FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自分らが提出した法案すら審議拒否する野党に、議員たる資格はあるのか

自分らが提出した法案すら審議拒否する野党に、議員たる資格はあるのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党のクイズ王こと小西洋之に対し、「おまえは国民の敵だ!」と繰り返し“指摘”した自衛官がいたそうだ。発言の主は防衛省統合幕僚監部に所属する30代の男性3等空佐だそうだが、この発言を受け、統合幕僚長と小野寺防衛相が立場上、謝罪するに至った。

 実に正しい指摘ではないか。小西は「現職の自衛隊幹部が国会議員に牙を剥いた」と、さも一大事であるかのようにこの事案を拡大させようとしている。


 政府や行政側のミスなら、メディアが必ず取り上げるという錯覚があるようだ。だが、こんな小粒議員の件など、メディアにとってはベタ記事レベルにも満たないものだ。安倍総理や麻生財務相など、小西の何百倍の誹謗中傷を浴びているが、発言ひとつひとつを採り上げて非難するようなことはしない。弱い犬ほど良く吠えると言うが、小西の批判は遠吠えレベルのものなのだ。4年前、Twitterで私をフォローしてくださる方のひとりが、小西に批判的なツイートに対して本人に「法的措置を取る」と脅され、アカウント閉鎖を余儀なくされた事件があった。その頃から、個人的にも、この議員に対しては嫌悪感しか持てない。

 少なくとも、この3等空佐の発言から判断する限り、我が国の自衛隊は盤石だ。敵を敵として、正しく認識する能力は保っている。

小西洋之


 さて、小西のような雑魚のことはどうでもよいが、国会の機能不全は深刻な状況にある。米国で開かれるG20に麻生財務相が出席することに理解を求めた政府に対し、維新以外の野党が、文書の改ざん問題や、官僚のセクハラ事案などへの対応を優先すべきだと主張し、政府の申し出を蹴ったという。耳を疑うような対応である。

 改竄を含む文書管理の問題や、財務官僚のセクハラ事案が、財務大臣の国際会議出席を妨げるようなものではあり得ない。野党の連中には「国益」という概念が決定的に欠落しているのだろうが、この対応は、彼らが国益よりも倒閣を優先していることの証と言える。経済や外交よりも、ひたすら倒閣なのだ。まったく、正気の沙汰ではない。こういう野党を支持できるのは、どういう感覚を持つ人たちなのだろうと、理解に苦しむだけだ。

 こういう野党の行動は、常識では測れない。昨日の厚生労働委員会で、維新を除く野党がまた欠席した。この日の委員会の議題はふたつあり、ひとつは「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案」という閣法。もうひとつは「生活保護法等の一部を改正する法律案」だが、こちらは立憲民主党の池田真紀が中心となって提出した法案である。要するに、立憲民主党は、自分が出した法案に対する審議ですらボイコットするのである。

 こんな議員に血税を割き、歳費を支給する必要はない。働かざる者、食うべからず。働かざる議員、バッジを付けるべからずだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/19 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
初心は・・・
この人達も議員になろうとした初心は、国家国民の為に少しでも働けたら、ぐらいの事は思ったのであろう、と思いたいが、現状を見るとどうしても「これらは一体何を考えて立候補したのだろう?」と疑いたくなります。
自分達のして居る事がどんなに愚かで邪な行動か、分からないなら正気ではない!と言い切りたい。
野党には松下政経塾を出た議員が多く存在しますが、何を学んでこうも醜悪なのか?
それとも、本当に野党議員のルーツはアチラなのか?

以前からおかしいと思って居ましたが、自衛官の図星!にこんなに反応する小西呆は、病気なのではないのか?冗談でもバカにしているのでも無く、心配してしまいます。
強烈な自己愛、目立ちたがり、自尊心が昂じて、現実社会に対応不能が逆作用している様で、議員にも適格試験がある方がお互いの為かもしれません。

世界に例の無い(と言われる)デフレ脱却を目の前にした日本の総理と財務大臣は、今世界中から注目されている立場の筈で、日本のこの愚か過ぎる毎日にも欧米メディアは注目して居るとか。
これで麻生大臣がG20を欠席などしよう者なら、大臣ではなく日本が嗤いモノになるでしょう。
政府の判断で渡米される事に大賛成です。バカを相手にはしていられません。

[ 2018/04/19 08:44 ] [ 編集 ]
後ろから三行目の、しよう者なら=しようものなら に訂正致します。
[ 2018/04/19 08:49 ] [ 編集 ]
維新の野党?
維新の野党→維新以外の野党

でしょうか?
[ 2018/04/19 10:03 ] [ 編集 ]
メディア対策必須
>>こういう野党を支持できるのは、どういう感覚を持つ人たちなのだろうと、理解に苦しむだけだ。

野党支持者の多くはオールドメディアに騙され続けていて「こういう野党」ということ自体を今もって認識していないのだと思います。メディア対策が重要課題ですね。保守の地上波が一つあるだけでも大きな力になるのですが。
[ 2018/04/19 11:45 ] [ 編集 ]
愚かで子供じみた自称エリート
「国益?そんなもん知ったこっちゃねえよ」の野党。
単なるノイジィーマイノリテの騒擾、
クレーマーマイノリティの横暴を国会の場で
晒し続ける野党の面々。

少数の野党が多数の民意を受けた政権を誹謗中傷し、
冤罪づくりに狂奔する。
国民不在の少数のエゴが肥大化し、
そもそも民主主義を損なう事態になっている。

「エビデンス?ファクト?そんなもんねえよ」の
不公正極まりない、あるべき姿を忘れた反日マスメディアが加担し先導する。
安倍憎しで絶叫していれば良いだけのパフォーマンスで国会議員の
本義を忘れて国民を欺きながら、税金をくすねて行く。
犯罪にも等しい歳費泥棒の連中が国会で騒乱を巻き起こし、
本来の国会の権威を貶める。

どれだけ国民が情けない思いをしているかは、分からず、
分かっていたとしても、安倍政権打倒の運動体としての役割を
ひたすらに果たすばかり。

ほとんどの国家がスパイ防止法を当然の如く持っていると
言うのに、日本でこの法律の制定が叶わないのは、
国家の大事を余所にするような与野党の議員たちのなかに
スパイが、かなりの数で混じっている証拠。

そこで、この小物という言葉がぴったりの
小西議員の子供じみた言動は、
こちらが赤面するほどの愚かしさになる。
工作員とはなり得ない低レベル。

この人物もまた、従来の東大出というイメージを損なわせ
更には、高偏差値イコール賢さではないことを
世間一般に強く納得させた人物としてあげられる。
しかしこんな議員が選ばれるのを見ていると、
日本人の民度に懐疑的になってしまう。

また、こんなあさってのことで吠え回る小物犬でも
昨夜の会合で集まった
小泉純一郎、山崎拓、武部勤、小池百合子、二階俊博
と言った日本をアメリカや中国に売り渡してしまうような
古狸の悪玉連中より、まだましかな?

比べることがナンセンスでした!

***
こはる様

私の胸のつかえを幾分かをかかせていただいたものに
一々、コメントをいただき有難うございました。
[ 2018/04/19 12:27 ] [ 編集 ]
訂正します
胸のつかえを幾分かをかかせていただいたものに
     ↓
胸のつかえの幾分かを書かせていただいたものに

 どうも後から言葉を加えた際に、誤りを見過ごしてしまうようです。
 毎回の訂正に自分ながら呆れます。
 失礼しました。
[ 2018/04/19 12:34 ] [ 編集 ]
報道されるたびに、顔写真に「国民の敵」というテロップがついて紹介される小西議員
小野寺防衛大臣の謝罪の仕方が気に入らなかったようで、小西議員がふたたび発狂していることが、複数のテレビのニュースで繰り返し報道されている。
そのたびに小西議員の顔写真に「国民の敵」というテロップがついて紹介されている。
ニュースのアナウンスも「『お前は国民の敵だ』と言われた民進党の小西議員」とか、「民進党の小西議員が『おまえは国民の敵だ』と言われた問題」と繰り返し紹介されている。

ニュース自体は、小野寺防衛大臣が改めて謝罪したとか、統幕議長が謝罪したという内容なのですが、なぜかほくそ笑んでしまうのは私だけでしょうか?
[ 2018/04/19 20:52 ] [ 編集 ]
「日本の敵」で間違いありません。
この人も、見事な「朝鮮飲み」のお手前を披露なさっています。日本人ではありません。
帰化した形跡が無ければ『背乗り』でしょう。何代経とうが火病遺伝子は健在です。
何らかの方法で日本国籍を手に入れた敵国人です。
辻元や福島ミズポ同様の「国壊議員」です。
[ 2018/04/21 05:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: