FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南北首脳会談 ~ 北の時間稼ぎに手を貸した文在寅の愚

南北首脳会談 ~ 北の時間稼ぎに手を貸した文在寅の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

  南北朝鮮首脳の会談が、昨日、板門店で開かれた。ついこの間まで「ソウルを火の海にする」と強弁していた金正恩は、満面の笑みで登場し、同じく満面の笑みをたたえた文在寅と抱擁を交わた。その豹変ぶりは、胡散臭い策謀さえ匂わせる。

金正恩と文在寅


 比較的早く板門店宣言を伝えたのが聯合ニュースだ。宣言は3つの項目にそれぞれ細目が記されているが、1つ目が「南北関係の全面的かつ画期的な改善と発展による、共同繁栄と自主統一の未来」、2つ目が「尖鋭的な軍事的緊張状態の緩和と、戦争の危険の解消」、3つ目が「朝鮮半島の恒久的で堅固な平和体制構築に向けた協力」だ。このうち、注目された非核化に関する言及は、3つ目の平和体制構築のパラグラフに挿入された。

 実はこの板門店宣言の内容はスッカスカである。確かに「年内の終戦を目指すこと」は、朝鮮半島におけるエポックといえるだろう。この二国は、休戦状態にあった戦争当事国同士で、戦争の終結ともなれば世界的なニュースにはなる。しかし、北朝鮮問題は既に当事国同士の枠を超え、国際社会を取り巻く問題まで発展している。両首脳は宣言のなかで、「南と北はわが民族の運命はわれわれが自ら決めるという民族自主の原則」と記し、部外者を排除するような方向性を見せている。しかし、事は既に、両国が互いに歩み寄れば済む問題ではないのだ。

 南北朝鮮は、朝鮮半島の完全な非核化と核のない朝鮮半島を実現する共通目標を宣言に盛り込んだ。しかし、これは米国のアプローチとは異なる。米国のスタンスは、乱暴に言ってしまえば「つべこべ言わずにまず核を放棄せよ。話はそれからだ」というものだ。つまり、非核化は米朝両者の問題ではなく、北が対話の土台としてまず自主的に履行するものという意味である。文在寅は、その土台を崩し、平壌の立場に歩み寄ったということになる。

おててつないで
おててつないで…


 宣言では「今年に終戦を宣言」や、「今年秋に文在寅が平壌を訪問」などが合意されている。これにより、金正恩にとって、更なる時間稼ぎが可能になったということである。また、金正恩は、近未来的な南北朝鮮の和解と終戦、休戦協定の平和協定への転換などを宣言に盛り込むことにより、経済制裁の緩和を狙ったと見るべきだろう。北がなぜ態度を変えたのか。それは、米軍による軍事オプション行使への恐怖と、経済制裁による困窮のふたつだ。文在寅は、北がその2つの緊張要因を解くことに、わざわざ手を貸したのだ。

 残念ながら、南北朝鮮首脳会談は、金正恩の判定勝ちというところだろう。ノーベル平和賞でも狙ったとみられる文在寅は、息子ほど歳が離れた金正恩の手のひらで転がされたのだと、私は観ている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/28 08:21 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
お土産は何かしら
在寅サンは早くから手の内見せてますから、もう切れるカード(お金以外)持って居ないですしね。
持って居ない人を真面目に相手にする正恩デブでもないと思います。米朝のメッセンジャーが在寅サンの精一杯の役目でしょう。

ところで、容姿と声はそっくりですが、本物かしら?妹さんを連れて署名場面では彼女に逐一世話されているのを見たら、ちょっとだけ疑いたくなりました。

「休戦協定を終戦にする」と言っても、53年に韓国はその協定に署名していないそうですから、希望を言うだけでしょうし、米中が入らなければ南北は終戦協議も出来ない、のではないかしら?

僕たち仲良くお話ししたよね、帰るからお土産どっさり用意しろ、ぐらいの春の会見ではなかったか。
所詮、米朝のトップ会談でしか見るべき結果は見られないと思います。

シリアの核施設や化学兵器などにも北は関係して居るそうで、米国のシリアへのピンポイント攻撃を見たら、正恩デブの内心穏やかでは無いかも知れませんね。

安倍総理に在寅サンはご自分から日本人拉致被害者問題を提起すると言ったそうですが、持ち出さなかったとか。
日本政府としては想定内でしょうけど。
[ 2018/04/28 09:01 ] [ 編集 ]
ブンの出番は終わった。
日米が「斬首作戦」と「制裁と圧力」で金正恩を追い詰めた。
追い詰められた北の独裁者は、「対話」ポーズで、北の難局を切り抜けようとし始めた。
これに乗っかて、自らが平和を主導しているかのように振る舞うブン大統領。ちゃっかり、おいしいところにありつこうとの魂胆である。
しかし、ブンの出番は、昨日で終わった。

今後、ブンは、北と日米の間で漂流するだけだろう。
目下の高い支持率も、急降下。
今までの韓国大統領と同じ道を歩むことになる。





[ 2018/04/28 09:56 ] [ 編集 ]
如何にもコリアンらしいやり方である。馬鹿な南の国民や北の奴隷人民には
この程度のパフォーマンスをすれば万事O.K.というところで金と文のドヤ顔写真。そして日本の反日マスコミは日本もこの南北平和行きバスに乗らなければためにならないよ、などと持ち上げている。かってシナのAIIBのバス
に乗り遅れるなと盛んに尻押ししたのが日本のマスコミ。現在どうなっている。特アのパフォマンスなど初めから底が見えている。シナや半島のすることは大体相場が決まっている。日本人は冷静に「国家百年の計」よろしくじっくり物事を判断するべきである。
[ 2018/04/28 11:11 ] [ 編集 ]
この写真は幼稚園児のお遊戯か?
仲が良ければ大の大人でも手を繋いで歩くのが朝鮮の風習なのかどうか知りませんが、日本人である私には何とも気持ちが悪く感じます。私から見えるのは、男同士の友情というよりは、幼稚園児のお遊戯の延長。

一国のトップ同士に友情はあり得ないのかも知れないが、先日の安倍トランプ会談とその後のゴルフとは雲泥の差。と見えるのが普通だと思うのだが・・・。
果たして日本のマスコミの報道はどうだろう?

何事も表面に惑わされず、本質を見極める事は難しいと思うが、いくらなんでもこの両首脳会談に日本人は惑わされてほしくないものだ。
[ 2018/04/28 11:34 ] [ 編集 ]
茶番劇を見せられた!アホらしい
今朝の産経に『訪朝を餌に日本世論懐柔か』という加藤達也氏の署名記事がありました。読んで納得やっぱりね。

朝鮮総連等が全国各地で報道機関や自治体に工作活動をしているそうで。それに乗っかってしまうものも出てくるかもな。いや、もう出てきてるかも。そう言えば、野党6党って・・・。言わずもがな。分かりやすすぎて反吐が出る。

[ 2018/04/28 18:18 ] [ 編集 ]
憲法九条改正と南北朝鮮友好報道
https://www.sankei.com/world/news/180427/wor1804270027-n1.html

日本の偏向メディアが何故に南北朝鮮の首脳会議を肯定的に報道するのか?
それは東アジア地域に於いて自民党安倍政権が軍事的緊張を利用して改憲することを防止したいからでしょう。
当然、中国の軍事的脅威も出来るだけ矮小化して見せるというスタンスです。

つまり自民党安倍政権が言う東アジア地域での軍事的リスクはそれほどのリスクではなく、隣国と話し合いで解決出来るものであると誘導するものです。

http://www.tbs.co.jp/houtoku/

危険性が薄いにも関わらず憲法九条を改正したり、防衛費を増やしたり、自衛隊の認知度を上げたりしてはいけないというものでしょう。

その基にあるのは何か?
そこが変態さよくの所以であるのですが、「独裁軍事国家よりも日本の軍事力の方が危険である」という考えでしょう。
それを一般日本国民に納得させようと日々偏向報道を流しているわけです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E4%BA%95%E6%9C%AA%E5%B8%86

http://www.magazine9.jp/interv/aoi/index1.php

[ 2018/04/28 18:34 ] [ 編集 ]
※ 

それは東アジア地域に於いて自民党安倍政権が軍事的緊張を「利用」して改憲することを防止したいからでしょう。

ここでの「利用」とは
偏向さよくメディアの見方です。

実際は
「軍事的緊張に対処するため」
「危険防止のため」
というものです。
[ 2018/04/28 18:42 ] [ 編集 ]
当日、映像を見ていましたが生理的嫌悪感の限界ですぐにテレビを消しました。

これまでの敵対的姿勢が一転、融和的となる掌返し。韓国人は戦闘が回避でき、さらに念願の同一民族国家への回帰が望めます。それが北朝鮮主導の更なる困窮の道であっても、彼らが朝鮮民族国家を望むのであれば、私たち日本人がとやかく言う部分は少なくなります。他人、他民族、他国家の問題ですから。

しかし日本人が求める問題は、両頭がハグしようが、共同宣言しようが何も変わっていません。個人的な考えですが、北朝鮮が全ての拉致被害者を返すこと。それが達成されて始めて正常なスタートとなります。
(※北朝鮮の核廃棄を実現することも重要ですが、潜在的敵国であることに変わりはありません。今まで通り通常兵器を日本に向け続けるでしょうし、スパイ活動や非合法活動も変わらないでしょう。「正常」は「仲良し」ではありません。)

今回の朝鮮融和showで簡単に返された掌からこぼれ落とされたものと常識的判断を持たねば、今日の報道特集のようになるのだなと、金平の顔が消えて送信ボタンを押すw
[ 2018/04/28 18:46 ] [ 編集 ]
男同士が手を繋いで抱擁とは、キムチ悪い演出か同志の工作の成功を称えてるのか、ホモだちかのドレかだ
金大中、金正日の南北首脳会談の再現で再び詐欺行為を働く気だけは満々だと見える
前回の第一回南北首脳会談が終わった後、南は左傾化し北の工作員が闊歩しだし韓国内で強い影響力を行使出来る立場に成った事はネット上では既に有名な話である。

金大中と次の大統領盧武鉉と其の側近として活躍した文在庫などは其の象徴だ
知らなければ「中韓を知り過ぎた男」の過去記事を最初から一つ一つ丹念に読めば、南が北に汚染されていく過程と金大中の無能ぶりが実体験混じりで描かれて居るので、読まれる事をお勧めするが
今回の茶番劇で南は依り一層親北化を強め民主自由主義陣営から離れ、価値感を共有できない関係を強めた事は確かである。

日米が朝鮮半島で求める物とは半島の非核化と人権問題で有り停戦合意等は韓国以外の国に取っては既に決着済みで興味を引く対象ですら無い。
北の工作員文在庫と北に与し憲法改正を阻止したいマスゴミが幾ら「朝鮮半島に平和がー」等と騒ごうとも核問題の完全解決と拉致問題を含む、北朝鮮の人権問題の解決が無ければ日米の姿勢は変わらない。

斬首作戦等と云う物は中露のおひざ元の半島では中露を強く刺激しかねないのでシリアの様に簡単には出来ない。
朝鮮半島は中露に取っても緩衝地帯ですから
[ 2018/04/28 23:32 ] [ 編集 ]
文在庫でなくて、
文在寅な

庫と寅は、よく似てるからね。

シリアは、リビアの間違いでは?
シリアで斬首作戦、あったっけ。
[ 2018/04/29 06:36 ] [ 編集 ]
>[ 2018/04/29 06:36 ] (名前空欄)
>文在庫でなくて、
>文在寅な
文在庫と書く既に普及して彼方此方で使用されてるネタを知らんのか?
文在寅と書かず敢て文在庫とネタで書く理由も推測出来んとは情け無い奴

>[ 2018/04/29 06:36 ] (名前空欄) [ 編集 ]
>シリアは、リビアの間違いでは?

米、シリアにミサイル攻撃 空軍基地へトマホーク59発
2017/04/06
米、シリアにミサイル攻撃 「アサド政権の化学兵器使用」理由に
2017.05.10

米軍がシリアにトマホークをぶっ放して空軍基地を壊滅させたのは有名な話で一般では其れが北朝鮮がビビった元とされている
特殊部隊を潜入させてとか直接トマホークで金正恩の首を狙うとは有り得ない話だ、現実的にヤルとしたら核関連施設をトマホークで狙い壊滅させるのが正攻法で現実的で北を大きく揺さぶるで有ろうし、先代が開発した核技術の損失だから、金正恩の後継者としての正当性も揺らぎかねない、正しく金正恩の首を取る作戦だ
金正男を毒殺したのは替えられる事を恐れ疑心暗鬼に成っての犯行だと思われる

リビアとはカダフィーが治めてた国の事
カダフィーが群衆からリンチを受けて殺害された事を米国による斬首作戦と捉えて居るのか

単純で薄っぺら過ぎて御目出度いよ君は
[ 2018/04/29 06:56 ] [ 編集 ]
南北朝鮮首脳会談
4月27日南北軍事境界線のある板門店で北朝鮮の金恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領との首脳会談が開かれました。

https://www.sankei.com/world/news/180427/wor1804270042-n1.html

https://www.sankei.com/world/news/180428/wor1804280020-n1.html

https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20180428-00084556/

しかし首脳会談後両氏が署名した共同宣言の中身は実に内容の無いと言ってもよいものであった。

https://www.sankei.com/politics/news/180428/plt1804280002-n1.html

確かに此れから行われるであろう米朝首脳会談こそが今後を決定するものであるので中身が無いのも当然と言えば当然ではあります。

此処で押さえておきたい事とは先ず北朝鮮という国がどの様な国であるのか?ということです。
朝鮮史に於いて近年金一族により支配されている『非民主人権主義の独裁暴力的・テロ国家』であるという事です。
それを証明する出来事には紙数が足らないというものでしょう。

その現在の首領金正恩は今は口を謹んでいますが、ほんの少し前まで核ミサイル開発を誇り、米国、日本などを恫喝していた張本人です。
対日関係でも拉致事件を起こし、解決をしていない敵対的加害国です。

対して韓国とはどの様な国であるのか?
あの『日韓慰安婦問題』での対応などでも分かる様に「法治国家」ではなく、「情治国家」とでも言うものです。
つまり民主主義国というものから見れば未成熟な国と言えます。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47961?page=2

その韓国は過去、日本漁民多数を死傷させ、日本の領土竹島を不法にも軍事占領している敵国であり、「慰安婦問題」などでは世界中で国民共々反日プロパガンダを繰り広げている国です。
そして今の文在寅大統領は韓国での左翼、北朝鮮の咸鏡南道出自という存在です。

その両国が確かに分断国家として統一を目指すのは民族として自然な姿とは言えますが、現在単純に南北だけの話し合いで出来るものではありません。
それは主に北朝鮮が自ら関係諸国を負の関係として増やしたという責任を持っているからです。

現在韓国では今回の南北会談を肯定的に評価する世論と懐疑的に評価する世論があります。
しかし此処で思うのは将来的な南北統一とはどういう形が取れるのか?というものです。
一方は金一族による独裁国家であり、北朝鮮をその金一族支配を保持する事をある意味主な目的として今南北会談をし、対米会談を模索しているというものです。
もう一方の韓国に於いては曲りなりにも大統領が選挙で選ばれる国です。

その様な両国がどういう形で、はて統一するのでしょうか?

この度南北会談が終わり、次の注目が米朝首脳会談であるわけですが、此処での問題は米国のトランプ大統領が性癖とも言える「ディール」を前面に出して妥結させるという功を焦った動きをしないかどうかというものです。

畢竟、極端に言えば「米国は北朝鮮のICBMの脅威がなくなればそれで良い」と考えていても強ちと思えます。
所詮、民主・人権など欧米諸国の建前だと鼻で笑えます。

世界は中国の様な一党独裁・非民主主主義国が大手を振って経済大国として存在していたり、ロシアというこれも独裁者の国があったり、シリアなどという悲惨な国、アフリカの無法な国々の存在を現実として見れば北朝鮮の存在もそんな一つなのかもしれませんが。

そこで日本としては「核兵器を含め、長中短距離ミサイルの脅威の除去、拉致被害者の帰国」、これが譲れないものと言えるでしょう。

此処に於いて日本国内には日本国民をミスリードする声がメディアから出ます。

「日本は蚊帳の外」とまるで「日朝首脳会談」をせっつく様な声。
いつもの「会話で解決」と「経済制裁・軍事力」での圧力を軽視・忌避する声。
これ等が日本のさよく・在日・親北派などから発せられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%B2%9E%E7%A7%80%E5%A3%AB

http://asian-reporters.com/takesadahideshi_arienai_iken/

続く・・・・

[ 2018/04/29 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: