FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  朝日の「モリカケに向き合え」にシンクロする、石破氏の「説明責任論」

朝日の「モリカケに向き合え」にシンクロする、石破氏の「説明責任論」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の検索回避タグ露呈問題から数日経つが、当の朝日新聞はなんら告白していない。産経が朝日に取材し、「作業ミス」との見解が示されたものの、朝日新聞デジタルでそれらしい語句でサイト内検索をしても、この問題はなかったかのように、何もヒットしない。自民党の山田宏議員は、Twitterで、「姑息さがバレたら、今度はそ知らぬ顔してこっそり消す。 本当に情けない新聞社だ。大新聞を自称するなら、堂々と非を認めて、お得意の主張の説明責任とやらを自ら果たしなさいな。 」と呟いたが、この新聞の姑息さには、日本人的潔さは全く感じられない。

朝日新聞


 「他人(ひと)に厳しく、自分に甘い」を実践する朝日だが、彼らは常に安倍政権には厳しい。社説で勇ましい他者批判を繰り広げる朝日は、安倍総裁が総裁選出馬を明言したことを受け、「自民党総裁選 首相、論戦から逃げるな」という社説を掲載した。彼らはどうも、「石破氏が提案する論戦から逃げる安倍総裁」という構図をもとに、印象操作をしたいらしい。「石破氏との論戦を避けるため、出馬表明をギリギリまで遅らせたとの見方もあるほど」と、妄想レベルとしか思えない批判を鮮明に打ち出している。

 なかでも朝日は、既に勝負がついたと思われるモリカケをネタに、安倍総裁に「語れ」と要求している。

 内政・外交とも論じるべきテーマは多岐にわたるが、首相が引き続き政権を担おうというのであれば、政治や行政への信頼を失墜させた森友・加計学園の問題に、正面から向き合うことが大前提である。


 多岐にわたる、論じるべきテーマの中に、モリカケが入るとは思えない。政治への信頼を失墜させたというが、もしこの問題が政治への信頼を失墜させたなら、最近になって回復している安倍政権の支持率は説明できない。読売では、支持率は過半数に届いた。(支持50%、不支持40%) 産経・FNNでも、支持45.6%と、前回比3.5ポイント増となり、不支持の44.4%を上回った。支持が不支持を上回ったのは今年3月の調査以来ということで、支持は間違いなく回復基調にある。

 こういう周回遅れを恬として恥じず、ひたすらモリカケを政治の一大テーマのように扱うのは、朝日に「次の追及ネタ」がないことを示す。だが、この朝日路線に少なからず乗ろうとしているのが石破茂氏で、石破氏はネット番組で、こんなことを言っていたようだ。

10日の出馬会見で「私は正直で公正、そして謙虚で丁寧、そういう政治を作りたい」と述べた石破氏は、「間違いは間違いと認めてお詫びをするという姿勢は、私は必要なものだと思っている。何も間違っていない、責任は自分にはない、少なくともそれは私のやり方ではない」と、森友・加計学園問題に対する安倍総理の姿勢を暗に批判している。番組でも石破氏は「モリカケなんてやっても仕方がないというが、国民に説明責任を果たすというのはどういうことなのか、ということ。確かに、犯罪があったわけではない。しかし、どうやって国民に信頼をしてもらうのかということだ」と述べた。


 「間違いは間違いと認めてお詫びをする」というが、モリカケにおける「間違い」とはいったい何なのか。石破氏は、「責任は自分にはない」というのは自分のやり方ではないという。だが、総理は行政府の長として、国民に疑心を持たれたことに対してはお詫びをしているはずだ。安倍総理が認めないのは、朝日らが報じた森友問題そのものが事実ではないからで、それを「間違い」と認めたなら、「メディアはデマで首相の首が飛ばせる」という悪しき前例を作ることになる。そんな政治を、石破氏はお望みか。

よるバズ - 石破茂


 そもそも、慰安婦誤報から30年以上も逃げ、また、文藝評論家の小川榮太郎氏との論戦から逃げたばかりか、裁判に持ち込んだのが朝日新聞だ。最近の検索回避タグの件でも姑息さを惜しげもなく披露した朝日に、「逃げるな」と主張する資格があるとも思えない。石破氏は、そんな朝日のようなメディアと共闘するかのような見られ方が、自身の政治生命に致命的な汚点を残すことを、そろそろ自覚すべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/28 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
毒の共食い
イヤ、もうここまで来れば「毒を食らわば皿まで」で、石破氏には今更変えるお皿も無いのでは?
相乗効果と言いますか、互いの毒に感覚マヒか、いずれ近いうちに共倒れが望ましい。

森友はともかく加計学園獣医学部の問題では、「間違いは間違いと認めてお詫びする」べきは、安倍総理ではなく石破創生担当相だった彼自身ではないのか?
「総理になったら加計氏を国会招致する」様な発言もしたらしいですが、だったら、その前に獣医師会役員達の招致と石破四条件の経緯を、懇切丁寧に国会の場で為すべきでしょう。
「国民の皆様」に十分にお分り戴けるまで。

それを有耶無耶にして「地方創生会議」の設置が公約の一つだそうで、実に言行不一致を絵に描いたような人物ではないかな?
他にも挙げた公約は全て、今ある組織を利用せずに官僚や「識者」の再就職先を増やし、経費負担を危惧させるものばかり。
最大の危険物件が、北朝鮮に連絡事務所を置いて、しかも拉致問題を最優先させるものではない。と。
この時期に、憲法改正も最優先課題だとは思わない。という自民党党是を虚仮にする自民党総裁候補者・石破議員に投票する自民党員の顔が見たい。

総理のスケジュールを承知しながら回数多く「政策論争」を仕掛ける石破発言は、必ず彼の支援団体が「総理は逃げた」劇に繋げるだろうと予測出来ましたが、やっぱり来たかw

ウラジオの国際会議は告示(7日)後の11日から、20日に選挙で国連総会が25日から、その前にトランプ大統領との会談も出来るかどうか?の総理が,無役で暇な対抗馬の相手をしている時間など無いと思います。
国内で朝日の批判躱しで頻繁な討論会に励むとして外交準備が疎かにされては,特に現在の国際情勢に在って日本の国益が損なわれます。

両者が選挙候補の新人で、党員が熟知しない議員同士なら討論会も事前演説会も意味はあるでしょうが、方や5年9ヶ月の現役総理で相手は派閥の領袖で閣僚経験者。
どういう人間でどういう発言と行動をして如何なる結果を出して来た候補者同士かは、有権者にとって今更討論を聞かなければ判断出来ない選挙ではない筈。

総裁選選管は9月7日の告示後、計五カ所の街頭演説を了承したそうですし、その他に記者クラブ主催などで3回の公開討論会が予定されている、と記事にありました。充分でしょう。
[ 2018/08/28 09:43 ] [ 編集 ]
総理の本懐
日本の総理になりたいのであれば、
先ずは、国家を語り、日本の歴史を語れることが、
大前提でしょう。
長い歴史のなか、先人が営々と築いてきた精神や文化伝統、
技術の堆積が、ただ今を生きる日本人への最大の贈りもので
あることへの感謝や誇りがあって然るべきであり、
そのうえで、先々への指針を与え、国民へ問いかけ、
希望を与えるのが、根本であるはず。

日頃から胸に刻むものがあれば、
自ずと言葉が出てくるであろうのに。
出てきたのは、「正直、公正、石破茂」とは、
獣医学部新設で獣医師会との関連、
自らの胸に手を当てて、それが言えるあなたですかと
国民が思うのを知ってか知らずか、
自らを省みることのない愚かしさを露呈しただけ。

それも世間の様子見で都合が悪いと引っ込めたのですから、
将に、ワイドショー政治家の見本を
石破茂に見るが如しの感です。
世間をただ今のメディアの論調でしか、計れないとは
政治家として先を読めない、不明の限りと言えます。

そもそも、日本人の尊厳や国家の繁栄とは何かを考えられない
現今のオールドメディアや国家観の喪失した野党の
尻馬に乗って、口先だけの饒舌で空疎な言葉を並べるだけなら、
何のために総裁選に名乗りを上げるのか言いたいものです。
世界観、国家観もない人物が、世界のリーダーと伍していくには、
あまりにお粗末。

ワイドショー政治家、いいえ、ワイドショー政治評論家石破茂と
言うが妥当でしょうか。
決して、国家国民を豊かにするために皆を引っ張っていく
器量はないもの。

自分の言葉で国家国民を語ることがない政治家など、
ましてや外患誘致の朝日新聞や野党が応援する人物が、
日本人の総理として相応しいはずがないものです。

世界の潮流は、国家をなくしてしまおうとする
グローバリズムの行き過ぎから
ナショナリズムという国家単位に回帰しようとする
せめぎあいの最中です。

そうしたなか、法整備も不完全のまま、
国民の意識も整わないまま、
日本国の尊厳や誇りを足蹴にする反日勢力の流入や
なし崩しの移民の増加、北海道に象徴されるような
広大な土地や日本各地の防衛上、重要な隣接地の外国勢力の
買い上げなど様々な間接侵略が促進される現下の日本です。

野党は勿論、自民党の中にも官僚の中にも
はたまた、実業界など各界各層に国防意識の薄い
日本を差し出すことに躊躇のない不逞の輩が
日本を棄損続けます。
中でもオールドメディアが情報操作で国民を目隠しし、
政治家が利を漁り、うごめく様は汚さも限りなしです。

総裁候補として名乗りを上げた石破茂氏です。
国家あっての国民の生命や安寧が保たれることの
国家防衛の第一義を踏まえず、憲法改正の理想論だけは言うが、
その実、先送りの詭弁を弄するばかり。
経済好転の方策もないまま、消費税増税と理屈に合わない
意味不明の言辞を得々として語る。

何ら社会への貢献も出来ない芥子粒ほどの私でさえ、
只今の日本が悪意を持って壊されていくことに
堪えがたい思いを持つものなのに、政治家がそのことで
頭を悩まさない現実は、空恐ろしいものです。

政治家たるものに期待するのは、ひとえにその知恵の
限りを国家のために捧げ、行動してくださることです。
そのことで、命をかけて闘ってくださる政治家がいることが
救いですが、石破茂氏には、志を見ることができません。
[ 2018/08/28 09:58 ] [ 編集 ]
一番の愛読者
ゲル石破がフェイクニュース専門紙アカヒの一番の愛読者であることはよく分かったわwwwwww
[ 2018/08/28 10:13 ] [ 編集 ]
朝日は油断ならない国民監視の悪徳新聞
昨日の8月27日に、百田尚樹氏が、ツイッターで書かれました。

私が日本史を書く書くきっかけは、昨年のケント・ギルバートさんとの対談。
ケントさんの「アメリカの歴史教科書を学べば、子供たちはみんなアメリカが好きになります」という言葉を聞き、どうして日本にはそんな日本史の本がないのかと思ったが、そうか!私が書けばいいのか、と気付いた。

軍人が最大限に尊敬されるアメリカ、国の為に命を失った人を
表彰するアメリカが実に羨ましいと感じ、
また、常々、発信される百田氏の日本を思う心が
身に沁みて有難いと思ったものです。

そのような訳で、百田尚樹氏の「日本史」の発売を待ち焦がれています。

***

それに引き換え、捏造新聞朝日は、日本人や日本にとって、
害悪そのものです。
今後もその性根は変わらず、日本憎悪で、益々悪さをし続けます。
日毎夜毎に考えるは、日本を如何にして弱体化させるか。
世界に通用する、日本国を盛り立てる安倍総理は、邪な彼らにとって
徹底的に潰すべき相手であり、反日国の意向とも合致します。

そうした底意は、世界に広がる反日網と呼応して、二の矢、三の矢と、
何としても悪材料をでっち上げ、日本精神を破壊し、反日国に金品や
技術を吸い上げさせ、国内を分断し、骨抜きにしてしまおうという言動に
表れて止むことがありません。

何時の世も、日本人は、朝日の振りまく情報戦に乗ってはならない。
日本のなかにいる外敵であることを肝に銘じ、
この油断ならない悪徳新聞を監視し続けなければ、
日本人が浮かぶ瀬もないものです。

戦争に負け、敗戦国として埋め込まれた悪の種は増殖を続け、
反日の外国勢力が入り込み、一つは朝日新聞と言う形を取り、
ソフトな洗脳はNHKが担うという、この憂うべき危険な現実を
もっと多くの日本人が知らなければと思うばかりです。
精神の劣化と共に、変容する日本に危機感をもつのです。


[ 2018/08/28 12:26 ] [ 編集 ]
不思議なのは
石破氏もマスコミも野党もこれが勝つ戦略なのだろうか?
主義主張は一旦隅に置いとくとして、選挙で勝ってナンボの政治家が選挙で勝てる戦略を打てない。
仮に選挙に負けることを前提にしているにしても、自分にも党にも、日本にも全くメリットが見当たらない。
勝てるつもりで土俵に上がってるならせめて廻しを締めてからにしてほしい。願望や妄想を丸出しにしてブラブラするだけなら土俵に上がった時点で負け確定でしかない。
[ 2018/08/28 13:07 ] [ 編集 ]
選挙期間中に首相がロシアを訪問することについて
石破氏は「国民に向けて語ることよりも大事なことがあると判断したということだろう」と皮肉ったそうです。
こういう視野も了見も狭い人が総理になるかも…なんて考えたくもないです。
また自分の発言で墓穴を掘ってしまいましたね。
 
[ 2018/08/28 20:51 ] [ 編集 ]
石破様へ
夢を叶える、限界を超える等、今の流行り言葉ですが、大人であれば少し考えるものです。オリンピックを舞台にしたり、個人記録を題材に言うのであれば罪はないが、総理大臣を目指すとなれば話は違う。

石破さん、あなたはその器ではないでしょう。
菅や鳩山がなったなら自分にも、なんて思ったりしてるならそれは大間違いですよ。ましてや宇野、海部の時代と今は違うこともお分かりのはず。

大変苦労をされてきた人だとは思いますが、今の日本の舵取りに何が最も必要とされるのかを全く認識されていないように感じます。

身の丈に合うお仕事を全うされてはいかがでしょうか。
[ 2018/08/28 22:39 ] [ 編集 ]
石破様へ 2
すみません。
名前をいれ忘れました。
[ 2018/08/28 22:49 ] [ 編集 ]
討論の議題
こんばんは。
公開討論が有れば、首相は石橋ゲル氏に「拉致問題・尖閣問題・憲法改正などに、どう対処するおつもりか」と聞くだけで終了の様な気がします。それと「石破4条件」を作った理由」を聞き出すのも良いかも。


[ 2018/08/28 23:11 ] [ 編集 ]
韓国および共産シナへ何も言うことができない「きむちアカヒ新聞」
韓国および共産シナへ何も言うことができない「帰化未帰化在日韓国人新聞のアカヒ新聞」
[ 2018/08/29 11:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: