FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  野党や朝日の終戦の日 ~ 政権と日本を貶めたいだけの談話と社説

野党や朝日の終戦の日 ~ 政権と日本を貶めたいだけの談話と社説

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月15日というのは、先の大戦に対する考え方を含めた歴史認識に関し、政党や政治家、マスコミの考えが最もわかりやすい形で発露される日だ。歴史認識というものが、パヨクや外国勢力にとって、日本を分断するには最も効果的なイシューであることの証左である。

 この日、各党は談話を発出する。野党は、一応は、戦没者を弔うふりをした。しかし、彼らは結局のところ、この日を政権批判に利用する。

共産党・小池晃書記局長談話
 安倍政権は、違憲の安保法制=戦争法を強行し、日米軍事同盟の強化と大軍拡をすすめ沖縄での米軍新基地建設をごり押ししようとしています。さらに、憲法9条を変え、無制限の集団的自衛権の行使、海外での武力行使ができる国にしようとしています。安倍改憲を阻止し、安保法制を廃止して立憲主義を取り戻すために、市民と野党の共闘をさらに発展させるべく力を尽くします。


立憲民主党・枝野幸男代表談話
 戦後73年、日本は今、時代の大きな岐路に立たされています。安倍政権は、憲法解釈の変更による歯止めのない集団的自衛権の行使を容認し、今また、立憲主義、平和主義を無視した憲法の改悪に向けて突き進もうとしています。安倍政権により、戦後、日本人が育てあげ、守り続けてきた「立憲主義」と「平和主義」が脅かされようとしています。


民民党大塚耕平、玉木雄一郎両代表談話
 日本は今、時代の大きな岐路に立たされています。戦後、日本が大切に育み、守り続けてきた「立憲主義」「平和主義」「民主主義」が脅かされようとしています安倍晋三政権は、民主主義の危機といえる強引かつ強権的な国会運営を行うなど、日本の未来に対する懸念を高めています。


社民党声明
 憲法9条2項の死文化を目的とした明文改憲が行われれば、米国に追従して歯止めなく「戦争する国」へと突き進むことになりかねません。社民党は9条改悪と軍事大国化に反対する多くの人々と力を合わせ、安倍政権の改憲発議阻止に全力を挙げます。


 まともな談話を出しているのは希望の党と日本のこころくらいでだ。

希望の党・松沢成文代表談話
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、祖国のために戦場に散った三百万余の同胞と焦土と化した国内で亡くなられた多くの方々の尊い犠牲の上にあることを一時たりとも忘れてはなりません。
 平和と繁栄は決して与えられるものではなく、自らの意志と努力によってのみ、もたらされるものであるとの覚醒が必要です。
 希望の党は、今後も平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を推進して参ります。


日本のこころ 中野代表談話
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、祖国のために戦場に散った三百万余の同胞と焦土と化した国内で亡くなられた多くの方々の尊い犠牲のうえにあることを一時たりとも忘れてはなりません。
 先人たちの犠牲に応えるためにも、私たちは日本の主権を守り、自国のみならず世界の平和と繁栄のために尽力せねばなりません。


終戦の日の靖國神社
昨日の靖國神社


 昨日は昨年の終戦の日の朝日新聞の社説を紹介したが、今年の社説は去年にも増して踏み込んでいるように思われる。

 日本が戦争に敗れて、きょうで73年を迎えた。
 この歳月を経てなお、日本はアジアでの和解を成し遂げていない。日中両政府の関係が上向くにつれ、表面上は見えにくくなっているが、民衆の間では複雑な感情が今も広く残る。
 侵略や植民地支配の記憶という「負の遺産」の風化をこのまま待つという姿勢では、未来志向の関係は築けない。アジア太平洋で日本が果たすべき役割を考え、積極的に貢献することも和解の歩みに必要だろう。


 朝日が言うアジアでの和解とはなにか。それは、日本が未来永劫、贖罪意識を持ち続け、極端に言えば土下座し続けるということだ。アジア太平洋広しと言えど、ここでいうアジアは中共と南北朝鮮だ。新藤義孝氏が総務大臣のとき、会見で「靖國神社参拝は世界から批判が」と言い出した記者に対し、「どの国のこと?」と聞き返し、記者が「中国、韓国だけ」と認めたことがある。ちなみにこの記者は朝日新聞だそうである。

 この6月、初の米朝首脳会談が開かれた。両国が戦った朝鮮戦争に至る経緯を振り返れば、南北分断の背景に日本の植民地支配があることに気づく。隣国の人々には、米ソによる分断がなぜ日本でなく、自分たちなのかとの思いがある。
 一方で、日本は戦後、アジアの平和と発展のために多くの仕事をし、信頼と評価を得た。カンボジア和平などに多数の日本人が関与し、発展途上国での無償技術支援も進めてきた。
 かつて軍靴で蹂躙(じゅうりん)した地域の発展に、息長く携わることは、和解のプロセスにも役立つ。


 軍靴という言葉を久し振りに見た気がするが、それにも増して蹂躙とは、思い切った言葉を使ったものだ。蹂躙とは、武力や権力によって他者の権利を侵し、社会秩序を乱すことを言うが、アジア諸国の戦後の独立が社会秩序崩壊を意味するなら、謝罪すべき相手は彼らの宗主国の方ではないのか。

 朝日は、アジア諸国との和解と未来志向の関係をと説く。しかし、国同士の関係というものは、こちらが和解・友好を望んだとしても、相手方がそれを望まない限り、構築できるわけがない。例えば、南朝鮮は慰安婦合意という国家間の約束事を、平気で覆そうとしている。彼らは日本との対等な友好関係など望んでいないのだ。中共にしても朝鮮にしても、そもそもが日中平和条約や日韓基本条約などを結んだ時点で、国家間の清算は終了している。それを蒸し返すほうがおかしいのだ。

 自らの過去を美化することはできない。しかし、将来を変えることはできる。


 読者、国民にそう訴えたいのであれば、まず朝日新聞自身がその言葉通りの行動を取ったらどうなのか。朝日新聞の過去には、歪曲や捏造を含め、おびただしい数の汚点がある。靖国問題や慰安婦問題で国際的な論争に火をつけたのが、他ならぬ朝日なのだ。もし朝日が将来を変えたいと思うなら、過去の汚点だけでなく、報道姿勢そのものを変えるべきである。自分たちがそれを実践しないのであれば、「お前が言うな」という言葉を返すのみだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/16 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
どーすりゃいいんだろうね。
この暑いのに、何をクダラン文言を並べてゴチャゴチャと。

戦争したくてたまらない安倍総理、の様に印象つけたいのでしょうが、何処の国に日本が戦争を仕掛けるというのか?具体的に証明して欲しいものです。
防備を固める努力が何故悪い!丸裸の国家国民で居られる国際情勢では無いのがわからんか?アホタレ!
私企業の朝日は別としても(後で触れます)、野党であっても日本の国会議員である者達が言える言葉では無かろうに。

日本が普通の国として防備を固めるのが、そんなに困る理由は何だ?
隣国中共の軍備とその費用と軍兵数はいかほどじゃ?
尖閣の周辺にしつこく軍艦を浮かべて海底調査もして居る横柄な国を、何故問題視しない?
朝鮮戦争と南北分断に、五年前に武装解除された日本が何の関係があるのか?誰にも判る様に実証してみろ!

日本が植民地にしたのは、WW1後にドイツの植民地だった南方諸島を委託統治しただけで概ね日本兵と日本人の評判は悪くない。
朝鮮半島は併合統治で植民地では全く無いのは、「朝鮮朝日」を発行していた朝日新聞社が一番良く知っておろうが。

敢えて言おう。大東亜戦争もその前の中国戦線も、み~~~んな朝日が悪いのよ!責任取って!!!
[ 2018/08/16 09:01 ] [ 編集 ]
アカヒの駄文に即答しよう
>隣国の人々には、米ソによる分断がなぜ日本でなく、自分たちなのかとの思いがある。

その隣国は当時、日本領だった。
日本は天皇陛下のもと、一つになって戦後復興に励んだ。
その日本を勝手に離脱し、第3国を称して身内で覇権争いをした結果、
米ソにつけこまれたのがゴキ半島。
支那も同じ。だから台湾問題が存在する。
分断は日本のせいではない。あくまでも身から出た錆びだwww
[ 2018/08/16 10:50 ] [ 編集 ]
yasu様の言う通り。
日本の敗戦は9月2日の署名調印式を持って正式な降服となったけど、8月15日の玉音放送直後に日本統治から勝手に離脱したつもりになって日本施設への焼き討ちや政治犯釈放してしまったのが朝鮮の民。

連合国側はヤルタ会談で朝鮮半島の処理を米英ソ華(蒋介石)4ヶ国の信託統治に置く、予定になっていたらしいのね。
でも、勝手に日本じゃなくなったので、結局米ソで北緯38度線の分割占領下となりました、とさ。
それが、朝鮮戦争の元。

国際常識を弁えないで、勝手な行動に走るからそうなっただけ。日本に責任はこれっぽっちも、無い!
なので、敗戦日本にとって良かったのは朝鮮半島という大荷物が無くなった事なのね、と今ならサバサバ思えます。

「朝鮮朝日」記者達はいつまで朝鮮に滞在したのでしょうね?ひょっとして、在留邦人を置きっぱなしに朝日は一早く逃げたりして、その経緯を知らないのかしら。
それでも今ではちょっと調べたら分る事ですのに。
[ 2018/08/16 12:47 ] [ 編集 ]
記事に掲載の靖国神社の写真、(^-^)b いいね!
[ 2018/08/16 14:10 ] [ 編集 ]
アメリカとソ連の冷戦の状態下で勃発したのが朝鮮半島戦争。金日成がソ連後押の擁護をあてにし、対する李承晩がアメリカの支援をあてにして始めたのが朝鮮戦争。日本を叩きたいために今頃になって日本が植民地支配したのが原因など言い始めた。ない頭絞って考えた寝言。まあ、日韓断交へ進むのがよいいであろう。、
[ 2018/08/16 17:37 ] [ 編集 ]
天皇陛下も
「ろくな談話」を出されていませんね。誕生日談話に引き続いて、
自虐史観談話。GHQの教育そのまんま。
[ 2018/08/17 00:42 ] [ 編集 ]
マヌケなりに考えよ
秋海棠とやら、だから何なの?
GHQ占領憲法で「象徴」になっちまったんだから
仕方ないしょ。
陛下お一人に占領憲法に歯向かえとでも言いたいの?
マヌケな頭でよく考えて答えてねwwwwwwwww
[ 2018/08/17 08:44 ] [ 編集 ]
いい加減にして
 中朝のこの手の、生まれてからずっと反抗期みたいな話には、いい加減うんざりだ。この手の、というか、日本相手なら何を言ってもやってもいい、みたいな態度は一体どこから来るのだろう。甘えられる筋合いはないし、国家を名乗っているんなら、それらしく振舞ってほしい。出来ないのなら、どこかの属国にでもなって、武者修行でもせい、と言ってやりたい。 もう、あれもこれも、ギュっとして、ブルブル振り回して、宇宙のどっかに飛ばしてやりたいわい。お空の彼方に飛んで行け、だ!!
[ 2018/08/17 09:05 ] [ 編集 ]
遙かなる靖国
私の若い頃には、靖国神社の国家護持運動がさかんに行われていました。早稲田で喫茶店を営む老夫婦がその熱心なメンバーで、一度お話を伺ったことがあります。考えてみれは、年齢からいって、先の大戦で、親兄弟ではなく、ご子息を亡くされた方ではなかったのか。国家が靖国神社の費用を賄うことができないなら、陛下の内廷費からなりともなにがしかの費用を支弁できないか、というご主張でした。

終戦までは天皇の軍隊、ウチの父親も入営した際には「お前達が戦死した時には天皇陛下がご覧になるのだから」というので、丁寧に氏名を清書するよう求められたそうです。逆にいえば、天皇は日本のために戦死した全戦死者の名簿をご覧になってきたわけで、靖国神社に参拝することもセットで、それなくしては我が国の軍隊の歴史の正統性はありません。遺族会のお年寄り達が、とくに靖国神社と皇室の関係性の回復を願っていたのはむべなるかな。

今上帝は明治以来、靖国神社に詣でなかった初めての天皇となります。意外にも、皇太子時代にはご成婚の2カ月後に、美智子妃殿下と一緒に靖国神社にちゃんと詣でられているのですな。天皇は靖国神社に参拝はしない、御幸と呼ぶべき、というような「神学論争」も過去にはありましたが、韓国の駐在武官さえ平成の初め頃までは普通に参拝していたのです。ご親拝と呼ぶべきか、御幸と言うべきかは別にして、サヨクの持って回った妨害工作に対して、保守の側は余りにも素直すぎる。反転攻勢には、それなりの仕掛けが必要だと思う昨今です。

[ 2018/08/20 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ