FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  沖縄でまかり通る自衛隊ヘイト ~ パヨク活動家という真の差別主義者たち

沖縄でまかり通る自衛隊ヘイト ~ パヨク活動家という真の差別主義者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今週末の沖縄県知事選は、台風の影響で大荒れになりそうな様相だ。一部地域では、投票日が昨日や今日に繰り上げられ、期日前投票が多くなることが予想される。猛追していると言われる佐喜眞候補としては、もう少し時間が欲しいところだろうが、天気には勝てない。最後の追い上げを期待したい。一方、二枚舌の嘘つきである玉城デニーには、この投票のために県外から住民票を移した活動家が少なくないと言われる。有田芳生大センセーのツイートにも、その例が出て来る。パヨクはいつもどこでも、手段を択ばない。

 首都圏でのパヨクの活動は、報道の量の割には中身が薄い。彼らは、集団的自衛権や特定秘密保護法、モリカケ等々への抗議のために官邸前に集まって活動しているが、安倍政権を攻撃するために材料を集めているだけで、目的が単純だから深みがない。「安倍政権を批判したいだけ」という底意がミエミエだから、興味をもって官邸前に集まった人々にも、彼らに利用されるだけという実態を見抜く力ぐらいはあるだろう。いま、パヨクの主戦場は官邸前ではなく、沖縄だ。

 宮古島は石垣島と並ぶ日本最南端の島だ。昨年1月、島への自衛隊配備が争点となった宮古市長選で、配備推進派の下地氏が市長に再任され、配備が事実上決定された。その宮古から、非常に由々しき人権侵害が報告されている。

 航空自衛隊宮古島分屯基地内で、自衛隊員と一般女性のお見合いパーティーが実施された。これに精髄反射したのが、パヨクの活動家連中だ。市民団体と称する活動家連中が、「税金で管理されている基地内で、極めて個人的な行為である「お見合い」をすることは問題」と声を上げ、「人生の選択を国の組織が関与・管理することはおかしいし、軍事要塞化への反対の声をかき消していく意図も感じる」と主張している。下の画像は、「『自衛隊基地内でお見合いパーティー』を考える市民たち」という団体が作成したチラシだ。

宮古自衛隊お見合いパーティーへの抗議チラシ
クリックで拡大


 チラシそのものがヘイトに満ちている。お節介なことに、隊員や女性に対し、「あなた方の人生が、個人の選択が、組織の道具として利用されていませんか?」と問うている。そして、もっとも酷いヘイトが、パーティーの目的に言及した部分だ。

  1. 個人的な自由な意思で決定されるべき人生の選択を国の組織が関与・管理することはおかしい
  2. 女性の「性」を、隊員を統制・管理するための道具として利用していないか?
  3. お見合い→結婚=所帯を持たせて性的事件を未然に防ぐ、という戦前の「慰安所制度」=「性の防波堤」という考え方と同質ではないか?
  4. 地域住民との結婚→地域への同化を図ることで、軍事要塞化への反対意見をかき消していくこと等の意図があるのではないか?

 まったく、どう解釈したらこんな曲がった見方をできるのだろう…と、呆れて口が塞がらない。これらの文章は、自衛隊員だけでなく、集った女性に対しても失礼極まりないものだ。婚活やお見合いパーティーが戦前の「慰安所制度」=「性の防波堤」を踏襲するものなら、全国で開かれるすべての婚活、お見合いパーティーが否定されなければならない。だが、分屯基地に集まった女性たちは、当然ながら自由意思でこのパーティーに参加している。他人の自由を束縛する、少なくとも抑制しようとする意味で、この市民団体の活動は、他人の自由に対して過度に踏み込み過ぎた暴走である。
 
※詳しい内容は、このブログ(抗議側)に記載されている。全く噴飯ものだ。

 戦後サヨクの古き伝統である、自衛隊差別だ。活動家の連中は「沖縄差別を許すな」などと声を張り上げるが、実はこのお見合いパーティー妨害活動自体が、彼ら自身が差別主義者であるという自白である。彼らは理性的に考えることは不可能だ。何故なら、基地反対運動や自衛隊差別は、彼らの宗教だからである。

 もちろん、すての沖縄県民がそうとは言わないが、こういうヘイトがまかり通り、地元の左系新聞が、活動がさも真っ当な抗議であるかのように報ずるのが沖縄だ。こういう土地で玉城県知事など誕生したら、沖縄は孤立してしまうだろう。県民におかれては、賢明な選択をしていただきたい。このような活動を「沖縄の恥」と思わなかったら、それこそ深刻である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/28 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)
>下の画像は、「『自衛隊基地内でお見合いパーティー』を考える市民たち」という団体が作成したチラシだ。

〇「琉球弧の軍事基地化に反対するネットワーク」というブログでも、自衛隊の婚活について、取り上げられているようだ。一部、引用させていただくと、
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-677.html

《2018年9月22日
質問書

第53警戒隊長兼宮古島分屯基地司令 
古田桂子 さま

本日、分屯基地内で行われる航空自衛隊員と地元の若い女性たちとの「集団お見合いパーティー」につきまして、地域の市民生活の安全と安心の観点からも、私たち宮古島市民はいくつもの疑問を持っています。
 
以下、真摯にお応えください。

1、「お見合い」する隊員は全員、今日、勤務は休日なのですか?
2、何名の隊員が出席し、何名の女性の申し込みがありましたか?
3、この「お見合い」の諸費用は、どこから支出していますか?
4、税金で運営される公共の場所が使用されるわけですから、諸経費の明細を開示してください。
5、添付のチラシに書かれているような私たちの見解・疑問に対して、

女性であり、宮古島分屯基地司令である貴方の回答を求めます。

「自衛隊基地内で行われるお見合いパーティー」を考える市民たち》


〇さて、「自衛隊基地内で婚活パーティー」を考える市民たちの会、の方々は、いろいろと勘違いをされているように思う。まず、自衛官の方々は、基本的に週休二日の公務員だ。公務員の婚活を、ダメだという日本国民は、まずいないだろう。

〇自衛隊基地内という場所についても、公共施設のひとつだ。公共施設では、婚活パーティーにかぎらず、さまざまなイベントが催されている。

〇例えば、公民館や市民会館などでは、健康体操などの教室や俳句同好会のような催しなど、身近なイベントとして毎日のように開催されている。そのひとつひとつを、公的な場所を利用した団体は、証明が必要だから、都度すぐに明細書を公開せよ、という話にはならないだろう。防衛省の予算については、年次の白書などで、日本国民に向けた報告は、なされているのではないだろうか。

〇婚活パーティーについては、民間企業とのコラボで、開催されているようだ。特に、公務員は、女性に人気がある。もっといえば、自衛官には、真面目な方も多いため、女性にとり安心感すらあるのだろう。
https://frankparty.com/article/details-37/
https://jieitai-bridal.jp/

〇エクシオでは、年齢、趣味、職種などで、婚活パーティーを開催している。あたりまえだが、自衛隊限定の婚活パーティーもあるようだ。自衛官だけ、婚活禁止ならば、それこそ人権侵害、職業差別というものではないだろうか。
https://www.exeo-japan.co.jp/ex_recommend/

〇《第53警戒隊長兼宮古島分屯基地司令 古田桂子 さま》宛への《「自衛隊基地内で行われるお見合いパーティー」を考える市民たち》の質問書は、《女性であり、宮古島分屯基地司令である貴方の回答を求めます》と締めくくっている。思うに、女性の司令官であればこそ、男性隊員の多い自衛隊において、婚活こそおろそかにはできない、というお考えなのではないかと。古田司令官は、女性ならではの視点というか、宮古島は一見辺境に見えるが国防の最前線、その司令官としても優秀な方ではないだろうか。

○先例として、デパートで開催される予定であった自衛隊のイベントが、反対運動により、混乱を避けるために中止へと追い込まれたことは、記憶に新しい。自衛隊の婚活パーティーを基地内で行うのは、隊員の幸せのために確実かつ安全に実施するということ、そして、奥さんとなる女性たちにとり、夫の職場への理解も大切であることを考えれば、古田司令官の判断は賢明ではないかと思う。
[ 2018/09/28 11:18 ] [ 編集 ]
怒り心頭
自衛隊の方々への、感謝の念厚い山桜花は、「お見合い・・・性的事件を未然に防ぐ」・「戦前の慰安所制度・・・と同質」の箇所に、怒り心頭。
「このような発想に生きる日本人がいるのか・・・・」
多分、今までも、かくの如き、心無い言葉に、自衛隊の方々は、しばしば傷ついてきたと思います。でも、この言葉に、私以上に、悲しみ、怒る日本人は多いに違いない。
自衛隊の方々に寄り添い、感謝とともに生きる日本人は、時とともに増え続けます。
突然ですが、自衛隊の方々、狩野川台風の時は、ご支援有難う御座いました。
[ 2018/09/28 12:02 ] [ 編集 ]
 日本を守る自衛隊を悪しざまにいう奴!こいつらは日本の敵である。
 日本の防衛体制を弱体化しようともくろむシナ朝鮮の回し者に決まっている。
 自衛隊がいるから戦争になるという屁理屈は、警察がいるから泥棒がいるといっているのと同じ、泥棒の身内か味方である。
[ 2018/09/28 12:32 ] [ 編集 ]
本当の日本人はみな自衛隊に感謝しています。
はっきり言います。
この人たちは、自衛隊がいたら困るのです。自衛隊や日本の軍隊がいたら困る人たち。日本人はぜーんぜーん困りません。みんな自衛隊に居て欲しいと思っています。
自衛隊や日本の軍隊がいたら困る人たち。
分かりますよね。どんな国の人達か。
中国、韓国、北朝鮮の人たちです。
特に後者2つの国です。
そういう人達が日本に来て一生懸命運動しているんです。また、資金を提供して自分達の意見を通そうとしているのです。
さらに、ご丁寧に、日本のツマはじきたち、プロ市民が沖縄に入って活動しています。
沖縄の善良な人たち、くれぐれも判断を誤らないでください。
[ 2018/09/28 20:52 ] [ 編集 ]
本当の日本人はみな自衛隊に感謝しています。
はっきり言います。
この人たちは、自衛隊がいたら困るのです。自衛隊や日本の軍隊がいたら困る人たち。日本人はぜーんぜーん困りません。みんな自衛隊に居て欲しいと思っています。
自衛隊や日本の軍隊がいたら困る人たち。
分かりますよね。どんな国の人達か。
中国、韓国、北朝鮮の人たちです。
特に後者2つの国です。
そういう人達が日本に来て一生懸命運動しているんです。また、資金を提供して自分達の意見を通そうとしているのです。
さらに、ご丁寧に、日本のツマはじきたち、プロ市民が沖縄に入って活動しています。
沖縄の善良な人たち、くれぐれも判断を誤らないでください。
[ 2018/09/28 20:53 ] [ 編集 ]
特に後者2つの国です。を削除します。
[ 2018/09/28 20:58 ] [ 編集 ]
呆れた自衛隊ヒステリー症候群ですね。
こう言われてみれば、議員会館を南鮮嘘つき軍隊追っかけオババ連等に使わせてイイ物か?と、「国税に依る管理」という面から考えましたw。

自衛隊が隊員の生活面に益する為に開くパーティは公益に繋がる筈です。
このヒス等は、自衛隊という存在には何でも批判・否定しなければならない、と染まったアホなのでしょうが、日本列島最南端の危機管理に努める若い隊員の心の安定涵養に益するパーティが何故悪い?

例えば被災者が喜ぶ「自衛隊の湯」などは、本来の自衛隊の任務ではないと思えますが、被災者に寄り添って癒しの場を提供しようと思いやれるのは、人としての安定した精神があって初めて出来る行為だと思います。
その一つの元になるであろう配偶者との遭遇を図り集会場を提供するに、誰に遠慮が要りましょう。

ギスギス連妄想する戦うばかりの軍隊ではない人間味を保有し続ける自衛隊であるには、婚活結婚も当然の精神安定の元です。




[ 2018/09/29 00:06 ] [ 編集 ]
私の父は若い頃自衛官でした。それもあり自衛隊を身近な存在に感じていたため、一部の人達から忌み嫌われている事を知りませんでした。

ですが、社会人になって何年かしてから、「自衛隊の存在自体が気持ち悪い。そんな親を持って恥ずかしくないのか。」「役立たずの税金泥棒。」などと言う人に出会いました。自分の性格が悪いために、父親の職業を非難してくるのだとしばらく悩んでいましたが、後で共産党支持者だと分かりました。

こういう左翼達、自衛官やその家族や関係者の人権を踏みにじっているのに、同じ口で「人権が~!」って、笑わせるな。まるてどこかの国みたい。日本になら、何を言っても何をやっても構わないってね。

そんなに自衛隊が気に入らないなら、災害が起こっても、どこかの国から攻撃されても助けてもらわないで下さい。自衛官が可哀想なので。嫌いな人達に助けてもらったって嬉しくないでしょ。気持ち悪いんでしょ。






[ 2018/09/29 01:16 ] [ 編集 ]
清流の国様
お父上に一献差し上げて下さいませ。

一部(分)の忌み嫌う人が居ても、三分の感謝と尊敬を持つ人と六分の日頃無関心なれどイザとなれば居て下さる事に感謝する人々が居ります。

災害続きの日本のアチコチで、親切に大活躍される自衛隊員様方に感謝を表する態度が見られる映像が、真実です。
[ 2018/09/29 02:32 ] [ 編集 ]
沖縄県知事選
携帯電話値下げなんて知事には権限ないし、官、記者の質問に答えられなかし。
いい加減な公約している方がダメではないですか。
[ 2018/09/29 18:06 ] [ 編集 ]
琉球人は薩摩侵攻から400年以上反日を続けている粘着質な人種なのでむしろこれが平常運転だと思います。
[ 2018/09/29 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: