FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  文科省官僚の私的な不祥事で総理の責任を求めるバカども

文科省官僚の私的な不祥事で総理の責任を求めるバカども

← 応援クリック、ありがとうございます。

 中央官僚がまた不祥事を起こしたようだ。今度は息子の大学合格のための収賄で、まったく官僚の腐り具合はハンパない。

文科省局長を受託収賄容疑で逮捕 見返りは我が子の合格 (朝日)

 文部科学省の私立大学支援事業にからみ、有利な取り計らいをする見返りに、我が子を入試で合格させてもらったとして、東京地検特捜部は4日、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=東京都港区=を受託収賄容疑で逮捕し、発表した。
 特捜部の発表によると、佐野容疑者は同省官房長だった2017年5月、私立大学関係者から、同省の私立大学支援事業の対象校に選定されるよう請託を受けた。その見返りと知りながら、我が子が今年2月にこの大学を受験した際、入試点数で加点させ、合格させてもらった疑いがあるという。特捜部は、会社役員谷口浩司容疑者(47)=同=も佐野容疑者を手助けした疑いがあるとして、同幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕した。
 東京医科大(東京都新宿区)は東京地検の捜査を受けていることを明らかにし、「大学として捜査に全面的に協力している」というコメントを発表した。
 佐野容疑者は1985年、当時の科学技術庁に入庁。文科省の官房総括審議官、官房長などを経て、17年7月から科学技術・学術政策局長を務めている。
 林芳正文科相は4日夕、記者団の取材に対し、「現職の職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、捜査に全面的に協力したい」と述べた。


 野党やメディアは、文科省の天下り問題で失脚した前川助平を散々批判しておきながら、前川が反安倍派という「シンパ」であることが分かった段階で英雄に仕立てあげた。この佐野某にも、「安倍総理を批判すれば、野党やメディアを味方につけられるぞ」と助言したいくらいである。

佐野太


 忘れられた政治家、小沢一郎は、さっそくツイッターでこの問題を、安倍政権の責任論にまで波及させようとしている。



 政治資金をせっせと不動産投資につぎ込んでいた政治家が、権力の私物化を語るとは、片腹痛い。そもそも、息子の大学進学という極私的なマターで起こした不祥事に対し、一国の総理に対して責任を負えという筋書きが無理なのだ。「総理が権力を使ってやりたい放題だから、下は真似る」という主張の根拠は全くない。ただ、因果関係がないことをこじつけているだけんだ。「アベガー連中」の常套手段である。

 だいたい、前川の場合は天下り問題で職を追われたものの、その後、下半身問題が発覚し、普通なら人前に出られないほど恥ずかしい立場にあるはずだ。彼のような存在こそが中央官僚の「膿」であり、本来の野党やメディアであれば、この相次ぐ文科省の不祥事にかこつけ、佐野某と前川を一緒くたに批判するのが常道だ。野党やメディアは、行政の長である安倍総理の責任問題として追及する姿勢を見せているが、行政の長が部下の下半身や、息子の大学受験のことまで責任を負うというのは無理な要求なのだ。

文科省局長逮捕 立憲民主、内閣不信任案提出を明言 辻元清美国対委員長「一番嫌なときに出す」(産経)

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は5日の党会合で、文部科学省幹部による受託収賄事件を受け、財務省の決裁文書改竄(かいざん)など官僚による不祥事が相次いでいるとして内閣不信任案を提出する考えを示した。「安倍晋三内閣は十分不信任に値する。後はいつ出すか、タイミングだけだ」と述べた。

 辻元氏は、安倍首相が11日から欧州や中東を歴訪することについて「審議拒否ではないか。また海外逃亡だ」と批判。その上で「(不信任案を)一番嫌なときに出さないと気が済まない」と息巻いた。


 これこそ、「国会の私物化」というものではないのか。「気が済まない」はすなわち「私怨」を意味する。そこに、政治家としてのモラルなど全くなく、国民も不在だ。現に、辻元を含めた野党から総理の辞任要求(=内閣不信任案)」は出ているが、林文科相の自認を求める声は聞こえてこない。ことほど左様に、野党は「私怨」で動いているのだ。

 総理の外交を、不信任案という形で妨害することは、外交の相手国に対する非礼でもある。そんなことも頭にない野党の連中には、政治家そのものを辞めてもらいたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/06 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
>文科省局長が子供を合格させてもらう見返りに私立大学に便宜を図ったとして逮捕。権力の私物化。この国の政権がかかっている病気である。「膿を出し切る」どころかどんどん蔓延。総理が権力を使ってやりたい放題なのだから、下はある意味で真似ているだけ。一刻も早く止めないと、この国は本当に腐る。 by小沢一郎

「おい! お前、目がなくなってるぞ!」
「ああ、遠泳中なんだ」

「おい! どうした? 顎がないぞ!」
「開いた口が塞がらな過ぎて落っことしちまったんだ」

「おい! どうしたからだがくの字に曲がっているぞ!」
「片腹痛さに耐えかねて外しちまったんだ」

「どうした? 手鏡二つも持って何してるんだ?」
「いや、自分の耳を疑ってるんだ」

「おい、バーベルをどうしようってんだ?」
「いや、どれだけ重いものが棚に上げられるものかと思ってさ」

「どうした? ブーメラン投げないのか?」
「いや、投げようと思ったんだが、手から離れる前に戻って来ちまったんだ」
[ 2018/07/06 08:00 ] [ 編集 ]
二度目は無い!
如何にも公設秘書のお給金を分ブン取って、露見したら逃げ回って雲隠れしていた国壊議員らしい言い方ですね。当時の噂では支持者達に転々と匿われていたとか。
「審議拒否ではないか。又海外逃亡だ」?バッカじゃないか。

一国の総理に限りませんが、海外出張するには多くの場合、国際社会に余程の緊急事態でも起きない限り、事前に予定を組んで相手様との会見や会議に合わせて出かけるのが普通でしょうが、”また逃亡”となれば予定予約無しで国を空ける事になりますし、その「また」は前にもした、という言葉。安倍総理がいつしたのか言ってご覧な!

不信任案の提出ですか、大いに結構!解散総選挙で受けましょうよ。
尤も、辻元が采配を揮って提出する時は、北朝鮮に有利に働く可能性が見える時だろうと思います。そういう意味では気を付けて監視致しましょう。
決して日本の国政の為では無いことだけは判ります。

「気が済まない」には嗤っちゃいますねえ。
国会の動議が、野党の、それも一議員の、「気が済まない」から提出されるとは、まことに立民は半島政党。
全ては自分の世界でしか考えられない者らしい、といえばらしい。イヤらしさ全開するしかなくなった様子の立民辻元。

この報道の二日前でしたか?大学助成金の在り方を精査し、現実により即した方法にして、頂くものは頂きながら何の効果も出せない大学を助成金拠出から減額或いは切り捨てる、という記事を見かけましたが、その途中で出てきた物件なのでしょうかね。

前川助平が次官だった頃、この虚け者は省内的にどういう立場で助平との関係は如何だったのか?ちょっと野次馬的に興味が湧かないでもない。
それにしても露骨過ぎるバーターで、仮にも高級官僚ならもうちょっと頭使った風な汚職にしてみせてよ、と、これは呆れです。

一官僚の極めて個人的犯罪まで総理の責任に繋げるべき、と野党が言うのであれば、その野党各党内で起こしたセクハラ、パワハラ事件、あ、不倫もあったわ、これらの責任を党首が何故率先して取らないで今まで来れたのだ?

第一次安倍内閣の時には、明らかに野党が大きく関わる長年の社保庁労組の怠慢と横領なのに、政権が責任責任と追い込まれてとうとう御体調まで悪くして倒されました。
二度とあの轍は踏むまい。

[ 2018/07/06 08:32 ] [ 編集 ]
能無しのクズ野党
クズ野党は徹頭徹尾安倍政権の足を引っ張るだけの能無しぃ~~~www
[ 2018/07/10 09:36 ] [ 編集 ]
文部科学省なんて不要
加計学園問題にモリカナ問題、裏口入学問題、文部科学省には呆れるばかり。不正不正不正のオンパレード。文部科学省の省内環境に根本的問題があるとしか思えません。自浄能力がないなら文部科学省は解体するしかないです。日夜努力している現場の教職員の努力を台無しにする文部科学省なんて不要。
[ 2018/08/13 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: