FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  杉田論文 ~ 「区別」を「差別」と言い換えて批判する邪道

杉田論文 ~ 「区別」を「差別」と言い換えて批判する邪道

← 応援クリック、ありがとうございます。

 27日金曜日、自民党本部前には主催者発表で五千人の人が集まり、新潮45に「「LGBT」支援の度が過ぎる」という論文を寄稿した杉田水脈議員の自認を求めるデモが行われた。デモ隊がアジ演説を行う後方には、「九条を守る 平和日本」というノボリも見える。すべてとは言わないまでも、デモ隊を構成する人の一定の割合は、官邸前のお馴染みのメンツということだ。

7月28日 自民党本部前デモ


 ハフィントンポストは、このデモを「発端は個人によるTwitterでの呼びかけ」とし、「#0727杉田水脈の議員辞職を求める自民党本部前抗議」というハッシュタグを作った平野太一と伝えた。平野の呼びかけによって一般市民が立ち上がり、自民党本部前のデモに発展したと、「市民の草の根デモ」という建てつけだ。ところがこの平野には「しばき隊」という属性があり、平和安全法制や反原発、新大久保での在日擁護等々のデモではお馴染みの活動家だ。まさに常連であり、個人の呼びかけで自然発生的に…という記述はミスリードも甚だしい。

 LGBTを差別するなという主張を展開するのは自由だが、その活動に群がる面々もいつもの通り。ハフポスト以外にも、朝日新聞は「杉田氏「生産性」発言に広がる批判 自民党本部前で抗議」という長文の記事を掲載し、福島瑞穂はデモに顔を出した。共産党や立民、民民の連中もコバンザメの如く一斉に杉田批判を叫び、世論を反自民に誘導しようとしている。

 昨日は、新潮社に叱られるのを覚悟で杉田氏の論文を全文掲載した。そして、昨日のエントリーにも様々なコメントをいただいた。私はスパムや誹謗中傷と思しきコメント以外は掲載に制限をかけていないが、もう少し反対側からの意見が来るかと思ったものの、そういうコメントはなかった。サヨク界隈の馴れ合いに埋没しているのか知らないが、残念なことだ。

 論文をすべて読んだ方には、ある程度の共通理解が生まれると思う。それは、杉田氏の論旨の根幹は、LGBTのうちのT(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害だが、LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)は個人の性的嗜好であり、そのふたつは区別して考えるべきだということだ。サヨクの常套手段として、「区別」を「差別」と言い換えて批判する手法があるが、批判にはまさしくこの手法が使用されていると考える。何故「区別」が必要になるかというと、国会議員として、そこに公金を投入することの是非を論ずる必要があるからだ。

 デモ隊は「人権を無視する議員はいらない」と連呼していた。しかし、杉田議員の論文を読む限り、人権を無視する内容は読み取れない。人権無視とは、この場合、LGBの人たちが活きる自由や権利を奪うことを言うはずだが、論文にはそんなことは書いていない。唯一、「生産性」という表現を用いたことは、「産む機械」発言で揚げ足を取られ、失脚した柳澤元厚労大臣を連想させるもので、野党、活動家や左派メディアには撒き餌になってしまった感がある。しかし、この生産性ということばでさえも、LGBの人たちの人権を無視したものではない。人権無視というのは、ことばの切り取りによって、反対勢力が拡大解釈し、プロパガンダ化したものではないのか。

 デモ隊は、杉田議員の辞職を求めている。だが、論文は、LGBの人たちの人権を侵したわけでもなく、政策論である。例えば、朝鮮学校に公金を投入する政策にも賛否がある。外国人に参政権を与える是非についてもそうだ。いずれも、時に区別が差別と言い換えられるケースものだ。しかし、それらも政策論とすれば、賛成側も反対側も相手方の辞職を求めない。私には、このケースもそれらと同じだと思える。従って、辞職する必要はない。

 どなたか、この論文のどこが人権無視なのか、どこが差別なのかを、分かり易く教えていただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/30 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)
いつもワンパターンの左翼
「論文を読んでから言え。」
この一言につきます。
とにかく、読みもしないで、聞きかじりの「生産性」の一言だけで騒いでいます。

保守を自称する人の中にも「杉田議員は脇が甘い」とのコメントを見かけますが、読んだ形跡がないのも多いです。これもまた軽薄。


このデモに福島みず穂の顔も確認されました。
いつもの連中のいつもの行動です。

安保法制、モリトモ・カケ、セクハラ、カジノ、LGBT・・・。
メディアが必死に「可燃物」を探し、野党に着火させ、炎上を狙うも、結果はいつも少し燻って鎮火。
いつものパターンですが、性懲りもないことです。
 
この調子ですから、このLGBT騒動、間もなく終息するでしょう。

一時は、正義の人に祭り上げられ、本人もその気になった籠池氏。
今は、誰も相手にせず、家屋敷を失ってしまいました。
左翼は、人を煽てて利用するだけで、利用価値がなくなればポイ!

そのことに気づいているLGBTの人も多く、不快な気持ちで過ごしているとのことです。

メディア、野党議員はいつも安全地帯で煽るだけの卑怯者です。
保守も気づかずに彼らの策動に流されることのないようにしましょう。
[ 2018/07/30 08:57 ] [ 編集 ]
こうやってギヤアーギヤアー火病の如くわめき散らしてる人達に3っつ程、問いたいのは、1つ「あなたは全文を読み、理解しましたか?」と言う事。
そして、2つ「少子化対策において、あなたはどんな生産性が有りますか?」と言う事。
最後に3つ、「あなたは日本人ですか?在日ですか?」とw
まーいつもの、反日共産党の動員メンバーでしょうな。日当はお弁当1食分位かな?
[ 2018/07/30 13:03 ] [ 編集 ]
ゲイリブの歴史
杉田議員の論文の主な内容は、LGBTに対する税金投入に関してで、LGBTへの一定の配慮もあるので、全体的には一国会議員としての問題提起としては意義のある事だと思います。

ただ、日本におけるゲイリブの歴史的背景などにやや配慮にかけていたようにも思います。

同和や環境などと同じく、ゲイリブにもビジネスや政治利用されてきた歴史があり、当然それらの活動をしてきた人々にとっては、絶対に看過出来ない論文である事は間違いありません。

「ジャックの談話室」さんは、ご自身もゲイでありますが、日本におけるゲイリブには否定的なお立場で詳細に分析されておられます。
https://jack4afric.exblog.jp/23948231/
[ 2018/07/30 14:27 ] [ 編集 ]
クビ欲しさ
モリカケで閣僚一人のクビも獲れなかった。と「反省」している玉木某ですが、と言うことは、彼の政治目的は閣僚の首盗りにある?

閣僚クビを獲れなかった反日野党連中とその周辺は、閣僚のクビの代わりに杉田水脈議員の辞職を求めたいのだろうと思います。
いずれ近いうち、その集会から安倍総理辞職を連呼する者達が出てくるでしょう。

昨日やましろや様がお書きだった「日本は同性愛大国の歴史」と云う程の「大国」だとは、私は思わないのですが、歴史上少なくない著名人のソレが伝わって居る点を考えますと、嗜好の他に求められる「非生産性」もあったのでは無いかしら、と思いました。

女犯が罪だった仏教界で子供が産まれたら世間は大騒ぎで僧籍剥奪だけでは済まない時代、絶対生れない方向が非女性へ。
武将は戦場に女性を伴えない事もあっての男色傾向でしょうが、その他に、お家騒動を起こしかねない(正妻以外の)邪魔な外戚を作らない為にも非生産的対象が好まれたのかも、と思います。(側室の実家は家格に於いて権力を持てないのが普通ですし、ノーマルならこの件には関係無し)
徳川11代さんは何十人ものお子さんを養子や嫁として押しつける為にも経費が厖大だったそうで、「生産」も考えもの、と言う場合もある。

古来日本の性の扱いは実に開けっぴろげな様で、現代人から観ると「これでいいのか?」レベルだと思えますが、それを政治利用するなど、本来とんでもない人権蹂躙モノでしょう。

獲れないクビの焦りで何でもイイから突っかかっている気がします。

[ 2018/07/30 15:23 ] [ 編集 ]
日本と日本人に敵対している奴等が形振り構わずに安倍政権打倒のための運動をしているというのが明白です。安倍総理と杉田議員は決して親しいわけではないと思いますが、自民党という括りで無理やり関連付けてデモをやり、反日メディアが報道し、大問題として世間に問うようなことをしているのですね。こういう行動もかなり先鋭化してきていて、悪足掻きと笑ってはいられない気がしています。明らかに無茶苦茶な言動ですが、それを正当化し、そのためには強硬手段も辞さないことになるのではないかと思うのです。杉田議員に対する殺害予告などは今後増々エスカレートしていかないでしょうか?我々、日本国民はもう少し危機感をもつべきではないでしょうか。
[ 2018/07/30 15:39 ] [ 編集 ]
勉強してから言いましょう
>LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)は個人の性的嗜好であり、

学術的に明らかな誤認です。

別にデモも、左翼に利用される頭の悪いLGB擁護もしませんが、単なる無知なものがゲイヘイターを広めるのは区別などではなく、明らかな差別です。

非生産的というのも妥当ではないでしょう。
幾多のアートや文学、映画がゲイの手により生み出されてきました。さん
結婚しようが子供のない夫婦はいるし、バイの既婚者が結婚していて
子供もいるケースなど枚挙に暇がありません。

杉田さんは支持する政治家ですが、この件に関しては頂けません。
またこの問題に敏感な欧米での反応を読めなかったことも
無知。大臣級の人が「間違ったことを言ってないので頑張りなさい」と
言ってくれ、自民党はいい政党だと思った、とか案外頭が悪いのか
と思いました。
[ 2018/07/30 16:39 ] [ 編集 ]
秋海棠様
杉田議員の文章をお読みになれば「生産」という表現の意味はお分りになると推測致しますが?

私も既婚者ですが子供は産めませんでした。ですが、やはり子を為さない、と言う意味では非生産的だと自覚しております。

いろいろなケースがあり、当事者に依って自覚や想いの仕方はそれぞれでしょうが、産む=生産と表記されるのは納得致しますが、それをイコール「差別」と決めつけられるのは私などは逆に貶められている気になります。
子が居ようが居なかろうが、個人は個人です。
仮に被差別感を持てと言われる方が大きなお世話で、放って置いてよ、と言い返しますでしょう。

ファッション界や舞台関係をはじめ、広く水物と呼ばれる世界には掃いて捨てるほどのゲイさん達が居られ、中には巨匠と呼ばれた方々も居られるのは昔から世界の常識でしょう。
ですが、彼らの伝記には必ずバイセクシュアルと分る様に書かれて居たはずで、ノーマルな人間には特にその様な表記はされません。それも又世界の普通の事として通って来ています。
そのことと、今回の杉田議員の主張は何ら関係のないことだと、彼女の文章を読めばお分りではないですか?

海外の取り上げ方も、一言二言の抽出だけを元にして論評しているものに、何で過分な配慮が必要なのでしょうか?第一彼らが全文を読んで評して居るのかどうか?甚だ疑問です。
日本人が日本人の事を日本人の感性で語ることが不可であって良い筈は無いし、ましてや「無知」と言われるのは如何なものでしょう?

秋海棠様の御意見は御意見として当然承りますが、杉田議員の主旨をどこかで取り違えて居られるのならば残念に思います。
[ 2018/07/30 17:53 ] [ 編集 ]
最後には「アベヤメロー」だったそうなので、
倒閣の一環なのでしょう。

ほぼ100%は全文なんか読んでないでしょう。
ていうか、前々興味さえないでしょう。
たんにデモしたい。アベヤメローと言いたい。
それだけで、引っ張り出された組合員たち。
バイト代でも出たのかもしれませんね。

でも、全般的にほぼ見透かされているのが面白いですね。
こういう輩が毎度のことながら騒いで国民の支持が得られると
思ってる滑稽さが笑えます。

売れない芸人の毎度のおきまり芸みたいです。
でもこれでは小銭も稼げませんね。

ほんとに、言っちゃ悪いですけど、偏差値低すぎです。
思考するとか、学習するとか言う概念はないのでしょうか。

[ 2018/07/30 21:28 ] [ 編集 ]
Hanada
発売されたばかりのHanada9月号に
「籠池長男が反省告白・両親は安倍総理夫妻に謝れ!」という
小川榮太郎さんと籠池佳茂さんが対談方式で語りあう記事が掲載されています。
野党に嵌められて思う所と違う所に進んでしまったという詳細が語られていますので
野党はこれ以上森友問題を引っ張ると自分達に火の子が飛んでくると思い
杉田さん攻撃に方向転換したのではないでしょうか??
全文を読めばこんなに騒ぐ文章ではないことが解るのに
ある一点を持ち出してSNSで拡散して大衆を先導する所など
今までの騒動と同じパターンです。
そのうち尻すぼみに鎮火しますよ。

別の週刊誌二誌には、野田聖子さんのご主人の前歴が載っていました。
元893という話ですが、顔写真を拝見して一目で解りました。
薄い眉、糸をひくような目、半島出身の方ですね。

[ 2018/07/30 21:54 ] [ 編集 ]
二時間四十何分かの枝野国会演説が著作本になるそうです。
そういえばこの時でしたか、杉田議員が野次った「豊中中央公園の説明を!」に三度も議長に制止を求める過剰な反応を見せた立民枝野党首。

そして今度は「同性婚を認める法案」ですと。
夫婦別姓、同性婚、在日参政権、ロクなモンじゃ無いわ。
[ 2018/07/30 23:44 ] [ 編集 ]
問題点
全文読みましたが、以下の点で不見識、不適切が明白です。
1.同性愛者は社会からはそれほど差別しておらず、専ら親兄弟からの不理解が問題と論じている点。
2.政策の優先順位として少子化対策とLGBTの優劣を論じているのではなく、子供を作らない人に税金を投入してよいのか、と述べている、つまり「子供を産まない人」を社会保障の対象として否定している点。
3.同性愛者を勝手に「不幸」と決めつけている。憲法の保障する幸福追求権を全く理解できていない。幸福追求権は「自分が幸福と信じる事を追い求める権利」であり、他者や国家が決めた「幸福」を求める権利では無い。(大学一年の憲法講義のレベルです。)
4.そもそも彼女のいう「過度な支援」とは何を意味するのか。一部自治体の同性パートナー制度はせいぜい公営住宅への入居が可能になる程度で、相続や税金控除といった根幹に関わるメリットは全く無いし、ましてや異性婚より有利になる点は全く無い。どれだけの税金が投入され、それが他の行政施策に比べてどのように高いのか全く示されていない。
[ 2018/07/31 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ