FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  拉致事件まで安倍批判に使う姜尚中や野党こそ、日本の膿である

拉致事件まで安倍批判に使う姜尚中や野党こそ、日本の膿である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 例えば、拉致問題に関しては、北朝鮮に囚われた被害者が全員無事で故郷に帰り、家族と再会することが最高の結果である。しかし、その解決を望むふりをしながら、拉致でさえ安倍政権批判に使おうとする輩がいる。TBSのサイテーモーニングに出演した姜尚中が、安倍総理が「拉致を政治的資源として利用してきた」と発言し、ネット上で話題となっている件もその一例だ。

姜尚中
姜尚中


 政治的資源とは、政策決定に関与する個人や集団が、ある政策を推進したり、阻止したりしようとする際に行使できる影響力の源泉を指す。姜尚中は、安倍総理が求心力を高め、支持を高めようとするため、拉致を利用してきたと言いたいのだろう。バカ発見器である安倍政権が、もうひとり、バカの発見に効力を発揮したということだ。

 安倍総理が拉致にかかわったのは、まだ父晋太郎の秘書をしていたころと言われる。当時、北とパイプが太かった社会党に「拉致などない」と門前払いを喰らった拉致被害者家族が、安倍晋太郎氏のもとを訪ねた時に対応したのが、当時秘書の安倍晋三氏。それ以降、安倍総理は拉致被害者にとって最も信頼のおける政治家のひとりであったはずだ。拉致は決して票にならず、ライフワークとして取り組んだ政治家はほとんどいないと言われる。安倍総理は間違いなく、そのほとんどいない政治家の中の一人である。そんな歴史を知ってか知らずか、姜尚中は安倍総理の拉致へのコミットに否定的な言及をする。姜尚中にとっては、拉致すら安倍憎しの「資源」なのだろう。

 この類は、政界にも多い。消えゆく希望の党の玉木雄一郎は、南北首脳会談を受け、「拉致問題への記述や言及が一切無く、他国のトップにお願いして解決してもらわざるを得ない現状は、甚だ問題。拉致問題の解決に向けた安倍総理大臣の本気度を疑わざるを得ない」と語った。拉致問題の解決のために、玉木は一滴の汗も流したことがないであろう玉木は、言える立場ではない。「文句があるなら国会で直接言え」のひとことで終わりだ。そもそも、拉致事件の解決は与野党が政争の具にすべきものではなく、与野党問わず、協力すべき問題のはずだ。それを政権批判に使うとは、最低の政治倫理もないということである。

 安倍総理は、相次ぐ中央官庁の不祥事に、「膿を出し切る」と言っている。しかし、官僚から出る膿以外にも、我が国には出し尽くすべき膿がたくさんあるのだ。国会をサボり、税金で食わせてもらいながら、17連休と言う途方もない大型連休を貪る野党も、膿以外の何物でもない。最近は、強行採決ならぬ「強行審議」、審議拒否ならぬ「審議虚偽」という造語を捻り出し、安倍政権に責任転嫁をはかる陳哲郎のような醜い対応も出てきた。

 日本の膿は、政治、メディア、教育など、様々な分野にある。そういう膿を安倍総理に任せっきりにするのではなく、国民の手で一掃したいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/30 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
罪滅ぼし
膿の一つは自発的にw国会から出ました。戻り方が分からなくて安倍総理の所為にして居る様ですが。病巣は出たままで良いのだわ。

この「学者」サンはご両親の祖国の統一事業の為に渡航して献身されたら良さそうなもの。さぞかし同胞に喜ばれるでしょうよ。
アチラで日本の拉致被害者の方々を見つけて、酋長に掛け合い帰国させて安倍総理に威張ってもよろしいわよ。総理にも日本国民にも大いに喜ばれるでしょう。
偶には人の為に働け。真人間になれる近道じゃ。

玉木もねえ、ソレを言うと必ず「だから憲法改正しかないでしょ」とお返しが来るのがわからんか?
ある程度の処までは米国や連合国に頼むしかないのは、今まで日本が抱きしめてきた現行憲法がある故です。批判したけりゃ憲法改正!
幾つかのハードルを越えたら、日本は日本人の手で北朝鮮中を捜し、必ず奪還するのですから、その時まで国会議員の席を汚していたら玉木も一緒に行け!罪滅ぼしじゃ。
[ 2018/04/30 08:37 ] [ 編集 ]
彼等マスコミは必ず北への戦後賠償をすべきだと言い始めます。
南鮮は同族を助ける為だとしても、自らの手は汚さず日本を使役しようとしている。

南北分断の原因も日本にあったと言うのも、何もかもが、戦後賠償と更には永遠に続く揚げ足を取った賠償をさせたいが為としか思えない。

人権無視を続ける北鮮に戦後賠償は疑問であり、核開発制裁に反する。
少なくとも南鮮リードの統一ならば戦後賠償は済んでいる。
それ以上に経済協力もしてきた。

南鮮が代弁者であることから日本に対して金を引き出す謀略でしょう。
[ 2018/04/30 09:51 ] [ 編集 ]
驚くに値しない発言。
彼のスタンスが分かる発言。
彼らしい発言だよ。
何か彼に期待していたのか。
[ 2018/04/30 10:53 ] [ 編集 ]
シェア・リブログさせていただきました
こんにちは!
今日も拝読させていただきました。
シェア・リブログさせていただきました。
ありがとうございます。
個人的には、最近鬱陶しさが半端なく
嫌気もさしてきていますが、声を上げ続けることが
大事と思い、自分に出来ることを続けるよう心がけています。
[ 2018/04/30 11:44 ] [ 編集 ]
姜 尚中(在日韓国人)も、①韓国兵役義務者および②韓国納税義務者を果たしていないため、③日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」です。
姜 尚中(在日韓国人)も、①韓国兵役義務者および②韓国納税義務者を果たしていないため、③日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」です。

姜 尚中(在日韓国人)も、③日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」として日本国外へ追放され、韓国において①韓国兵役義務および②韓国納税義務を果たして下さい。
[ 2018/04/30 13:14 ] [ 編集 ]
冷酷な人間
ネット上で最初にこのことを知った時、怒りがこみ上げてきました。
何と言う欺瞞の塊、底知れぬ敵愾心の持ち主かと。
この人物の醜悪さを書き出すと、きりがなく
書いていたものの多くを削りました。
それでも長文になっております。お許しください。

***
今日の記事に即して言えば、
歴代のアメリカ大統領のように口先だけでなく、
今回、めぐみちゃんの名を出し、ここまで踏み込んで
拉致被害者の奪還を約束したことは、安倍総理の積年の熱い思いが
トランプ大統領の心に届いたからこそだと
心ある日本人ならば、よく理解できるのです。


トランプ大統領との信頼関係を構築したこの安倍総理を戴いている
この時こそ、まさにこの時を逃しては後がないと切迫した思いと
焦りのなか、祈るような気持ちで日々を送る日本人がいるというのに、
この男、「安倍総理が拉致を政治的資源として利用してきた」と言う。

どうしてそんなことが言える、姜尚中。
あんた、冷酷すぎるだろう。
およそ、拉致被害者や家族のことで、
涙を流し、胸が塞がれる思いを持ったことがないだろう。

そうでなければ、こうしたおよそ考えもつかない拉致被害者や
その家族、彼らに心を寄せ、あらん限りの努力を続けた人々の
肺腑をえぐるような言葉を平然と持ち出して、
総理を叩けるものではないから。

差別だ、平和だ、多文化共生だと言う連中に限って、
冷酷な心を持った者が多いのは、何故か。
スローガンを掲げて、敵対する者にものを言わせないための
便利な言語ツールだと心得ているから。
今までは、自虐史観を埋め込まれた多くの日本人を
騙せて来られた成功体験を持つ者たちだから。

長い年月、北朝鮮に攫われ、肉親と引き裂かれ、
或いは生命を奪われ、拷問や投獄で虐待され続けている
日本人がいるというのに。
政治家の誰が、奪還のためのこの役を買って出たのか、
票にもならない現実に諦めずに、誰が立ち向かってきたのか。

辛淑玉が言うような強制連行され、強姦されて生まれたのが
在日の人間たちなど、荒唐無稽な話までも含めた可哀想な朝鮮人との
嘘話を持ち出してきて、勢力拡大を図った者たちの悪さのし放題のこれまで。
日本も漸く、拉致のことを取り沙汰して被害者の立場に立てたとばかりに
言い募るが、強制連行がそれによって消されるものではないなどと、
反論にもならない反論で被害者ビジネスが進められてきた歳月。

その嘘話が通用しなくなった今日になってもなお、
日本国家や国民に対する敵愾心から発する理屈の通らぬ話で、
大言を吐く姜尚中がいる。
拉致被害者を何とかして救い出したいと
安倍総理に賭ける思いの日本人の切なる思いに鞭打つ姜尚中の暴言。

これまでの数々の捏造話に少なくとも学者としての良心に
苛まれることはないのか。
無駄であろう。
彼らの民族は、上か下かしかないと聞く。
そう、この日本で天下を取った気でいるのだから、
聞く耳は持たないのが、日本人と違うのだと
つくづくと諦めと軽蔑の眼で眺めている。

悲しい性を持った姜尚中よ。
東大名誉教授、熊本県立劇場館長などの名誉職の数々。
こうした今生の栄誉も、この言をもってして、
たちまちのうちに、まがいものになったのだよ。

しかし、よくも言えるものだ。
こんなIYIに公共の電波を使って、ものを言わせる日本が恨めしい。
[ 2018/04/30 15:15 ] [ 編集 ]
訂正です
「攫われ」と漢字入力していますが、
「さらわれ」とひらがなに訂正します。

入力して出てきた漢字のまま、スペースキーを押したものと思います。
書けないだけでなく、文脈の中では読めても、単独ならば、
読めない漢字ですので、こだわって、「ひらがな」に訂正としたくなりました。
[ 2018/04/30 15:50 ] [ 編集 ]
糞みたいな憲法
米朝首脳会談の折に日本の拉致問題を取り上げるとトランプ大統領が発言してましたね。
此れも日米首脳会談の成果でしょ

此方は価値観を共有出来る民主主義陣営ですから蚊帳の外で結構

然し情けない話ですね、自国民の生命財産を守れない国なんて国家の体を成して無いのと同じですよ

外交交渉も主体的に出来ない訳です。
その本質が憲法前文に謳われて居ますね
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して…」。これも変な日本語ですね。「…われらの安全と生存を保持しようと決意した」と書いてある。下手な日本語。文法も間違っている。

占領憲法は押し付けられた翻訳憲法でも有る
[ 2018/04/30 18:30 ] [ 編集 ]
政治の要諦を知り実行する安倍晋三
拉致事件の本質は、憲法9条にある基本的人権の侵害。
やたら権利ばかり主張する人間に限って、拉致問題に対しては薄情者が多い。
少しでも真剣に考えれば、現行憲法がその解決の上で障害となっていることに気づくはずだが。

管理人さんが書いておられる通り、当時の社会党 土井たか子が拉致被害者から家族に届いた手紙を黙殺していたのを、安倍晋太郎秘書をしていた安倍晋三が相談にのったことが拉致問題に取り組むきっかけとなっている。
土井たか子が亡くなった後、「おたかさん」などといって持ち上げていたテレビ報道には吐き気がしたものだ。

当時は拉致なんていう言葉もなく、北の体制を称賛するマスコミ・政治家が多かった。安倍さんに本人にとっても、票に結びつくどころか選挙に向かう上での障害となったであろう事実と時代背景を多くの人に知ってほしい。

拉致問題が基本的人権侵害の最たるものだ。
[ 2018/04/30 19:50 ] [ 編集 ]
訂正
私のコメント冒頭の憲法9条は誤りで、日本国憲法でした。
[ 2018/04/30 20:09 ] [ 編集 ]
広義の在日枠
早稲田出の姜尚中がなぜ東大教授になれたかと言えば、社会党系の左翼学者杉山光信の引きによるものです。東大社会情報研究所を牛耳っていた杉山が姜を東大に招聘するのに邪魔になる日本人の門下生をすべて強烈なアカハラを行って放逐した結果、このような無茶な人事がまかり通ることになりました。言わば、広義の在日枠を強引に作り上げたのですな。

ちなみに姜尚中は研究所所属の教授で、法学部には属しておりません。従って、彼の講義を聴いたことのある学生はほとんどいないのではありませんかね。学問とも言えない政治論を談ずる自称政治学者には、法政大学の山口二郎センセもいらっしゃいますが、まあ姜センセは講義をしないだけマシか。サヨク・在日勢力による税金の掠め方と、キャリア捏造の方法の一端をご紹介致しました。

[ 2018/04/30 21:27 ] [ 編集 ]
レッドバロン様へ
それも戦後の公職追放の名残でしょうね。政界は勿論のこと、言論界、教育界は特に公職追放の影響が目立っていたと聞きますが、生々しいお話です。こんな奴等にもいくらかの国税が使われていると思うと、憤りを新たにしてしまいます。

本当に日本はお人好しというか、おおらかなお国柄です。
[ 2018/04/30 23:16 ] [ 編集 ]
悪口「資源」
他校から姜尚中を引き入れる為に、幾人かの有望な生え抜き研究生を排除する損失を教授会が傍観していたとしたら、面倒には巻き込まれたくない学者の悪い傾向が発揮された、という事なのでしょうか。
実際、主義者の悪質な執拗さに向き合うことは相当に無為な疲労感と時間の無駄と、時として心が蝕まれる事も覚悟しないと出来ませんから、「傍観」(だとして)を批難するものではないですが、その代償がこの姜尚中では、犠牲者さん達も母校に愛想尽かしするしか無いでしょうね。


何処で言っていたのか書いて居たのかは記憶にないのですが、たしかこの姜氏の持論は<日米同盟より日韓関係の確かな構築>みたいな事で(アホだわ!)、その日韓関係を強固にする為に」邪魔」な物件が、竹島や北による拉致がその要素の一つにあった、と覚えています。
もともと、拉致など(認めたく)無いという土井たか子党とは思想が一致する「学者」なのです。

この五年間に、日本国にとっての韓国の価値がドンドン下がって行く外務省の位置付け(当然でしょ!)に、「日韓関係の強固」を主張しなければ自分の立ち場が無い姜氏にとってこそ、安倍総理を批判をする為に、拉致問題も一つの「資源」に過ぎないのでしょう。
[ 2018/05/01 01:37 ] [ 編集 ]
在日ゴキ教授の戯言
拉致が政治的資源???
在日ゴキ教授には拉致問題が日本人のモラルの原点だと理解できんらしいね。
拉致を無視するのは日本人にとっちゃモラル・ハザードそのものだ。
在日ゴキが遠巻きで南北融和を語るのもモラル・ハザードだろうなwwwwww
当事者のオマエは見て見ぬふりばかりで、これまで何をしてきたのか?
在日ゴキどもの責任感や倫理性が今問われていると知れ!!!
[ 2018/05/01 10:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: