私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の印刷部数減少で、印刷専門子会社がリストラ敢行

朝日新聞の印刷部数減少で、印刷専門子会社がリストラ敢行

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の年間平均部数は、朝刊が641万3千部、夕刊が202万6千部という。朝日新聞のサイトに出ている数字で、天下の大新聞なのである。国内に44総局229支局、海外では5総局31支局の拠点を有し、小型ジェット1機とヘリコプター5機を飛ばす大企業だ。グループ会社も、本業のメディアから文化事業、広告会社、印刷会社、はたまた旅行会社から不動産まで、多岐にわたる。

 その朝日グループ会社の朝日プリンテックは、朝日新聞100%出資の新聞印刷会社だ。だが、この直営の子会社が、いま苦境に立たされている。

 朝日新聞が100%出資する新聞印刷会社、朝日プリンテックが、朝日新聞の部数が減り続けているため、生産体制を再編することがわかりました。2019年3月下旬に、世田谷生産技術実験所を閉鎖し、名古屋工場と境工場の輪転機を、それぞれ1セット停止するとのことです。朝日プリンテックにとっては、大きな痛手となっている模様です。


 ネタ元は経済評論家の上念司氏が入手した内部情報だ。22日の虎ノ門ニュースで披露された。

 朝日プリンテックは朝日新聞社の100%子会社であり、朝日新聞の印刷を一手に引き受けているはずだ。新聞業界には悪しき「押し紙制度」というものが存在する。表向きには、書籍における乱丁・落丁と同様の問題が発生する可能性があるため、部数に余裕を持たせる仕組みとされるが、実質的には販売店に買い取りを押し付けるノルマであり、単なる下請けいじめに過ぎない。ただし、この押し紙の影響を受けるのは新聞販売店であって、上流に位置する印刷会社は、オーダーがあるだけ印刷する。要するに、販売店に押し付けても余ってしまうほど新聞が売れなくなり、印刷部数をコントロールせざるを得なくなっているということだろう。

上念司
上念氏のこの表情のワケを知りたい方は動画をwww


 これは朝日新聞だけの問題ではなく、新聞業界、ひいては印刷物全般における問題だろう。新聞は多くて1日に2回の報道機会があるが、テレビには即時性があり、ネットはテレビの取り上げないニュースネタを一気に拡散する力を持っている。ネットに比べ、一次情報を得る立場にある新聞記者が取材するニュースには信憑性があると言われるが、その新聞記者および新聞社が事実を曲げたり、印象操作をふんだんに盛り込んだ記事を配信すれば、たちどころにネットのツッコミが入り、メディアとしての信頼性を落とす。新聞は、総論でいえば、もう古いメディアなのだ。

 朝日新聞社は、前述の通り、多くの子会社を持つ一大グループ企業だ。新聞の売り上げが減っても、不動産等の収益で食っていける企業とも言われる。だが、グループの根幹はあくまで新聞であり、その屋台骨を揺らす効果は、グループ全体に波及するだろう。朝日系の不動産が残ったって、一向にかまわない。だが、朝日新聞というメディアが日本からなくなることは、国益に大きく寄与する。朝日プリンテックの社員の方々には申し訳ないが、就職先を間違ったと思っていただく以外、ない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/24 07:27 ] メディア | TB(0) | CM(7)
>朝日プリンテックの社員の方々には申し訳ないが、就職先を間違ったと思っていただく以外、ない。

斜陽化する産業か否か見極めることが出来なかった自己責任ですよね
[ 2018/06/24 08:49 ] [ 編集 ]
「この会社やばいらしいぜ」
「何言ってんだ、天下のアサヒ系列だぜ、そんな事があるはずないだろう?」
「ホントだってば」
「誰がそんなこと言ってるんだ?」
「ウチの親会社の新聞で読んだんだ、間違いないよ」
「ウチの新聞に? ああ、だったら嘘だよ……」
[ 2018/06/24 09:23 ] [ 編集 ]
各地方行政体が故意に又は過失に「各日本国民が納付した国税、地方税等を韓国式無駄遣いして」各新聞を購読することをやめない限り、各新聞は、廃刊しないです。
各地方行政体が故意に又は過失に「各日本国民が納付した国税、地方税等を韓国式無駄遣いして」各新聞を購読することをやめない限り、各新聞は、廃刊しないです。
-----

各地方行政体が故意に又は過失に「各日本国民が納付した国税、地方税等を韓国式無駄遣いして」各新聞を購読することをやめない限り、各新聞は、廃刊しないです。

なぜならば、各新聞は、各地方行政体が故意に又は過失に「各日本国民が納付した国税、地方税等を韓国式無駄遣いして」各新聞を購読するという韓国式需要がありますからね。言い換えれば、各地方行政体は、故意に又は過失に、各新聞社へ「各日本国民が納付した国税、地方税等を韓国式横流してくれる」のですからね。

それゆえ、各日本国民は、各地方行政体に対し、故意に又は過失に各新聞を購読することをやめるよう、要求しなければなりません。
[ 2018/06/24 10:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/06/24 10:42 ] [ 編集 ]
人類を破滅に導く悪魔とは
私は、先の大戦のようなことは、二度とあってはならないことだと強く思っております。だから、あの戦争がどうなって起こったのか、どうしてさっさとやめられなかったのかを、自分なりに調べてきました。

正直、個々のできごとの評価どころか、それ自体があったのかどうかの真偽すら確定しないことが少なからずあり、まだよくわかりません。
しかし、調べて行けばいくほど、日本人が時代に翻弄された結果、あのようなことになってしまったという思いを強くします。

こんなことは何も調べなくても言えてしまうほど当たり前のことなのですが、それは左右上下の考え方や立場を問わず、認めうるということではないかと思います。

つまり、あのようなことを二度と繰り返さないためには、人々が時代に翻弄されないことが必要条件だということは、誰もが同意できると思うのです。

逆に言えば、人々を翻弄する行為は、人々を破滅に導く可能性を持つ罪深い行為と言えると思います。

報道機関が、事実に基づかない虚偽を報道する行為は、まさに人々を翻弄し破滅に導く行為と言えます。

もちろん主張は主張で自由にできるべきだと思います。
しかし、事実を棚上げした主張を吹聴することは、人々を破滅に導く行為であることを、報道機関は理解しているか。そして自らに厳しいモラルを課し、それを侵した際には自らを強く罰する覚悟はあるか。

あるなら、朝日新聞はこれまで自らが犯した数々のねつ造報道を振り返ったとき、企業存続の道を選ぶ選択肢は果してありうるのだろうか。
[ 2018/06/24 13:49 ] [ 編集 ]
運命
反日悪霊に取り憑かれ身を任せた社の、当然の運命を辿っておるものと思われます。

グループ会社を持つ企業は取り敢ずグループ内での人員異動で賄えるでしょうから、その暫定時間の内に賢い選択をされることをお勧めしたいわ。

上念氏の○魔の笑顔は、動画を拝見する前にものすご~く理解出来そうw
[ 2018/06/24 21:45 ] [ 編集 ]
朝日の滅亡時計前進
朝日新聞の滅亡時計がさらに一段と進んだようで、まずはご同慶の至りです。まずは1992年に廃刊された「朝日ジャーナル」2008年に廃刊に追い込まれた「論座」と朝日新聞の論調を代表する週刊誌、月刊誌の後を追って、新聞紙の方も早く冥土の旅の一里塚を歩みますように。

思えば、「右手にジャーナル、左手にマガジン」と、朝日ジャーナルがマンガ雑誌と共に、ファッショナブル化されて全共闘世代の熱烈な支持を受けたのが朝日新聞の黄金時代でした。ベトナム戦争終結後の世界の変化に、朝日新聞がまったく付いて来れなかったことの証左でもあります。今や、朝日の刊行物が左右を問わず、ファッショナブルに思われるなんてことはあり得ない情景でしょう。ただただ、ダサくて、格好悪いよお。守旧メディアの右代表以外の、何ものでもありません。

[ 2018/06/24 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: