私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  水道橋博士よ、政権の腐敗を批判するなら、その腐敗の明確な根拠を示せ

水道橋博士よ、政権の腐敗を批判するなら、その腐敗の明確な根拠を示せ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週末放送の朝まで生テレビで、司会の田原総一朗がまた暴走した。柳瀬唯夫元首相秘書官のことを「キチガイ」と罵ったのだが、女性アナウンサーが田原の不適切発言を視聴者に謝罪した瞬間にも、このキチガイを連呼し、「とんでもないってことを言いたかった」と開き直っていた。

 この老人はそろそろ引退してもよい時期ではないだろうか。マスコミは言葉狩りを好んでやるのが常だが、こういう身内で、特に左ポジションの人たちには極めて甘い。テレ朝に自浄能力があるとも思えず、この老害はまだ朝生の司会の椅子に座り続けるのだろう。彼らは権力者の監視を自任するが、監視する側が無法であってよいということではない。メディアも第四の権力と言われる以上、ある一定の倫理観を求められるのは当然だ。まぁ、今の日本のマスゴミには無理な要求だとは思うが。

田原総一朗


 例えば新聞はことばで何かを伝える報道機関であるから、一般的に、ことばには慎重だ。もちろん、朝日新聞など、ことばを選びながらも最大限の侮辱を安倍政権にぶつけるが、ことばを選ぶことは実行している。だが、放送メディアは瞬間芸のようなものであり、そこに仕事を求める芸能人らが、風刺を超えた悪口を言って世論の賛同を促すようなことは、過日、笑点とラサール石井の例であげた通りだ。

 今度は、水道橋博士である。下記は、「長期政権は腐敗する」という一般論と、その政権の擁護者を批判した水道橋博士のツイートだ。


 だが、このツイートは、法学者・弁護士の野村修也氏によって、瞬殺されることになる。


 長期政権は腐敗する、もしくは腐敗しがち、というのは、一般論としては成り立つ。だが、その一般論を特定の政権に当てはめる時、何らかの具体的理由が求められる。水道橋は「権力が嘘をつく」と言うが、それは果たして「本当に嘘」なのか。それは、マスコミが嘘と仕立てたストーリーではないのか。

水道橋博士


 一般人に何が嘘なのを問われ、水道橋は「安倍晋三総理が2月17日に「私や妻が『関係していたら』総理大臣も国会議員も辞める!」と嘘をついた。」とツイートしている。ではその関係とは、豊中市国有地払い下げにかかわる値引き問題、及び、学校認可についての関与と解釈できるが、この場合の関与とは、土地払い下げ、及び学校認可に対する政治的な影響力の行使ということであり、その意味において「関与」はなかったし、逆に野党やメディアもその「関与」を証明できずじまいだ。それを「嘘」と断定できるなら、水道橋は事実を都合の良い方に解釈しているだけで、とてもじゃないが真正面から反応する必要のない指摘だろう。

 権力は腐敗するという一般論をかざすのはいい。だが、前述の「嘘」以外に、その腐敗の根拠を示さない限り、水道橋の言っていることは、批判ではなく、単なる悪口に過ぎない。世の常なんて居丈高に言う前に、もっと政治や歴史を勉強しろということだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/03 07:24 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
皆様、言葉が穏やかじゃわ
私めなら、、、何を言いやがるか、馬鹿水道奴が!
支那のキンペーは終身皇帝様、金豚国は永世王朝じゃね~~か!
まず、こ奴らに文句を言いやがれ!    でござりまするw~
[ 2018/06/03 08:08 ] [ 編集 ]
>権力は腐敗するという一般論をかざすのはいい。

…一般論は、いろいろ言えるからなぁ…。

例えば、徳川300年の治世。おおむね善政だったという方もいれば、権力は腐敗して悪政だったという一般論もあるのかもしれない。


>野党がだらしないことが問題ではなく、今、最高権力がある政権が平気で嘘をつくを問題にしているのだ。

…嘘が嘘でなければ、嘘つきと言った人こそ嘘つきだ。安倍総理は、嘘をついてないならば、嘘つき扱いしている野党こそ、嘘つきになるだろう。

権力という話ならば、戦後の既得権益であり続けた野党こそ、18連休の有給休暇で国会を軽視するなど、腐敗しているように見える。その間、与党は真面目に国会に出席していた。
[ 2018/06/03 08:30 ] [ 編集 ]
水道橋ばかせ
こうした芸能人がサヨクかどうかもありますが、こうした思慮の足りない言動を可能にしている背景に特殊な空気があることが問題だと思います。

政治批判をする側、告発する側は、常に弱者側からの主張であって、保護されて無謬化されて、権力者は反論などはしたないことはせず甘受しなければならないし、社会は傍観していなければならない、告発の内容検証や批判などもっての他だ、といった空気です。

そこに調子に乗ってしまうおっちょこちょいがいるものです。えてしてリベラルを気取って、強い権力と見なす政権を批判して文化人を気取るのです。
迷惑だし見ていてこっちが恥ずかしいから、いい加減にしろよと思いますが、本人はおっちょこちょいだから気づかないし、言いがかりめいた批判の上塗りをすることになります。

そうした空気と流れは変わりつつあります。確実に変われば、ばかな芸能文化人の社会に影響する言動は無視され、老害司会者は嘲笑の標的になることが確実です。電波資源や紙の資源の無駄使いになりますが、泳がせておいても、政権への影響は微小ですから、「彼ら」の敵を利することにもなりましょう。

野党の言論言動のおかしさと社会に与えている実害のひどさに気づかない愚かさは、ほんとうに掬いようがありませんね。
[ 2018/06/03 12:21 ] [ 編集 ]
安倍総理にも人権がある
「水道博士」という芸人が居ることは存じて居りましたが、どの人が当人なのか確とは知らず、今回の顔写真のおかげで「あ、この人、見た事があったわ」です。
同じ様に、この水道博士なる芸人が政治発言する材料は、朝日毎日東京新聞やその系統の報道だけに依るものではないのか?と今回思います。
一部の材料だけで「認識」し発言してしまう芸人。分って居ての虚言宣伝発言なら活動家に分類致したい。

一方的なメディア発信だけを読み聴き信じ込んでいれば、例えば朝日の「安倍総理は嘘つき」をそのままオーム返ししても、間違って居るとは思わないし、気がつかないから恥もない。
謂わば、反日勢の広告塔役の一人、ではないかしら?
勿論大人が公器TVでしていることですから、発言の全責任は本人にあります。

本当に「安倍総理は嘘つきだ」と言う人は具体的に説明しませんね。
国政の障害になるほどに一国の総理が嘘を言っていると考えるのであれば、最低でも二三の実例を挙げて言わなくっちゃ、ただのレッテル貼り要員です。
そして、それを示せずに「嘘つき」とあげつらうだけであれば、総理への誹謗中傷で人権蹂躙を犯していると、自覚ぐらいはして戴きたい。

ところで、その水道博士の本職は何?芸人のなれの果てで政界進出を目論んでいるなら、どうか日本の為にご勘弁願いたい。
[ 2018/06/03 13:39 ] [ 編集 ]
訂正致します。失礼。 
水道橋博士 でした。
[ 2018/06/03 13:46 ] [ 編集 ]
再度訂正
今回取り上げられた水道橋博士の発信はTVではなく、ツイートでした。訂正致します。



今朝の産経に門田隆将氏が寄稿された記事ですが、
事は「働き方改革法」で本題とは違いますが、朝日毎日東京の取り上げ方と読売産経のそれとの大違いを指摘されています。

方や絶望的に 「この法案が成立したことで働き過ぎになり間違い無く死人が増える」「高プロ対象者の時間的裁量や業務量の裁量は法案のどこにも書かれてない。働き手は業務命令を断れず、従うしか無い」という発言者達を紹介。(自社の意見ではない)

一方の読売には「雑事で仕事が中断されがちな日中を避け(自分の都合で)仕事をするやり方も選べる」「脱時間給で自分にあったペースで仕事が出来るので賃金も上がる可能性あり」の意見。
そして、この成立した高プロは離脱・加入と選択は随時自由で「自分に有利な方式を選べる」と読売産経。
読売産経には、野党がこの法を「過労死促進法案」と呼ぶ事に疑問を呈している。ともあります。

一つの法案でこれだけ報道内容が異なる日本のメディア。資料が偏れば発言もおかしなものになります。
[ 2018/06/03 14:36 ] [ 編集 ]
売名行為?
この水道橋の発言は、テレビ局等への売名行為ではないのかと疑いたくなります。
最近、マスコミに同調する芸人をよく見ますが、仕事が欲しくて、テレビ局に気に入って欲しくて、安倍政権に不満を持つ視聴者に気に入って欲しくて・・・そんな自分の欲望の為にこの様な発言をしているのでしょうか。
それならば、私はその間違いを断固として正したい。
確かに、テレビ局に気に入られなければ、仕事は入らない。金は無くなる。しかしながら気に入られる為に政治を使うな。コツコツとテレビ局に通い、仕事を勝ち取る。それが正しい道と言える、と私は思います。
視聴者、即ち国民の中の反安倍派は多くない。
みこと様の言葉を引用させていただくならば、
日本国民を侮るなかれ、です。
[ 2018/06/03 16:47 ] [ 編集 ]
同じプロダクションの芸人でも一平ちゃんの足元にも及ばない博士。お金のためとはいえ恥ずかしいですね。
[ 2018/06/03 17:56 ] [ 編集 ]
テレビが放つプロパガンダ
共産党や左翼がよく安倍ヒトラーなどと酷いデマを飛ばしていますが、そのアドルフ・ヒトラーは宣伝手法について
「宣伝効果のほとんどは人々の感情に訴えかけるべきであり、いわゆる知性に対して訴えかける部分は最小にしなければならない」
と言っています。今そのやり方を真似ているかのような倒閣運動をしているのがマスコミと野党。友人なのだから何か不正をしているに違いないとか、文書改ざんは首相への忖度からだろうといった不確か事柄でもって、大衆の心に不信感を刷り込もうとしています。
例えば「検察側は不起訴処分にしたのは検察が忖度している」という言い回しも、多少おかしいなと思いながらも、テレビで何度も聞こえてくると、問題意識の低い人はいつの間にか、そうなのかあと思ってしまう。それ以上に、首相補佐官は嘘ついた。首相は、嘘ついた。加計学園が嘘ついた。嘘つきは誰でしょう。と言った言葉がチャンネルを変えてもいろんな場面から飛んでくる。
わかりやすい言葉を何度も、何度も、何千回も繰り返すというのは効果的な手法だそうで、ナチスの宣伝の天才ヨーゼフ・ゲッベルスは
「十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう」(=嘘も百回繰り返されれば真実になる)とも言っている。
こうして考えてみるとナチス化しているのはマスコミではないだろうか。誰の為の工作なのかしらないがいつも同じ顔のメンバーがテレビに出ている。

大して勉強もしてないような年寄り評論家が偉そうな事を言っても中身がスカスカだから悪口しか言えない。そろそろ引退なさっては如何ですか、田原総一朗さん。放送禁止用語で喚いていたようですが・・・。












[ 2018/06/03 19:20 ] [ 編集 ]
それは中共や北朝鮮の話ですねw
>長期政権は腐敗する、もしくは腐敗しがち

人民に参政権はおろか、言論の自由すら無ければ腐敗する。
そんなとこと一緒にされてもねぇ。
[ 2018/06/03 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: