FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  クズ新聞の謝罪ポリシー ~ テンプレート化している「訂正・おわび“隠蔽”」

クズ新聞の謝罪ポリシー ~ テンプレート化している「訂正・おわび“隠蔽”」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」

 これは、2006年、創刊127周年を記念して銘打った「ジャーナリスト宣言。」に使われたことばである。朝日新聞は、その、自分たちが信じる「言葉のチカラ」なるものを、捏造と歪曲を駆使し、日本を貶めるために使い続けてきた。「ジャーナリスト宣言。」は、このキャンペーンの僅か一年後、読売新聞Webサイトの記事盗用発覚により自粛され、その後は使用されなくなった。この悦に入ったキャンペーンの残骸は、朝日のサイトで見ることができる。

 彼らは間違いを認めたふりをするけれども、それは単なるポーズであって、彼らに改心はない。例えば、朝日新聞デジタルで、世紀の大誤報だった“吉田調書”というフレーズで検索をかけてみると良く分かる。ヒットする記事はわずかに3件だ。しかも、その3件中、2件は有料記事で、1件は吉田調書の記事ではなく、単に語句が記事中にあるだけのものだ。彼らは、過去に汚点があっても、それらが周知されることを拒む習性があるのだ。

 拙ブログでも21日に取り上げた、慰安婦強制連行説を誤報と認めた英語版記事に、Google等の検索エンジンを拒絶するタグが埋め込まれていた事案も、その習性の表れである。朝日が2014年8月5日、慰安婦誤報を認めた検証記事のひとつに、「「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視」というものがあるが、その英訳版の記事にも、「<meta name="robots" content="noindex, nofollow, noarchive">」というタグが埋め込まれていたという。朝日の方針は、ある意味、一貫している。慰安婦問題が国際社会から対日批判の材料として使用されることを、日本人には謝罪しながら、一方で頑なに守ろうとしたのだ。

「強制連行は虚偽」英文記事


 「南朝鮮マインド」である。対岸の民族が、いくら日韓合意を経たと言えども、慰安婦問題を手放さないことは、文在寅政権の誕生とその過程が証明している。慰安婦の永続的な国際問題化は、朝日新聞の防衛ラインなのだ。

 <meta name="robots" content="noindex, nofollow, noarchive">というMETAタグは、23日、密かに削除された。朝日は常にネット世論に対して否定的な立場をとるが、そのネット世論の高まりに耐えきれなくなったのだろう。このデジタル化社会では、多くの痕跡が自動的にアーカイブされていく。これで逃げ切れると思っているなら、朝日は甘い。

 また、朝日はきれいに後始末を付けたつもりかもしれないが、まだ掃除できていない部分がある。朝日新聞デジタルには「訂正・おわび」というセクションがあるが、1日に1記事のペースで、誤報や勘違い記事の謝罪文が出ている。ところが、このお詫びの記事のソースを調べてみると、そこにはしっかりと<meta name="robots" content="noindex, nofollow, noarchive">というタグが埋め込まれている。

朝日新聞の訂正・おわび


 結論はひとつだ。朝日新聞の訂正・お詫び記事は、「検索エンジンに拾われない」「検索エンジンから隠す」という手法がテンプレート化されているのだ。これが、いわゆる朝日流ジャーナリズムなのだ。そもそも、訂正やお詫びはもちろん、その間違いが世間に知れ渡ることを拒絶するのが朝日。誤った記事が、世間で間違ったまま独り歩きすることを、朝日は「仕組み」を以て提供しているということになる。

 産経によれば、朝日はこのタグの存在を認めつつ、こう言い訳をしたそうだ。

 「2014年8月22日に慰安婦関連の英語記事を複数本、デジタル編集部が配信しました。公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。その際、2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました。現在は修正してあります」


 作業ミス、設定解除漏れだという白々しい釈明だ。だが、「2本のタグ設定解除の作業が漏れて」という言い訳は、「訂正・おわび」のセクションの同タグが発覚する前のコメントと予想され、テンプレート化した謝罪記事の釈明にはならない。

 少なくともこの新聞は社会の敵である。個人的には、朝日を「反社会勢力」と定義すべきだと思っている。今後も、朝日新聞糾弾の手を緩めてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/25 07:17 ] メディア | TB(0) | CM(7)
天池真理の名曲に乗せて
♪すみませんの 言葉さえ 言えなかったの~
 拙い事は 隠して 知らんぷりする私
 遠く去って行く読者に 涙だけが~
 ひとしずく ひとしずく こぼれおちるの

 日本人の名誉など 気にしないの~
 社是だけを大事に 守り抜くわ~

 反対意見 保守派の声は
 いつまでも 私に 響かない
 

[ 2018/08/25 10:19 ] [ 編集 ]
ジャーナリズムにも「リコール」
前にも書きましたが、正しくない記事により国会や国民が著しく棄損されたような場合は、製品に対するリコールと同じく、ジャーナリズムにもリコールを導入して欲しい。

リコールには、法令に基づくものと業者の自主的なものがあるが、今の朝日の対応は単なる自主的なもので、謝罪や訂正にはルールはなくあくまで自主的であり自己流に行っているに過ぎない。

これだけ国家国民を棄損した案件が、自主的で自己流な対応でいいはずがない。
きちんと法令に基づくき、誰もが納得する訂正や謝罪をして欲しい。
[ 2018/08/25 10:39 ] [ 編集 ]
マスコミはもはやオピニオンリーダーではない。
新聞がオピニオンリーダーだった時代もあったかも知れないが、はっきり言ってもう時代遅れだね。朝日、毎日、東京に限らずマスコミ全体に言えるのは、自分たちの考えだけは常に正しくて、他の考え方は間違いというというロジックはもう通用する時代ではない。
他の職種の不祥事をあれだけ追求する癖に自分達だけ安泰というのはありえない。
マスコミが意見を発したら、影響力が大きい分、その責任を負わなければならない。
特に国家を毀損する場合には、我々国民が納得出来るような規制が必要だ。
言論の自由も、他の意見を封じ込めるダブスタでは、話にならない。
今のマスコミは、何か勘違いも甚だしく、何らかの監視機関により規制すべきだと思う。朝日新聞はもう読む価値がない。
[ 2018/08/25 18:02 ] [ 編集 ]
まさに、日本人の敵です。
ずっと長期にわたって日本人はレイプ魔だと世界中に
嘘を広め回った確信犯です。

絶対に許されない罪を犯し、そしてそれは今も継続されている。
こんな極悪な新聞を日本でのうのうと存続させておくことは
決して許されません。
[ 2018/08/25 22:21 ] [ 編集 ]
卑怯の見本
ですね。

イデオロギーとかの前に、人としてダメですね。
[ 2018/08/26 10:18 ] [ 編集 ]
もう一昨日になりますが、拝読した瞬間の感想は、21日にこちらの管理人様が極めて詳細にその英文捏造記事隠蔽工作の仕組みを御説明された事が、今回の「ワリーイね、解除忘れていたわ」になったのでは?と思いました。
彼らはラオスダムの南鮮と同じで、何とか謝らない薮道をくぐり抜けることしか考えて居ない、と思います。

他にも同じ様なお働きのネット情報が有ったかも知れない、と思いつつ
ながいことお邪魔して居る者がソレを言えば”身内褒め”などと揶揄する気色悪い文字がモゾモゾ出てくる可能性も感じ、ちょっとだけ待機w

具体的に隠蔽細工の仕組みをネットに流されなければ,ギルバート氏と山岡鉄秀氏等が表門から攻めても朝日は知らぬ存ぜぬ顔を未だ続けて居られたのではないか?と思います。
だとしたら管理人様は結構なお働きで、祝花丸どっちゃり贈呈致したく存ずる!

朝日は只今、沢山のマズイ件を含むボロ出しアベガ~籠城中なのでしょう。
周囲を取り巻く攻城側は籠城側の数倍の兵力が必須なのだそうで、背後からモノ好きに朝日の援軍に来る輩に注意して、気長に、しかし緊張感を以て、気分だけでも落城まで頑張りたい!です。
枯れ木も山の賑わいじゃw
[ 2018/08/27 06:26 ] [ 編集 ]
訂正・お詫びもフェイク
フェイクニュース専門紙アカヒの訂正・お詫びもフェイクですwww
[ 2018/08/28 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: