FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  田母神氏を偏っていると批判したメディアは、前川助平も同様に批判すべきだ

田母神氏を偏っていると批判したメディアは、前川助平も同様に批判すべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 もう10年も前のことになるが、2008年11月2日、朝日新聞は「空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走」という社説を掲載した。批判の対象は、アパグループ主催の「真の近現代史観」懸賞論文で「日本は侵略国家であったのか」を応募した元航空幕僚長、田母神俊雄氏だ。社説はこういう文章から始まる。

 こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である。


 田母神論文事案は、左派系マスコミおよび言論人の猛烈な批判を浴び、その批判は田母神氏自身の人格否定にまで発展した。氏は「更迭」というかたちで地位を追われたのだが、この糾弾の背景には左派系マスコミのイデオロギーがあり、かつ、自衛隊は危険な存在であるという前提があったように思われる。

 田母神氏がそのくらい批判を浴びたのだから、左派系マスコミは、等しく批判しなければならない存在がもう一人いる。あの、前川助平である。文春の150分にわたるロングインタビュー「安保法制反対デモに参加した事務次官 前川喜平が語る「安倍政権下の“苦痛な仕事”」」に答える前川のことばに、こういうものがある。

――一市民という言葉が出ましたが、ツイッターに「右傾化を深く憂慮する一市民」という名前の@brahmslover(ブラームス・ラバー)というアカウントがあるんです。前川さんはクラシック音楽でブラームスがお好きと伺いましたが、これは前川さんのアカウントではないかという噂もあるんです。

前川 ああ、それ私ですよ(笑)。

前川助平


 ツイッターアカウント「@brahmslover」は、ツイートを非公開に設定している。プロフィールには「自由と平等と友愛を原理とする社会の実現を求めています」とあり、前からこのアカウントが前川のものではないかという噂が絶えなかった。今回、前川自身がそレを事実と認めたことになる。そのアカウントでどのようなことが呟かれているか。

  • 安倍自民党総裁は君が代斉唱で仕事始めだと。なんとグロテスクなんだ。
  • 日本国民は、なぜ安倍晋三のような人を総理大臣にしてしまったのか。悲しくてたまらない。
  • 教え子を再び戦場へ送るな」と言っていた日教組はどこへ行ってしまったのか?日本の教育が明らかに右傾化しつつあるのに。人権と平和が明らかに脅かされているのに。
  • 「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に推薦。OUVについて見ても保全措置について見ても到底イコモスの審査を通るとは思えない。愚行と言おうか蛮行と言おうか。

 このアカウントから発信されたツイートは数多あり、その他はnetgeek当たりを参照していただきたい。

 まあ、非公開のアカウントで何を発信しようと自由なのだが、田母神氏の論文が偏っているというなら、左派メディアは前川の偏りも批判すべきではないのか。特に、文科相の高級官僚が日教組の活動を煽るような発言をするのは、文科行政官としては著しく偏っており、特定の思想を文科行政に反映させようとした意図があったと「忖度」されても仕方あるまい。

 前川は既に官僚の職を去り、いまは自由人である。現時点で公的な仕事に就いていない人物を批判するのはやり過ぎという面もあるかもしれない。しかし、前述のツイートは、そのすべてが官僚時代のものだ。特に日教組のくだりは、文科行政を担当する高級官僚として、極めて不適切であると言わざるを得ない。

 朝日は、自社のイデオロギーに合わない田母神氏のような官僚を批判するが、田母神氏が偏っているというなら、前川の偏りも尋常ではない。こういう人物を持て囃すことは、メディアとしての堕落を象徴するようなものである。前川は、左派メディアが持ち上げるような「権力に抗う正義の味方」ではない。ただの助平で、偏った思想を持つパヨクである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/26 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(8)
立ち位置
「どうした? 何だか疲れてるみたいだな」
「聞いてくれるか? 実は今、デスクと話して来たんだよ」
「どんな話なんだ?」
「最近ウチは発行部数が減る一方だろ? 記事の偏りが一因じゃないかって言ってみたんだけどさ、『偏ってなどおらん』の一点張りで、いくら例を挙げてみても聴く耳持たないんだよ」
「ああ、それは立ち位置の問題だろうな」
「どういうことだ?」
「つまりさ、デスクの立ち位置は左端だからさ、いくら左寄りの記事でもそれ以上偏りようがないんだよ、だからデスクにとってそれは中立の記事なのさ」
[ 2018/06/26 07:45 ] [ 編集 ]
思い込みの激しいぱよちん
ぱよちんとは
「腹黒くて、胡散臭い」
「強圧的かつ事実を無視した批判ばかりで、うっとおしい」
「自分たちだけが絶対的正義と思い込んでいて傲慢」
「都合のいいルールを振りかざし、都合の悪いルールは無視」
「口だけ達者な連中で自分の非を認めない」
「身勝手で利己的だから、自分の自由のためなら他人の自由を平気で侵害する」
「現実を無視して嘘まみれのキレイごとばかり言う」
本来、自由主義を標榜するはずなのに、なぜか規制することに熱心であり、
「全体主義的で息苦しい社会」をつくり出そうと腐心している大マヌケどものこと。
[ 2018/06/26 09:32 ] [ 編集 ]
シェア・リブログさせていただきました
おはようございます!今日も拝読させていただきました。シェア・リブログさせていただきます。ありがとうございます。
[ 2018/06/26 10:25 ] [ 編集 ]
前川さんとは、ブラームス好きという点では、意見は一致しているのだが…個人的には、ジョンウィリアムズの曲も、いいなぁ~と思う。
https://www.youtube.com/watch?v=7M7Q7BXh_is
(天覧公演、ブラームス「交響曲第1番」、小澤征爾、)

ぽんこさんの親切心を見習い、一言だけ、言わせてもらうならば、前川さんは2014年2月5日のツィートで、

《百田尚樹も長谷川三千子も、あたまおかしい。》
http://netgeek.biz/archives/114818

と書き込んでいたようだが、これは明らかに名誉毀損と思われるから、謝罪のツィートをすべきではないだろうか。
[ 2018/06/26 18:55 ] [ 編集 ]
マスコミが一番の癌
まさに、朝日新聞を始めとする左翼反日マスコミがこの国を蝕む病巣なのです。

マスコミがこれほど反日だったとは。
今まで表面化することがなかったことが恐ろしいです。
知らないうちに、どれだけの人間が悪影響を受けたでしょうか。

ほんとに安倍政権になってよかったです。
反日左翼に取ってどれほど都合が悪いのかが如実に分かりました。
どんどん炙り出されてくる。
苦しくてじっとしていられないのでしょうね。

しかしながら、こんなにも日本のメディアの中枢にがん細胞が
蔓延っていたとは。由々しき問題です。
間違いなく中朝の意向に添った内容に、こっそり日本の史実を書き換えています。ぼ〜っとしている場合じゃないです。

断固闘わなければ。
[ 2018/06/26 19:07 ] [ 編集 ]
ンーーー イイと思う
反日メディアは騙し手口で表向きだけの中途半端な「中立」スタイルをとるより、現在の露骨な極左捏造社の方が、私達にとっては「良いゾ」と思って居ります。
一切彼らに期待せず、金輪際彼らは信用出来ない存在として、こちらも思いっきり批判出来ますから。

もう、アレラは日本国民にとって日本国内に於ける敵対する存在なのですよ。

彼らが前川助平を斬る時が来たら、ヒダリ巻きが細胞分裂をする時でしょう。
それまでは文科省内の情報おこぼれ入手ツール、或いは息が掛った者経由の新ネタ仕込み役として使えますから、「批判」なんぞ間違ってもしないでしょう。

国家の実質手足として防衛を担う現役将校が個人の権利行使で民間公募に国防自論で応じた事は、その内容では無く、私は今でも現役自衛隊の統率者としては更迭止む無しだと思いますが、
助平は民主党政権成立した直後の9月29日に発表した「国家公務員の天下りをなくす方針決定」に反した者であり、文科省官僚でありながら歌舞伎町の若い子ちゃん遊びに興じた、不埒不品行の公務員。
しかも座右の銘が「面従腹背」というのですから、陰日向ある姿勢の如何にも反日勢力の一員らしいではありませぬか。
コヤツを批判しないのは、判りやすくてむしろイイと思います。
[ 2018/06/27 00:35 ] [ 編集 ]
ブラームスはお好き?
前川助平がブラームス・ラバーですって?  フランソワーズ・サガンに「ブラームスはお好き?」という小説があありますが、フランス人でドイツ音楽の中でも渋いブラームスの音楽を愛する人はかなり教養のある部類です。前川は一応の学はあるけど、趣味はアレな人ですから。なお、同小説は「さよならをもう一度亅(Good-bye again)というタイトルで映画化されています。ブラームスの交響曲第三番の、甘く切ない寂寥感を誘う第三楽章が終始流れておりました。年上のイングリット・バーグマンを一途に思うアンソニー・パーキンスの姿が印象的でした。14歳年上のクララ・シューマンに憧れた若き日のブラームスを見るかのように。実際、ブラームスは恩人の未亡人の為に生涯を尽くした無法松のような男でした。

面従腹背、援交しながら反政府デモに参加し、ぬめぬめ軟体動物のごとき生き方をしてきた前川助平に、三大Bの音楽の倫理はどのように聴こえるのか、想像を絶するものがあります。かような小器用さとは最も遠いのがブラームスの音楽でありましょうに。

[ 2018/06/28 19:08 ] [ 編集 ]
多少は屈折した性格だったらしいブラームスですが、彼はベートーヴェンとビスマルクを尊敬する生粋のドイツ愛国者でした。

自国の総理大臣が新年のお仕事始めに国歌を歌う事さえも悪口の材料にする様な痴れ者に、ラブを告白されても、ブラームスは大いなる皮肉を投げつけるだけだと思いますね。

[ 2018/06/29 02:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: