FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  石破氏、「正直、公正」というキャッチフレーズ変更か!?

石破氏、「正直、公正」というキャッチフレーズ変更か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 共同通信の調査で、安倍内閣の支持率が44.2%で、前回から0.8ポイント増えたそうだ。共同通信の調査では、支持率が不支持率を上回わるのは3ヵ月連続となる。実際のところ、どの会社の調査も信頼性については疑問が残り、その中では、時事通信社の対面調査による支持率38.5%、不支持率38.9%あたりが落ち着きどころではないかと思う。毎日、守旧メディアの反安倍報道の刷り込みがされる中で、よく健闘している。

 その安倍自民党総裁が、昨日、視察のため訪れた鹿児島県垂水市で党総裁選への立候補を正式に表明した。「あと3年、日本のかじ取りを担う決意だ。その決意のもと総裁選に出馬する」と、記者団に語った。また、安倍総裁は、「(昨年の衆院選で)国民の支持をいただいたのはわずか11ヵ月前のこと」と、選挙という審判を受けている事実を挙げ、国民の負託を受けた総理大臣である立場も明確にした。残すは、自民党の負託のみである。

 勝負がついた選挙ではあるものの、自民党総裁選が正式にスタートすることになる。出馬に意欲を示していた野田聖子は、「私は意外に粘り強い女。絶対諦めない」と出馬に執念を見せたが、この突っ張りは3年後の総裁選への布石だろう。推薦人20人を集めることすら危ぶまれる候補は、この選挙に出たところで敗戦確定だ。実際、野田は3年後も出馬への意欲を失っていないだろうし、国会議員でいる限り、その意欲は持ち続けるだろう。だが、推薦人20名をまとめ上げることすら危ぶまれる候補に、国をまとめることは可能か、という疑問が常に残る。

 さて、いの一番に出馬表明した石破茂候補は、日を追うごとに追い詰められている様相である。参院竹下派の支援はあるようだが、それ以外で確定しているのは自分の派閥のみだ。現職の総裁が議員票を根こそぎ持っていこうとしているのに対し、石破氏には遠心力が働いている感もある。その一例が、これだ。

<自民総裁選>「正直、公正」石破氏が変更も(毎日)

 自民党の石破茂元幹事長(61)は25日、総裁選への立候補を表明した際に掲げた「正直、公正」のキャッチフレーズを変更する可能性に言及した。東京都内で記者団に「別に人を批判するつもりはまったくない。そういうふうにとらえる方がいるなら、変えることだってあるだろう」と語った。

石破


 「正直、公正」は、学校法人「森友学園」「加計学園」の問題を念頭に石破氏が安倍晋三首相(63)の政治姿勢を批判したと受け止められている。しかし、自民党内では石破氏を支持する参院竹下派からも「個人的な攻撃には違和感がある」(吉田博美参院幹事長)という不満が出ていた。

 石破氏の25日の発言はこうした党内の雰囲気に配慮したとみられるが、実際に封印すれば、党員の首相批判票の受け皿になるという同氏の戦略が揺らぐ可能性がある。


 石破氏に選挙参謀がいるとすれば、その参謀は無能に近い。「正直、公正」が不評な理由は、恐らくふたつある。ひとつは、記事が示す通り、「正直、公正」は、現職総裁が「正直、公正」ではないという立場表明と捉えられる可能性を感じていなかったことで、キャッチフレーズとしては最悪だ。もうひとつは、自動的に首相となる自民党総裁は、大局的見地から国家について語らなければならない存在であるにもかかわらず、「正直、公正」が、単なる国政選挙のキャッチフレーズの域から出ておらず、国家を語るものになっていないからだろう。自民党議員として大勝負に出た選挙のキャッチフレーズを変えるという展開になれば、石破氏が受けるダメージは甚大だ。

 そもそも、国政選挙5連勝の現職に戦いを挑むなら、その戦いにはそれ相応の大義が必要となる。ただ「私が首相になりたいから」という個人的な野心だけでは不十分で、その現職を超える何かか、または、現職が掲げる国家戦略に対する、多くの党員が共感できる対案が必要だ。石破氏は、岸田氏が出馬を見送った際、安倍陣営側から出たとされる「岸田派なんて人事で徹底的に干せ」という発言に対し、「何ですか、この自民党は」と、批判から始めてしまった。あくまで政策論争で挑めば違ったのだろうし、「私はそういうことはないと思っています」程度に留めておけばよかったのだろうが、端緒でそもそも間違えた。

 総裁選に出馬する候補には、それぞれの思惑があることは確かだろう。負けると分かっていながら出る人には、総裁選後のポスト狙いをする思惑を持つ人もいる。絶対に勝つと信念をもって出馬する人は、自分が総理総裁になったイメージを持たせることが大切だと思うが、あくまで個人的な印象だが、石破氏にそのようなイメージを持つことが、残念ながら難しい。結局石破氏は、もうちょっとマシな選挙参謀を付けるべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/27 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
倫理言語
キャッチ・フレーズにしろスローガンにしろ、「正直、公正、謙虚」などはとても一国の政治家が選挙に打って出る言葉とは思えません。
よくて、中学生の生徒会なら・・・通じるかも。今時の中学生なら嗤い飛ばしそうですが。

それに加えて「丁寧」もありました。丁寧のつもりで長々話されても彼に特徴的な、事の筋を反らすお話の仕方は「誤魔化し」としか受け取られないと思います。
逆に、話せば話すほど中味がバレる利点(聴取者にとって)はありますが。

正直公正、丁寧で謙虚は、彼自身の表向き「倫理」感或いは聞いた誰もが否定できないであろう「道徳」感でしかなく、政治論とはなり得ないと思いますので、安倍総理への当てこすり以外でも、腐っても自民党総裁選なのですから、変えるなら一秒でも早い方が良いと思います。

防衛庁長官の時だったか農水相の時だったか?その部署の石破評が「決めない大臣」風なものでした。
決めるべき時に決心出来ないで、「もっと時間を掛けて情報を集めて熟慮が必要」返答だが、決断時の時は迫って熟慮も何もwという、マスコミが煽る「政策通」「有能な政治家」とは程遠い像だったことを思い出します。

たぶん、ですが、この人は参謀は必要としないのではないかしら。自意識自尊心が高くて、他人のアドヴァイスに聴く耳を持たない、か?自分好みのアドヴァイスを得られて初めて動く、様なタイプに思えます。勿論、個人的印象ですw

朝日達が売りたい品には皆問題がある。
[ 2018/08/27 08:45 ] [ 編集 ]
今回の件で石破が大嫌いになった
政策論争で戦おうとしてないからだ
モリカケ念頭のキャッチフレーズとか共産、立民、社民等の野党みたいな戦い方
ポスターも立憲そっくりに作ってるし選挙参謀が立憲とか野党に近い人なんだろう
[ 2018/08/27 09:59 ] [ 編集 ]
無能な石破
一見、丁寧そうなネチネチ言葉使いで、内容は無し。
昔やっていたゴルフを辞めただの、トランプとの
友情なのか国益なのかだの、ゴルフを利用した
安倍たたき。
石破がトランプやプーチンと会って何ができるのか。
総裁選は「不戦負」でいいだろ、ついでに政界引退。
[ 2018/08/27 11:04 ] [ 編集 ]
石破を分解解説せよ
石破茂、
確かに発言に中身が無い。
言っている事全てが論理的にあっていないという事ではないが、
逆に現実(さよく・在日に支配された日本)を理解していないと自白している様にしか思えない。
であるならば、政治という酸いも甘いも、表も裏もある世界での対応能力が無いと結論できる。

石破への保守の嫌悪感は概ね感情的なところが多いのだが、一度石破の駄目な所を論理的に纏めてあげつらって貰いたい。

自分的には「自衛隊を日のあたる立場に直ぐにでもしたい」という意思の見えないところ時点でこいつを疑う。
[ 2018/08/27 12:42 ] [ 編集 ]
「正直・公正」が「国家を語るものになっていない」?
いやはや!国家を語るなんてそんなの関係ない。
自民党竹下派の吉田博美参院幹事長が石破を批判したのは、
一番最初に、
安倍首相への個人攻撃だ!と憤慨したからですよ。

自民党議員たちがこぞって「安倍首相は正直でも公正でもない」と認定した。
面白いねぇ!
そういう首相を3選させようって言うのですから。
吉田博美参院幹事長なんてのは、次が改選だからねぇ。
長野は一人区になるから、石破支持では公認されないかも?
という状況で、自己保身のために石破批判を繰り出したが、
「安倍首相は不正直・不公正」だと認めた形になった。

[ 2018/08/27 13:00 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 「正直・公正」が「国家を語るものになっていない」?
> いやはや!国家を語るなんてそんなの関係ない。

世襲さんですね?
単なるHN入れ忘れと思いますが、批判的なコメントでも、HNを入れてくださいね。
[ 2018/08/27 13:15 ] [ 編集 ]
与党の総裁選に出馬する人が自発的に国家国民を語れなくては、選挙権を持つ党員以外の一般国民にも大迷惑ですけど、「そんなの関係ない」とは、如何にも支持率一桁の野党好み。

文脈も殆ど「?」だらけ。暑いですからね~
[ 2018/08/27 23:49 ] [ 編集 ]
最もふさわしいキャッチフレーズ
ゲル石破に最もふさわしいキャッチフレーズは「卑怯・裏切り・石破茂」ですねwww

>管理人さま
あまりに思い込みの激しい、ねたみ・そねみのコメントにHNを記入するのが恥ずかしいんですよ、きっとwwwww
[ 2018/08/28 10:11 ] [ 編集 ]
政治家で正直と言うのは、嘘か役立たずとみるのが普通ですよね(笑)
「安倍首相は不正直・不公正」はマスコミがよくイメージ操作で使いますね。
こんな単純な振り分けで騙される国民も多くはないでしょう。
外交も国益の為に 虚実あわせ駆け引きするしたたかな戦いです。
内政も多くの利害が絡み胆力が要りますね。岩盤規制突破であれだもの



 
[ 2018/08/30 22:15 ] [ 編集 ]
安倍総理のスローガンは
 「責任 実行」 だそうです。
[ 2018/08/30 23:01 ] [ 編集 ]
政治家として問題なのは、「政治責任」の方だと思うのだが
政治家が正直である必要などない。

そもそも、「正直な」政治家など、与野党問わず、いるわけがないと思うのだが。

政治家が「不正直、不公正だ」などという批判は、「感情論」に過ぎない事に気を付けてほしいものだ。

それよりも問題なのが、「政治家」としての「実行力」の問題や「政治責任」の方だろう。

この辺りは、評論家によって評価が分かれるから仕方が無いのだが、明白な「失政」に対して「責任」を取れないとなれば、それは問題だと思うのだが(菅直人の原発事故対応問題など)。

[ 2018/08/31 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: