FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  艦船に李舜臣旗、米国を無視した北との軍事合意書 ~ 南朝鮮を制裁せよ

艦船に李舜臣旗、米国を無視した北との軍事合意書 ~ 南朝鮮を制裁せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮の暴走が止まらない。南朝鮮は一応は西側諸国の一員として、対北政策に関しては日米と行動を共にする立場だ。しかし、文在寅はそんなことは御構い無しとばかりに、対北融和政策を連発する。

 米国が最も問題視しているのは、南北が交わした軍事分野合意書で、なかでも南北軍事境界線一帯に飛行禁止区域を設定したことが、米国側の怒りを呼んだ。ポンペオ国務長官は南鮮の康京和との電話会談の際、康に対して「いったい何を考えているのか」と激怒したという。もっともだ。飛行禁止は、在韓米軍も対象となるのだ。僅かに残る軍事オプションの可能性をゼロにする愚策で、北を利するだけのものなのだ。

 康京和は対北朝鮮制裁措置解除に関し、「関係部署と検討中」と発言したとこで炎上した。その後、「政府レベルで検討しているという話ではなかった。言葉が先走ってしまった」と弁明しているが、事が大きくなってしどろもどろと言った状況だ。米トランプは、この制裁措置解除について、「彼らは我々の承認なくそのようにしないだろう」と、3度も述べたそうだ。勝手な真似するなという、青瓦台に対する警告だ。

 南鮮が主催した済州での国際観覧式では、軍艦旗不使用という南鮮の非常識な要請に対し、ロシア以外の参加国はその無礼な要請を無視し、軍旗を掲揚したそうだ。中共は不参加で、米国は反対デモに遭って寄港できず、随分とショボい式になったようだ。

 とりわけ問題になっているのが、文在寅が乗船した駆逐艦の甲板で、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に戦ったの際に水軍を率いて戦ったとされるイ・スンシン(李舜臣)将軍が使ったものと同じデザインの軍旗が掲げられたという。青瓦台は「未来の海洋強国への意志を表明したもの」と説明しているそうだが、こんなものは嘘っぱちであり、反日の演出としか解釈しようがない。


 反日という使い古された言葉だけで、この文在寅という人物を語るのは不十分だ。ではなんという表現が適当なのかと言われると、即座に言葉が浮かんでこない。ひとつ言えるのは、彼は親北であり過ぎるが故に、どんな敵を作っても構わないと考えているのだ。対米スタンスも然りである。金正恩のためなら、土下座でもするし、同盟関係など無きことのように振る舞うのが文在寅だ。

 南朝鮮はどうしようもない国だが、彼らが対岸に存在する以上、言うべきことは言わなければならない。トランプに倣い、南朝鮮には強く対応すべきだ。
 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/13 07:22 ] 外交 | TB(0) | CM(14)
それが朝鮮人気質。
[ 2018/10/13 08:12 ] [ 編集 ]
〇日本国の安全保障という立場では、米国に韓国を併合したもらった方が、極東アジア全体の安全性は高まる話ではないだろうか。韓国併合のような政治的な動き、日米間で話し合っておいても良いのではないかと。

〇日本国としては、最低限の条件として、竹島が戻れば良いだろう。できれば、あと何島か…済州島や巨文島まであればなおよいのかもしれない。済州島については、沖縄米軍基地の移転先にできるため、日本国としてはあったほうがよいだろう。あとは、米国の線引きに従う。このような条件なら、日本国としても歓迎できる話ではないだろうか。あとは、ロシア、中国とも協議して、韓国とのそれぞれの国境線付近を穏便に話し合いで分割できればよい。北朝鮮としても、韓国国内の政変により、対北朝鮮への強硬な政権ができるリスクよりも、隣国としての米国と、良好な関係を築いたほうが、長期的にみれば国益となる話ではないだろうか。

〇国際ルールに則った、自主独立の主権国家を持つこと。それができない韓国人とは思いたくないが、韓国人は、慰安婦問題などにかぎらず、我慢や自制心を忘れた過ぎたるわがままは多く見られる。有事においては、味方を置いて真っ先に逃げるか、それとも早々に味方を裏切るか…自分の保身を優先するといった性悪説に基づいた人として信用できない面も、常日頃から考えざるを得ないだろう。

〇つまり、日米の味方を、不要な危険にさらす懸念があることを、常に念頭に置いて対処する必要がある。韓国人を悪く言うつもりはなく申し訳ないが、日米の安全保障上、韓国に対しては、他国の民族に比べても、厳しい考えで対処せざるを得ない事情がある。日本人並みの、アメリカ人並みの安全保障上のレベルが求められている。普通に暮らす韓国人は、同じ民族である北朝鮮に対しては、性善説ばかりではなく性悪説も考えて、民族間の信用も大切ではあるが、油断せず緊張感をもって、日米から離れて孤立しないように、自国の安全保障を考えたほうがよいだろう。
[ 2018/10/13 10:07 ] [ 編集 ]
文の化けの皮
招待されたのに、旭日旗にイチャモン付られ参加辞退の日本。

アメリカも参加予定で準備するも、まさかの反対デモにあい参加できず。

そして国旗以外はダメと他国に通達しておきながら、自分達は秀吉と戦った将軍象徴の旗とやらをしれっと挙げてきた。

こんなハチャメチャな言動を行うクニを国家と認めていいのか?
まあハチャメチャなのはこのクニだけじゃなく、ちっこいのやらでっかいのやら、日本の近くはそんなのだらけ。

事実上韓国は今西側諸国という体だが、文は共産主義に戻して北と連邦国を作り、金を欺いて独裁国を目指すとか。

そういう意味では、今回の騒動はあくまで序章に過ぎず、今後文が日本にアメリカに西側に世界に何を仕掛けてくるか要注目です。

ところでそんな文の政策というか思想に反発するように支持率も急降下。
不安視する人々が国外逃亡しているらしい。
移民拡大している現政権下で、我が国にどのような影響があるのかこちらも要注目です。

[ 2018/10/13 10:13 ] [ 編集 ]
支那が南鮮の観艦式に参加しなかったのは、何故だろうか?




[ 2018/10/13 12:42 ] [ 編集 ]
安倍政権の長期戦略の無さ
韓国を考える時、日本では常に日本的情緒と目先の視点で日韓関係のニュースは反韓、親韓の目で語られます。

一つ一つ事実を羅列すれば韓国とは歴史的にも日本の敵国であり、日本から多額の日本国民の富を騙し取って今なお反日を国是としている国と言い切れます。
その事実を歪め、薄め、時に伝えないのがこの親韓でもある日本のメディア各社であります。
在日の「通名報道」などもその一つでしょう。
其のメディアに手をつけず、つけられず今まで来ました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%8E%89%E5%9D%87

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6_(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C)

それのみではなく韓国などを一方的な被害者とし、日本を加害国とするポジションからの情報発信であるだけに、様々例えば『慰安婦問題』などを『戦時売春婦』と捉えず当時の日本での朝鮮人労働者と同じく何とか強制的に日本に従わされた抑圧者と見せようとします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E6%88%A6%E4%BA%89%E6%8D%95%E8%99%9C%E5%B0%8B%E5%95%8F%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88_No.49

清国の影響力、ロシア南下の脅威、欧米列強の植民地支配からなんとか脱しようとするその為明治維新という革命、内戦さえ起こした日本が当時の朝鮮を他国の事として傍観など出来る筈もなく、その大国従属の朝鮮に関わらざるを得なかったのは当然の事です。

そもそもが朝鮮がしっかりとしたまともな独立国であればそれはそれで日本は結構な事でした。
結果、『日韓合邦』へと進まざるを得ず、況してや朝鮮への日本国民の血税を注ぎ込んだ次第です。
日本国民を貧窮させ、朝鮮を富ませ、そして朝鮮からは恨まれる。
そんな歴史が日韓関係です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E6%97%A5%E5%90%88%E9%82%A6%E3%82%92%E8%A6%81%E6%B1%82%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A3%B0%E6%98%8E%E6%9B%B8

ですから、少なくとも政治に関わる日本の政治家は韓国・北朝鮮は敵国であるという当たり前の認識でなければなりません。
勿論、国際関係ですから言動は様々な表現が必要でしょうが、この根本である『敵国』を認識出来ない政治家が日本には多過ぎであるという事です。

さてこの度第四次安倍内閣が発足、内閣改造が行われ動き出しました。
その動きの中早々に出て来たのが『外国人労働者50万人増受け入れ』です。

農業、建設業、介護など確かに日本人のなり手が少なく外国人を必要とするのは分かります。
しかし以前より全業種的に日本人の高齢者、女性の活用がされず、つまりは「日本人の活用」をおざなりにして来た政策の成れの果てではないかとも思えます。

この「外国人労働者」の増加は結局は中国人、韓国人の増加をもたらす事であり、中国人、韓国人の永住化増加という事です。
将来、日本に起こる様々な問題の種を今蒔いていると言い換えましょう。

そこで思う事が二つありますが、この外国人労働者招聘に於いても何故にわざわざ敵国国民を招くのか?
というものです。
多くの国々ではこの区分けはしっかりしているのではないでしょうか。
今安倍政権では「日・メコン地域首脳会議」など行っていますが、その動きが遅過ぎです。
カンボジアやラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、多くの親日国を含むこのメコン地域の国民を中国人、韓国人増加の前から早期に「外国人労働者」として招く動きをすべきでした。

また、敵国人よりも親日国人の方が当然日本に於いての犯罪率も低くなるでしょう。

しかし、そうではなく中国人、韓国人を多数入れた後で今や「外国人労働者50万人増」です。
まったく下手な政治的な動きです。
安倍首相、周りのスタッフ共に能力・思考が足りないとしか思えません。
もう四次も続ける安倍内閣であるのに。

それと同様なのが『憲法改正』です。
何度も書く様に戦後のGHQによる「WGIP」などにより日本国にはさよく・在日が隅々にまではびこっています。
一般日本国民に影響力があるメディアがその様なもの達に支配されている土壌に於いてその対策が本来安倍政権誕生時から重要課題なわけですが、そこには無頓着で関連担当大臣など選定にも構想がありませんでした。

https://www.sankei.com/politics/news/181012/plt1810120037-n1.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%94%B0%E8%81%96%E5%AD%90

敵・死者を尊重する。
今やそれは良し悪しであり、無判別に日本は敵に塩を贈れるほど性善説を良しと出来る環境ではないと思うのですが。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html

教訓が生きない国、日本。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7246.html

尚、韓国が何をしてもその本質が分かっていれば、「その様な国である」と一喜一憂的に「日韓関係が良くなった」、「日韓関係が悪化した」などと馬鹿な事を其の都度言う事もないでしょう。
[ 2018/10/13 12:48 ] [ 編集 ]
上記
名前書き漏らし

NPです。
[ 2018/10/13 12:49 ] [ 編集 ]
どうにもとまらない
ウリナラ信じちゃいけないよ
やつらの心はわがままさ
いつでも楽しい夢を見て
生きているのが好きなのさ

今夜は真っ赤な旗に付き
カリアゲ頭と踊るのか
それともいかついあの人に
熱い煮え湯を飲ますのか

ああ獣になる ああ鳥になる
やること全部気分次第なの
ああ反日が ああ反米が
もうどうにもとまらない
[ 2018/10/13 15:12 ] [ 編集 ]
妄想
もしも、今、世界大戦が始まるとしたら、中立を入れて何極に別れた陣営になって、どこが境界線になるだろうか。

その想像パターンと今回の観艦式で各国が示した態度や、昨今の国際情勢を重ねて考えると、イロイロ考えちゃいますね。

トランプが何で金豚と会う目的とか、プーチンの先日の平和条約締結先議論の提言の目的とか。

まぁ、あくまで想像ですけどね。
[ 2018/10/13 22:37 ] [ 編集 ]
休戦破り
南鮮にはこれしかない「どうにもとまらない」。


老人性妄想症とでも言いたくなる秀吉の朝鮮出兵ですが、朝鮮王は逃げ回ってばかりで日本軍の交渉相手は朝鮮が頼った明国の将軍だったそうで。それでいながら早くに日明和平交渉が成ったと思えば朝鮮軍がゲリラ攻撃しながら敗退の繰り返しで長期戦。
日本軍の中にも種々問題を抱えて勝ち続けながらも互いの協力体制が出来ずに結局明軍に足止めされて休戦。
その休戦中の日本水軍を襲った李舜臣が挙げたのが朝鮮軍唯一の「勝利」。 
ざっと纏めると「朝鮮出兵」はそんな戦いだった、みたいですね。

それを思い合わせると、在寅サンの掲げた李舜臣の旗は今の南鮮にとてもお似合いかも。
少なくとも「海洋強国」の先例にはならない戦記だと思います。たしか、その後その唯一の勝利を妬まれて李将軍は栄誉の内には死ねなかった、のではなかったか?

その軍旗は本来なら「帥」の字だろうと思うのですが、映像で見た限りでは最初の一画が無いので、意味をなさない文字を本当に李将軍が掲げていたのか?当時から朝鮮は略字が通用していたのか? 日本の生徒なら書き取りで×ですね。

国際社会にすれば、どこから見ても在寅サンは「金正恩の首席報道官」で決定!w
「難民」の日本流入を徹底阻止して国交断絶を望みたい。
[ 2018/10/13 22:52 ] [ 編集 ]
世界の常識は韓国の非常識なのか
文在寅があまりにも無能で言葉も出ない…。

蓋を開けてみれば、日本と中国不参加、マレーシア当日ドタキャン、フィリピン開始時刻に間に合わず不参加、更に、反米海上デモのためアメリカ港に接岸できず。極め付きは、軍旗を持たないアメリカ以外、全参加国が軍旗を掲揚。にもかかわらず、めげずに秀吉に勝ったというなんちゃらの旗を堂々と掲揚。

これって、まともな精神を持っていたら、もう生きていけないレベルの恥ずかしい状況だと思うのですが。世界に向けて「自分達はこんなに馬鹿なんです。」と宣言でもしてるのかな。

某国人の皆様は「精神的勝利」というお言葉がお好きなようで。どんどん精神的に勝利して下さいな。気が付けば誰もいなくなりますよ。
[ 2018/10/14 00:41 ] [ 編集 ]
もしかして反米の旗?
あの師字旗、実際に李舜臣が使ったかどうかは分からないそうですね。
ウィキペディアによると、1871年の辛未洋擾の時に朝鮮の将軍が使用していた旗で、アメリカが戦利品として持ち帰ったらしいですよ。
[ 2018/10/14 09:25 ] [ 編集 ]
こはるさん
>その軍旗は本来なら「帥」の字だろうと思うのですが、映像で見た限りでは最初の一画が無いので、意味をなさない文字を本当に李将軍が掲げていたのか?当時から朝鮮は略字が通用していたのか? 日本の生徒なら書き取りで×ですね。

〇元帥の「帥」の字と、師匠の「師」の字なら、日本人でも間違いそうですが、一画目の「ノ」がない字は、いままで見たことない字ですね…。略字や異体字でも、そのような字はないようです。単純に、漢字の「帥」を模したデザインの旗、ということでしょうか。
https://jigen.net/kanji/24101
[ 2018/10/14 12:01 ] [ 編集 ]
+αは「同じ人間と思わない」
「同じ人間と思わない」

生物学上はヒト、ホモサピエンスであることは全く否定しないが、人間はホモサピエンスに生まれればみな同質というわけではない。
そこに道徳心や宗教心など、人の考え方の基盤となる「文化」があり、その上に「個性」と「経験」「能力」などが乗っかって、初めて「人間」が形成される。

顔かたちや背格好が似ていても、基盤文化が違えば、同じ人間ではない。


文化が違うから国境がある。
基盤となる文化が共通の人々が暮らしやすいように、国がある。
文化が違うのに、同じ国であることはできない。

100年以上の厄災をもたらし大失敗した日韓併合がそれを物語っている。
チェコスロバキアしかり、イスラエルしかり、ソビエト連邦しかり、ユーゴスラビアしかり、新疆ウイグル自治区やチベット自治区しかり、ブレグジットしかり。

みんな大失敗。
文化の違いの無視は、かくも悲惨な結果をもたらす。

朝鮮人に限った話ではないが、
見た目や背格好が似ているだけに、日本人と同じ人間と考えようとする輩が後を絶たない。

が、必ず無理がくる。

「同じ人間と考えない」のは、単に「文化の違いを認める」こと。
ここをキッチリ理解しないと。

「みんな仲良し」は無理。
山のような死人が出るだけ。

歴史が証明している。

歴史は未来への教科書。

軽んずることなかれ。
[ 2018/10/14 21:20 ] [ 編集 ]
ツクノ様
現代なら好みでデザイン化というのも考えられますでしょうけど、宗主国・明国旦那の文字を属国朝鮮が適当にアレンジするとはちょっと考えられない・・・気がします。
朝鮮はその戦いに日本・小西軍が京城を陥としてすぐに明国の援軍を頼んでいますし、李舜臣の勝利は明が参戦して5年後の事。つまり明軍兵の目の前で宗主国の文字を手軽に扱っている部隊が安全でいられるかな~? と思いません?

ということで私的には、現在の漢字を使えない南鮮が得意の適当感覚で「こんな字だよね」で書いちゃったのかも、と勝手に思っちゃいましたw

「追」も最初の一画が無い字は見当たりませんね。
[ 2018/10/15 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: