FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  葬式でのヤジを擁護する非常識な脳科学者、茂木健一郎

葬式でのヤジを擁護する非常識な脳科学者、茂木健一郎

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月に死去した翁長前沖縄県知事の県民葬が、9日、那覇市の県立武道館で行われた。招待された安倍総理は外交日程のため、菅官房長官が代理出席し、安倍総理の式辞を代読した。その際、場を弁まえない基地反対派から怒号が飛び、式は殺伐としたものとなったようだ。

翁長前沖縄県知事の県民葬 玉城知事は「県民は遺志を継ぐ」 菅長官に「帰れ」「嘘つき」のやじも(産経)

 首相の式辞を代読した菅氏が「基地負担の軽減に向けて一つ一つ確実に結果を出していく決意だ」と述べると、一般参列者から「嘘つき」「帰れ。来なくていいよ、お前は」などとやじが相次いだ。
 県民葬終了後、稲嶺恵一元知事は記者団に「悼む場というのは非常に静粛であるべきだが、やむにやまれぬ思いの人たちの気持ちも分かる」と述べた。自民党県連副会長の照屋守之県議は「非常に残念だ。国も沖縄の問題を解決したいということで、翁長知事と一緒になってやってきた」と語った。


 やむにやまれぬ思いがあるなら、何をやっても許されるというものではない。例えば殺人犯が殺した人の葬儀に出て罵声を浴びるならわかる。だが、社会通念上、葬儀でヤジや怒号を飛ばすのは、日本人の感覚で言えば、明確なマナー違反だ。

 こういうふるまいの擁護には明らかに無理があるのだが、それが可能だとしたら、擁護する人の言説は単なるポジショントーク以上でも以下でもない。恰好のサンプルが、脳科学者の茂木健一郎だ。茂木は、あのヤジ、怒号を「お声がけ」と言い換え、 場を弁えまないふるまいを中和した上で、ブログにこう書いている。

菅官房長官にお声がかかった件について考える(茂木健一郎オフィシャルブログ)

菅官房長官が代読された安倍首相のメッセージ自体は、その文字をたどれば立派なものだった。「沖縄の方々の心に寄り添い」という趣旨の文言もあった。それでもあのような声がかかったのは、今までの中央政府の姿勢が、いわば、そのような言葉とは真逆だったからだろう。

菅官房長官の「沖縄の方々の心に寄り添い」という言葉を素直に受け取って「頼むぞ!」「待っているぞ!」「いよっ、官房長官!」「日本一!」といった声がかからなかったのは、「そんなこと言って、またどうせゴリ押しでくるんでしょう」という不信感があったからにほかならない。

茂木健一郎


本当に沖縄の方々の心に寄り添う気があるんだったら、既定路線に従ってゴリ押しするのではなく、真摯に話し合って、アメリカにも掛け合い、たとえば菅さんや安倍さんが沖縄に入ってタウンミーティングすればいい。そうする気がどうせないだろうと思われているから、あのようなお声がけになる。

今回菅官房長官へのお声がけについて、礼儀に反する、不謹慎だといった反応があるが、これほど物事の本質を外した論はない。社会的変化は、礼儀だとかそういうことをとっぱらった感情のやりとりによってしか生まれない。アメリカ公民権運動の歴史を見よ。日本における「礼儀」は単なる思考停止である。


 政府には沖縄県民の心に寄り添うことも大事だが、同時に、国家安全保障という使命がある。寄り添うだけなら、誰でもできる。しかし、国防という中央政府の使命のひとつを完遂しようとすれば、寄り添うだけでは、その使命を果たすことはできない。政府は、普天間の辺野古移設という方針を決定して以来、沖縄県に対して真摯に向き合い、対話を重ねてきた。それをぶち壊したのはルーピー鳩山政権だ。永遠に話し合いをしろというのは、憲法9条信者の「武力ではなく対話による平和論」と同じだが、この問題は既に政治的には決着したイシューなのだ。政府がごり押しをしているというが、「ごねる」ことで「政府がごり押しをしているように見せかけている反基地勢力」という見方の方が正解ではないか。

 日本の文化や風習においては、死者に鞭うつことは慎み、静かに送るというのが礼儀ではないか。「礼儀に反する」「不謹慎だ」という意見は、そのヤジや怒号が日本人の一般的な価値観に反することに対する批判である。同時に、彼ら反対派には、葬式ではなくても、反論の機会はあるのだ。ヤジだけではなく、葬儀を反基地運動、反政府運動に利用したことも、不謹慎の極みではないか。「社会的変化」にもそれなりに適した場所があるはずである。

 いくら脳科学に長けていても、こういう説を唱えるのであれば、茂木健一郎はただの非常識人である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/12 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
肩書きは保証しない
~学者と呼ばれる人達を昔は常識も兼ね備えていると思い込んでいました。
昨今の~学者はほとんど知識だけの、人でなしが多いのは嘆かわしい。
[ 2018/10/12 07:29 ] [ 編集 ]
 昔は、一芸に秀でた人も、自分の専門外のことについては謙虚で控えめであったが、戦後教育の権利主張ばかりで義務や倫理道徳を教えられてこなかったから、一知半解のことも臆面もなく主張する厚顔無恥の姿をさらす結果となった。

 地上テレビで大活躍している、自称評論家や非常識学者、お笑い芸人や俳優など無知をさらけ出して金稼ぎに夢中な輩が蔓延っているが、これを視聴しているお馬鹿な大衆がいるから仕方がないのかもしれない。

 嘆かわしいことだ!
[ 2018/10/12 08:02 ] [ 編集 ]
脳の病気を患った脳科学者
脳の病気を患った脳科学者は日本に実在するwwwwwww
[ 2018/10/12 08:46 ] [ 編集 ]
話し合い不可能な人に限って、話し合いを提言する。
茂木氏の、葬儀場での、菅官房長官への罵声を
「官房長官へのお声がけ」との表現に、魂消た。「お声がけ」・・・

茂木氏は言う、「社会的変化は、礼儀を取っ払った、
感情のやり取りの中から生まれる」と。
礼儀・慣習は、古来からの「感情のやりとり」の中から生まれた、
知恵の集積ではなかろうか。

葬儀場での罵声が、
建設的「社会的変化」を生むとは、考えられない。

罵声を発した人と、通常の日本人【お声がけに魂消る人】とでは、
コトバが通じないのでは・・・
つまり、脳の根本的構造が異なっている。

茂木さんは、「菅さんや安倍さんが沖縄に入って、
タウンミーティングをすればいい」というが、
コトバの通じない人と、タウンミーティングはできない。

思い込みが激しく、「説得される能力」の欠如した人が、ママいる。
たとえば、福島瑞穂さん。
首相・官房長官の貴重な時間への、配慮に欠けた提言だ。
[ 2018/10/12 09:48 ] [ 編集 ]
有識者って?
脳科学者、精神科医、教授、、、。
ご立派な肩書きだが、情弱者には通用してもネット利用者にはもう通用しない。
というか、既に肩書きは眉唾物という認識の方が一般的になっている。

確かに脳科学者は、脳科学の分野に置いては有識者ではあるが、一般常識や政治などについては無識者と言ってもよい。

ツイートするのは自由だが、専門外の事に「お声がけ」する時は素人らしく謙虚にされた方がいい。

せっかくの権威が地に堕ちて仕舞われますよ。
[ 2018/10/12 10:34 ] [ 編集 ]
葬儀は礼儀です
脳科学者とはどんな学問研究者なのか,具体的な映像を結べないのですが脳の構造研究なんでしょうかね?医学者では無さそうですが。
基地問題や礼儀作法がこの脳科学者の専門分野ではないだろうから口出しするな、とまでは申しませんが、やはりこの場合に遣われた「お声がけ」には日本語として違和感満載です。

誰が誰に言って居る「お声がけ」なのか?
「(御用が御座いましたら)お声を掛けて下さい」=ご用命下さい
「(お誘いの)お声を掛けて下さってありがとうございます」
私が思い浮かぶ用法例はこの程度でしか無いのですが、掛けられる側が上下で言えば下。
それに、どう考えてもヤジや罵詈雑言に遣うべき表現ではなかろうが?
これは別に「学問」範疇のことではなく、「常識」以前の、遣う側と遣われた側の立場をも示す訳で、茂木研究者の脳内作動が誤っている様に感じます。

ご逝去から随分日時を置いたご葬儀は、死者の為の儀式というよりは生者に依る死者への別れの挨拶の場だろうと思うのですが、例えば招待があって赴く冠婚とは違って、葬祭は見送られる死者と何等かの関わりを持った人誰でもが礼儀を以て参集する場の筈。
特定の人物への弔問排除行為や嫌がらせは、死者当人への大変な無礼になると思います。
翁長氏がこうした礼儀知らずの者達に囲まれて居た事を示した、後味の大変に悪いお式になってしまった、という事ですね。

で、社会的変化を葬儀場に求める茂木氏って何なんでしょ?そのご葬儀は反基地集会だった訳ではあるまいに。
しかも、何故か突然「米国の公民権運動」を持ち出す?
社会的変化でありさえすれば何処でも何でも許されるのなら、茂木氏は過去に幾らもあった血塗れの革命讃仰者ということか。
[ 2018/10/12 13:04 ] [ 編集 ]
だからクオリアー♪
茂木氏の脳科学者としての実績など皆無です。
「クオリア」なんて科学しようのないものをグダグダ言って、何か意味があるように見せかけて、それをパヨが「脳科学者!」と祭り上げているだけ。
どこかの頭の悪い社会学者と全く同じパターン。
そもそもサイエンスの分野でも有識者ではない、ただの学者風芸人ですよ。
[ 2018/10/12 17:27 ] [ 編集 ]
〇沖縄県では、戦争関連の式典や成人式でも、罵声や奇をてらう言動は、見受けられたことだが…今回は、元県知事の葬儀の場。

〇東京からわざわざ来られた来賓の方に、心無い罵声を浴びせる…大人の社会人として、沖縄県を代表した方の葬儀で、礼に失する言動、恥ずかしいとは思わないのだろうか。このような場を、ひとりの感情のみで台無しにする…そんな言動を優先する人こそ、場にふさわしくないのではないだろうか。

〇沖縄県の基地問題については、なぜ、基地があるのか…もっと、因果関係を考えたほうが良いだろう。答えは、あたりまえのことだが、中国が空母を保有し始めたからだ。中国が、軍縮傾向にあり、軍艦すら一隻も保有していないならば、沖縄県は米軍基地がなくとも平和で安泰なのだが…残念ながら、今は中国が空母を建造し、沖縄を狙っているようだ。何のためか…その目的は、おそらくハワイ島まで太平洋へと進出すること、という核心的利益のためだろう。

〇沖縄本土を戦地としないためには、制空権、海上で迎え撃てるだけの備え、後方支援体制や東南アジア諸国との連携など、闘う備えを万全にすることだ。残念ながら、中国が軍縮傾向にないのだから、沖縄の自衛隊基地や米軍基地は、今よりも必要とされる状況にあるといえるだろう。

〇沖縄県で、平和を掲げ基地反対などの活動をされている方々は、同じことを中国で行う必要がある。しかし、活動家としてすぐに捕まるおそれがあるため、オススメはできない。せめて、日本国内の中国大使館の前で、軍縮を呼びかけてはどうだろうか。


>今回菅官房長官へのお声がけについて、礼儀に反する、不謹慎だといった反応があるが、これほど物事の本質を外した論はない。

〇「お声がけ」という言葉は、尊敬語だ。あたりまえのことだが、相手に敬意がないならば、尊敬語はおかしい。言葉の内容は、菅官房長官を罵声しているのだから、尊敬語では用途が違う。

〇「罵声した人」に敬意を表して、「お声がけ」ならば、仲間内ということで納得できる話なのだが、それでも、不謹慎かつ礼儀に反する言動であることは、誰の目にも明らかなこと。こちらも、尊敬語では、用途が違うだろう。
[ 2018/10/12 17:55 ] [ 編集 ]
葬儀の場で罵声を浴びせるのがお声がけなら、無礼な琉球人に苦言を呈するのもお声がけですよね?
[ 2018/10/12 18:19 ] [ 編集 ]
琉球ゴキブリを擁護する高齢しばき隊茂木
琉球人のブログやツイッターを見たら葬儀の場の罵声を正当化する物言いばかりで呆れました。こんなだから琉球人は害虫呼ばわりされるんですが、当の琉球ゴキブリには決して理解できないでしょうね。
そしてそんなゴキブリ連中の肩を持つ茂木(いい年してしばき隊)の衛生概念の無さも気持ち悪いです。
[ 2018/10/12 19:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: