FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  報道の天変地異 ~ 朝日系メディアが関西生コンと辻元の関係性を記事にww

報道の天変地異 ~ 朝日系メディアが関西生コンと辻元の関係性を記事にww

← 応援クリック、ありがとうございます。

 立憲民主党代表の枝野が、FNNの世論調査で、党の支持率が結党以来最低の10.7%となったことを受け、「どうしても、(国会)閉会中は、野党の報道は少なく、何をしているかわからないように見える」と、メディアに恨み節を吐いたそうだ。FNNの調査で言えば、立民の支持率は6月度は12.8%、7月度は11.7%と下降線を描いてきていたが、8月度は結党直後の昨年10月に記録した11.6%を下回る10.7%。読売の調査に至っては、前回から半減の4%である。この党が結党されてほぼ1年が経過しようとしているが、1年で出せた成果に目立ったものはなく、好んで使う“野党第一党”という肩書の響きもどこか軽い。

 野党の報道が少ないのはないし、メディアが野党を話題にするのも、ただ単に安倍政権を叩くのに都合が良いからだ。メディアは政権を叩くために野党を持ち上げるが、そのメディアの全面支援を受けながら、支持率を好転させられないのは、自分たちに問題があるからだ。事実、FNNの調査では、通常国会のスタート時点(2月)では15.6%あった支持率は、国会会期中に下がり続け、会期末の7月時点で11.7%。彼らは国会での議論と、その関連報道を通して、支持率を25%も失ったのだ。私のような素人でも嘘だと見抜ける物言いは見苦しい。

 さて、そんな立民党の支持率を、更に下げる要因となり得るのが、同党国対委員長の辻元清美である。関西テレビが、辻元を一貫して支援してきた連帯ユニオン関西生コンのドン、武健一の逮捕を報道し、ネット界隈は湧き立った。ところが、在京のキー局は報道に消極的で、全国紙も一向に採り上げようとしない。これこそ、究極の忖度である。パヨクは、産経は言うまでもなく、NHKや読売新聞、最近に至ってはなんと報ステまで「御用メディア」と罵倒し、「安倍政権に忖度した報道姿勢」と批判してきた。そういう人たちは、大手メディアの関西生コン事件に関する「報道しない自由(=隠蔽)」を、どう説明するのだろうか。

 唯一、パヨクメディアの中で、あのAERA.dot(週刊朝日)がこの件を記事にした。朝日系が辻元のスキャンダルをネタに報道するのは、まさに天変地異だ。「辻元清美議員に“ブーメラン”? 生コン業界の“ドン”逮捕で永田町に衝撃」というタイトルのこの記事は、事件のあらましを述べつつ、武健一、関西ナマコンと政界との繋がりにもフォーカスしている。

「立憲民主の辻元清美議員らはじめ、武委員長のお眼鏡にかなった野党議員はバックアップしてきました」

 官報をみると、平成11年の辻元氏の政治資金管理団体「ポリティカ=きよみと市民」の収支報告書には、連帯がパーティ券50万円分を購入したと記載されていた。さらに平成12年にも「ポリティカ=きよみと市民」の報告書に、連帯幹部2人から計100万円の寄付をもらったことが記載されていた。

「辻元氏と武委員長の関係がメディアでクローズアップされましたが、連帯が支援していた野党議員は多数います。豊富な資金をバックに、選挙でも積極的に応援していた」(連帯の関係者)(中略)

辻元清美 on アエラ


「武委員長は年に1度くらい、永田町にやってきます。20人くらいの組合幹部を引き連れ、支援している議員を議員会館で行脚。高級ホテルに全員、宿泊して、夜は議員や秘書をまじえて、豪勢な飲み会。支援を受けている議員は、武委員長がやってくる日はどんな用事があっても、キャンセルしてやってきます。それくらい、手厚い支援が得られるからです」(前出・野党議員秘書)

 辻元清美事務所に武容疑者とのつきあい、連帯から献金を受けたことについて、取材を申し込むと、こう回答があった。

「(武氏の逮捕について)見解はありません。ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません。(武氏との)会食が何を指すか、わからないのでお答えできません」(本誌取材班)(以上、抜粋)


 辻元サイドにとっても、朝日系がこのネタを取り上げたのは衝撃だろう。朝日系といえば保守に対して批判的な論陣をはることが既定路線であり、批判がその路線をしばしば逸脱するほど、イデオロギーに溢れている。朝日系の胴元は朝日新聞だが、朝日新聞といえば森友学園問題の火付け役だ。関西生コンを取り沙汰することは、森友に集中した批判を野田中央公園にまで広げる結果を誘発し、その誘発が辻元清美に引火する端緒ともなり得るのだ。

 辻元サイドは、「(武氏の逮捕について)見解はありません。ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません。(武氏との)会食が何を指すか、わからないのでお答えできません」としている。傍で蓮舫を観察していて、その場しのぎの嘘が不利な状況を導くことを、辻元は学ばなかったのだろうか。辻元の政治資金収支報告書はネット上で共有されており、武と辻元の関係を示す情報は、今後も発掘されるだろう。しかも、武は警察の手の中にあり、当局がカネの流れや人間関係を綿密に調査するはずだ。

 キー局や大手紙も、このネタを早く取り上げたほうがいい。事件の深刻さが露呈した後でアリバイ作りのように報道しても、メディアへの信頼が余計に失墜するだけだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/01 07:21 ] メディア | TB(0) | CM(8)
『永田町心中』

♪だけど……
 味方なんて
 ご都合で変わるのさ
 掌返しが露骨ねあなた
 冷えた目つきをしてさ
「尻尾切ります」なんて
 筋の割れてる ドラマみたいね

 この街は広すぎる
 Big city is a lonely place
独りぼっちじゃ なにもでけんわ
 前科二犯に なってまう

 マスコミたちに わらわらすがり 
 あなたなしでは 生きて行けぬ
 見捨てないで 暴かんといて
 あたし独りを セメントいてや
 Ahhhh……
[ 2018/09/01 09:34 ] [ 編集 ]
コレは傑作
「なってまう」など、関西弁をまじえた、まさに傑作ですね。
[ 2018/09/01 11:47 ] [ 編集 ]
Alinanin2011様、ありがとうございます。
自分でも気に入ってますw
[ 2018/09/01 13:01 ] [ 編集 ]
わたし祈ってます~
私も、GJファイル 入りです
アン・ルイスの声が箇所箇所で幻聴w

     
管理人様の最後の三行、すごくいいわ~
今のうちです。が、後追いアリバイ作りの為でも深く掘り起こせば、ちょっと許してもいいかな。

「証言」通りなら、あの手の風貌が20人ほどの人数で議員会館を行脚出来る許可を与えていた議員が居る、という事ですよね。だ~れだろ。


秘書給与分捕り事件で、攻撃には滅法強いけど防御の超弱さにも評判を取った辻元センセーですけど、未だに虚弱でいらっしゃるw
豊中市の野田中央公園の経緯一切と、籠池夫人がご指摘の森友学園用地産廃作業員の事も、明らかになれば良いと心から 祈ります。
[ 2018/09/01 14:19 ] [ 編集 ]
森友問題の真相究明
森友のスクープ記事を書いた、NHKの相澤という元記者が左遷され退職したそうです。
これだけ世間を騒がせ、一時は安倍政権存亡の危機にまでなった偽スキャンダルを世に発した記者が、NHKからの重い処分を受けての退職。

そして、森友問題の中で度々名前の上がっていた辻元。
そのパトロン武の逮捕が、今後どんな展開を見せるのか、大いに期待したいと思います。
[ 2018/09/01 16:31 ] [ 編集 ]
報道しないことへの抗議はNHKに効くようなので、どんどんメールで抗議したほうがいいと思います。

漠然と送るのではなく、ニュース7とか、ニュースウォッチ9とか冠番組のプロデューサーとかを指名して、論理的に回答を求めるスタイルがいいようです。五月蝿くしないと、窓口で処理されて、現場に声が届きません。届かなければ意見を送っても意味がありません。

NHKみなさまの声にお答えします。メールフォーム
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
[ 2018/09/01 21:55 ] [ 編集 ]
>好んで使う“野党第一党”という肩書の響きもどこか軽い。

そりゃ史上最弱の野党第一党ですから。まあ、枝野の器ならこれくらいじゃないでしょうか。
[ 2018/09/02 12:59 ] [ 編集 ]
左翼系にありがちな仲間割れ、内ゲバでしょう。赤軍もくだらないことで疑心暗鬼に陥って殺し合いになりましたし、最近ではしばき隊の室井幸彦がリンチされましたから。裏切り、密告、仲間割れは左翼の様式美、伝統芸能と見てもいいのではないでしょうか。
[ 2018/09/02 18:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: