテーマが、次々と繰り出された。この講演に呼応するように、米国議会ではウイグルの人権問題を取り上げ、「人道に対する罪」の疑いを提起し、4年後の冬季オリンピックの開催地に中国はふさわしくないとし、IOCに見直しを求めていくことを明らかにしている。IOCがどの程度チャイナ・マネーに浸食されているかは不明だが、IOCがこの提案を真に受ければ、中共は苦しい立場に追い込まれる。

 米国との関係が悪化する中、中共は日本に対してかなり融和的な外交アプローチを展開している。南朝鮮だったらホイホイ乗っていくであろうこのアプローチに、安倍政権は過度に反応していない。天安門事件で国際的な孤立に苦しむ中共に、最初に手を差し伸べ、批判されたのが日本だ。安倍政権は同じ轍は踏まないだろう。

 こんなときに、新沖縄県知事は、基地問題で「民意だ」と騒ぎ、選挙戦では「頼らない」としていた補助金を国に無心に来て、詐欺師っぷりを晒すありさまだ。デニーは「米国に行って、沖縄の世論を訴える」と息巻いているようだが、内容はもちろんのこと、タイミングとしても度し難い。恐らく、米国旅行が叶っても、要人には取り合ってもらえないだろう。

 米中の対立は経済分野に留まらない。これは新たな「冷戦」である。日本がどちらに付くかは、選択するまでもない。外交、経済、防衛などあらゆる分野で、この「冷戦」に備えるべきだ。同時に、戦後、中共が国際世論において情報戦をしかけてきた「日本による侵略」「虐殺」等々のプロパガンダ払拭のため、粘り強く米国の理解を促す好機としても活用すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/15 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
真実を見てほしい
沖縄玉城知事は選挙で政府の補助金に頼らない公約でしたのに、安倍総理に向かって増額要求を、目を合わせずにした様ですね。
ご自分は日米ハーフだから米国も自分の意見を聴く、とも選挙中は述べていたそうで、行って聴いてもらえばイイんじゃない?

二世紀前の世界植民地分割していた白人キリスト国の醜悪な人種差別・人種交配政策を持ち出しても仕方がないけれど、現在の中共のしていることは殆ど同じ様なもの。
それでも今まで米国は、対日本姿勢のいやらしいほどの厳しさに比べ、ずっと悪辣な親中体制でしたから、ちょっとは物事を真正面から見る気になったか!どこまでこの姿勢が続くのかな?と個人的には思います。
続いて欲しいのは山々ですし、欧州各国もしっかり覚醒して欲しいですけど。

ペンス副大統領の翻訳ページをご紹介いただき、ありがとうございました。
後程ゆっくり熟読致します。
[ 2018/10/15 18:37 ] [ 編集 ]
ペンス副大統領の反中演説
以下、ご参考。

ペンス副大統領の反中演説
Vice President Mike Pence's China Speech at Hudson Institute
https://www.youtube.com/watch?v=mYAHPPXmcts

英文による全文文字起こし
https://www.hudson.org/events/1610-vice-president-mike-pence-s-remarks-on-the-administration-s-policy-towards-china102018?mod=article_inline

全文の和訳
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009

長谷川幸洋による解説
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009

[ 2018/10/15 22:29 ] [ 編集 ]
ペンス副大統領の反中演説(一部訂正)
先のupで、「長谷川幸洋による解説」のURLを間違えました。正しくは、

長谷川幸洋による解説
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57929
[ 2018/10/15 22:39 ] [ 編集 ]
読みました・・・
具体的にどんな方かも存じませんが、何となくペンス副大統領とマティス国防長官には好感を持っていました。
この講演でそれが減退した訳ではないのですが、アメリカの教科書はそう教えるんだ!?と改めて思ったのが、米国独立戦争(ペンス氏は「アメリカ革命戦争」と仰っています)以降の対シナの歴史感覚で、私的には「有色人種はそれを列強の独善と言う」と言いたい気分になった部分がありました。

米国には、戦前戦中戦後しばらくまでソ連コミンテルンに依って思いっきり対米工作を仕掛けられていた、という詳細な調査書「ヴェノナ文章」というものがあるそうで、それを思えば、国名が違うだけの共産主義国のする事に今更「脅威」感覚を呼び起こされる米国人が、ちょっと不思議wではありました。

それでもトランプ政権が二年間の間にこれだけの具体的な検証ができたのは、さすがに米国調査部隊だと感心頻りです。

日本のベテラン政治家達は今まで「どこの国よりシナを識っている」自負心があり、「だからシナには正面攻撃のやり方ではダメなのよ」と嘯いていた様に思いますが、日本は知識として識っていても、具体的証拠、証例を挙げて相手を説き伏せる努力と実行力は無いのね、とペンス副大統領の翻訳を読んで比較以前を嘆きたくなります。

このペンス講演にメディアの見出しが
 朝日   米副大統領、南シナ海で中国の「威嚇」にひるむことはないと強調。
 産経   ペンス副大統領、「尖閣は日本の施政権下」
       中国政府中間選挙への干渉を非難
 東京   米、対日交渉は「FTA」貿易協定 副大統領が明言
 赤旗   米副大統領 「交渉はFTA」

・ペンス副大統領は「インド太平洋地域」と言って「南シナ海」とは表現していない。
・「韓国との貿易共励の改善に署名したように、二国間ベースで新たな貿易協定を締結している。」
「日本との自由貿易協定の歴史的な交渉をまもなく開始する」とは言っても、「FTA」とは言っていない。

米国
 ロイター ペンス副大統領、中国を非難「あらゆる手段で米国に内政干渉」
 FOX   ペンス副大統領、中国からの中間選挙への干渉を警告

中共
 大紀元  ペンス副大統領が演説、中国共産党に「宣戦布告」
[ 2018/10/16 10:14 ] [ 編集 ]
歴史見直しの絶好の機会
こはる様:

〉「有色人種はそれを列強の独善と言う」と言いたい気分になった

私も同じですが、支那民衆に対する外交辞令もあるだろう部分は割引きましょう。

アメリカが19世紀末から20世紀初期の列強による支那蚕食に加わらなかったのは、南北戦争という巨大な内戦とその後の後始末、インディアン征服戦争と西部開拓があったからで、決して善意からではありません。日本にペリーが来航したのも、支那への足掛かりにするためだったという説があります。で、日本が無理と分かると米西戦争をやってフィリピンを分捕った。西洋列強と同じく支那蚕食をしようとしたら、満州は日本が、上海・香港と揚子江沿岸は英国がもう押さえていた。出遅れたので、門戸開放・機会均等のお題目を振りかざしただけです。支那の鉄道のほとんどは英国または米国の借款で建設されていることはご存知でしょう。日本の借款は満州の開発と青島から山東半島内陸に入って石炭採掘をするためのものに限られます。

日米戦争の根底にあるものは、日本と満州(独と仏を足したほどの面積がある)が合体して「第二のヨーロッパ」が出現するとアジアにおける米国の覇権が脅かされると考える連中が米指導層を締めたからだと思います。そこに、世界恐慌が起きて社会主義的アプローチが必要と考える連中にソ連のスパイが食い込む余地があった。

日本と良好な外交通商関係を築くことが大事なのに、逆に敵対視して滅ぼしてしまったので、満州はソ連の手に落ち、支那正州(万里の長城から南)は毛沢東の手に落ちた。それで朝鮮戦争になってしまったのです。そのことは、アメリカでもまだ一部の歴史マニアしか知りません。ペンス演説でも「支那共産党の執権後、わずか5年で敵同士になったのは驚くべきことである」と云っているじゃないですか。アメリカ人もまた、東京裁判史観にどっぷりと浸かって生きているのですよ。

ケンカをしているうちは、自分たちのケンカがどういう意味を持っているのか、分からないのが普通です。ヴェノナ・ファイルのような、秘匿されていた資料が明るみに出てきたいまだからこそ、支那に騙されコミンテルンに騙されてきた過去を振り返り、日米がともに負け組だったことを知る機会が訪れている、ということではありませんか?

(続く)
[ 2018/10/16 13:34 ] [ 編集 ]
歴史見直しの絶好の機会(続)
歴史を振り返ると、日本はこれまで、アメリカ人が支那に騙されやすいことが、安全保障のうえでも経済活動でも大きな不安定要因になっていました。

戦前は蒋介石・宋美齢の反日プロパガンダが、アメリカで大成功しました。見事に支那が被害者、日本が加害者の構図を作ってしまい、宋美齢は口舌だけで大量の援助物資をアメリカからせしめることに成功し、一時、国民党空軍の司令官だったことさえあります。

戦後は米ソ冷戦の間で日本が「安保ただ乗り」のような形で経済成長に成功しましたが、日本の経済力がアメリカの産業界を脅かすほど強くなると、クリントン政権あたりから、とたんに日本叩きが始まった。アメが日本叩きをするとき、支那に支援することとセットにしよるから困る。アメが「敵を見間違える天才」と言われる所以です。

なぜかという話はひとまず置くとして、ペンス副大統領の反中演説は新冷戦時代の幕開けを告げるものですから、上記のような心配が遠ざかったことを意味します。チャーチルの「鉄のカーテン」演説からソ連崩壊まで43年かかっています。ざっくり、その半分としても20年くらいの期間は、この状態は続くでしょう。また、当然、日本が西側自由陣営の「出城」になるので、なおさら、上述の心配はしなくていい。

アメリカ人が支那叩きをしている間に、「南京大虐殺」でも「東京裁判見直し」でも堂々たる論陣を張って、我々の言い分を披露しましょう。

[ 2018/10/16 14:39 ] [ 編集 ]
支那人は騙し上手
ついでだから、なぜアメリカ人が支那人に騙され易いのか、私の考えを述べておきましょう。

まず、支那人はゴマすりがうまい。ローズ・パク(白)だの、ジャック・マー(馬)だの、ウェリントン・クー(顧維均)だのと、名前を欧風にしたり、キリスト教徒を装ってみたり、従順な下僕を装う。で、夜になると火を付けにきたり、納屋のような誰も見ていない所に主人をおびき出して、後ろから刀で斬りつける。信用させておいて寝首を掻くのは支那人の最も得意とするところです。1930年代半ばに書かれた「暗黒大陸中国の真実」という本を読むと、今の支那人の生態が当時と全く変わっていないことに驚かされます。

こういう、一見、家内奴隷のような支那人の振る舞いにアメリカ人は弱い。

もっとも、日本人も他人のことは言えない。日本人は「おだて」や「孔孟の教えっぽい教訓」に弱いです。日本人は西洋中心の世界に対するアンチテーゼみたいな生き方と運命を背負っているから、いつも孤独です。心の中で「何をいってやがる」と思っても、うまく反論を組み立てて表現できないことも多い。だから、そこをくすぐられると弱い。トウ小平は「賢くて勇敢な日本人に学べ」とか「井戸の水を呑むときには、井戸を掘った人の事は忘れない」と言っていました。

松下幸之助は、支那にまだテレビ市場がないのにテレビ工場を作り、技術者を一から育てたので、まさに「井戸の水を掘った人」でしたが、2012年の反日暴動では松下の工場が焼き討ちに合いました。日本の援助や経済協力も相当なものでしたが、2013年に習近平がオバマと会談した時には「太平洋を米国と中国で二分して、ハワイから西を米国の領域、東を中国の領域としよう」と「太平洋二分論」を持ち出した。私はあのとき、若い頃から抱いていた中国への情愛みたいなものを完全に失いました。これからは「不倶戴天の敵」であるとはっきり確信しました。トウ小平は「井戸を掘った人を殺す事は忘れない」という方が正しかったのではないか、と。

また、これは先日亡くなった佐々淳行さんが言っていたことですが、「アメリカ人の欠点は独善的self-righteousなところ」です。おそらく、キリスト教の中でも福音派Evangelicalに属するか、そのシンパが多いせいだろうと思います。福音派キリスト教徒が他の宗派と異なる最大の特徴は折伏を好むところです。支那人はどこまで行っても支那人であって滅多に変わりようがないのですが、外側はキリスト教徒のフリをすることがうまい。蒋介石は、昨日はソ連の赤旗とレーニン像に囲まれて暮らし、今日は執務室に十字架を飾る、そのくせ黄河の堰堤を爆破して百万人くらい自国民を殺して、どこがキリスト教じゃい?という行動をしているのですが、支那のトップをキリスト教徒にすることができれば、支那全土をキリスト教国にできるという浅はかな考えはあったろうと思います。李承晩は晩年にキリスト教の洗礼を受けたそうですが、これはアメリカの政治的支援を受けて朝鮮で巻き返しを図るためでしょう。保導連盟事件や北朝鮮の侵攻時にいち早くトンズラし、逃げ遅れた市民が鉄橋を渡っているのに爆破した悲惨を考えれば、今さら悔い改めたって、もう遅いと言わざるを得ません。

蒋介石夫人の宋美齢は上流家庭に育ち、幼少時にアメリカに留学し、アメリカの大学を卒業して、完璧な英語を話したので、純然たる一般的支那人ではないのですが、そこそこ美人でスター性があった。こういう「アメリカ教」に改宗したかに見える美人に、アメリカ人は弱い。

現場で蒋介石を実際に見ていたスチルウェル将軍が、支那の独立後に最初にやるべきことは蒋介石の暗殺だと言っていたそうですが、支那から太平洋を隔てて遥か離れたところでパールバックの「大地」やエドガー・スノーの「中国の赤い星」にすっかり騙されていたアメリカ人に、支那の実態は分かりようもなかったでしょう。

パールバックの「大地」がベストセラーになった背景は1929年の世界大恐慌でしょう。我々は、当時と似た雰囲気を2008年のリーマン・ショックの後に経験しています。その前はITバブルやサブプライム・ローンがアメリカの景気を支えていました。そのように生産の現場から離れてしまう人々が大カネ持ちになったり、一転してド貧乏になったりする下地がアメリカの資本主義自由経済にはあります。

資本主義自由経済への幻滅が、大地を相手に生きる支那の農民に、間違ったあこがれを抱かせる、これも一要因だと思います。

アメリカ人は、やっと、支那共産党の凶悪ぶりに目覚めたのですから、日本も百年ぐらい支那大陸を戦場に駆け回った経験からの戦訓なり教訓なりを見出して提示しましょう。
[ 2018/10/16 17:17 ] [ 編集 ]
支那人はだまし上手(一部訂正)
上記のアップで、「ハワイから西と東」と取り違えていました。訂正してお読みください。
[ 2018/10/16 17:22 ] [ 編集 ]
長文のご説明ありがとうございました。

私が「独善的」と感じましたのは、もっと単純な
<アメリカ人宣教師たちが中国に福音(神の言葉)を伝えたとき、彼らはいにしえの豊かな文化と活気ある人々に感動しました。そして彼らは信仰を広めただけではなく、同じ宣教師たちが中国初の一流大学をいくつか設立しました。>
という箇所です。

それは米国だけではなく宗派を問わずに白人キリスト教国家に共通する、有色人種に押し付ける「教化」が絶対的に有難い筈のもの、と疑わない思い上がりに対して感じる「独善」です。

余所の、植民地となり大幅にクリスチャンに改宗した国々と違い、日本は豊臣秀吉と徳川幕府が、宣教師は国家制圧の尖兵と見抜いての追放令や禁教処置のおかげで民族の奴隷化を免れた、とする研究者は多いと思います。
決してキリスト教宣教師は「未開な国に良かれ」と考えて派遣されていたのではない、というのが「押しかけられた側」の体験的見解、ということで。



今夜のサッカーは見応え十分で、どのシュートもカッコイイ!w
[ 2018/10/16 21:07 ] [ 編集 ]
日本のメディアの状態は忖度ではなく被侵略状態でしょう。自衛を成り立たせる主体性から削られてる。忖度という主体性を前提にした言葉は、揶揄であるようで実は危機の矮小化という、日本のネット保守が陥りがちな罠の典型例。
戦争はすでに始まっていて、日本人の脳が戦場である。


[ 2018/10/19 05:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: