FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  辻元清美の根深き皇室否定論

辻元清美の根深き皇室否定論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 辻元清美の過去には相当ダークなものがあるが、1993年3月の朝生の映像が発掘され、ネットで共有され、話題になっている。題材は国旗、国歌で、タイトルは「激論! 日の丸・君が代 国旗・国家は必要か」というものだったそうだ。その中で辻元は、「天皇もおかしいんや、天皇制がおかしい!戦後何故国旗を変えなかったのか、天皇制を無くさなかったのか」と主張している。


 1993年といえば、細川連立政権が発足し、55年体制が崩壊した年である。自民党の力が相対的に低下傾向で、この年7月の総選挙では、社会党も55年体制下では最低の議席数に留まっている。社会党も新党ブームに埋没する中ではあるが、そこはサヨクが重宝される朝生だ。活動家あがりの辻元も、この番組では古くから重用され、言いたい放題だ。

辻元の皇室批判


 学生の頃の「天皇制は廃止すべき!皇室は生理的にやだ!近くで空気を吸いたくない」と言っていたことがバレて、大バッシングを浴びた辻元である。辻元は後に「考えを変えた」と弁明しているが、彼女の負の蓄積は、そんな弁明でクリアになるようなものではない。

 辻元に関しては、中谷元防衛相の地方公演の発言を時事通信が採り上げ、配信したことでもニュースになった。

憲法審査会めぐり辻元氏批判=自民・中谷氏 (時事)

 自民党の中谷元・元防衛相は30日、津市で講演し、与党などが提出した国民投票法改正案の審議が衆院憲法審査会で行われていないことに関し「止めているのは立憲民主党の辻元清美国対委員長だ。(有権者の)利便性を追求したごく当たり前の法案でさえ国会で足止めを食らっている」と批判した。

 中谷氏によると、辻元氏は森友・加計学園問題での関係者の証人喚問要求に与党が応じていないことなどを理由にしているという。中谷氏は「『こんな横暴、理不尽はおかしい』という声を上げてくれれば議論ができるはずだ」と呼び掛けた。


 当然ながら立憲民主党サイドからは抗議が為されると思うが、この「辻元妨害論」は国会ウォッチャーのなかでは常識中の常識だ。もちろん、これは立憲民主党の党としての判断であるから、辻元のみが妨害しているわけではない。だが、国対委員長が国会運営に関して責任を負う立場であることには変わりない。立民の審議ボイコットで、批判されるのは党および党代表の枝野、そして辻元しかないのだ。

 それにしても、朝日新聞流に表現すれば、

 こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに野党第一党の議員としてバッジをつけていたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である。(引用元


 といったところではないだろうか。辻元の改心は俄かには信じ難い。テーマが皇室であるだけに、問題の根は深いのだ。

 朝生とは、昔も、そして今も、インターネットがない時代の番組である。現在、この番組の価値は限りなく低く、私もここ数年は一度も「生」で観ていない。そして、インターネットがない時代の番組であるがゆえに、こういう問題発言の宝庫であるのも、また朝生なのだ。掘り起こせばもっと出て来るだろう。

 辻元は、今度はどんな弁明を用意しているのか。お手並み拝見だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/02 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(6)
>自民党の中谷元・元防衛相は30日、津市で講演し、与党などが提出した国民投票法改正案の審議が衆院憲法審査会で行われていないことに関し「止めているのは立憲民主党の辻元清美国対委員長だ。(有権者の)利便性を追求したごく当たり前の法案でさえ国会で足止めを食らっている」と批判した。

…衆議院憲法審査会の開会は、衆議院憲法審査会規定第八条によると、

《憲法審査会は、会期中であると閉会中であるとを問わず、いつでも開会することができる。》

とあり、同規定第十条には、

《憲法審査会は、委員の半数以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。》

とある。
http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/shinsakaikitei.htm

辻元さんが委員の半数25人を動かしているとは思い難いが…もし、憲法審査会において、野党が過半数以上の与党状態にあるのならば、大きな問題といえるだろう。
[ 2018/07/02 09:03 ] [ 編集 ]
国壊し議員
「生理的にイヤ」で「近くで同じ空気を吸いたくない」程に皇室への嫌悪感を持っていた辻元学生も、国会議員という国家に生活を保障される身分になって、これはマズイと土井たか子党首に注意され、一応「改心」した事になっています。

「改心」しただけではなく、2016年には「WiLL」10月号でジャーナリストの河添恵子氏は直接本人から「最近、私よく浩宮さんと会って話する機会があるんだ」と聞いたと、記事にされています。ちょっと自慢気だったとか。
同じ空気を吸う事に拒否感は無くなったのか、世の中を殆どご存知ではない東宮への接近の為には自分の前提条件も忘却なのかは存じませんが、彼女の日頃の言動を思えば十中八九は後者であろうと思えます。
国会議員という立場を随分有効に使って対皇室方面へも蠢いて居る、と想像するのは思い過ごしか?

辻元を政界に引き入れた土井たか子は、地元の拉致被害者有本恵子さんのご両親の必死の頼みを完全無視して、拉致問題は無い。とし、聞くところに依ればその調査すらも妨害して居たとか。
そして弟子の辻元も「北朝鮮に戦後賠償もしていないのだから、そのことをセットにもしないで9人10人返せ、というのはフェアじゃない」(2001年)と、完全に北の使われ人。
そこから殆ど変わっていない現在の彼女の「立地条件」だと思います。

日本に憲法改正されては困ると考えて居るのが、アレとソレとドコゾの国。それらの代弁者として日本の国会に陣取る輩ですから、憲法論議を邪魔することは彼女等の最大使命なのでしょう。
その為には、どんなきっかけでも安倍総理の名前を出せさえすれば、こねくり回して悪評を立てて延々審議を阻止する。ま、こんな処でしょうね。

売国奴とか国賊とか、と言うより本人が「私は」国壊(し)議員」と言うのですから、確かにそうなんでしょう。
[ 2018/07/02 12:07 ] [ 編集 ]
紅葉
こういう辻元と、皇太子殿下の親交ぶりが署名記事で書かれています。
宮内庁からの抗議と訂正要求なし。創価学会のイベントに出られたり、
習近平の奥方と接触なさってみたり。何をお考えなのか?
[ 2018/07/02 12:21 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/07/03 04:44 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/07/03 04:56 ] [ 編集 ]
サッカーW杯
この人物のタイトルの場では書きたくないwのですが

日本チーム、結果は残念でしたが今日の試合内容はお見事でした。

言葉が出ない選手達には涙を誘われますが、あれだけ日本を侮っていたベルギー報道へのお返しは立派に出来たと思います。
期待を持たせてくれた選手達全員に 
 ありがとうございます。
[ 2018/07/03 05:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: