FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  河野洋平、「国交正常化を先行して拉致を解決」という不見識

河野洋平、「国交正常化を先行して拉致を解決」という不見識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 12日に行われたトランプ大統領と金正恩の米朝首脳会談に関しては、メディアを通じて様々な見解が伝わってくる。もちろん、前向きに評価する意見もあれば、真っ向から否定する向きもある。北を取り囲む東アジア情勢の当事者でありながら、会談の当事者ではない日本にとっては、伝わってくる情報をもとに判断するしかないのだが、今のところ、保守派の間でも辛口な評価が多いように思われる。

 一方、このような大きな出来事が起こった後に出て来るリアクションで、その人物の思想や反日ぶりが透けて見えてくることも事実だ。最も分かり易いのは有田芳生で、北への監視体制を変えないと述べた小野寺防衛相を引き合いに、「国際感覚がない防衛相だ。外交とは相手があることだとわからないのか。日朝首脳会談の可能性を足元から崩していく愚行に気づかないのだろう。」とツイートした。有田のいう国際感覚とは何を指すのか不明だが、要するに相手の立場を慮って譲歩するという、旧来の土下座外交と似たものをベースにする判断基準だろう。

 日本の拉致被害者を返さず、米国の拉致被害者を早々に返したのは何故か。国際感覚をあてにせずとも、常識で考えれば明白だ。それは、米国と違い、日本には行使できる軍事力がないからに他ならない。北朝鮮がなぜ米朝会談を切望したかを、まさか有田は理解できないわけではあるまい。それは、米国の「力」が脅威だったからだ。日本は北に対して直接的な軍事行動を示唆しているわけではなく、警戒を続けると言っているだけだ。これに敏感に反応する有田こそ、平壌の在日広報部隊と認定して差し支えないだろう。

 もうひとつのサンプルが河野洋平である。息子が外交で頑張っているこの時期に、親がしゃしゃり出てきて息子の足を引っ張るのは如何なものかと思うが、河野洋平のコメントをNHKが記事にしている。

「拉致解決は まず国交正常化して」河野元衆院議長 (NHK)

河野洋平元衆議院議長は東京都内で講演し、北朝鮮による拉致問題について、国交正常化を先行したうえで解決に取り組むべきだという認識を示しました。

この中で河野元衆議院議長は、米朝首脳会談について「話し合いが行われたことで平和が近づいてきたと感じた。意味はあったし、大変なことだった」と評価しました。

河野洋平


一方で、日本の対北朝鮮外交について「今、日本がやらなければならないことは、朝鮮半島の植民地化について申し訳なかったとおわびをすることだ。韓国に対してはおわびして経済援助などを行ったが、北朝鮮とはまだ国交もなく、できずにいる。韓国と同じくらいは北朝鮮にもしないといけない」と指摘しました。

そのうえで「拉致問題という大変難しい深刻な問題があるが、国交も正常化されず、植民地問題も処理できてない国に対して、ただ『返せ、返せ』とだけ言っても解決しない。国と国との関係を正して返してもらう手順を踏まざるをえないのではないか」と述べ、国交正常化を先行したうえで拉致問題の解決に取り組むべきだという認識を示しました。


 今月5日に田嶋陽子の発言を取り上げたが、河野洋平の「北と国交正常化を先行したうえで拉致問題解決に取り組むべき」というのは、田嶋の意見と完全に符合する。そして、「国交も正常化されず、植民地問題も処理できてない国に対して、ただ『返せ、返せ』とだけ言っても解決しない」という意見は、辻元清美の「北朝鮮には(戦後)補償を何もしていないのだから、そのことをセットにせず『9人、10人返せ』ばかり言ってもフェアじゃない」という見解と瓜二つだ。河野の意見は、戦後サヨクの中で最も左側にポジションを置くこの2名と、ほぼ同じなのだ。

 単純な話だ。日本人を勝手に拉致し、その被害者を返さない国と、国交正常化などできるわけがないのだ。北朝鮮の国家ぐるみの犯罪はいまだ進行形であり、その犯罪に情状酌量の余地など無い。トランプは日韓が北朝鮮を経済支援すればよいというが、拉致事件の解決なしに経済援助などをすれば、安倍政権でなくても政権は吹っ飛ぶ。まして、国交正常化など、世論が許さない。河野は、「国と国との関係を正して返してもらう」というが、拉致自体が国家間関係を破壊する行為なのだ。

 今後、こういうスリーパーセルもどき(またはそのもの)が地上に顔を出し、北朝鮮の立場を代弁する機会が増えるだろう。北朝鮮シンパの棚卸の開始である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/14 07:10 ] 外交 | TB(1) | CM(9)
子不孝な父
ヨシフ有田も日毎に売国奴色を増している様で、あの病的なうらなり顔も紅を差し過ぎて健康色にならないのが変。

しかし相変わらずのバカですね。危ない「相手」だから監視対象にするのでしょうが。外交で無くても「相手」は何時でも何処でも居るのが世界です。
国際外交にあっけらかんと信じる方が能なしで、相手国から侮られ、国の政権として危なくてしようが無い。
信じても居ないけれど、あっけらかんだけだった政権も過去に3年3ヶ月あって、日本はエライ目に遭いました。

そのヨシフの言は自民党の福田康夫が首相当時言った言葉を思い出させます。
「相手の嫌がることはしない」と何処の国へも丁稚の如き態度。単に相手にモノ申す気力と才覚が無かっただけでした。


河野パパは、完全に取り込まれて居るんでしょうね。アチラに。人として恥だわ。
検証されて自分の「官房長官談話」が否定されている慰安婦問題に就いて、先ずは日本国民へ謝罪し、世界に自己の罪を明らかにし懺悔すべき人物ですのに、亦余計な罪を重ねるとは、余りに無思慮な国賊言動です。
今回は拉致被害者という同胞の命に関わる事ですから、他国の嘘つき婆迎合より遙かに罪深い。

パパのおかげで、息子が懸命に改心したかのように働いても、この父の子だから全面的には安心出来ない、と私なんぞは用心が溶けません。
子不孝な父親であることを、少しは自覚されたが良いと思います。臓器を貰った恩もあるでしょうに(と、これは他人の余計な感情です)。

北朝鮮への「賠償金」は65年の日韓基本条約で南鮮に一括して渡してある、というお話しをよく聞くのですが、それが本当かどうかが分かりません。真実であれば、北は南から貰えば良し。日本は二重支払いの義理は無い。

産経に、日本統治時代どれだけのインフラ投資をしてきたかが連載でありました。
な~~~ンにも無かった土地に日本は官民で、それも日本本土よりも最新式の物を造り、それを全て置いて撤退したのですから、今更請求されるなら、ひっくるめて清算したら良いと思います。

北朝鮮の完全非核化の費用は、北が自分の身の始末をする事ですから自国で賄うべき事でしょう。自分が壊した家を建て直すのに近隣家がお金を出す事など、世間一般にあり得ません。
世界に迷惑な事をして、それを処理するから見返りを呉れ、となるのが基本的におかしいのです。
盗人に追銭は再犯の元になります。

特に、日本は主権を侵されて入り込まれ、国民を多数攫われ未だ拘留されているのですから、被害者のためにこちらから請求する「賠償金」があって当然です。
検証に入るIAEAの費用であれば、多少の分担金は請求されるとしても、北直接の支援など、金輪際関わるまい!
[ 2018/06/14 08:50 ] [ 編集 ]
全く同感です。
折角、息子が頑張って馬鹿な親の尻ぬぐい
して汚名返上してるのに、何言ってんだか
。もうこの親父とは親子の縁を切った方が
よろしいかと思う。
[ 2018/06/14 18:23 ] [ 編集 ]
できれば、日本、アメリカ、イギリス、EU、ロシア、中国で、六か国協議を定期的に開催し、安全保障について話し合う必要があるかと。
米朝首脳会談、日本人として、トランプ大統領に深く感謝したい。

拉致問題の大きな進展は、期待できると思う。米朝の核廃棄に向けたロードマップは、ボルトン大統領補佐官の厳しいチェックがあれば、アメリカの国益を大きく損なうことにはならないだろう。

個人的には、米朝首脳会談について、ロシアのプーチン大統領の見解を知りたいところであるが、ロシアでは六か国協議を復活する動きもあるようだ。日本としても、ロシアとは平和条約を締結する必要があるため、外交の機会は多いほうが良いだろう。
https://www.sankei.com/world/news/180612/wor1806120149-n1.html

北方領土問題は、時間が惜しい。安倍総理とプーチン大統領で、領域を決めてほしいと思う。日本としては、四島返還こそ国民の願いであるが、勝ち負けのある戦争ではなく、お互いに歩み寄るべき外交で解決をするならば、「引き分け」で良いのではないだろうか。
[ 2018/06/14 18:29 ] [ 編集 ]
北朝鮮保有の日本国内協力者リスト
北朝鮮は、日本国内の協力者(工作員)のリストを保有しており、リスト公表されたくなければ全力で工作活動しろ!とはっぱをかけているとか・・・

有田議員といい、河野洋平氏といい、彼らの発言や行動を見ていると
「はーい、私は北朝鮮の協力者です」と自白しているようにしか見えませんね。

このリストを公表したら、その上で拉致被害者を全員即時解放すれば
少しくらいの援助はしてあげてもいいとさえ思います。

それで反日工作員を一掃できるなら。(日本正常化のコストとして)
[ 2018/06/14 23:44 ] [ 編集 ]
古い人は目の前の景色が理解できないのです。古いというのは年齢に関係ないです。河野洋平さんは意識も年齢も古いです。
米朝トップ会談の評価は、これからも持続的に二国間で交渉ができるということで、北朝鮮側の成果がまさったように思うが、トランプ大統領が安倍首相との約束通りに拉致問題を取り上げてくれたことが大きい。拉致は国家的犯罪であって、その解決と北の贖罪があって初めて日朝の新しい関係が生まれる。今後は単なる圧力だけではなく、日本の経済力と支援の姿をちらつかせて、日本と北の首脳会議の方向へと向かうのがベストだろう。拉致被害者の解放、朝鮮半島核廃絶化の条約締結、日朝平和条約締結、日朝国交回復、経済協力の協定締結・・・・アメリカを引き込んでこの順番でことを運べば、安倍政権の支持はうなぎのぼりに駆け上がるに違いない。拉致問題は安倍政権のお荷物になりかねなかったが、米朝会談を軸に拉致問題が解決の方向に進めば政局は安定を取り戻すだろうからここが頑張りどころ。
[ 2018/06/15 00:15 ] [ 編集 ]
 ↑
ご高説の前にワシと管理人さまの質問に答えてくださりませ!
[ 2018/06/15 00:19 ] [ 編集 ]
おためごかしが、また今日も。
ぽんこさん

<拉致問題は安倍政権のお荷物になりかねなかった>
ぽんこさんが隠そうとしても隠せないいやらしい棘ですね。

拉致問題と安倍晋三氏の歴史を少しでも知れば、そんな言葉は冗談でも出ませんよ。

福田政権なら「拉致問題は国交正常化の邪魔」「荷物」と言って憚らないスタッフが多かったそうですが。
[ 2018/06/15 00:36 ] [ 編集 ]
>[ 2018/06/15 00:15 ] ぽんこ [ 編集 ]
>日本の経済力と支援の姿をちらつかせて
何だ、河野洋平と大差ない事書いてるな~
相手は食い逃げの常習犯で日本から送金された金で核とミサイルを作ったならず者なんですが
其の援助で更なる狂暴性を身につけられると、今の日本の此の有り様では手に負えなく成るんですが
[ 2018/06/15 00:45 ] [ 編集 ]
成り済ましの「ぽんこ」
本日も「平壌」運転だなwwwwwwww
[ 2018/06/19 09:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

日米朝外交 拉致・非核化・制裁解除・国交正常化等 手順的にはこうなる?
河野洋平がたわけたことを語っているそうなので、日米朝外交「あるべき手順に関する認識」を共有化する目的で出稿を決断。 ―― 参考情報 ――――――――――河野洋平、「国交正常化を先行して拉致を解決」という不見識 http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3114.html――――――――――――――――― 以下に、拉致・非核化・制裁解除・国交...
[2018/06/15 05:17] 祖国創生
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: