FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  パヨクは都合に合わせて真実を作りあげて行く

パヨクは都合に合わせて真実を作りあげて行く

← 応援クリック、ありがとうございます。

 事実とか真実というのは実に都合の良いもので、利害や立場によって変わった解釈が生まれる。その恰好のサンプルが、デマノイこと山井和則だ。



 これは、デマに憶測が重なったような、酷い発言だ。まず、「安倍総理が友達を優遇した」という山井の事実認定はなんら根拠ない。従って、これは事実や真実ではなく「嘘」に近い。文科省の裏口入学に加計学園への助成金が起因しているというのも単なる憶測で、山井は事実を知らないにもかかわらず、事実を作り上げているのだ。都合がいいように事実を曲げる、まるで朝日新聞のようなやり方だ。

 同じような例が最近発覚した。一連のオウム裁判が結審し、死刑囚に対する刑がいつ執行されてもおかしくない6月4日、レフティたちが「オウム事件真相究明の会」なるものを立ち上げた。呼びかけ人には、青木理、雨宮処凛、大谷昭宏、香山リカ、佐高信、鈴木邦男、田原総一朗、安田浩一など、“錚々たるいつもの人たち”が名を連ね、賛同人には今話題の是枝裕和(映画監督)や山口二郎、津田大介なんていうのもいる。会のスローガンには「麻原彰晃にほんとうのことを喋らせよう」と書かれ、麻原自身が何もしゃべれない状態にあるから、真実は闇の中にあり、刑が執行されれば、その真実が葬り去られるという趣旨の声明文が掲載されている。

オウム事件真相究明の会


 こういう人たちにとっての真実とはなんなのか。麻原が喋るまで、延々と真実を追求したいとでも言うのだろうか。しかし、そのなかで被害者とその家族は苦しみ、そういう犯罪者たちの延命は税金によって賄われていく。警察や裁判官でもあるまいし、真実などということを軽々に語らないでもらいたい。我々一般国民は真実の究明を検察や裁判所に委ねている。それが民主主義における分業体制というものだ。

 こういう人たちは、自分たちに都合の良いことだけ切り取り、それらを事実や真実という。モリカケを追及する野党と同じからくりだ。真実を都合よく使う者たちにとって、嘘やデマは言いたい放題なのだろう。真に勝手な人たちである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/09 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(13)
はじめまして、おはようございます。
真実は、自分勝手に不特定多数の人を殺し人を傷つけた事です。
[ 2018/07/09 08:26 ] [ 編集 ]
はじめまして

「真実は闇の中」については、江川詔子氏の記事が参考になると思います。
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180708-00088579/
[ 2018/07/09 09:06 ] [ 編集 ]
真実は
オウム死刑囚の処刑前日に
安倍首相・法務大臣が宴会に参加し楽しんだことです。
[ 2018/07/09 12:51 ] [ 編集 ]
するべき仕事をしていれば、会合会食に何の問題もありません。
犯した罪に死刑判決を下された犯罪者の処刑に、何故政治家が会食の遠慮をしなければならないのか?

長年、何人もの法務大臣の心の重荷であったろう事案に一区切りをつけられた上川法相の勇断を労る総理であれば、むしろ善だと思います。
[ 2018/07/09 15:23 ] [ 編集 ]
調べる努力をすればよい
デマしか流せない不誠実な人間は、最低限国政に関わってはならない見本の一例議員。情けないのう。

オウム集団が起こした事件をそれほど知りたければ、裁判を傍聴していればよかったろうに。傍聴に何度通ったのかな?
オウムの彼らが関係した事件は多く、その分裁判記録も厖大であろうと思われますから、調べられるでしょう。
主犯は口を閉じて語らない。何時までたっても語らないものを知るには、証言した幹部犯罪者の記録から知ろうとする努力をすれば良いのでは無いのか?

目の前に自分の都合よく証言が整理されて出てくるのを待つだけなら、単なる暇な野次馬であってジャーナリストでは無かろうに。
[ 2018/07/09 15:40 ] [ 編集 ]
死刑で当然。
なんとかの会って、最近できたばかりですね。これまでの長い年月に、彼らが、松本智津夫に真実を話させるための努力を何かしたのか。
したとしても、真実の究明とやらはできなかったわけです。自分たちの拙なさを棚にあげて、あたかも人権派プレイで誰やらを批判しようとするのだから、悪辣で恥知らずです。

松本にしてみれば、黙っていれば延命できるのだから、いくらでも黙秘したり精神異常を装っていればいいわけです。
こいつは、手下らが自分が不利になる自白を始めると、ののしって発言を牽制して発言の妨害をしています。まったくの正気です。罪を償うだけの責任能力はあります。

今はただ、苦しんで苦しみぬいて、恐怖に怯えて震えて処刑されたことを願うばかりです。

安倍首相らの宴会とやらは関係ないだろ。自分はどこで何をしていたのか。自分も処刑される気分で身を慎んで震えていたとでも言うのか。愚か者めが。
[ 2018/07/09 20:46 ] [ 編集 ]
お定まりの面々
パブロフの犬のように、彼らにとって何か反安部、反日の臭いがすると
思われる話題には反射的に反応し、たちまちのうちに集合し
理に適わないお商売を始めるのですね。

彼らのお好みの「国家権力が~」などと、もっともらしいお題目を唱えて
騒ぎ立てる反日左翼のお定まりの示威行為の始まり、始まりと
言った風です。
「ちょいと出ました反日野郎が~」と言ったところでしょうか。

私の知る限り、彼らの大半は嘘つきです。
嘘つきの証明はネット上で明らかにされているにも関わらず、
この日本に生きて、お天道様が見ていても、
恬として恥じないこうした人達は、私の様な凡人には、
全く理解の外の人種としか思えません。
実に情けない人たちです。
[ 2018/07/09 22:03 ] [ 編集 ]
死刑制度是非の論にも及ばないオウム
死刑制度に賛否両論あるのは承知しているが、オウム死刑囚を相手に、賛はともかく否を唱える人がいるなんて・・・世も末ですな。

偽善者どもよ、我が身我が子に同じ被害を受けた場合の事を考えても同じことが言えるのか?
 普通の人間なら言えない。言えるとすれば、そんな薄情ものは人間ではない。又は、そんな悪夢のような事実を、自分の事として置き換える想像力の無さがあるとすれば、それはそれで人間としての責任能力が疑われる行為能力者に近いものがあって、普通の人間とは程遠いものです。

いずれにしても、オウムの連中は鬼平犯科帳 長谷川平蔵の裁きっぷりが見てみたい犯罪者どもでした。テレビ報道もひかえておれと言いたいですね。
[ 2018/07/09 23:20 ] [ 編集 ]
鬼平さんは、最悪最兇の犯人の場合、斬り捨てなどではなく「必ず生け捕りにせよ」と命じますね。
火あぶりにして、悶え苦しみながら死ぬがよい、と。

当日のお昼頃だったのですが、水害の様子を知るために観た画像に、スタジオの男性二人は紺スーツに色タイの普段スタイルだったのですが、隣りに立つ女性アナ(だと思います)がフリルこそあれ全身黒一色の、謂わば準喪服。
水害被害者への弔意としても、その時点ではかなり異様。
この被処刑者への弔意であれば、それも又大いに疑問が残る服装のアナウンサーでした。

たしかテレ朝。あの局はどこかに死者が出ると喪服で番組を放送する局なのか?
[ 2018/07/10 01:51 ] [ 編集 ]
ぱよちんの「真相究明」
ぱよちんの「真相究明」は単なる偽善者のパフォーマンスw
こいつらに究明力がまるでないのは「もりかけ」で実証済みwwwwwww
[ 2018/07/10 10:17 ] [ 編集 ]
こはる様へ
さすがはこはるさま。
鬼平の真髄をお分かりでおられる。

今の時代に鬼平の所業は野蛮と一喝されるやも知れず、しかしながら犯罪を未然におさめる実利を思えば、あってしかるべき事と思っています。

特に今の我が国にあっては鬼平の非情と恩情、そして人間の本質を見つめる視点を大切にしたいものです。
[ 2018/07/11 00:38 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
忝のうございます。

鬼平さんは松平定信の命で、石川島と佃島の間を埋め立てて無宿者を収容する人足寄場を具体策を建議し、手職を身につけさせ彼らの生活の目途を図ったそうですから、厳罰斬捨てだけの官僚ではない辺りが私的に大変魅力なのです。

その人足寄場の制度は近代監獄制度と共通点が多く「日本独自の所産」と評価されているのだそうで、単なるファンながらウレシイ事ですw

何人か平蔵役を好演されましたが、やっぱり吉右衛門さんが一番!
ちなみに私、番組では同心沢田小平次役の真田健一郎さんが好きでした。残念なことに平成二十年十二月にお亡くなりでしたが、あの役は他の役者さんにはして欲しくないwです。永久欠番!
[ 2018/07/11 01:14 ] [ 編集 ]
こはる様へ
鬼平さんに対するこはる様の関心度合いの高さは、日頃発せられるコメントからも大いにうなずけるもので、より親近感を持たせていただきました。

今後私も鬼平、火付盗賊改方長官 長谷川平蔵の例え話等、書いてしまいそうです(笑)
[ 2018/07/12 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: