FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の「ネットのデマに警戒」は、ネット言論への宣戦布告だ

朝日新聞の「ネットのデマに警戒」は、ネット言論への宣戦布告だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党、青年局・女性局が主催した自民党総裁選の公開討論会で、安倍総裁候補は、「情報は、インターネットがある。マスコミだけではなく、様々な情報を取って、自分の頭で考え、何を為すべきかを考えてもらいたい。若者から我党が支持されていることに対し、マスコミは現状を維持したいだけだと言ってるが、それは絶対に違う。情報を取って自分で判断している」と、若い世代、女性に対して語った。これは、守旧メディアへの皮肉であるとともに批判だが、全くもってその通りである。

 今は、守旧メディアが情報を独占していた時代とは違う。マスコミの報道はあらゆる面から検証され、その検証結果がネットで発信される時代だ。マスコミが拾わないネタも、ネットでは流通する。その「拾わない情報」は、マスコミが「報道しない自由」を行使した結果、発信されないネタであるが、えてしてそういうネタが重要であることも多い。守旧メディアがネットとの共存を考えるべき時代に突入していると思うのだが、彼らの一部は、ネットを敵視する。典型例が朝日新聞だ。

 朝日新聞が昨日、「選挙戦、ネットのデマ警戒 名護市長選では「日ハム撤退」拡散」という記事を、一面トップで掲載した。記事は、2月の名護市長選で、移設容認派の新顔を推す国会議員が「日ハムキャンプも逃げた。結果を出していない市長を変えるのは当然だ!」というツイートを発信し、その「デマ」が拡散したというもの。このエピソードを記事の約3分の1を使って紹介した朝日は、「投票行動への影響は明らかでない。市長選の結果は新顔の勝利だった」と、ツイートと選挙結果との因果関係を証明できないのにもかかわらず、このツイートを殊更問題視している。

朝日、ネットのデマ警戒


 記事を閉めるパラグラフで、朝日はこのような見解を紹介している。

 NPO法人ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)は6日、東京都内で記者会見し、沖縄県知事選に関するツイートや政治家の発言などを検証する「ファクトチェック」をメディアや個人に呼びかけた。楊井人文事務局長は沖縄の現状について「基地問題をめぐって対立が深刻であるがゆえに、事実に基づかない情報が多いのではないか」と分析。「民主主義で選挙は一番重要だ。議論の前提の事実に誤りがあると、議論自体がおかしい方向に行ってしまう」と訴えた。


 朝日が、元産経新聞記者である楊井人文氏のコメントを掲載しており、「血迷ったか」と苦笑してしまった。

 誤報、捏造の常習犯である歴史を自ら証明してきた朝日新聞が「デマに警戒」と一面で発信するのは、詐欺の常習犯が「詐欺に気を付けよう!」と呼びかけるようなものだ。朝日が発信してきたデマは数限りなく、そのデマは、世界に拡散し、日本と日本人の名誉がデマによって貶められる状況が多発した。いわゆる慰安婦問題のみならず、世界から「Fukushima 50」と絶賛された東電福島第一原発の対応を、「吉田調書」記事の捏造によって無きものにしようとしたのも朝日だ。誤報、捏造の歴史は、南京、百人斬り、サンゴと、きりがない。

 そんなデマの常習犯が「デマに警戒」と書いても、「お前が言うな」と反論されるのがオチである。ネット上で「フェイクメディア」の地位を揺るぎないものとして確立している朝日は、現在進行形でボロを暴かれている。慰安婦検証記事で、ネット検索を回避するメタタグを挿入していた事案もそのひとつだ。文藝評論家の小川榮太郎氏が朝日のデマと偏向を批判する本を出版したら、その本の内容をデマだと批判し、小川氏側が言論の場での議論を提案したら、いきなりスラップ訴訟に持ち込む“言論弾圧”に出たのも朝日だ。

 朝日新聞は言論機関としての自覚も責任感もない。ネットを敵視する記事を一面に掲載したのは、ネットへの宣戦布告とも取れる。ならば、ネットで朝日のデマを検証し、批判し、その「ファクト」を拡散するのみだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/17 10:32 ] メディア | TB(0) | CM(5)
ブログ主さんに全面賛成です!私も自分で選んだ情報を広めていきます。詐欺新聞を廃刊に、デマテレビを停波に追い込むまで、地道に闘いましょう!!
[ 2018/09/17 10:48 ] [ 編集 ]
デマの本家朝日がネットやSNSをデマメディア呼ばわり
南京大虐殺と云うフィクションを生み出した戦前の朝日新聞の記事「百人斬り競争」。世界を巻き込んだ虚偽報道の先駆け的な存在で慰安婦虚偽報道の雛形的な存在にあたる。
そもそも日本刀は切れ味は鋭い代わりに切れ味が鈍る斬れ無く成る傾向が強い、人を連続して斬れる数は4人辺りが限度とされている。
しかも当時の軍人が差してた刀は大正、昭和に製造された粗製乱造品で切れ味も、切れ味の持続性も名刀には遠く及ばず大正、昭和期以前に作られた刀にも及ばなかった。
其の刀で人を連続して100人等きれる筈もなく、名刀でも不可能な数字でこんな子供でも簡単に見破れる嘘が現代でも事実か否かの論争の対象に成っているとは情け無い。
嘘を事実かの様に報道した朝日の捏造報道のせいであり、其の虚報に便乗したパヨクのせいで有る。
戦前から続く捏造報道体質は其の後も変わらずに、あの慰安婦虚偽報道事件と朝日新聞珊瑚記事捏造事件へと続ながってゆく訳であるが

自分の罪を他者になすりつけて誹謗中傷を行い正義面する。
此のあくどいヤリ口がNHKにまで伝染して居るからオールドメディアは始末が悪い。
終りが見えてるオールドメディアが死期を自らの手で早めてるだけにしか過ぎない、終りかけのメディアが生き残る術はネットを誹謗中傷する事では無く、報道機関らしく精確極まる事実報道のみに徹する、地道に取材を重ねる事、情報を損得、好き嫌い、イデオロギー有り、皆で足並みを揃える流行てるか如何かでは無く、情報を差別しないで発信する事だ

石破はパヨク
石破氏、沖縄向け動画で「玉城氏援護」「米軍集中は『反基地闘争』回避のため」 佐藤守・元空将「とても首相は任せられない」 総裁選
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180917/soc1809170003-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop
後から撃つ男の名は伊達では無い。
最初から、こんな者だよ石破茂
奴の履歴は裏切りの履歴、奴の歴史は寝がえりの歴史、でも権力欲が異常に強いから権力が振るえる自民では無く与党が好き、
【悲報】石破「安倍はマスコミのせいにするな」 →沖縄基地発言こっそり削除 石破「報道が悪い」
http://www.moeruasia.net/archives/49614028.html
あっはっはっはー腹痛い
[ 2018/09/18 00:11 ] [ 編集 ]
フェイクニュース専門紙アカヒの居直り
「宣戦布告」と言うより
フェイクニュース専門紙アカヒのいつもの「居直り」でしょう。
どっぷりフェイクに浸かっているからこそ
自分はデマを許さんぞという態度を見せて誤魔化すwww
アカヒの選挙報道は何連敗中か、それを見ればデマの発信源は明らかだwwwwww
[ 2018/09/18 11:08 ] [ 編集 ]
石破さん
昨日は銀座で、樹木希林さん出演の「万引き家族」にちなんで
「万引きしなくては生きていけない人に働ける場所を・・・」と演説したそうですね。

https://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170016-n1.html

この人、どこまでずれているのでしょ?
こんな人が総理大臣になるなんて未来永劫考えたくないです。
銀座で万引きを語る所からしてずれてますよね。

[ 2018/09/18 21:42 ] [ 編集 ]
告知ですいません。
告知ですいません。

「佐喜眞 淳」候補のイベントが、下記で開催されます。
1、日時:9月23日(日曜)14:00〜
2、場所:パレット久茂地前
    (沖縄県庁・那覇市役所近く)

※前回の16日は菅官房長官や小泉進次郎氏が来ましたが、今回も、より多くの応援者が来る予定です。
[ 2018/09/21 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: