FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  サッカー、地震までも安倍政権批判に利用するパヨクの無節操

サッカー、地震までも安倍政権批判に利用するパヨクの無節操

← 応援クリック、ありがとうございます。

 元民進党の小西洋之が、またまた大炎上だ。炎上の原因はこのツイートである。



 「安倍政権批判のためなら何でも利用する」という手法の典型だろう。反則は悪だと前置きをしつつ、「チームを救うためのレッドカード」、「我が身を捨てた執念の行為」と、あのコロンビアのディフェンダーの行為を礼賛している。その礼賛の対極に、野党の審議妨害や法案採決の際の実力行動を位置づけ、悪者は安倍政権だと位置づける魂胆だ。このツイートが炎上し、拡散されたことを受け、小西は「法論理ですらない憲法破壊の戦争で自衛隊員らが戦死するのを阻止すべく必死の毎日で、議員として気が休まる時はありません」とツイートしたが、「じゃあなんで18連休もとったんです?」と反撃されていた。言行不一致が彼らの特徴なのだ。

 小西は、サッカーワールドカップを政権批判の材料として使った。かたや報道ステーションは、大阪の地震を政権批判に使っている。まずは富川アナだ。アンカーの富川アナは現地大阪に取材に入り、番組でレポートしたのだが、その報道姿勢が酷い。地震で崩れたブロック塀の下敷きになって女児が亡くなった事件を報道する際、同級生の小学生に「友達が亡くなってどういう気持ち?」などとインタビューを行う始末。

 政権批判なら、解説の後藤謙次も負けていない。後藤は、地震発生の当日に参議院で決算委員会が開かれていたことを引き合いに、「被害が拡大しているときに政府がどうするのか。そこに思いが至っていない」と批判を繰り広げた。更に、民主党の菅政権はもっとマシな対応をしたと、安倍政権をこき下ろしている。

報ステ 後藤謙次


 富川アナの報道ぶりについては、内容よりも報道倫理の問題だろう。友達を亡くした小学生も、また被災者の一人である。大人でも動揺するこの事態だが、児童を引っ張り出して喋らせるのは、報道の名の下で許されると勘違いしているらしい。

 そして後藤の方だが、結論から言えば、後藤が言っていることは出鱈目だ。官邸は、地震が起きた2分後の08:00に官邸対策室を設置し、その3分後の同3分に総理が「被害状況の把握」、「被災者の救命・救助等の災害応急対策への取り組み」、「国民への適時的確な情報提供」という3つの指示を出し、同32分には官房長官記者会見、同57分には総理会見と、迅速に動いた。

 報道ステーションはテレビ朝日の報道部門の看板番組だが、その偏向ぶりでは悪名高い。何でもよいから材料を寄せ集め、安倍政権批判に使うのは、この番組だけではないが、その手の番組の代表格と言ってよい。こういう報道番組に共通しているのは、事実報道ではなく、予め「安倍批判ありき」という筋書きでニュースが選ばれ、作られ、解説されていくということである。視聴者は、この「安倍批判ありき」という前提のもとで作られる番組を見て、誘導され、洗脳されていくのだ。これは、戦後、GHQが、日本人に贖罪意識を植え付けるために作って放送させた「眞相はかうだ」の手法と酷似している。

 第四の権力と称されるマスコミは、いまやネット民の監視対象となっている。テレ朝はその辺の自覚がないのだろうか。まだ偏向で押し切れると思っているのか。いずれにせよ、彼らが意図的な報道をすればするほど、ネットには検証記事が増殖していく。偏向は、既存メディアにとって自殺行為なのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/21 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(12)
フェアプレーこそ、勝因につながるのではないだろうか。
>反則は悪だと前置きをしつつ、「チームを救うためのレッドカード」、「我が身を捨てた執念の行為」と、あのコロンビアのディフェンダーの行為を礼賛している。

…安倍総理はツイッターで、「やったー!チームプレーの大勝利。感動をありがとう!」とコメントした。
https://www.sankei.com/politics/news/180619/plt1806190048-n1.html

日本の勝ち、もしくはコロンビアの負け。その勝因というか敗因は、まさに、チームプレーの意識の差ではないだろうか。

試合開始早々にレッドカードで退場となり、11対10になった。反則のあの場面、そのまま日本のシュートが決まったとしても、11対11のままでハメス選手を投入すれば、あと2点、コロンビアが取るチャンスもあったかと。

サッカーは個人プレーも大事だが、チームプレーも大事だ。一人欠けた状態で善戦し、日本から1点取ったコロンビアは、かなり強い。

にもかかわらず、日本にコロンビアが負けたのは、レッドカードの反則こそ敗因のひとつだ。

序盤の失点は大きな損失であるが、それ以上にプレイヤーが一人欠けた状態で90分闘うほうが、厳しいものがあると思う。フェアプレーこそ、勝因につながるのではないだろうか。
[ 2018/06/21 08:06 ] [ 編集 ]
今日のお料理
「今日のお料理の時間がやってまいりました、この番組は野党連合会の提供でお送りいたします。 先生、今日のお料理は何でしょうか」
「はい、今日は辛い味付けのうどんを作って行きたいと思います」
「と、仰いますと?」
「日本の伝統食であるうどん、これを、中国風かつ朝鮮風の辛いスープで頂きます」
「はぁ、グローバル時代にふさわしいお料理ですね」
「はい、日本と韓国の合体、これは今の政府与党には到底発想できない、インターナシオナルな多様性を表現したお料理です」
「では材料のご紹介をお願いいたします」
「当然のことながらうどんですね、今日は乾うどんを使って行きたいと思います」
「打ちたてではないのですね」
「はい、一旦干して乾燥させることによってうまみを引き出す、中国料理の手法に倣っています、アベ政権にはこの発想はないでしょうね」
「ずいぶんと細いうどんですね」
「はい、これをぽっきりと二つに折って行きます」
「先生、短すぎて食べ難くはなりませんか?」
「それは箸にこだわるからでしょう、いっそのこと更に二つ折に、もう一度二つ折に」
「ずいぶんと短くなりました」
「これをスプーンで食べる、それがグローバリズムです、うどんだからと箸にこだわるのは排他的国粋主義です、ひいては独裁に通じます、アベ政権のようにね」
「はぁ、ナルホド」
「更にもう一回二つ折に……」
「先生、先生、もう短すぎて折れませんよ」
「はぁはぁ……私としたことが夢中になってしまいました、アベ政権もこの位短くなると良いと思ったら、つい粉々にしたくなりました……では、こちらを大鍋に入れて茹でて行きます」
「先生、短すぎておうどんを茹でてるようではありませんね」
「それで良いんです。日本の食材だからと言ってそれらしく調理する必要などないのです、伝統は一端解体して再構築しなければなりません、そもそも国家などと言うものは……」
「先生、お出汁の鍋も煮え立っていますけど」
「ああ、そうでした、お料理番組でしたね……どうも十八日ぶりなものでつい……」
「お出汁は何で?」
「はい、中国産の干しホタテで取っていきましょう」
「味付けの方は?」
「辛味うどんですから当然キムチの汁を使います、それにコチジャン、雲南唐辛子、花椒粉もふんだんに使いましょうね」
「確かに辛そうですね……目に沁みて来ました」
「これ位の辛味で音を上げるようでは来るべきグローバル社会を生き抜けませんよ、それと、もう一つ、味の決め手になるものがあります」
「それはなんでしょう?」
「毛沢東語録と朝鮮労働党規約です」
「え? 本を入れちゃうんですか?」
「そんな畏れ多い事を……鍋に向って唱えるのです……そして仕上げに」
「仕上げに?」
「恨っ!!……これでOKです」
「先生、うどんの方も茹ってきたようですが」
「はい、ではザルにあけて良く湯切りをしましょう、アソウ副総裁は官僚を切りませんでしたけどね……半分をラーメンどんぶりに盛り付けて……ではこちらに出汁をかけて行きます」
「わぁ、真っ赤ですね」
「はい、赤こそ至高の色ですからね」
「これで完成ですか?」
「いいえ、トッピングとして韓国産のワカメを乗せます」
「大腸菌は……」
「なぁに、却って耐性がつきます、それともう一つ、こちらは日本の食材をトッピングします」
「それは何でしょう?」
「九条葱です、九条は絶対に切ってはいけません、そのままの形で一本丸ごと乗せていきます」
「先生、もう半分の麺は」
「こちらは水で冷やしてから良く水気を切って更によそいます、そして小さな器によそった先ほどの出し汁を添えて……はい、辛味うどんのモリとカケの完成です」
「では早速試食して行きたいと思います……うっ、先生、これは辛すぎて食べられません」
「なんですか、これしきでへこたれて、私を責めんといてくださいね……うっ……」
「ほら、先生も……」
「ちょっとむせただけです、アベ総理の答弁を思い出してしまったものですから」
「せ、先生……お腹が……」
「どうしました? お腹が下るなんてアベ総理のよう……うっ……」
「先生も?」
「そ、そんな事は断じて……うぷっ……」
「こ、これで今日のお料理を終わります、お見苦しい場面をお見せしない内に……うぷっ」
「く……くそっ、この私が韓国産の海産物に当たるとは……うう……これと言うのもアベのせいだ……」
[ 2018/06/21 09:04 ] [ 編集 ]
panikku
あのハンドが小西の言う「我が身を捨てた執念の行為」とは見えませんけどね。
仮にそうだとしても、ペナルティエリアで違反行為をしたらどうなるかは分って居る筈で、プロなのに思わずしてしまった愚行だと思います。

日本、善く戦いました。走り抜きました。個人的には元鹿島勢の活躍が嬉しかったです。柴崎選手、昌子選手、大迫選手、そして全選手に大型花丸を贈呈致したい。
日本サポーターの試合後恒例のお掃除は、コロンビアサポーターにも広がったとか。

ですが、W杯が何で日本の政治に繋がるの? と言っても、相手がアレでは何でも繋げるのでしょうね。収監が必要なお病気なんじゃないの?と感じる議員です。
あ、その人、身体を張って亡命するのじゃなかったか?w

もう随分前ですが、事件の犠牲になった方のご家族にマイクを向けて「今のお気持ちは?」と質問するバカが、質問された方の傍から「そんな事を聴かなけりゃわからんか!」と怒鳴られていた映像がありました。それがまともな人間の反応です。

日頃はエラソウに人権だの人間性だの、高みから発する者達の化けの皮を剥いだらこの程度の、全ては他人事。
それを顔を出して子供に聴くのであれば、自分のして居る事の非情さ、卑情さが分って居ないのでしょうね。この手を「人非人」というのではあるまいか。

後藤某、記憶が随分歪んでいるのでしょうか。7年前はそんなに記憶を薄れさせる時間でもなく、為された一連の菅内閣の対応の酷さは、起こった大災害の記憶と共に忘れられないモノだと思いますが、都合良く上書きされたのでしょうか。
現在の安倍政府と比べるも烏滸がましい最悪例でしょうが!!!!!

朝日新聞とTV朝日は、多分このまま虚報を出しながら潰走を続けるのだろうと思います。
開高健氏のデビュー作に「パニック」というのがありますが、小さな新聞記事から発想したものだそうで、ネズミが笹の実を食べ尽くしながら大集団になって止る事なく最期は集団のまま次から次と湖に身を投げてしまう、という内容。
朝日もネズミと同じで、もうとどまれないのでしょう。


[ 2018/06/21 10:00 ] [ 編集 ]
「パニック」
あのハンドが小西の言う「我が身を捨てた執念の行為」とは見えませんけどね。
仮に、そうだとしても、ペナルティエリアで違反行為をしたらどうなるかは分って居る筈で、プロなのに思わずしてしまった愚行だと思います。

日本、善く戦いました。走り抜きました。個人的には元鹿島勢の活躍が嬉しかったです。柴崎選手、昌子選手、大迫選手、皆さん大型花丸を贈呈致したい。
日本サポーターの試合後恒例のお掃除は、コロンビアサポーターにも広がったとか。

ですが、W杯が何で日本の政治に繋がるの? と言っても、相手がアレでは何でも繋げるのでしょうね。収監が必要なお病気なんじゃないの?と感じる議員です。
あ、その人、身体を張って亡命するのじゃなかったか?w

もう随分前ですが、事件の犠牲になった方のご家族にマイクを向けて「今のお気持ちは?」と質問するバカが、質問された方の傍から「そんな事を聴かなけりゃわからんか!」と怒鳴られていた映像がありました。それがまともな人間の反応です。

日頃はエラソウに人権だの人間性だの、高みから発する者達の化けの皮を剥いだらこの程度の、全ては他人事。
それを顔を出して子供に聴くのであれば、自分のして居る事の非情さ、卑情さが分って居ないのでしょうね。この手を「人非人」というのであろうと思います。

後藤某、記憶が随分歪んでいるのでしょうか。7年前はそんなに記憶を薄れさせる時間でもなく、為された一連の菅内閣の対応の酷さは、起こった大災害の記憶と共に忘れられないモノだと思いますが、都合良く上書きされたのでしょうか。
現在の安倍政府と比べるも烏滸がましい最悪例でしょうが!!!!!

朝日新聞とTV朝日は、多分このまま虚報を出しながら潰走を続けるのだろうと思います。
開高健氏のデビュー作に「パニック」というのがありますが、小さな新聞記事から発想したものだそうで、ネズミが笹の実を食べ尽くしながら大集団になって止る事なく最期は集団のまま次から次と湖に身を投げてしまう、という内容。
朝日もネズミと同じで、もうとどまれないのでしょう。


[ 2018/06/21 10:01 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/06/21 10:11 ] [ 編集 ]
ダブっちゃった
重複送信してしまったコメントで、先の方は消去したものとご想像願います。


ST様 大ヒットです!
ネタをいっぱいサラリと盛り込んでおまけに九条葱とは、おそれ入谷の鬼子母神w
[ 2018/06/21 12:16 ] [ 編集 ]
今も変わらぬコミンテルン
小西の思想、信条。
野党の審議妨害や法案採決の際の実力行動は絶対悪だが善を成す為、必用な行為。
本来は善で法を守り粛々と国会を運営する自民党、安倍政権が成そうとしている事は、我々、共産主義者の価値感と相容れない行為で、倒すべき対象で悪だと捉えて居る
善悪の逆転

例え反則行為で有っても善を成す為に悪を行う、事は許される
共産主義者に依る戦前からつづく数々の事件も此の思想の元、成された行為です

小西の此の発言は共産主義者、左翼思想の原点だと言えるでしょう。
共産主義=善
革命=善
善を成す為なら何をやっても許される、山岳ベース事件諸々
革命を成し遂げる為なら何をしても許される=人民裁判、強制収容所、大量粛清。

共産主義者は今も変わらず、悪を善だと捉える価値観の相容れない連中、エイリアン
正確に云えば小西の場合、民主系の場合は北朝鮮的な社会主義か。
北朝鮮、支那では一発アウトのレッドカードで、此の世からの退場、処刑。
[ 2018/06/21 14:51 ] [ 編集 ]
こはる様
過分なる御言葉、いたみいりやす<m(__)m>
それにしても「おそれ入谷の鬼子母神」とは、こはる様もお古……いや、生粋の日本人でございやすな。
[ 2018/06/21 15:31 ] [ 編集 ]
さうよ~w。 
もうじき私、妖怪に昇進出来そうな気がしていますのじゃ。
[ 2018/06/21 20:48 ] [ 編集 ]
消滅の日は近づいた
小西がいるかぎり、あの勢力が支持を集めることはありません。小西がんばれ。その調子だ。
[ 2018/06/21 23:09 ] [ 編集 ]
民辛ゴキブリ文学?
こ奴のツイート、真面目に読んだら意味が解りません。 ロシアW杯に国会議員が
登場するのですから。
低能な国賊議員のパフォーマンスじゃ、とソンタクを利かせれば理解できますが。

自称「効果的」なメタフォールを効かせた「詩」のつもりかもしれんけど・・・
アル中留・乱亡として「ゴキブリの季節」とか出版するんじゃろうか?


こはる様
妖怪に昇格なされるなら、雪おんな様をお薦めいたしまする。
貴女のふるさとを偲ばせますし、憂いを含んだ立ち居振る舞いに少し冷たい心根を
感じさせる怪しさに多くの旦那さまがホの字となりますが、一緒にお風呂に入った
とたんに儚く消えてしまう哀切が強烈な余韻を残すのではないでしょうか・・・
[ 2018/06/22 07:25 ] [ 編集 ]
軍曹殿
子供の頃は実際憧れたんですけどね、美人そうだしw、だけど雪女って冬場しか登場できないじゃあありませんか。
厳寒酷暑はお休みしたいわ。
吹雪の中で一人でカモを捕まえるのは大儀だワイ。ご一緒しますw?

漫画で「酸漿の冷徹」というのがあるのですが、地獄が仕事場なのね、で、かわゆいワンコや兎や狐も居て楽しそうなの。
軍曹殿お馴染みの脱衣婆もいるけど、ひどくブスで小汚いからアレはダメ。
轆轤首は遊びすぎると自分の首で蝶結びしそうだし・・・結構妖怪も職業選択が難しいワイ。

で、アホの詩集を誰が読む?自費出版で配られても迷惑なだけでしょ。
破ってもティッシュペーパーにも使えない。
ランボーさんに商標登録お勧めして置きましょう。
[ 2018/06/22 11:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: