FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  “交渉開始”以外に成果が見えなかった米朝首脳会談

“交渉開始”以外に成果が見えなかった米朝首脳会談

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マイク・ポンペイオ国務長官のツイートでは、北朝鮮との対話の後、「Just spoke with FM Kono & FM Kang...」とある。朝鮮半島の問題を議論するために金正恩一行と会談したのだから、「康京和外相と河野外相と」という順番になるはずだが、何故か河野外相が先に言及されている。米朝会談の報告を、南鮮より先に日本に報告したとすれば、南鮮にとっては侮辱ともとれるだろう。同時に、「日本蚊帳の外論」を公衆の面前で指摘していた者たちは、どういう反応を示すのか。

 米朝対話のお膳立てをしたと自負する文在寅だが、シンガポールの模様はテレビ観戦となったようだ。閣僚と一緒に、ソウルでのパブリックビューイングである。早くから、米朝会談の直後に米国と南北朝鮮の三者会談を企画し、全世界が注目する米朝会談への合流を企画していた文。会談が成功裏に終わった際は、そのお裾分けをもらおうとしていたそうだが、そんな文のシンガポール入りはトランプ大統領によって拒絶されたという。米国サイドは青瓦台に対して「深く入り込まないでほしい」と要請したというが、早い話が「邪魔するな」ということである。結局のところ、南鮮は信用されていないのである。

 6月12日は、北朝鮮に拉致されていた米国人、オットー・ワームビア氏が釈放された日である。この日取りにその辺の意図があったかどうかは不明だが、とにもかくにも初の米朝首脳会談が開催された。余裕のトランプに緊張が手に取るように見える金正恩。トランプが会談中止を宣言し、金正恩が泣きついたこれまでの経緯を含め、会談の主導権は米国が握っていたはずだ。ところが、出てきた共同声明は中身が非常に薄く、玉虫色の内容である。

米朝首脳会談


 最も注目された非核化については、米国の一貫した戦略であったCVID(「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」)という文言は含まれなかった。

トランプ大統領とキム委員長は、2018年6月12日に、シンガポールで、史上初めてとなる歴史的なサミットを開催した。トランプ大統領とキム委員長は、新たな米朝関係や、朝鮮半島における永続的で安定した平和の体制を構築するため、包括的で深く誠実に協議を行った。トランプ大統領は北朝鮮に体制の保証を提供する約束をし、キム委員長は朝鮮半島の完全な非核化について断固として揺るがない決意を確認した。

新たな米朝関係の構築が朝鮮半島のみならず、世界の平和と繁栄に貢献することを信じ、また、両国の信頼関係の構築によって、朝鮮半島の非核化を進めることができることを認識し、トランプ大統領とキム委員長は以下の通り、宣言する。


 冒頭で、「朝鮮半島の非核化」という文言が2度出て来る。「北朝鮮の非核化」ではなく、「朝鮮半島の非核化」が念押しされたかたちで、これは北朝鮮側の一貫した主張を踏襲したかたちになる。トランプは北朝鮮の体制を保証すると宣言しているが、それを履行する前提となる明確な条件は提示されていない。

1・アメリカと北朝鮮は、平和と繁栄に向けた両国国民の願いに基づいて、新しい関係を樹立するために取り組んでいくことを約束する。

2・アメリカと北朝鮮は、朝鮮半島に、永続的で安定した平和の体制を構築するため、共に努力する。

3・2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束する。

4・アメリカと北朝鮮は、朝鮮戦争中の捕虜や・行方不明の兵士の遺骨の回収に取り組むとともに、すでに身元が判明したものについては、返還することを約束する。


 北朝鮮の非核化の主語は「北朝鮮は」となっていることから、米国が必ずしも賛同したわけではないと解釈することも可能だ。しかしながら、全体を落として感じるのは、これはコミットメントではなく、「努力目標」のレベルであるということだ。声明には、「首脳会談の成果を実行に移すため、可能な限りすみやかに、アメリカのポンペイオ国務長官と北朝鮮の高官による交渉を行うことを約束した」とある。声明の具体性の無さを、ポンペイオ国務長官と北朝鮮の高官が具体化して補っていくということなのだろうが、どこまで詰められるかはいまだ謎だ。詐欺の常習犯に正攻法が通じるわけもなく、今までの米朝合意を凌駕する実質的な果実が得られるかは不透明だ。

 いまのところ、米朝が交渉のテーブルに着いたという以外、初の米朝首脳会談の意味を探すのは難しい。表に出てきた情報以外に、裏の交渉があったことを期待せざるを得ない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/13 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
米朝首脳会談をどう生かすか?
米朝合意の内容に具体性が無いのも「予定調和」ではないのでしょうか。
北鮮が核廃絶を検証可能な形で示すまでは制裁を解除せず援助も為されないなら
日米にとっては良しとすべきと思えます。
 
金豚国が露骨な武力を見せつけられた訳でもないのに唯々諾々とするほうが奇異。
朝鮮族は詐欺行為を己の優秀さの発露とする美意識を持ち、当然にして契約などは
その場限りのモノでしかなく破るのが「叡智」との価値観なのでしょうから。
ハッキリ言うなら日朝会談の結果、特に拉致問題に成果が出るまでは米朝合意が
曖昧な方が日本に有利なのではないでしょうか。

米朝合意が曖昧であれば拉致問題が進展しない時に総連の解体や朝鮮銀行の
業務停止、北鮮籍の強制送還などの日本独自の「伝家の宝刀」が抜けることに
なりますから。 曖昧な米朝会談を生かすも殺すも日本の民意次第!!

それにしても、この時期、安倍総理でホントに良かったなぁ・・と思われます。
そして、拉致問題にケリが付き安倍さんの人気が上がったところで解散総選挙を
やれば憲法改正に弾みが付くんじゃないかしらん。
[ 2018/06/13 12:43 ] [ 編集 ]
詐欺行為は『優秀さ』、契約を破るのは『叡智』
本当にそう考えていそうですね、と言うか、言い得て妙です、末田様。
具体的な内容まで踏み込むとまでは思っていませんでしたが、もう少し強面で迫るかと期待していただけに、ちょっと肩透かしの感もありましたが、ナルホド、そうやって経済的に締め付けて行くのが良策かも。

それにしても……。
これほど大事な事をアメリカ頼みにしなければならないのは悔しいですね。
意図的に国会を空転させ続けている輩と、それを後押ししているマスゴミはひとまず胸をなでおろして居るのでしょうが……。
[ 2018/06/13 13:45 ] [ 編集 ]
不可解なり
未だ確たるものにはなっていないとしても、裏交渉の何等かの形がなければ、この声明は金正恩の全面勝利と感じました。
そのためにあれだけトランプ大統領が騒いで居たとは思えず、何かはある筈と、思いたいですが。
過去の米国政権が過ちを冒してきた事を批判し、二の舞にはならない決意だった筈なのに・・・

雑用に追われて昨夜ニュースでこの声明を聴いた限りですが、これはシナが喜ぶだけであろう、と思いました。
が、王毅外相は強張った顔色で懸命に「この米朝の融和に我々が過去どんなに努力してきた」か風な映像もあって、まだよく判りません。

かなり驚いたのが、米朝の対話中は挑発行為になるから米韓合同演習はしない、というトランプ氏の発言です。
「節約にもなる」とか、ここで主婦的な感覚を持ち出されてもねえ、とガッカリです。
ならば正恩はずっと対話と交渉を引き延ばせば、これまでと同じく、米国本土のみならず世界の何処までも核ミサイルが届くように密かに研究が出来る。
と言うことで、最貧国でも能力の高い核さえ持てば世界を従えられる<正恩の実例>になりかねないのではないか?
或いは、米国にとって南鮮軍との練習は既に足手纏い、ということなのか。

今後の交渉役を米国はポンペオ国務長官と指名し、北は名指し無しの「高官」。「高官」が交渉相手になっても正恩が知らん顔を出来る余地が残ったのではないかしら。

安倍総理はこの会談の結果をどうご覧なのか?
「諸問題解決の第一歩」と一応の評価ではあるようですが、拉致問題にトランプ大統領が第二者半的お立場を正恩に示しておられたら、後は総理が乗り出す足場造りには成った、と思って良いのかどうか?

今まで締め付けが効いていた国連決議の経済制裁は、多分この声明で緩んだか緩みを見つけたか、で中露南鮮は制裁破りに入るのではないのかな?と懸念致します。
正恩は安倍総理が強調してきた「きつい経済制裁が対話を引き出す」策が邪魔で邪魔でしようがなくてのこの会見だったでしょうから、自分の身の安全が保証されて制裁が緩んだところから欲しいモノが得られたら万々歳ではなかろうか?

腹違いの兄を亡きものにし、叔父をはじめ幾多の人々を無惨に処刑し、自国民何万人か不明ですが強制収容所生活をさせている人間を、あれだけ持ち上げられるトランプ大統領の感覚は、如何に交渉中の相手と承知しても、理解が出来ませんでした。
オットー・ワームビアさんのモノも言えない状態での奪還と直後の死亡を、お忘れだとは思いたくないですが。

米国民はどう受けとめているんでしょうね?
[ 2018/06/13 17:10 ] [ 編集 ]
緊急特別討論のお知らせ
要約したコメントが出来ずに、お知らせだけで申し訳ありませんが、
実のある討論ですので、ご覧いただきたいとお伝えしております。

緊急特別討論が放送されています。

https://www.youtube.com/watch?v=BOoJm4FMAZU&t=5670s

【Front Japan 桜・特別討論】米朝首脳会談とこれからの日本[桜H30/6/13]

◆特別討論「米朝首脳会談とこれからの日本」(2時間)

パネリスト:
 加藤清隆(政治評論家)
 髙山正之(コラムニスト)
 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長)
 宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総

*今後は土曜の夜にも、同様のテーマで3時間の討論が予定されています。
[ 2018/06/13 19:26 ] [ 編集 ]
北朝鮮の弾道弾は事実上世界中を照準に治めてると云えるでしょうね。
今迄無関心だった欧州諸国が北朝鮮の核ミサイルの射程範囲に収まる事で北朝鮮は脅威と云う認識を強く持つように成ったそうです。
他人事、対岸の火事だと思ってたことが我が身に降りかかる危機に早変わり。そのことも有り、今回のG7でのテーマに盛り込まれたと思いましたが
今回の米朝首脳会談が成果らしい成果も無く終ったにも関わらずトランプ大統領が成果を強調するのには、アメリカで行われる中間選挙に向けたアピール色が強いのかもしれませんね。急ぎ過ぎた。
でも問題の本質は会談その物では有りません

それと裏合意が有るとしたならイランへの核開発への協力中止を条件にトランプらしからぬ屁垂れた合意で、お茶を濁した可能性も極めて高いと思ってしまいます。

極東より中東
なにぶん聞こえてくる情報量の少なさでは、今の所,何とも言えませんが。
確実に言えるのは
大陸間弾道ミサイルの開発中断や今回の合意は、その場しのぎにしか過ぎず、北朝鮮の脅威が暫らくすれば再燃する事は確実です
[ 2018/06/13 20:37 ] [ 編集 ]
なつこ様
ご紹介の動画、ありがとうございます。
拝聴致しました。

感じるところ、想うところはほぼ皆様共通で、おまけに日本人への嘆きも同じですね。

面白かったのが西岡力氏の北の資源開発事情でした。
・欧州からも、総連も、資源欲しさで何年も前から入り込んでいるけれど満足に運べる道路他のインフラが全く無い。
資材を運んで置いておけば生活のための窃盗で無くなるのが常態だから、日本国内で急げ急げと煽る連中のいう事を聞く必要は全く無い。とか。
・中共の制裁破りの石炭もお話し。

現場の情報が入手出来る事は、反対側からの煽りに踊らない為の冷静な判断が出来る大事な「資源」だと思いました。
[ 2018/06/15 00:23 ] [ 編集 ]
こはる様
毎日の信用ならない地上波メディアや朝日新聞などの恣意的報道、
国家を疎かにし、日本人にとって最大の恥辱である
拉致被害者の存在を無下にするような人物たちの
妄言や国賊的な発言を好んで掲載、放映することで、
ビジネスを成立させてきた戦後最大の敗戦利得者たちの集団には、
皆様と同様に怒り心頭の日々です。

但し、いままさに、拉致被害者の奪還をと思い詰めたり、
それを妨害する国籍如何ではなく、
内なるものが日本人でない者たちへの怒りが嵩じると
どうも身体に変調をきたすようで、社会に貢献するわけでもなく、
日本の片隅で生きているだけにしか過ぎない我が身の情けなさがあります。

翻って、拉致被害者のご家族の方々の縋るような思いの日々、
期待や裏切りのなかで、長い年月の数多くの心労を考えれば、
言い尽くせないご苦労、どれほどのものかとの思いがしきりです。

既存メディアの流す嘘にまみれたこの日本に於いて、
チャンネル桜の真実を伝えようとする姿勢、大企業や宗教団体に
応援を頼まず、外国勢力の嫌がらせや侵入を撥ねつけ、
正しい情報を流すことに努めてこれまで来られたことは、
熱い志ゆえとはいえ、奇跡だと思えます。

反日工作にまみれ、自虐史観に覆われた日本自体が
反日国家ともいえる環境の中で、誹謗中傷、謀略奸計は、
数知れずといったところですから。
地道に活動を続けて来られた精神力、その奮闘ぶりは
水島総代表をはじめ、スタッフの皆様には感謝の言葉しかありません。

ここでの討論番組は、いち早く、世界の中の日本を俎上にあげ、
状況分析や今後の行方を識者たちが深く議論できる場を提供して
くださいます。
既に視聴し出して、かなりの年数が経っております。
情報番組として一番の信頼を置くものとしてチャンネル桜を挙げます。
変わることなく応援できる対象も、世の中になかなか、ないものです。

論客たちの著作を読むことで読書の幅が広がり、
識者たちの語る日本人の善き精神に学ぶことが多いものでした。
私の中の精神の清涼剤として、存在するのです。
チャンネル桜の番組は、安心して視聴できる番組です。

番組宣伝ばかりで、字数を増やしていますが、
偽らざる心境をお伝えすることで、
出来るだけ多くの日本人が見ていただきたいと念願しております。

そこで、こはる様が見ていただいて、それも西岡力氏の
北朝鮮情報のなか、傑出したものと思うところを
こはる様が指摘されて、余計に嬉しいものでした。

*・*・*・*・*
明日土曜日の討論も収録が、昨日木曜日にあり、
濃密な討論であったと石平氏がツイッターで述べてあります。
これも楽しみにしております。

 ・石平氏のツイートです。
昨夜は都内でチャンネル桜の「闘論!到論!討論!」の収録に参加。
「米朝首脳会談と東アジアの行方」をテーマに、
西岡力 救う会全国協議会会長高橋洋一先生、
長尾たかし議員、山田宏議員、渡邉哲也さんらと
3時間の濃密な討論を行った。
公開は6/16(土)夜、日本文化チャンネル桜、YouTube、ニコニコch

 ・山田宏 自民党参議院議員は
  石平氏をリツイートされています。
昨夜は有意義な討論会でした。石平先生ありがとうございました。
日本の一方的で意図的な歪んだメディア環境の中で、
チャンネル桜の存在価値は大きいですね。是非皆さんご覧ください
*・*・*・*・*

最後になりましたが、
こはる様、常連の皆様、管理人様の毎日の国を思う心が伝わる
的を射た確かな記事に応じて、毎日の投稿、ありがとうございます。
拝読することが多くなりますが、心から応援しております。
[ 2018/06/15 21:53 ] [ 編集 ]
なつこ様
ご自身も常連さんのお一人であることをお忘れかの様な最後段お言葉。何いってんだか、wですワイ。

日頃の反日売国連中には怒りが天を突いてとどめないですが、それでも私は、あの小泉訪朝時に北鮮が小出しに被害者情報を出して儲けようとして大失敗だった、日本国民「世論」の怒りが物を云った事は、今でも水面下に健在だろうと思って居ります。

日頃は拉致問題は他人事と思って居るのか?と情けなく思えた多くの日本国民が、イザ北鮮の「死亡」情報発表に憤怒を見せ、親北族の思惑”日朝国交正常化”が飛び散った瞬間に、実の処私は驚き涙と共に嬉しかったのを今でも忘れられません。

朝日一統と売国野党の下笥な声の大きさに反比例して、日本人の心は案外思うより正常だと安心して居ります。
さらに、現在のお若い方々の正常感は増していると拝見致しますので、決して「風化などはしていない」筈です。

劣化激しい年代が過ぎれば揺り戻しは必ず在って、今がその時の初段階、と思いましょう!
[ 2018/06/16 00:13 ] [ 編集 ]
こはる様
>ご自身も常連さんのお一人であることをお忘れかの様な最後段お言葉。何いってんだか、wですワイ。

はっきり、ものを申しておりませんでしたね。
拉致被害者のことなど様々な心配が嵩じると、
右のこめかみ辺りから始まる片頭痛が再発しそうな
感じになって来ているのです。

若い頃から、結構長い間、酷い症状の為、
ペインクリニック等に通院の日々であり、
漸く改善したのが、40代の半ば頃でした。

思い詰めると上手く切り替えの出来ない者ですから、
少し余裕を持たねばと思うので、申し訳ないながら、
投稿も少なくなりますと申したかったのです。

***
こはる様の仰ることも解ります。
同じような希望を見い出すものでもあります。
ただ、日本の行方に不安が募ることについては、
また日を改めて、コメントを差し上げます。
[ 2018/06/16 00:51 ] [ 編集 ]
なつこ様
ようやく改善されたのにぶり返しては大変。

私は若いとき、頭痛というものが無くて頭痛持ちの姉に自慢したら、「モノを考えないおバカだものね」でオシマイ。
実際考える以前に直感だけで生きて来られましたから、あまり自由は感じずに「済」印。
そういえば風邪をひいても頭痛にはなりませんでしたっけ。

最近は流石に、風邪でも考え込む事もあって頭痛もそれなりに経験いたしておりまして、と自慢することでは無いですけど、ちょっとばかり自慢w。

なつこ様には、もう「書いて~~~」と催促は止めますが、ご気分の良い時は書いてよネw。お身体とご相談の上で。
時にはお書きになる事がストレス発散になるかも、と思われる時にはどうぞ。
くれぐれも、お大事に。


夜っぴいてサッカーW杯、ポルトガル対スペインを見て、寝そびれております。見応えBEST!でした。

[ 2018/06/16 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: