FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞に求められる「地球規模」の訂正と謝罪

朝日新聞に求められる「地球規模」の訂正と謝罪

← 応援クリック、ありがとうございます。

朝日新聞の慰安婦訂正記事が、検索エンジンに拾われないように設定されていた、いわゆる「検索回避」事案で、朝日は10日、「朝日新聞デジタルの記事に「検索回避タグ」が設定されているとのご指摘について」という記事を掲載した。タイトルの後には、「追加のご指摘で見つかったタグの設定ミスについても修正し、8月27日付の本欄の説明を更新しました。申し訳ありません」という付記がある。

内容を確認したが、話にならないレベルだ。

Ⅰ)英文記事の検索回避タグについて
 2014年8月22日に慰安婦問題に関する英文記事を複数配信しました。その際、記事に検索回避タグを設定し、社内の確認作業を経たのちにこのタグを解除して一般公開しました。このうち見出しが長いことから別のシステムを使って作業していた2本で、一般公開はしたものの、検索回避タグの設定解除作業の漏れがあったことが分かり、修正いたしました。詳しくは下記のとおりです。
 1:記事の体裁等を最終確認するため、検索回避タグを設定して外部配信
 2:確認後に順次、タグを解除
 3:このうち2本で設定解除作業が漏れる
・配信した記事をまとめた特集ページは、検索結果で表示されます。
 (ご参考「特集ページ」:http://www.asahi.com/topics/ianfumondaiwokangaeru/en/ )
・本社の英語サイト「The Asahi Shimbun | Asia & Japan Watch」に、上記ページへのリンクを設けてあります。
 (ご参考「特集ページ」:http://www.asahi.com/ajw/inhouse_news/ )

Ⅱ)日本語記事の検索回避タグについて
 今年8月23日に英語版のタグについての取材を受けた際、日本語版の記事についても確認作業をいたしました。その際に配信システムの操作を誤り、日本語の記事の1本の設定が変わっていたことが分かりました。
 なお、ご指摘をふまえ、こちらも設定を変更しました。
 読者のみなさまにはご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。

 こんな説明で納得する人は、よほどお人好しだと思われる。朝日は、検索エンジンに対する設定が回避されていた状態を「ミス」として謝罪している。しかし、この慰安婦報道問題に関して言えば、誤報のレベルは全世界的であり、最新の注意が必要な案件だ。その案件に対し、一度ならまだしも二度、三度と単純ミスが繰り返されることは考えにくい。

 加えて、この「操作」がミスではなく意図的だと思われるのは、検索可能な状態にあった記事を、わざわざあとで検索回避に設定しているといるからだ。朝日は、くどくどとその経緯を書いているが、メタタグの遷移に辻褄を合わせているかのようにも思われる。何故、特定の記事にのみ、メタタグの挿入、削除の経緯があるのか。説明は不十分としか思えず、「一応謝罪して幕引き」という思惑があると考えるのは、私だけではないはずだ。


 朝日が信用されないのは、地球規模の捏造記事を発信しておいて、その後始末をつけていないからだ。努力の跡すら見えない。もし信用が欲しいなら、今からでも地球規模の訂正・謝罪記事を発信することしかない。朝日ご騙したのは日本人だけではない。この捏造で、全世界を巻き込んだのだ。その重大さを、社全体で自覚すべきである。

 朝日新聞はネット民の調査能力を甘く見過ぎである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/14 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(4)
〇今では廃止されているが、以前は、新聞紙法という法律があったようだ。
http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm42-41.htm

新聞紙法には、フェイクニュースへの罰則規定もある。新聞紙法があったならば、新聞社の身勝手な報道も、いくぶん抑制されていたことだろう。慰安婦のフェイクニュースも、防げたのかもしれない。


> 1:記事の体裁等を最終確認するため、検索回避タグを設定して外部配信
 2:確認後に順次、タグを解除
 3:このうち2本で設定解除作業が漏れる

〇今後、確認すべきことは、

一、 1と2の過程は、すべての記事で行っているのか。

二、 3の漏れを担当した者は誰か。

三、 3の解除作業の漏れは過失なのか、それとも政治的な意図があったのか。

特に、二の解除作業を担当していた人物こそ、公表すべきではないだろうか。
[ 2018/09/14 08:45 ] [ 編集 ]
沖縄、佐喜眞淳候補応援の為、小泉進次郎氏駆けつける。
ブログ記事から離れますが、拡散要望があったのでこの場をお借りしたいと思います。

沖縄在住で沖縄県民の言葉を発するブログを書かれている「狼魔日記」さんのブログの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーー
佐喜眞淳候補応援の為、小泉進次郎氏が16日県内3か所で演説に臨みます。より多くの方々に知らしめるように拡散願います。
https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

ーーーーーーーーーーーーーー
どうやら記事自体は「行橋市会議員小坪しんや」さんのブログからのようですが、自民党からの正式要請があったようです。
小泉氏が現地入りして応援すれば大きく情勢が変わると思います。
多くの人に周知されることを願います。
[ 2018/09/14 13:05 ] [ 編集 ]
朝日新聞の辿る道。
今世界は、グローバリストの価値観から民族主義の価値観に戻ろうとしている。中東の難民がヨーロッパになだれ込み、風俗習慣が違う世界で人権を主張したところで、上手くは行かないだろう。郷にいれば郷に従え。違う国に移り住む時は、その国の風俗習慣に従う気持ちがなければ絶対上手く行かない。ドイツはもちろん、あのスウェーデンでさえ民族主義が復活してきた。
アメリカは移民の人たちが集まった国なので、どうも我々とは価値観が違う。
グローバリストが人権を主張して、税金も納めずに、移り住んだ国の豊かな資源を食い尽くす形になると当たり前だが、いざこざが起きる。ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、そしてアメリカさえ自国を優先するようになってきた。これまでグローバリズムに上手く乗っかり、阿漕に他国を乗っ取る手法を取ってきた中国は、これからおそらく世界から袋叩きにあうだろう。

さて、朝日新聞は戦後、中国、朝鮮の新聞として、偏向報道、捏造報道、ウソ報道を繰り返し、最近は、変なイデオロギーに取り憑かれ、反安倍なら何でも良く、道徳的価値観はとうになく、勘違い報道のオンパレードで末期的様相を呈している。
日本を諌めるためには何でもやる。中国様、朝鮮様に有利になるように必死である。(おそらく記事は彼の国の人たちが書いているのであろう。)慰安婦記事を引用できなくするメタタグを入れたのは、間違いなく確信犯で、これまでのこの記事による日本人の被害を考えると、単なる作業ミスで済ませられることはありえない。
まず日本人に跪き、心からお詫びをしなければならない。そして、全世界に向けて間違いを声を大きくして詫びねばならない。
それができなければ、朝日新聞、潰れるよ。とぼけようとしたら、朝日新聞、間違いなく潰れるよ。でも、自覚がないんだろうね。どうぞ、そのまま、突っ走ってくれ。
[ 2018/09/14 20:15 ] [ 編集 ]
謝ることしか残ってない
朝日の「メタタグ」操作は慰安婦関連記事以外にもあるのでしょうかね?
同時期に何種類もの話題に亘って何本もの記事に同じ事を施しているのであれば、まだ言訳も通りましょうが、朝日にとって最悪にマズイ慰安婦問題だけに偏った措置であれば、言い逃れの出来ない確信的行為だと判断されるのが当然です。

戦時下に於ける女子挺身隊と慰安婦の違いなど、最低でも植村達が記事を書いていた時の上司層が分らない筈もない事で、植村が無知であってもその指摘があれば、字面から南鮮人が「誤解」したとしても、南鮮家族が居る植村が説明訂正出来た事だと思います。

馴染めなくて転職する人は別として、社員は大凡社風に馴染むもの。
どんな汚い手を使ってでも日本を貶める事に熱中する記事は朝日の社風にどっぷり漬かった社員だから出来る事だと思います。
社員がしでかした記事に依る悪事はその社の責任ですから、手違い、誤り、理由は後から何とでも言っても聴かないからいいけれど、全責任を以て即時に、広めた全世界に声を大にして、朝日新聞社は謝罪と訂正を行う義務がある筈です。
ソレが出来なければ、二度と報道社を名乗るべきではなかろう。
[ 2018/09/15 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: