FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「石破善戦」というプロパガンダ

「石破善戦」というプロパガンダ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 総裁選で安倍総理に歯が立たずに敗れた石破茂は、今は心底ほっとしているだろう。議員票、党員票とも安倍総理にこっぴどく負けた場合、次の総裁選の芽もたたれ、自民党内でも反主流派として窓際でひっそり暮らす未来が決定だった。しかし、党員票の約45%を獲得した石破は、議員票で惨敗しつつも左派メディアから「善戦」という言葉を贈られ、「選挙というものは勝たなければならない」と言っていた戦前などどこ吹く風という体で、満足げな表情を浮かべていた。

 しかし、果たしてこの石破の戦いは善戦だったのか。反論したのは、麻生副総理だ。麻生氏は「どこが善戦なんだ。(善戦と報じたメディアに)ぜひ聞かせてもらいたい」と述べ、その根拠として、石破氏が6年前の総裁選の決選投票で獲得した89票よりも少ない73票に留まったことを挙げ、更に議員総数が6年前よりも増えていることを付け加えた。それにムカついたのか、石破は「党員の45%が(自分を)支持したのはすごいことだ。『善戦ではない』というのは党員の気持ちとずれが起きているのではないか」と反論したという。

総裁選 都道府県別勝ち負け


 上の図は、6年前と今回の、都道府県別の勝敗票だ。青が石破が勝った地方で、赤が安倍総理の勝った地方だ。一目瞭然だろう。石破氏は45%の地方票を獲得したと言うが、都道府県別の勝ち負けでは安倍総理に圧倒されている。ところが、反安倍のメディアとなると、この勝敗の状況を、こう表現するから話がややこしくなる。

【詳報】安倍氏「大きな力」×石破氏「党内一色でない」(朝日新聞)

 自民党総裁選で地方票の開票の結果、石破茂・元幹事長の得票が安倍晋三首相を上回ったのは山形、茨城、群馬、富山、三重、鳥取、島根、徳島、高知、宮崎の10県だった。一方、安倍氏は政権幹部の地元である福岡や神奈川、和歌山のほか、東京、大阪などで石破氏を上回った。(抜粋)


 石破は10県取った!と威勢よく書くが、安倍総理側に関しては「いくつかで石破を上回った」という表現にとどまる。事の本質から目を背けた報道だ。

 前回の総裁選における地方票は、投票総数が493,438票。そのうち、石破は233,376票を獲得し、シェアは47%と高かった。一方の安倍氏は29%と大きく水をあけられていた。今回の総裁選でその数値がどう変化したかというと、投票総数643,681のうち、安倍氏が55%、石破が44%である。上積みした票数は、石破が52,627票であったのに対し、安倍氏は214,819票で、得票数を前回から2.5倍も伸ばしている。もちろん、前回の総裁選は候補者が5人、今回は2人という違いはある。しかし、いずれにせよ、差は歴然としている。

 もっとこっぴどい惨敗を予想されていた石破が、地方票で44%取ったところで、結果を観れば善戦とは言えない。単に、予想が外れたというだけの話なのだ。パヨクメディアや野党、その他左派が、石破を「善戦」と持ち上げることによって、安倍総理をディスりたいだけで、その「善戦」という表現には、彼らの願望が含まれることを忘れてはならない。メディアは安倍総理が党員票も含めて完膚なきまでに石破を破れば「一強の弊害」などと批判しただろうし、石破が予想以上に票を取れば、「一強への不満の表れ」などという。初めから、安倍総理を批判するという結論があり、その結論に現象を都合よく利用しているに過ぎないのである。従って、「石破善戦」というのは一種のプロパガンダなのだ。

 石破は、もし自民党に残るのであれば、党内野党としての立場しかない。安倍政権は10月1日または2日に内閣改造を行うが、麻生副総理兼財務相、菅官房長官、河野外相、世耕経済産業相、茂木経済再生担当相、二階幹事長らは留任させ、石破派は党役員にすら登用しないという。安倍総理は総裁選で、「挙党体制」ということばは使わず、「適材適所」という表現を貫いた。石破は周辺に「何を打診されても断る」と反発しているそうだが、石破にはもう「適所」はないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/22 07:20 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
>それにムカついたのか、石破は「党員の45%が(自分を)支持したのはすごいことだ。『善戦ではない』というのは党員の気持ちとずれが起きているのではないか」と反論したという。

〇選挙は、当選か落選。それ以外の結果はない。石破さんが、「安倍さんには、完敗だ。」、といったほうが、潔い印象になったかと。自民党が下野したときの動向もそうでしたが、総裁選挙に落選したときこそ、選挙のときよりも人間性の本質は見えてくるのかもしれませんね。

〇安倍総理は、今期で改憲を目指すわけですが、石破さんを支持したグループの動向には、注意が必要だろう。総裁選挙では、改憲に否定的であったため、離党前提で手のひら返しもあり得る。国会では、改憲案の賛成票としては、勘定しないほうがいいのかもしれない。その反対勢力の規模が、今回の総裁選挙で把握できただけでも、石破さんの総裁選挙への立候補、敵味方はっきりして良かったといえるだろう。
[ 2018/09/22 08:04 ] [ 編集 ]
「総理、石破氏は『何を打診されても困る』と仰っている様なのですが」
「それは困りましたね」
「……困りますか?」
「新しい研究会を作りますので、その代表者になっていただこうかと思っていたのですが」
「新しい研究会ですか、それは一体どのような?」
「『冷や飯調理研究会です』です、もう研究室も用意してあるのですが」
「あ……あの窓際をパーティションで囲った一角ですね?」
[ 2018/09/22 09:22 ] [ 編集 ]
 小泉進次郎は、意見の違う勢力も必要とほざいたそうですが、これから憲法改正しようとしている自民党にこれに反する勢力は敵であり、自民党には不要どころか害悪であり、先見の明がなさすぎ党役員どころか議員失格である。

 石破に加担した勢力は決然と野党になって安倍自民党と戦うべきである。

 安倍総理は、毅然として白黒はっきりさせる態度を示さないと、本来の安倍支持派の信頼まで失ってしまうと危惧している。
[ 2018/09/22 09:35 ] [ 編集 ]
三流(政治)劇の観客
メディアにはこう言ってあげるといいですね
「もし米大統領選みたく選挙人方式だったら寓の音も出ないですね」

まあそもそも…「次の参院選で自党が大敗するから、そこが好機だ!」
なんて言っちゃう石破茂氏の事
きっとより手痛く負けるようにメディアと結託するんだろうなあ
あと北海道地震の際に「政策討議できない!不利だ!」なんて言っちゃう派閥は自民どころか永田町から去るべきです
[ 2018/09/22 10:08 ] [ 編集 ]
石破の立ち位置が決まった
この選挙戦で石破は、「討論をしよう」としきりに持ち掛けていたが、結果石破が行ったのは政策論争とは程遠い、安倍ディス論会に終始しただけだった。

「惨敗」を「善戦」などと持ち上げるマスゴミどもは、テレビ各社の討論番組やその他インタビュー記事から、「石破は使える」と悟ったに違いない。

3年後の総裁選で石破が出るとか、勝つとか負けるとか、そんな先の事などどうでもいいから、反安倍の急先鋒として使うだけ使おうと、マスゴミ各社は確信したに違いない。

そして大勘違い野郎の「石バカ」は、ホイホイとテレビや新聞雑誌に出まくり、あの不気味な表情で無能っぷりを惜しげもなく披露してくれるに違いない。
[ 2018/09/22 10:14 ] [ 編集 ]
まるで戦時中の報道のようだ
数字は嘘をつかない。いくら石破氏本人や既存マスコミが「党員票45%獲得は善戦」と叫んでみても、その内容を詳細に検証すれば「惨敗」以外なにものでもない。パヨク界隈では「実質勝利」「精神的勝利」等と負け惜しみの表現があふれているそうですが、それは彼らが一番嫌いなはずの戦時中の軍部と同じ発想であることに気がついていないのでしょうか。

古い本ですが、故・渡部昇一氏の『日本神話からの贈り物(PHP文庫)』の「文庫版まえがき」にこんなことが書かれていたことを思い出した。

故・稲垣武氏が『「悪魔払い」の戦後史』で第三回山本七平賞を授賞した際のことで、
『この席上で、稲垣氏は自らが戦時中に縁故疎開していた当時の話を披露された。ある時、預けられていた親類の家で、付近の工場に徴用されていた工員たちが、蓄音機で歌謡曲を聞いていた。すると、それを聞きつけた自警団のような人が飛び込んできて、「戦地の兵士たちが生きるか死ぬかの戦いをしている時に、音楽を楽しむとは何事か」と怒鳴り散らした。その時の彼らのキツネのようなつり上がった目が、幼い時の氏に強烈な印象を残したという。その後、稲垣氏はいわゆる進歩的文化人が言論を吐くときに、またその言論に冒された学生たちの中に、同じ種類のつり上がった「キツネ目」を見いだした。その目は、姿を変えて何度も現れるらしい。そこで、それが二度と現れないよう「悪魔払い」をする必要があるのではないか、というのが今回の労作を書く動機になったそうである。』

既存マスコミやパヨクは、石破氏の「惨敗」を「善戦」と言い換える。そういえば、戦時中、軍部や当時の新聞は「全滅」を「玉砕」に、「撤退・敗走」を「転進」を言い換えて報道していた。

やはり、彼らの発想は戦時中の軍部の発想と何ら変わらないらしい。
[ 2018/09/22 10:20 ] [ 編集 ]
軍部と国民を煽り続けた奴等が裏返っただけが左翼とマスゴミの正体ですからね
DNAが同じヤリ口も同じ、持つ武器と大義名分を右用から左用に変えただけですから。
連中の中身は同じ絶対的な価値観を作り出し、それを武器に反撃出来ない状態に人を追い込み、我が物顔でエバリ散らし支配層の様に振る舞いたいだけの連中。
ポリコレやLGBTなんかまさにそうですね。
異論を唱えればリンチが待つは左翼の革命闘争盛んなりし時と同じです。
扇動的で積極的な暴力肯定勢力。
[ 2018/09/22 10:50 ] [ 編集 ]
自民党員ちゅ~やつはアホか
国力の趨勢を示す基礎指標は3つと言われていてます。 GDP、失業率、株価、
となります。 この三指標とも安倍さんの下で大きく改善しました。
民辛党政権ではこれらの指標が低迷し、まさに亡国途上でありました。

浮世では一宿一飯の恩義もまた人の行動を律するものであるのでしょう。
石破の根拠地界隈、鳥取・島根で得票を伸ばすのは解りますが、他の8県は
何なのでしょうか? どの世界にも一定数のアホは居りますが4割程のアホが
蠢く自民党員って何じゃ?普通の輩が特亜のハニトラに掛かったとも思えんし。
 
総裁選が始まり趨勢が明かとなり確定するまで一週間ほど株価は上昇基調
でした。 8県のアホ党員より世界の投資家のほうがよっぽど正しい価値基準を
持っていると言えるのでしょうねぇ~
[ 2018/09/22 14:51 ] [ 編集 ]
10%減で善戦w
前回より10%減でも善戦だと思える人は思うが良い。が、多分これが石破氏の限度だろうと思います。

安倍総理は九条加項の「改憲論」を掲げて戦いましたが、惨敗石破は「地方活性」を地方で強調していました。で、地方票が彼を支援する反日勢の予想を上回って44.7%。

地方経済と人口活性の為に安倍政府が経済特区策で地元の切望に応えた獣医学部の誕生を、100万円貰って「石破四条件」で絵に描いた餅同然にしようとした人物が語る「地方活性」が如何なるものか?とは地方自民党員は考えなかったのでしょうかね。

高価な物品をお返しの県に「ふるさと納税」が集中する傾向と、その反動で都市部の税収が極端に減少している点を踏まえ、総務省が「お返し」の中味の再検討をきつく指導した件が、「政府は地方を分っていない」批判になっていたようです。
地方がこうした棚からぼた餅を口を空けて待つのではない、堅実で継続的な税収が得られる様になれば、地方も対抗馬の悪口を悪口と判断して、国政国益の為には本当に誰が必要か考えるのかも知れません。

政権与党の議員集団が率先して未だにモリカケを安倍総理に原因あるかのように宣伝し、斉藤農水相が開票後口を噤んだ「パワハラ」宣伝で、騙される自民党会員が居る事に唖然ではありました。
[ 2018/09/22 19:03 ] [ 編集 ]
善戦とは・・・
善戦:みじめな敗北者のための、お慰め用語
[ 2018/09/24 11:30 ] [ 編集 ]
ダブルスコアで敗れたゲル
卑怯・裏切り・ゲル石破は安倍さんにダブルスコアで敗れた。
フツーは紛れもない「惨敗」だが、
ぱよちんのフェイクニュースメディアは「善戦」と言い募る。
安倍政権をなんとしても持ち上げたくない、貶めたいからだ。
一つだけ喜ばしいのはゲルの姿がふっつりと消えたことwww
さぁ、次はデニー善戦とぱよちんメディアが伝える
実質的な大惨敗が見たいねwwwwwwww
[ 2018/09/25 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: