FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  枝野の長い演説こそ、税金の無駄遣い。ヤジに抗議する資格なし!

枝野の長い演説こそ、税金の無駄遣い。ヤジに抗議する資格なし!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週20日(金)に、衆院で立民、民民、共産、自由、社民の野党5党と、無所属の会の1会派から内閣不信任案が提出され、反対多数で安倍内閣は信任された。自民党の金田幹事長代理は、立民の辻元清美を名指ししつつ、「『一番嫌な時に出さないと気が済まない!』と発言してたが復旧復興に全力を尽くしてるこの時期の提出は本当に信じられない」と猛批判を展開した。まさに言いえて妙である。法相のときは少々頼りなかったが、この日はまことに立派な演説だった。

 その内閣不信任案の趣旨について、本会議で立民の枝野が弁明に立ったが、枝野はその弁明に、なんと記録が残る1972年以降で最長の2時間43分を費やした。これは国民にとっては迷惑な話である。何故なら、枝野が演説している時間も、国会運営には血税がつぎ込まれているのだ。枝野のパフォーマンスのために我々の税金が使われては、たまったものではない。

 その演説で枝野は、自分こそ保守だと語った。ネット界隈はこの暴言に盛り上がっているようだが、私は2015年の産経のインタビューで「私こそ日本流保守の政治家だ」と語っていたのを記憶しているので、さして驚きはしなかった。「また言ってらぁ…」くらいなものである。枝野はそのインタビューで、「私は本当は保守で売りたいが、党内で『コアな支持層が誤解して離れてしまう』とアドバイスを受ける」と苦笑していた。立民は当時の旧民主党よりも左傾斜が強く、コアな支持層の誤解を招くような言動は慎むべきだろう。もっとも、本来の保守派に対して失礼なのは言うまでもない。

枝野幸男
枝野(核マル派系議員)


 その長ったらしい演説で、枝野はお約束のごとく、森友問題に触れた。「国有地が8億円もダンピングされた!国民の税金を喰いものにした!」と語ったとき、自民党側から「隣の野田中央公園はどうなんだ!」とヤジが飛んだ。ヤジの主は、保守派の期待を集める杉田水脈氏。枝野は杉田氏を睨みつけたが、杉田氏が負けじと「説明してください!」と投げかけると、今度は大森議長に向かって「黙らせていただけますか?」と三回も要求する始末。議長はスルーし、「続けてください」と促した。議長が取り合わないとわかると、枝野は「水田議員、黙っていていただけますか」と名指しで抗議。杉田議員の名前を間違うという、なんともしまらない抗議だった。

 この長い演説中に何度もヤジが飛んだが、枝野が脊髄反射をしたのはこの場面のみである。それほど、野田中央公園は立民にとって都合が悪い事案なのだろう。ヤジに抗議するなら、先ずは自党からのヤジに対して対策を講じることから始めるべきである。ヤジは野党の特権ではない。

 枝野は、森友が税金を食い物にしたというなら、野田中央公園も同時に批判せねばならない。枝野のヤジ抗議は、辻元じゃないが、「一番嫌な時に出たヤジ」と解釈する以外にない、素直な反応だった。杉田議員、まことにGJである。まぁ、税金を食い物にするような長ったらしい演説は、今回限りにしてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/22 07:24 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
野党は、夏休みを謳歌か。
枝野は舌足らずのくせに、内容のない話の長いこと。
時間の無駄。
途中で、水を飲んでいたが、この作法は日本にはない作法。
半島の作法とか。

さて、「カジノより被災者支援を」とか「カジノよりエアコンを」などと喚いていた諸君。国会が閉会したことだし、被災地支援に駆けつけなさい。

まあ、地元選挙区の連中が、パフォーマンスとして、防災服を着て現地を偉そうに歩くぐらいだろう。
他の多くは、夏休みを満喫することでしょう。

今国会で、モリトモ・カケは完全終了。
籠池の名前も出てこない。
「憂国の士」とか「安倍の犠牲者」などと持ち上げられたが、今は、「誰、その人?」状態。

何かと、詐欺師とその手下に翻弄された国会であった。



[ 2018/07/22 08:59 ] [ 編集 ]
アホか
これだけ自民党が国民を騙し、うそを突き通しクズのような法案を強行採決する最低な政党なのに、それを支持する人間がいるなど信じられない。この国終わってるだろ。自民を有権者こそ頭冷やせ。この国に正義はないのか。お前ら恥さらし。
[ 2018/07/22 13:28 ] [ 編集 ]
枝野は典型的な偽装保守です。
この男といい、山本太郎といい税金の無駄遣い以外の何物でもない。
こないだの山本の器物破損行為ですが、マイクだって税金で購入した物のはず。たかがマイクだが、こういう小さなことからして税金を無駄遣いしているのに、こんな人物に投票する国民が一定数いるのが信じられないし、そんな国民がいる時点でまだ日本人には普通選挙は早かったのかなんて思ったりします。
[ 2018/07/22 13:52 ] [ 編集 ]
枝野氏は言葉遊びの輩に堕落した
「国会に出席できない状況を作って置いて」とか「自民党と野党の宴会を同一視するのか」とか、枝野氏はまるでガキの論理。雛鳥が黙って巣で嘴を開けているだけで親鳥が餌を入れてくれるのが当然ーそういう我儘な屁理屈。

 昔のⅭⅯに「君(料理を)作るひと、僕それを食べるひと」というのがあった。左翼の側から批判が出たんだが、枝野氏は覚えていないのかな。身勝手な役割分担なんだが。日本の民主主義がいつまでも未熟なのは、朝日や野党の側に理由がありそう。なにしろ、批判だけでメシのネタにしてるからなぁ。

 このコメ欄にも訳の分からん「目を覚ませ!」ってのがあったけど、そちらの人々っていつも概念ばかりで具体的な中身に乏しいんだよね。完璧無比なレベルを基準にしてそれに到達してないから「安倍は退陣せよ」ってな理屈はいくら何でも幼稚過ぎて、大人の言う科白じゃない。 
[ 2018/07/22 15:31 ] [ 編集 ]
枝野氏は自己省察に欠けている
 一つ追加しておこう。枝野氏はJR東労組大宮支部と契約書を交わして献金を受けていた事実があった。その時の枝野氏は「過激派組合員といっても全体の労組員からすれば、ごく少数に過ぎない。だから全く問題ない」と強弁していたが、それは「組織の実態」を知らない国民を欺く理屈。ごく少数の活動家でもその組織のトップを握れば「洗脳とカネ」が自由になる。過激派にとっては眼の付け所。幸いJR東労組は4分の3の組合員が脱退する形勢だから、革マルにとっては大打撃、国民にとっては朗報だ。
しかし、さすが枝野氏、保身の為に東労組とのコンタクトを取らない。人間って普段いかにもご立派なことを言っても、イザとなるとそんなもの。あらゆる屁理屈をこねて自己を正当化する。「人間の堕落は言葉の発明とともにはじまった」という、良い見本だよ。
[ 2018/07/22 15:54 ] [ 編集 ]
夏の暑さに狂った蚊&立民枝野
嘘をつき通して、恥を知らない世界の人間が2時間43分の演説ですか。
正しいこと、真実が通らない、情けない日本。
メディアが真実を伝えないことが大きく、
更に、こうした国会議員が野党の筆頭に居ることが
一つの要因となるわけです。

今日、他のブログで投稿された方の
夏の風物詩「蚊」ですらあまりの暑さに活動を停止しております。
35°を超える暑さが続くと避難するようです。
そういえば、最近、刺されておりませんね。

というコメントを読み、

蚊でさえ弱るこの日本の暑さの中で、災害に遭われた方が
如何に難儀なことかと思うと辛くなります。
また自衛隊を初め、災害救助に当たられる方々の献身の程は、
如何に有難いことかと、手を合わせる思いです。

一方、枝野の国家の行く末に何の責任を持たないどころか、
亡国に誘導しかねない現在に至る様々の所業は、
存在そのものが悪です。
被災者の国民の苦衷を露とも感じず、ひたすら政権を叩いて
「自分たち、お仕事しています」とばかりのパフォーマンス。
絵に描いたような無責任と不誠実の野党の税金泥棒たちが、
国会を無惨に陥れています。

ただでさえ、自然災害に見舞われる日本列島のなか、
異常な蒸し暑さの日本です。
加えて、狂ったようなこの野党の出鱈目ぶりは、
ようこそ、国民を虚仮にしてくれるものだと腹立たしさも限りなしです。
[ 2018/07/22 16:31 ] [ 編集 ]
 枝野がのたまう”自分こそ保守だ”の言い分も、考え方を変えれば当然かもしれない。
 戦後民主主義体制を守るという意味での”保守”ならば全くその通りである。

 戦後の占領時に押し付けられた日本弱体思想てんこ盛りの戦後民主主義体制とは真逆の本来の真っ当な日本国を維持しようとするのが本来の保守本流である。

 守るべき基準をどこに置くかで、保守と革新の定義は180度異なることを、彼はあの舌足らずの長演説で貴重な税金を使って教えてくれたのだと思えば、それだけのことである。

 税金の無駄遣いは野党の真骨頂である。
[ 2018/07/22 18:51 ] [ 編集 ]
西
>[ 2018/07/22 13:28 ] とねりこ [ 編集 ]

コメント主が政治を何も理解していない事が分かる典型的な事例。

正直言えば、政府与党の法案や答弁でも、確かに「嘘」とまではいえなくても「詭弁」ではないか?と思うことはある(勘違いしてはいけないのは、別に法案では「嘘」はついてるわけではないところだ)。

しかし、「詭弁」そのものが悪いのか、と言えば、そうでもない。現実社会でも、「要求」を突き通したり、「交渉」を行うときにも「詭弁」を用いることはあるし、弁護士なども用いることだってある。

それは政治の世界でも同じであり、「法案」を通過させるためには、「詭弁」を用いていたとしても、致し方ないところだってある。それを非難するのは勝手だが、これはどんな政権(たとえ立憲民主党であったとしても)同じであるだろうし、それをもってして「支持する方がどうかしている」などと主張するのは「間違い」である事くらい分かるだろう。「詭弁」を許していけないのであれば、いかなる政党であっても「政治」などできないからだ。

もちろん、「法案」の有害性や問題点などは、その都度「議論」されていくべきではあるが、だからといって、「法案」の「中身」ではなく、突き通すための「手段」を逐一非難する集団は、頭がおかしいのではないかと思うことが多い。

立憲民主党などの場合は、「中身」よりは「手段」を非難しているように見えることが多く、政党集団としても、「哀れ」というか、「稚拙」としか思えないのだが。

端的に言えば、「法案や政策に文句があるのであれば、審議に参加すればいい」し、「政治の主導権を握りたければ、選挙で多数派を形成できるように努力すればいいだけ」という事なんですよね。

my_schooling_081氏が述べている通り、「政治が気に入らない」からといって、何でもかんでも「政府与党」が何とかしてくれるだとか、「気に入らない法案」が通れば、「この国終わっている」などと主張するのは、責任ある仕事を任されたことがない人なのかと思うほど、「幼稚」な発想だと思うんですけどね。
[ 2018/07/24 00:31 ] [ 編集 ]
西です。名前入れ忘れていました。
[ 2018/07/24 00:32 ] [ 編集 ]
この枝野の「水田議員、黙っていていただけますか」も、自党立民議員達の散々なヤジを野放しにしてきた党首の、手前勝手な言い様で、本日23日のタイトル通りです。
ともあれ、豊中の野田中央公園は立民にとって、ナニ なのだと判明w

立民党、川田議員の「人殺し」ヤジには「御注意」で済ましたとか。
日頃人権だの自由だのの言葉を弄びながら、他者の人権や自由や尊厳には一顧だにしないヒダリ巻きの不治の癖。

「保守」は最近日本の正しい若者達のトレンドwですから、そりゃあ革マル活動家の枝野でも党勢増進の為なら、偽装であれ、売りであれ、名乗りたいでしょうね。
共産・社会主義国なら枝野も無理なく保守で通ります。お行き。

とねりこって蝋状の物が取れるんでしたっけ?ベタついた実でしょうかね。
[ 2018/07/24 19:09 ] [ 編集 ]
二行目、24日でした。訂正致します。
[ 2018/07/24 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ