私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  笑点の政権悪口問題 ~ 落語家は庶民の代表ではないし、少なくとも私を代表して欲しいとも思わない

笑点の政権悪口問題 ~ 落語家は庶民の代表ではないし、少なくとも私を代表して欲しいとも思わない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 最近は笑点という番組から個人的に遠ざかっているが、三遊亭円楽が安倍総理嫌いということぐらいは知っていた。度々政治ネタを採用する円楽だが、過日、カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞し、「アジア近隣諸国に申し訳ない気持ちだ。日本もドイツのように謝らなければならない」と吐露した映画監督の是枝裕和と同じように、政治的無知を晒しているだけのように思われる。宮崎駿もそうだが、一芸に秀でた人物だから近現代史に造詣があるという公式は成り立たず、硬直した戦後民主主義でのさばってきた進歩陣営の流れの中で発言しているだけだと思う。

 その笑点で、円楽、たい平、木久扇らが、安倍総理や麻生財務相をコケにしたネタを披露し、ネットで物議を醸している。


笑点の政権批判


 この笑点に反発したのが、石平氏だ。


 この石平氏のツイートに、すかさず反応したのが、やはり左傾斜の政治的発言を繰り返すラサール石井。この石井のツイートを、ウーマン村本もリツイートしている。


 二条河原の落首(二条河原落書)とは、建武1年(1334年)、京都二条河原に立てられた政治批判の落書のことを言う。ラサール石井は、その二条河原の落首を引き合いに、時の権力を揶揄し、笑いにするのが庶民のエネルギーだという。現代において、その最たる例がワイドショーだ。庶民相手にスキャンダルや政治ネタを披露し、権力や有名人、著名人を揶揄することで、ウケを狙っている。そして、大新聞も昨今、そのワイドショー的なレベルに近づこうとしている。

 ただ、昨今のメディアによる政権批判や、笑点の政治ネタを見る限り、それは比喩、揶揄、批判の類とは少し違うように思われる。敢えて言うなら、単なる誹謗中傷の域を出ていない。権力は批判されるものだという前提が、くだんの落語家や、ラサール石井のような人たちの認識なのだろう。しかし、落語とは言っても、政治的な発言というのは、言論のひとつであり、その言論には責任がついて回る。この場合、揶揄、批判が事実に基づいたものという前提が必要ではないのか。

 進歩的文化人の流れをくむ芸能関係の人々は、権力を批判することが文化人の必須条件であると、勘違いしているように思う。そもそも、ラサール石井が言う「庶民の代表」とは、ごく一部の庶民であって、庶民全体を意味しない。落語家や石井に、庶民を代表してもらおうとも思わない。むしろ、彼らは、戦後の進歩陣営と同じく、反権力の代表を勝手にやっているだけで、そういう連中に無知とか無教養と説教されること自体が迷惑だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/29 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(28)
芸人は「ぱよちんの代表」
大衆洗脳器テレビで活躍する芸人は庶民の代表に非ず。
マヌケでニッパチなぱよちんの代表だろwww
ぱよちんは反権力などではなく単なるルサンチマンの塊にすぎないwwwww
[ 2018/05/29 09:12 ] [ 編集 ]
バカ芸人
>二条河原の落首

その時代の庶民に「一人一票の参政権」があったのか?
現代は、「庶民が政治家になれる・政治家を選べる」時代だ。
その現代と、封建社会の頃と同一に論じる自体がバカ丸出し。
現政権に不満なら「選挙で勝てばよい」だけの話。
[ 2018/05/29 09:42 ] [ 編集 ]
些細な知識をひけらかす、愚かな芸人
石平先生の生い立ちや経歴も知らずに、ラサール高校から東大受験に失敗し、放送作家志望を断念した芸人に、つまらないいちゃもん付けられる筋合いはありません。

親中反日の日本のマスゴミが、石平先生を起用しないからと言って、芸人が小バカにするのは滑稽で低俗です。
[ 2018/05/29 09:59 ] [ 編集 ]
右左の前に、諷刺のレベルが……
テレビを持っていないので、もう10年以上、笑天は見ていませんが。
果たしてコレは、「芸」と呼べるレベルなのでしょうか?

左傾の素人が、ツイッターで流している内容と同じなのですが。
噺家さんともなれば、身体を張る芸人さんとは違う筈です。
伝統文化の継承者であり、知性や教養で勝負する人達。

お金をもらって、コレなんですか?
それとも、お金をもらって、コレなの?

左なら左で、もう少し捻りのある事を言って欲しい。
中二を通り越し、小五の学芸会。 興醒めですね。
[ 2018/05/29 12:19 ] [ 編集 ]
落語
落語というのは本来の成り立ちが、
世相を反映した「権力批判」が根本なのを知らないのですか?
権力批判を「ブラックユーモア」にくるんで笑いを取って、
庶民の憂さ晴らしに貢献しているのです。
権力に忖度して持ち上げるのは「太鼓持ち」でしょ!
それは桂春蝶がやっているではないですか。

[ 2018/05/29 12:26 ] [ 編集 ]
あほか
二条河原の落首なんて時流に乗れなかった上流人が書いたにきまってるでしょうに
つまり権力闘争の一環
無知無教養は石井の方
[ 2018/05/29 13:37 ] [ 編集 ]
落語は日本の話芸です
言いたい事をヒネリもオチも無く露骨に表現するのは、落語以前に話「芸」ではありません。

世相批判も落語の一面ですがそれだけが落語では無いですし、真綿にくるむ智恵がなくては下品でしょう。
人情話や怪奇話などは落語を基にして歌舞伎や舞踊演目にもなっていますけれど、共通するのは「露骨」は下品とされてそれぞれに表現磨きをされて庶民に好まれ現代に伝わる、日本独得の芸能です。

日常の人間社会では割りきれなくてやりきれない思いを、落語の世界は見事に突き抜けて笑いを取る、涙を絞る。コレが無くては落語とは言えないと私は思います。

最近は落語ブームだそうですが、なかなかお腹の底から気分良く笑える落語家には出逢えなくなった気がしております。
現在の笑点司会者・春風亭昇太は人柄もあってマシですが、先代円楽師匠や歌丸師匠の頃のメンバーは政治批判にしてもピリリと辛いが後味は悪くない話芸で楽しめました。

今の円楽は・・・先代がご存命中から舞台の上でもその性格の悪さいやらしさを、笑いに紛れさせてちょこちょこバラされいた人ですから、年長さんwになった今は誰も逆らわないのではないかしら(昇太が原因では無く、最近観る気になりませんので実際は如何に?)。

二条河原の落首ですかwwwww 長文ですよねえ。
それに何よりシナ古典や和歌の教養が滲み出ている内容だそうで(シナ古典は特に無知ですので伝聞形)、とても庶民の手になるものではない、というのが昔からの専門家の判断です。

ラサール石井氏が出て居た伊東四朗氏主演の舞台録画を幾つか観ましたが、この御仁の演技・・・好い感想はありません。
せっかくの四朗さんの舞台を冷めたものにする力はありますが。
落語家共々、本職のレベルがこうした無芸な発言を引き出すのでしょうか。

笑点には台本がある、とも噂されますが、話法を術とする落語家がヒネリもなく台本のままで満足して舞台に上がれるなら、それなりの芸人なのだろうと思います。
お金を払って観るものではない、私的感想です。
[ 2018/05/29 13:45 ] [ 編集 ]
世相批判、に「権力批判」も付け加えます。
[ 2018/05/29 13:53 ] [ 編集 ]
安倍首相批判を笑いのネタにするとはいかがなものかwww。でも心配事が絶えません。
加計学園が記者会見でもひらいて、愛媛県や今治市にどういう理由で嘘を言ったのかを説明しないと、自民党もやむなく野党の要求を呑んで今治市の公文書の国会提出を認めざるを得なくなる。今治市の公文書にはかなりやばい事が書いてあるが市長はいまのところ国や県に迷惑が掛かるとして公開していない。また公開したものはすべて黒塗りで公開している。加計学園に嘘や不正があっても首相にまで影響がなければ問題ないがかなり苦しい気がする。なんとか今治市の公文書が出ないことを望む。
そもそも最初から岩盤規制を突破するために首相と長年の友人ではあるが多くの学校を経営している人物なら間違いないということで進めてきたのだと説明すれば何の問題もなかったと思う。でないと首相の友達は何もできなくなる。加計学園自体が嘘を認めているので、誰が嘘をついたのかということでここでもまた犠牲者が出るかもしれない。首相も、自民党も勝手に総理の名前を使って嘘をつくなどけしからんことだと怒らないといけないと思う、ちょいなさけない。
[ 2018/05/29 19:22 ] [ 編集 ]
↑ 言いっぱなしのポンコ様ァ
ご高説のまえに愚生の問いにお答えくだされませ、、、
[ 2018/05/29 19:33 ] [ 編集 ]
ぽんこ つさんゑ
>公文書の国会提出を認めざるを得なくなる。今治市の公文書にはかなりやばい事が書いてある
「公文書ではなくメモ」「あとは国会で議論してください」
と言ったのは中村知事です。

それが文書があまりに酷いので「捏造疑惑」が指摘されると
途端に「いちゃもん」だの
「よほどこれが事実だと困る人がいるのかなと。正々堂々とやりましょうと呼びかけたい。いくらそういういちゃもん付けても、何事も正直、真実というのを覆すことはできない」
だのと慌てて急に文書の内容が真実であると強調しはじめたのがフォント中村です。

「公文書ではなくメモ」だと中村が言い張る紙切れとはフォントがバラバラでコピーを繰り返したと云われる、公文書な訳が絶対ない、あの紙切れの事ですか。
>でも心配事が絶えません。
大丈夫、反日野盗、特に民主系はマスゴミに守られてるから心配ご無用。
[ 2018/05/29 20:09 ] [ 編集 ]
日本的な組織への反日活動家の干渉は、背乗りもあり排除し難いものがあるのかもしれないが、組織における主導的立場を堅持し、日本らしさの継承に努めるべきだ。
オレの母は、笑点、特に喉の病から復帰した木久扇さん(黄色の服の方)を、毎週、楽しみに観ているので、個人的には、笑点について悪く言いたくない。

川柳のような皮肉のきいた洒落は、テレビ放送においては、公平中立の放送法を厳守するならば、与党批判だけでは不公平であり、当然ながら、野党批判も行うことで、番組のバランスをとる配慮も必要なことだろう。

立憲民主党などの野党が、国会18連休を有給かつ自主的に取得した後、国会の質問時間が足りないと駄々をこねた醜態こそ、庶民感覚から離れた政治家の既得権益、庶民として揶揄すべき時事ではないだろうか。

自民党の小泉議員は、野党が18連休もしたのだから、質問時間も不足するのは当然だとの内容の揶揄をしていたが、ネットでは、小泉議員は珍しくまともなことを言ったと、評価する声のほうが多かったように思う。

落語家や芸人は、安倍さん、クレーマーに絡まれて、お気の毒に…くらいの感覚で、囃したほうが、庶民感覚には近いのかもしれない。
[ 2018/05/29 20:27 ] [ 編集 ]
笑点、昔は父がよく見ていました。

落語家が頭をひねって考えているように見せかけて
実は、しっかり台本があるのでしょう。
制作側の左巻きの方々は、日本人が全員「反安倍」と信じてやまない単細胞の脳みそを持ってらっしゃるようで
到底、落語とは呼べないセリフを落語風に吐く演者を見て
興ざめしている視聴者が多いという事すら考えが及ばないのでしょう。

最後の木久扇氏の
「うるせーなー、沖縄から米軍基地がなくなるのはいつなんだろーねぇ。」
沖縄に媚びてるか、沖縄でウケることを狙っていたのかもしれませんが
沖縄は日テレ系の「笑点」は放映されていないそうで、残念でしたね木久扇さん(笑)


先日、山のように出てきた森友関連の文書のニュースで
その文書の数ページ分を映してある映像があったのですが
文書内に何度も出てきていた総理の名前がすべて「阿部」になっていました。
財務局の公文書という触れ込みでしたが
自国の総理の名前を間違えるなどありえないのでは??
[ 2018/05/29 20:33 ] [ 編集 ]
円楽さん達の発言は薄っぺらなんです。
言論の自由という概念すらなかった頃の人々が、思いを込めて命がけで表現したものとは重みが違う。
現時点では、安倍政権支持の発言をする方が命がけですよ。

しかも、現政権批判なんて、完全にメディア側のスタンスに沿ったもの。
そのメディアのお仲間が、お笑い番組を通して倒閣運動のお手伝いをしているだけにしか見えません。

日本を蝕んでいる者達と戦っているのは現政権の方。
その政権を侮辱するような発言をするから、不愉快に思う人達が大勢いるのです。

ラサールさんは「政治批判は人間としての堕落だと言いたいのか」と言っているが、石平さんはそんな事を言いたいのではない、なんて事は分かり切っている。

わざと穿った見方をしているのか、理解力不足なのか。
批判せんがために的外れな事を言うのはみっともないと思います。
[ 2018/05/29 20:55 ] [ 編集 ]
民主国家では、批判自体にリスクなど無い(独裁志向のあるパヨクに対しては別だが)
落語でも世相風刺や世知辛い世の中を「洒落」に落とし込めて、「笑い(自然な笑いです)」に変える事はあるとはいえ、政治に関しては、ほとんど無知で、素人であるにもかかわらず、学生運動に参加した、良くある団塊インテリ(1950年の2月生まれなので、少しずれているかもしれませんが)にあるような「俺は、政治家を批判できる凄い奴なんだ、あいつらが莫迦なんだ」という「政治趣味」に基づき、批判しただけで知識人になれると勘違いしている連中と同じですね。

しかも、今回の場合は、やんわりではありますが、「落語」の話法を用いていたわけでもない為(発言内容は、落語をやっていないパヨク界隈と寸分も違わない)、それすらも捨てて「反安倍カルト」と同じような状態になっていると言ってもいいですね。

別に、それが「お金」を取って、落語を聞いてくれている人に対してであれば、まあ、政治風刺なので、時には嫌われる事もあるでしょうけど、それを公共の電波使ってやるべき事なのか?

彼は、有権者に選ばれた首相であり(勿論、氏の全てを支持しているわけでは無いという前提はあるが)、落語を聞いてくれている人の中には、自民党支持者もいるにもかかわらず、単に政治信条が異なるだけであるだけなのに、あんたの意見こそが、「庶民の意見」であり、「世の中で唯一の正しい真実」であるかのように語るのは、やや行き過ぎだと思いますけどね。

民主党政権時代は、何故か民主党の対応や韓国を批判する事もありましたが、ただ、これは、彼の経歴等を考えると、単なる「アンチ国家、アンチ政権」のアナキストか、「元共産主義青年同盟のブントの構成員」だったらしいので、本来は共産党支持者なのか、どちらかである可能性が高い為、いずれにしても「反日主義者」の類である事には変わりありません。

内容自体は、やわめであるといっても、「笑い」に見せかけた「反日洗脳」である可能性が高い為、極めて注意が必要な人物であると考えてもいいでしょう(前司会者の桂歌丸も、似たようなところはありましたが、彼の場合は、時代的に仕方がない所もあり、単に無知なだけっぽいです)。


ラサールも、クイズ芸人のような側面もありますから、ここまで馬鹿だとは思わなかったですね。これでも一応、早稲田に入学したようですが、その後中退していますね。

氏は元々東大志望だったのだとか。良くある「東大文科」の「エリートコース外れ」にある「ルサンチマン」に似ていますね。ラサールのような超進学校であれば、東大に落ちて早稲田に行くようなやつは「落ちこぼれ」として扱われると思っているのでしょうね(東大エリート官僚などは、宮沢喜一首相に見られるように、早稲田を専門学校程度だと思う傾向が強いようです)。

経歴的に、受験勉強はやっているはずですから、早稲田特有のクイズ番組並みの「オタク用語(この場合は、二条河原の落首という、インテリが好みそうな、難解で長文な文章、ただ、これを庶民が読めるとは思いませんし、その筆者が本当に庶民の代表なのかすらも分かりませんけどね。権力闘争に敗れた貴族階級のもの辺りが書いている可能性も高いと思いますけどね)」も知っているという事なのかもしれませんが、それらの意味が分かっているわけでは無く、何だか使い方を間違っているのでは?と思いますけどね。

その程度の思考力では、そりゃ「東大合格」は無理でしょうね。何度か受験したと言っていたと思いますが、自分の「間違い」を素直に認められない、似非エリート、インテリなのだから、つまらないプライドが合格を邪魔しているのだろう、と思いますけどね。

放送作家って、別に、東大出ていなくてもなれるのでは?早稲田出身の放送作家だっていそうですけどね。

そもそも、作家って、実力主義の世界ですから、「学歴」とはやや異なるスキルが必要になるはずで、直接的な因果関係は無いと思いますけどね。

ルサンチマンこじらせて、頭がおかしくなっていくのは怖いものだと思いますね。最近では、政治批判を行うようになって、芸人としても微妙な立場になってきた事を焦っているのだろうと思いますけどね。

ちなみに、「芸人」は、見世物商売な所がある為、専ら大衆迎合というか、「金」を出してまで「見てくれる」人でもなければ、「支持者」というわけでは無いと思いますけどね。

むしろ、水商売というか、ヤクザの世界に近い存在なので、庶民に嫌われる事も多いのですけどね(実際、人気が出ない芸人の方が多いですし、あくどい批判に晒される事だってありますからね)。政治家の方がどちらかと言えば、庶民の代表(正確には支持者の代表という方が近いか)ですね。

そんな人達に「庶民代表」などと、「上から目線」で語ってほしくないですね。

ちなみに、「石平」さんは、支那では最難関の「北京大学」出身で、学生時代から、支那の民主化運動に参加していましたが、当局の統制強化に加え、支那の一般民衆の愚劣さに嫌気がさして、日本に逃れ、大学教授になっている人なんですけどね(漢語等の素養は、クイズ好きなラサール等よりは上だと思いますけどね)。無知無教養に近いのは、思考力が足りないラサールの方だと思いますね。

実際、彼は、言い訳だけは一人前みたいで、日本は、民主国家であり、特に社会的リスクを負うわけでは無い権力批判を素晴らしい事と考えているところがありますね。庶民でもする事はありますが、難解な事は分からない為、高度な批判は展開できないだけですね。支那国内において、民主化運動の先駆者であり、中共当局に監視されていた石平氏の方が、当局批判のリスクは高かったはずですけどね。

あと、偉そうに「相手を無知無教養」と批判しているくせに、自分は、パヨク界隈で出回っている例の「ネトウヨブロックツール」なるもので「相手からの反論」に対しては、取り合わずに、徹底的に「ブロック」ですか。それで、どこが「庶民」の代表なのだろうか。逃げているだけで、卑怯だと思いますけどね。

人を偉そうに批判する前に、自分のその態度を反省して改めるべきだと思いますね。そうでなければ、何回挑戦しようが、東大など合格できませんよ、と言いたいですね。



[ 2018/05/29 21:14 ] [ 編集 ]
会場に沖縄で活動していた左翼の方達でもお招きしていたのかな。普通、あんなストレートでなんのひねりもないネタで笑えるものだろうか。人気において落語が漫才に押されるのも分かる気がする。いくら台本があったとしても、小学生のダジャレよりもお粗末。テレビに出ていれば苦労せずに大金が入ってくるし、今さら芸を磨くなんてと思っているような頭が軽~い人の政治ネタでしたね。ちょうど野党の「19連休明けてもモリカケ、手放すものかこんな楽な仕事」といったところでしょうか。
それと、円楽のいう国民の声って具体的に何?国民はモリカケには飽き飽きしているのだが。どこの国民が何と言っているのでしょうか、疑惑はますます深まった。
[ 2018/05/29 22:51 ] [ 編集 ]
高座
大ぎりの場も噺家の職場「高座」でしていることですから、そこでの言葉はやはり「芸」でなくてはならないと思いますし、彼らは噺家の最高ランクである真打ちなのですから「芸」のつもりでしていた事になります。

噺家も一国民ですから、それぞれの政治観や政治家の好悪があるのは当然で、それを披露したければ高座を降りた平場かお昼頃の暇潰し「政治批判ごっこ」番組でする分には、ご自由にどうぞ、です。

しかし、カメラとマイクがある公共の落語番組の舞台で、芸も無い剥き出しの政治批判は勘違いの慮外行為だと言えましょう。


バロン閣下! 本気で心配になります。ご存命でございましょうか?

末田軍曹殿 本日も、ニッコリ!

ぽんこサンの「今治の黒ぬり”文書”」、ほんとかどうか存じませんが、あるなら黒塗りを消して全部出して戴きたいわ。
[ 2018/05/30 00:48 ] [ 編集 ]
権力批判だとお、冗談じゃねえぞ。
上記に

>落語というのは本来の成り立ちが、
>世相を反映した「権力批判」が根本なのを知らないのですか?

と言ってる人がいるが、それは自由に発言できない社会状況のなかでの話。
今日のように自由な言論が認められていて、発言、不倫を謳歌している師匠様にはあてはまらない。

笑いの取り方が安直なところに芸人としての堕落を感じている。
テレビの短い尺の中での噺が増えると、ますます酷くなっているようだ。
[ 2018/05/30 06:38 ] [ 編集 ]
ぽんこ 添削してやったぞ
>安倍首相批判を「笑い」のネタにするとはいかがなものかwww。

安倍首相批判を「憂うかのような非難」のネタにするとはいかがなものかwww。。

これが、ピッタリ。
[ 2018/05/30 06:49 ] [ 編集 ]
庶民が書きたい落書き
笑点は、初期の頃から見ていて、多士済々の
愉しい番組だったと思い出します。
今ではテレビそのものを点けないので、
石平氏のツイートで知り、あの笑点までもかと、
例によって、怒りは爆発していました。

昨日は、このことに触れられた記事が出ましたので、
コメント出来る回は投稿しなければと思ったのですが、
罵詈雑言を書きなぐりたいだけの気持ちがあふれ、
投稿を諦めていました。
今朝になり、少し書き出すとこれもまた
自分で読み返すも嫌になる長文となり、失礼してしまいます。

***
ラサール石井なる者の、石平氏のツイートに関する
頓珍漢な反撃の愚かしさです。
つくづくと、学歴があっても愚かな人間は、
どこにいても愚かなのかと思ってしまいます。
芸能界と言う反日左巻きに占拠された中で、
長年、浸かっているうちに、今や古色蒼然とした進歩的文化人などの
洗脳が効きすぎて、世間一般の常識的な思考が出来なくなってしまうのか。

私などのド庶民が思うに、テレビ界の大勢に迎合するこうした群れ群れは、
今や電波猿軍団と揶揄したいほどの低劣さを晒しています。

少なくとも、多くの人の目に触れる長寿番組であるからこそ、
庶民の共感を呼ぶ笑いでなければならないのに、
台本を書く作家の政治的偏向度合いがもろに出た代物に
どれだけの人間が素直に笑うことができるというのでしょう。

ワイドショー漬けになった者たちから笑ってもらうことを
狙っていたとすれば、よく言われるように、テレビ自体が
政治的プロパガンダの洗脳機関でしかないと言わざるを得ません。

それにしても落語家が揃いも揃って、知りもしない政治を
(知らない筈です。地上波のテレビや多くの新聞は
 恣意的報道で、歪曲、偏向、遮断をし、正しく情報を流しませんから)
見当違いの笑いとも言えないワイドショーお得意の
安部叩きに便乗して視聴者を惑わすことの悪質さです。

更に言えば、落語家自身の自損行為だと思えてくるのです。
落語家とは、子供の頃にご存命であった圓生や文楽のことを
思い出します。
こうした名人たちが差し出した落語の深遠な世界。
憂世の喜怒哀楽に人情の機微を絡めて、そこはかとない可笑しみを
披露する話芸の達人とのイメージを私なりに持っているのです。

そんな高尚なことをテレビ番組で求める訳でもないのですが、
それにしても言葉を生業にして、修練を積んできた
落語家たちのお粗末過ぎるこの軽薄ぶりは情けなさも限りないものです。
伝統芸能の伝承者とは言えない代物です。

そこに訳知り顔のラサール石井が飛び入り、
知性だ、教養だと石平氏の背景、来歴を知らずして、
なじる資格があるのかと怒りがこみ上げていました。

この国家の重大事に安倍総理に代わる人材があるとすれば、
責任を持って名を挙げよと言いたいものです。
海外での安倍総理の評価は極めて高く、憲法9条という足枷を持ち
独立国家として体を為さない国のトップでありながら、
世界のプレーヤーとしてのこれほどの存在感は日本の首相として
特筆すべきことです。

この国家にとって歓迎すべきことを反安倍の新聞、テレビは
一向に伝えないどころか、憲法改正を掲げて
日本を当たり前の国にしたいとする総理を悉く罵り貶める偏向ぶりは
徹底し加速しています。
この日本のメディアの異常さに気がつかないご自分の鈍感こそ
責めてみたら如何でしょう。ラサール石井さん。

世界の情勢を伝えないことで、ひたすら政府が悪い、
日本が悪いと言っていさえすれば、結構なご身分で
世過ぎ見過ぎが出来る反安倍メディア人たちの傲慢が
情報戦を仕掛ける敵国に利用されます。

日本の行く末を過たせるのは、メディアとしたら、
これこそ空恐ろしいことだと、何ら疑問も抱かない
お粗末な頭で誰を何を批判できるのでしょう。

これほどの国家の危機に対処できない憲法9条を抱えて、
拉致被害者を取り返せない国、拉致実行犯の国に舐められ、
歴史をいいように改竄され、それを盾にいいように世界のATMに
されてしまうのだと分からないのか。
毎日が、じりじりした思いです。

電波に乗って名の売れた芸人たちは、その言説が多くに
知れ渡る職業人であるだけに、未だにこの幼稚な思考しかできないで
いることが如何に残念なことか。

「進歩的文化人たる芸能人の皆々様、
 よくぞ日本人を思考停止の“でくのぼう”にしてくれました」と
書くのが、本来の庶民の落書きですよ。

[ 2018/05/30 07:28 ] [ 編集 ]
訂正
世過ぎ見過ぎ ⇒ 身過ぎ世過ぎ 

と訂正します。

[ 2018/05/30 07:38 ] [ 編集 ]
笑点、昔ほど面白くないです。
さて、きょうは党首討論をみていましたが、おおかた安倍首相に軍配があがったように思いました。これで今国会の山場は過ぎたといえるのではないでしょうか。今治市の公式文書が国会の要請で出てくることを心底心配していましたが、野党の思惑は吹っ飛んだ気がします。ただ、不思議に思うのはなぜ加計学園が記者会見をしないのかということです。教育を生業としているのですから、少なくとも、嘘をついた相手には謝罪しないとだめだと思います。加計学園が日大と同じように思われるのではないかと思います。
ところで麻生大臣はどんだけ首相の足を引っ張るのでしょうか。国民感情としては麻生大臣と安倍首相が重なってみえるのではないでしょうか。最後はかっこよく麻生大臣の首をはねて欲しいです。それから、安倍首相を盲目的に支持するより、ダメなところはダメだというほうが政治ブログとしては力強いと思います。
[ 2018/05/30 18:43 ] [ 編集 ]
↑ 言いっぱなしのポンコ様ぁー
ご高説のまえに、、お返事をお待ちしておるのでございますが・・・
[ 2018/05/30 19:02 ] [ 編集 ]
韓国兵役義務及び韓国納税義務を果たしていない「日本国内違法居住者」の「田原ソーイチロー」
韓国兵役義務及び韓国納税義務を果たしていない「日本国内違法居住者」の「田原ソーイチロー」
-----

アウトなのは、韓国兵役義務及び韓国納税義務を果たしていないため、日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全該当している「田原ソーイチロー」です。
[ 2018/05/30 19:17 ] [ 編集 ]
ぽんこ 
>安倍首相を盲目的に支持するより、ダメなところはダメだというほうが政治ブログとしては力強いと思います。

偉そうに何言ってるの。
往生際が悪いぞ。
[ 2018/05/30 20:40 ] [ 編集 ]
笑点は、TV局側が用意した台本を読んでいるだけ。だから立川談志は、辞めたんじゃなかったでしょうか。

笑点に出演している一落語家を非難する、もしくは落語界の重鎮という狭い範疇の大御所を非難するより、公益社団法人落語協会等に属する者が「マスコミの政権非難のスピーカー」となってる点を問題視する方が効果がありそうな気がします。相手が恥を知らねば、非難など届きませんから。

言葉を武器に、いや手足以上に扱う仕事なのに、他人任せで長年やっている。それも政治的に利用されているじゃないか!私なら、そういう体で非難します。(どうでもいいので、しないけど)
[ 2018/05/30 21:05 ] [ 編集 ]
お為ぽんこサン
せっかくぽんすけ様が添削して差し上げているのに、どこまでも残念なタヌキであることよ。天かすが足りないのかな?

今治市の公式文書?加計学園獣医学部に関した「公式文書」があるなら是非出していただこうじゃあないですか。民主党政権と違って、出されて困る安倍内閣じゃああるまい。

麻生大臣の仰る言葉の中味はまともですよ。切り貼りしなければ、ね。
足を引っ張っているとぽんこサンがいうのは、具体的に何についてのどういう御発言でしょうか?
安倍さんの長期政権を心配し過ぎる病が高じて、今度は麻生大臣堕し?精々頑張って呉れ。
[ 2018/05/31 00:12 ] [ 編集 ]
ぽんこ さん
> 安倍首相を盲目的に支持するより…

盲目的に支持とはどういう意味ですか?
私が安倍総理の政策を一切批判していないとでも?
[ 2018/05/31 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: