私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  TBSと金平茂紀に「フェアさ」を語る資格など無い

TBSと金平茂紀に「フェアさ」を語る資格など無い

← 応援クリック、ありがとうございます。

 サッカー日本代表のポーランド戦については、昨日、私見を書いた。様々な見方があって当然であって、私の見方はその他大勢の見方のひとつでしかない。ただ、あの戦い方に心の底から満足しているサポーターなど一人もいないはずで、監督にとっても選手にとっても、そして日本代表を応援する側にとっても苦しい決断と行動だったということで間違いはないだろう。

 日本代表は、あの10分間だけで判断されるべきではないと思おう。そして、純粋に次のステージでの戦いを求めているという点において、やはりスポーツなのだ。ところが、そういう準水なスポーツを、自分の敵を批判するために利用する輩が多すぎる。まず筆頭は、保守派に大人気(笑)のコニタンである。


 サッカーと政治は、この場合、全く関係ないことなのだが、バテバテで足が動かず、日本のボール回しを見るだけだったポーランドにも事情があるというもの。彼らは予選リーグ敗退ながら勝ち点3というお土産を手にすることでよしとしたのだろう。それはそうと、使命とは「与えられた任務」のことを言うが、野党議員全員が国民から安倍政権打倒という使命を与えられているとするのは、小西の独善的なものの見方である。「自分は安倍政権と戦っている」というアピールなのだろうが、今や小西はネットでネタにされるだけの国会議員だ。打倒安倍政権が自分が与えられた使命だと言うなら、回復を始めた内閣支持率は、小西が間違っているということになる。

 次もお馴染み、TBSの金平茂紀。問題の発言はこの動画だ。


 もともと報道特集という番組は、報ステ、News23、サンモニと同じく偏向番組として知られるが、安倍政権を批判するためなら何でも利用するという共通点もこれらの番組に共通した特徴である。そして、ツイートにある通り、この論法は確かに雑過ぎる。

kanehira2.jpg


 国会運営は、政府与党だけで進めているわけではない。そこには野党という存在があり、国会質疑の在り方をファアかそうでないかを批判するなら、野党もセットにすべきだろう。フェアな質疑の前に、質疑をボイコットして大型連休を貪った野党の批判なしで、こんな論法が通用するとでも思っているのか。なんでも政権批判に利用するTBSや金平の魂胆は、既に多くの視聴者、ネットユーザーに見透かされている。

 フェアネスを主張するのであれば、TBSや金平の報道姿勢こそ、批判されて然るべきである。TBSや金平は、最も「フェアさ」を語るべきではない類の側ではないのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/07/01 07:22 ] メディア | TB(0) | CM(10)
やはり 日本の敵
スゴイわね!ポーランド選手達に日本の野党議員の姿を見ちゃったんですって?どういう目と頭をしてンだか。

国会議員なのでしょうから一応は日本人なのだろうと思いますが、その日本の国会議員が自国チームの敗退を願う余りに対戦チームまで貶める。ドコゾの国なら外交問題にもなりかねない。

昔のTBSは「報道のTBS」で堅めに売っていたテレビ局でした。その頃金平某は国家批判も出来ないソ連特派員だったと記憶します。何故かその特派員期間が長かった様に思います。

金平某に倣えば、先ずは「それを言うなら」TBSにフェアさは何処にある?ですわ。
<何でも政治批判に利用する>のがジャーナリストだと思い込んで居るのか?今のTBS並びに反日メディアの居直りか?少なくともメディアの矜持は捨て去ったものと思われます。
何でも政治利用も、廃品利用の如き様相に思えますが。
[ 2018/07/01 08:30 ] [ 編集 ]
国会議員の使命とは
 マスコミが安倍叩きをするのは、半分許せるとしても、国会議員である野党の連中は、本来の自分の使命を全く理解していないから、安倍叩きという二義的な手段を最優先しているのは笑止である。

 国会議員の本来の使命は、日本国民のために政治がいかにあるべきか、自分たちならこうあるべきとした理念を語るべきである。

 こんな野党議員たちは、国会運営の邪魔なだけで不要というより害悪であるから消えてほしい。
[ 2018/07/01 11:11 ] [ 編集 ]
赤井左翼氏の悶々たる日常
 今朝のことである、朝食に目玉焼きが出て来たのだが、なんと黄身が二つある、妻は『何だか得した気分でしょう?』などと言うが、私には二つ並んだ黄身がアベとアソウのように見えて仕方がない、なんとも嫌な気分になったが、『これもひとつの打倒アベ政権だ』と思いつつ平らげた。
 朝食の後はトイレである、アベ政権になってからというもの、どうもお通じが良くない、まるで今の政治のようだと思いながらなんとか気張って用を足し、トイレットペーパーを取ろうとすると、残り少なくなったペーパーはカラカラと空虚に回る、それを見るとついつい国会を思ってしまう、アベが素直に罪を認めればカラ回りなどしないものを……。
 トイレの後は洗面、鏡を見るとどうも最近血色が良くないように見える、心労が溜まっているのだろう、これと言うのもアベ政権のせいに違いない。
 歯磨き粉は大分前からアク○フレッシュと決めている、多様性を象徴しているようで実に心地良いのだ、二重国籍でさえ容認できない日本人は、すべからくこの歯磨き粉を使うべきだと思ってしまう、アベ政権が続く限りそんな日は来ないだろうが。
 会社に向うべく駅に向う。
 ホームに出ると今日も人、人、人の波、こんなに多勢の日本人に囲まれ、押し合いへしあいしながら会社に向わなければならないのは苦痛以外の何物でもない、いっそのこと東京にミサイルの一発でも落としてくれたらだいぶ人が減って快適になるだろうと思うのだが、アベ政権はそれができるであろう唯一の国に冷たい、経済制裁の報復に、せめてバンバン拉致してくれたらと思ってしまう。
 
 一日の仕事を終えて駅に向う、駅前にはあのお方の懐を潤すことが出来る遊戯施設が盛大に威勢の良い音楽を流している、私は吸い込まれるようにその施設に入り、今日もまた諭吉を一枚寄付した。
 全く以て、『脱亜論』などと言うふざけた文章を書いた男の肖像を紙幣の図柄に使うなど、どういう了見なのか理解できない、諭吉など手元から消してしまうに限るのだ。

 家に帰ると夕食である。
 今日もまた小さな鮭が一切れ、そして味噌汁に納豆で米飯を掻き込む。
 このような純日本風の食事などしたくないのだが、妻に言わせればちょくちょく寄付をしてしまう私が悪いのだそうだ、それがいかに資本主義的な発想であるかを力説するが、妻はそっぽを向いて聞く耳を持たない、その上、日本に憧れる外国人を日本に招待するなどと言うふざけた番組を見ている始末、日本に憧れる外国人など居るはずがないではないか、不幸にも日本に生れついてしまった私は、毎日が苦しくて仕方がないと言うのに……アベが『美しい国』などとホザくようになってこの手の番組が増えているように思えてならない、そんな偏狭なナショナリズムなどこの世で最も不要なものの一つだと言うのに。

 夜、私がニュース○テーションを見ようとすると、妻がテレビにかじりついていてチャンネルを渡してくれない、サッカーワールドカップの最中なのだ。
 私にとって、『中』と『北』が出場していない大会など全く興味が持てない、その上、かろうじて出場していた『K』は予選リーグ敗退、アジアでは日本だけが決勝トーナメントに駒を進めたのだと言う、全く腹立たしいことだ、早く敗退して帰国すれば良いのだと思うが、アベがヤニ下がった顔で選手を讃えるシーンが頭に浮かぶと、いっそ帰ってこなければ良いのだとすら思う、大会が行われているのはロシアだから、『中』と『北』は国境を接している、いっそのことチームごと拉致を……。

 私の毎日はフラストレーションに満ち満ちている、それと言うのも全部アベのせいだ、ああ、それを思うとまたフラストレーションが……。
 やはりもうミサイルしかないのだろう……え? もし本当に飛んできたらお前の命もなくなるだって?
 そんな筈はない、何しろ私は9条を信奉しているのだ、「9条9条9条」とお題目のように唱え続けていれば決して被害は受けない、こんな簡単なことがなぜわからないのか……それというのもアベが悪い、そうに決まっている。
 そう考えながら眠りに付いた……今夜は革命の夢でも見られると良いのだが……。
[ 2018/07/01 11:29 ] [ 編集 ]
診断
精神鑑定を含む検査の結果「執着性安倍症候群」と思われます。時々居られるンですよ。数は少なくなりつつありますがね。
奇病といえば奇病ですが、原因は執着心の強さですから心の在り様ですわねえ。
ひょっとしたら気がつかない内に安倍さんを恋い慕って、見向きもされない事で逆恨み、と言うことも考えられます。一種のストーカー とも言えましょう。

あ、こういうのは御本人にはなかなか認めたくない事ですから否定されるのも理解出来ますよ。○チガイほど正常だと言い張るものです。
C半島に行かれたことは・・あ。ありますか。なるほど、ねえ・・・恨に取り憑かれたのかも知れませんね。
この手の除霊は難しそうですが、一度どこかの高僧にお願いしてみるのも、気晴らしには・・あ、もう行かれた?
戴いた「九条札」を体中に貼って、耳まで貼るんですよ!戸締まりしっかりしてね。

赤い旗をみると矢鱈に興奮しますか・・・。
貴方、単なる活動家でしょ。これ、保険は利きませんから実費を払ってお帰りください!
[ 2018/07/01 16:23 ] [ 編集 ]
こはる様
あの~、3つ目のコメに対して書かれているなら、勘違いです、これ、私STの創作でございますw
アベ憎しをこじらせるとこうなるのではないかと想像して書いたんですけど……。
[ 2018/07/01 16:46 ] [ 編集 ]
ST様
ST様ご創作の主人公がイロイロw体調悪くして、医師の診断。のつもりで遊んじゃいました。ゴメン。
[ 2018/07/01 16:55 ] [ 編集 ]
そちらも創作だったのですねw
[ 2018/07/01 17:04 ] [ 編集 ]
ST様
話は飛びますが、大輔君戻ってくるそうですね。
短期でしょうが、戻る以上はおもいっきり魅せる演技で有終の美を飾って欲しい、と個人的感想です。

[ 2018/07/01 17:38 ] [ 編集 ]
私はサッカーを知っていても勝ち点とか得失点差という言葉の意味はあまりよく知りませんでした。だからポーランド戦の最終時間帯の戦い方には、決勝T進出の為だと放送で聞いても違和感を感じてました。

しかし、本ブログ他、色々なテレビ報道で多少の知識を付けた今では、西野監督の采配を苦渋の選択とした上で、その時点で採りうるベストな戦術、且つ徹底されたものであったと感じています。

小西や金平ではないですが、私なりにこれを政治にこじつけると、「民主主義でいろんな意見があってもよいが、一般常識程度は物を知った上での意見でないと、国の行く末の足を引っ張るだけにしかならない」ということになります。

サッカー観戦の上でも管理人様には勉強させていただきました。
又、これからの日本代表選手達の活躍に期待しています。
[ 2018/07/01 19:19 ] [ 編集 ]
金平の思考はどう見ても朝鮮半島のそれそのものですね。

こんなクズを報道の頭の人間として祭っているTBSは本当に気持ちの悪い放送局です。こんなクズ人間に占拠されてしまったTBSに未来はないでしょう。

岸井同様とっとと消えて欲しいものです。
[ 2018/07/01 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: