私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  時事世論調査 ~ モリカケ・日報で散々騒ぐ野党全てが支持率を下げる結果に

時事世論調査 ~ モリカケ・日報で散々騒ぐ野党全てが支持率を下げる結果に

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、Yahooのトップ画面のニュースに「内閣支持率が続落し38% 時事」と出ていたので、「おっ!」と思って内容を確認してみたら、続落と言っても前月比でたった0.9%のマイナスだった。僅かに上げれば横這いと言い、僅かでも下げれば低下ということばを使うのが反安倍メディアの常套手段だ。続落は確かに間違いではないのだが、「タイトル見るだけだと騙される」という、最近のニュースにありがちな見出しのつけ方だった。

 内閣支持率は、前月比マイナス0.9ポイントの38.4%、不支持率は2.2ポイント増の42.6%だった。これだけ政治的意図が明確な逆風に晒される中、いまだ支持率を4割近くで持ちこたえている政権というのは、大したものである。もっとも、この調査は一連の「首相案件」報道前に実施されたもので、結果は「首相案件」を反映していない。この首相案件も、朝日がその時期を加計学園が手を上げる前だと自爆しているにもかかわらず、報道はその事実を恣意的に隠している。真実を報道すれば、安倍政権にダメージを与えることができないから報じないのだが、まったく我が国のメディアの腐りきった実情を、日々見せられているようで、憤懣やるかたない。

 さて、この調査では、内閣支持率よりも興味深い数値がある。政党支持率だ。

時事通信 政党支持率(2018年4月度)


 逆風に晒される自民党の支持率は横ばいだ。一方で、青筋を立てて政権批判を強める立憲民主党、希望の党、民進党、共産党らは、支持率を全く伸ばせないどころか、前月比では落としている。民進党など、なけなしの支持率をほぼ半減させた。世論は、安倍政権にお灸は据えるけれども、野党にもなんら期待を持っていないということになる。

 彼ら倒閣を目指す野党は、左派メディアからの全面的なバックアップを受けている。中道とも称され、安倍政権に近いとされてきた読売新聞でさえ、最近は政権批判が色濃い論説を頻出させている状況だ。それでもなお、政権支持率は僅かに落ちるが、激減はしない。自民党は野党第一党の5倍にもあたる支持を集める。時事の調査では、6割近い無党派が算出されているため、この無党派層がどちらに付くかで勝負が分かれる。ただ、モリカケや日報問題で政権批判を強めることが、野党の支持に繋がっていないことは明々白々なのだ。

 マスコミが吹かせる追い風を、背中いっぱい受けるのが、現在の野党だ。しかし、彼らはマスコミの支援を受けながらも、内閣不信任案すら出さない。正確に言えば、出さないのではなく「出せない」のだ。総選挙は去年実施したばかりなので、可能性は低い。ただ、仮に総理が解散に打って出た時、今の野党には、自民党に勝つ見込みが全くない。野党共闘とは言うものの、立民、希望、民進、自由、社民を合わせても、支持率は7%にも満たないのだ。この状態で小選挙区制に突入するのは自殺行為と言っていい。

 しかるに、自民党は右往左往せず、党内政局にかまけている暇があったら、事の収束に全力を尽くすべきである。この、野党とマスコミが作った政局に安易に乗っかり、安部おろしなど画策すれば、その安っぽい思惑は国民の軽蔑の対象になる。石破茂が身を以てそれを示しているではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/14 07:19 ] 政治 | TB(0) | CM(21)
支持率、世論などの統計数字を安易に信じるべからず
 徒に支持率という統計結果を信じるのもどうかと思います。
 誰が何のために、どのような設定で、誰にどのくらいの範囲で、どのような設問で行った数字なのか、そしてその発表者が信じるに足る機関であるかをきちんとお検証しない限り、政治的プロパガンダの一助になる恐れが非常に大きいと私は思っている。

 またこの度の統計数字を仮に正しいと考えても、ほとんど誤差の範囲であり、この結果で結論を出すのは早計ではないだろうか。
 NHKでも朝日新聞でも、自分に有利な統計を都合のいい時に頻繁に出すけれど、まず眉に唾付けてみる知恵が必要だと私は思っている。

 数字をあげて、声高らかに宣言する奴はまず恣意的な詐話師とみてほぼ間違いない。
[ 2018/04/14 11:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/04/14 12:26 ] [ 編集 ]
韓国および帰化未帰化在日韓国人たちが困ったときの韓国式捏造世論調査(内閣支持率調査、各政党支持率調査などを含む)結果ステマ
韓国および帰化未帰化在日韓国人たちが困ったときの韓国式捏造世論調査(内閣支持率調査、各政党支持率調査などを含む)結果ステマ

韓国および帰化未帰化在日韓国人たちが困ったときの「キムチNHK、キムチ読売新聞、(韓国語が社内公用語である)キムチ日テレ、キムチ共同通信、キムチ時事通信=韓国中央日報=キムチWSJ、きむちロイター日本語版、キムチ日経新聞などによる韓国式捏造世論調査(内閣支持率調査、各政党支持率調査などを含む)結果ステマ」
-----

帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関のNHK、帰化未帰化在日韓国人新聞の読売新聞、(韓国語が社内公用語である)帰化未帰化在日韓国人テレビ局の日テレなどは、韓国および帰化未帰化在日韓国人たちが困ったときに韓国式捏造世論調査(内閣支持率調査、各政党支持率調査などを含む)結果ステマします。
[ 2018/04/14 12:42 ] [ 編集 ]
きむちアカヒ新聞=韓国東亜日報=きむちニューヨーク・タイムズ
きむちアカヒ新聞=韓国東亜日報=きむちニューヨーク・タイムズ
[ 2018/04/14 12:55 ] [ 編集 ]
昔、テレビ朝日で
かなり前に、テレビ朝日の飲み会で、日本人記者と在日記者の殴り合いがあったと、文春か新潮のどちらかで報道されていました。
原因は、世論調査の数字をどのくらいごまかすか、で意見が対立したからだそうです。

>この、野党とマスコミが作った政局に安易に乗っかり、安部おろしなど画策すれば、その安っぽい思惑は国民の軽蔑の対象になる。<

まさしくそうです。
自民党議員の人間性が見られています。
安倍首相を守り、押し立て、一丸となって反日勢力に対抗し、日本を守っていくのが、もっとも望まれることです。
[ 2018/04/14 19:21 ] [ 編集 ]
内閣支持率は世論を示す一助ですが統計的には真実とは言い難い。ただ現状で安倍内閣の支持率は低下しつつあるというのは正しいだろうと思います。なので従前の方法で国会を乗り切ろうというのであれば内閣支持率はさらに低下するような気がする。そしてもしも米朝会談で拉致問題が棚上げになり、消費税10%となると、今度は自民党自体の支持率もそうとう低下すると思います。自民党が政権奪還したのは当時の民主党のていたらくに国民の支持を失った流れでした。なので同じようなことにならないようにしてほしい。安倍首相はみずから墓穴を掘っている気がしてなりません。忖度は日本の美徳のひとつかもしれないし、何もかも頭から否定してしまって、あとから辻褄が合わなくなると説明がつかないことにもなる。内外に将来に向けての諸問題が山積しているときに国会審議が停滞することは野党ばかりでなく与党にも責任があるでしょう。もちろん政権に責任があるのは当然だと思います。切るものは切る、泣いて馬謖を斬る、きちんとした姿を見せることが大事ではないかと思います。前回の総選挙は小池女史のお陰様で自民党に流れが移りましたが、今この時点で野党の支持が低いからと言って総選挙はあり得ない。与党は過半数を維持できてもかなりの議員を失い、改憲の決議も不可能になってしまう。安倍さんに代わる人を選ぶのがベタ-だと思う。自民党は幅広く人材が多いのですからこの難局を乗り切ることは可能だと思います。
[ 2018/04/14 22:52 ] [ 編集 ]
 ↑ 
>安倍さんに代わる人を選ぶのがベタ-だと思う。

ならば、貴方が推すのは誰なのかを述べて欲しい。 それにより貴方の立ち位置が明確になる。
[ 2018/04/14 23:24 ] [ 編集 ]
お為ごかしさんが最近頻繁にご訪問ですね。
何と書いても、つまりは安倍さん降ろしのお人。辛気くさい書き方せんでストレートに書かれた方がよろしいと、私的には思います。
まるで、「ぶぶ漬け」話法ですわね。
[ 2018/04/15 01:21 ] [ 編集 ]
自民党の下げ
2F幹事長はじめ自民党幹部は、安倍総理の支持率を頼みに野党から復権し、この5年4ヶ月を党自らは何の努力をしてきたのかトンと存じませんが、現内閣の外交、経済、防衛努力で政権党を保持出来てきました。

勿論、アノ魔の民主党政権には二度と戻りたくない有権者は、今更反日無能野党に日本の運営を任せたいとは思わないでしょうが、自民党が今までの安泰を思わず、野党とマスコミの安倍内閣への理不尽な追求に依る困憊を見て、他人事の様に総理を降ろす論で蠢く様子を見た有権者が自民党から離れる事は大いにあると思います。

小泉政権の前までもそうでしたが、安倍第一次内閣からの一年交替の首相すげ替えは、自民党の内紛が原因でした。
自らの足を食い潰すタコの様な愚行を、今度もするなら、当然帰結するものは有権者の党議員離れです。

ゴロツキ野党は放っておいても自爆し続ける模様ですから、腹立つことばかりですが問題外として、肝心な自民党には真の謙虚さとメディアに右往左往しない姿勢を求めたいです。
[ 2018/04/15 01:49 ] [ 編集 ]
ぽんこ 正体丸見えだぞ!
ぽんこは、自民党を憂うような振りをみせながら、正体は、ただの反自民、反安倍、反日の輩。
姑息な書き方で、自分の主張への同調者を増やそうとする狙いだが、何せ、文章に滲む嫌らしさが鼻につき、正体、まるわかり。
本人は工作活動のつもりだろうが、お粗末なことだ。

「ぽんこ」は、「あんぽんたんこ」というのが正解。
[ 2018/04/15 06:23 ] [ 編集 ]
ぽんこさん文
それでなくても他のコメントは基本読まないのですが、何か騒動的なことがあると一応見ることがあります。
でも文章が一気通貫で区切りがないとそれだけで読む気になりません。
今回もしかしたらその読む気を失せさせようという含みもあるのか?

「さよく・在日によるモリカケ等倒閣工作」は今コメントを思案中です。
[ 2018/04/15 09:14 ] [ 編集 ]
>安倍おろしなど画策すれば、その安っぽい思惑は国民の軽蔑の対象になる。石破茂が身を以てそれを示しているではないか。

小泉ジュニアもそろそろ正体を現してきた。
オヤジとつるんで。

このオヤジは政治をワイドショー化させる天才。
気をつけよう。

くわばらくわばら。
[ 2018/04/15 10:10 ] [ 編集 ]
安倍降ろしで特に五月蠅いのが小泉元首相で、今日だけでもあちら此方の報道機関の見出しに出没し安倍降ろしで奇声を上げて居ましたね

そんな小泉さんが考えてる事が手に取る様に分かる気がするんですが

彼は息子の進次郎氏が石破に投票した事から分かる通り石破推しなので息子の進次郎の其の後も石破氏に委ねてるのだとも思いますけどね

東京都知事選時には小沢一郎に付き従い其の後小泉氏に鞍替えした小池氏を小沢一郎と共に細川護煕を担ぎあげる事で反原発票、サヨク票の分散を図って小池氏の当選を陰ながら掩護した間柄
石破も小池も同じ小沢の子分筋で小泉が小沢と志を同じにして倒閣に動きだすは大いに肯ける行動だと思えますが
国益を売り飛ばして利己益に走るは小泉流

「安倍晋三首相の3選難しい」小泉純一郎元首相
https://www.sankei.com/politics/news/180414/plt1804140021-n1.html
難しいでは無く難しくしようと暗躍してる連中が居る。でその筆頭が小泉

[ 2018/04/15 18:46 ] [ 編集 ]
息子の芽
父親譲りのマスコミ受けする発言で選挙の度に持ち上げられ、思ったよりも早めに息子進次郎氏の「総理候補」の芽が(マスコミには)出てきて、せっせと安倍降ろしに励んでいる父・小泉純一郎元総理。と見ます。

自民政治が世間に飽きられ過ぎた頃に「自民党をぶっ壊す!」と叫んで一般観衆の大向う狙い、その実は自分が下足番から仕えた福田赳夫氏の、「天敵」元田中派を壊滅させる為のアレコレ。
要するに国政ではなく派閥的個人報復が小泉政権の「仕事」だったと、私的には理解しています。
彼の政治には、何ら国家への想いは感じ取れませんでした。

その息子ドノ、発言は華やかでも未だ核になるモノも無く、「批判精神」だけが突出して朝日も喜ぶ総理貶しに傾いて居る模様。
偶にはメディア批判も調味料程度に加えて芸がけっこう細かいw。
国政にタッチして居ない者の「気楽な強み」と云おうか、軽率さと云おうか。
到底、政治家としては買えません。
[ 2018/04/15 23:26 ] [ 編集 ]
佐川さんは過去の国会で虚偽答弁しているので、安倍首相や夫人の関与はなかったという証人喚問での証言が疑われてしまいました。柳瀬元秘書官も愛媛県職員らと面談したことを否定しています。また今日は福田次官のセクハラ疑惑を福田さんは事実無根だと否定しました。政府はこうした人々をなぜ早い段階で処分しないのか不思議でなりません。
自民党国対ニュ-スでは柳瀬元秘書官と愛媛県職員の国会招致が実現しそうです。証人喚問ではなく参考人として招致されるのではないかということらしい。この忘備録関連では、愛媛県側が加計学園関係者を連れて官邸を訪問するらしいという情報が文科省や農水省に流されてたようです。そこで農水省は面談の結果を早く知りたいということで、愛媛県のほうに説明に来るように連絡したようです。忘備録の中身は、柳瀬さんが愛媛県や加計側にはっぱをかけた内容です。首相案件という言葉は国の政策に関することは首相に最終責任があることを思えば問題になるとは思えません。それよりも心配なのは、柳瀬さんが訪問者に、安倍首相が加計学園の獣医学部のことを知っているようなことを説明していること。安倍総理は加計学園が獣医学部をつくろうとしていることを知ったのは2017年1月だと答えているので、どう説明するのか、果たして乗り切れるのか。また支持率が下がりそうでなりません。どうしてこんなことになったのか、美しい日本という言葉が流れた頃が懐かしい。
[ 2018/04/16 15:21 ] [ 編集 ]
ぽんこ 芸風変わらず


心配するような振りをして、分断工作をしているつもりの ぽんこ
正体まるわかりの芸風に未だ縋っている。


みんな呆れているぜ。
[ 2018/04/16 16:30 ] [ 編集 ]
お為ごかしさんの無駄骨
普通、一般的、常識的に、日本では「備忘録」というのよね。

佐川氏の「虚偽答弁」と、何を根拠に決めつけられるのでしょうか?その言にぽんこさんはしっかり責任を持って下さいね。
また、柳瀬秘書官に関するアナタの妄想を、今の時点で書かれるのも大いに無責任だと思います。慌てる乞食は貰いが少ない。

加戸前愛媛県知事は、<農水省と文科省が日本獣医師会の意向を受けて愛媛県の申請をはね返しているのだから、それならば(特区という別の)登山口があることを教えない方が不親切だ>と仰って居ます。

これで、何故その愛媛県職員の備忘録が農水省から出てきたのか、ちょっとだけ私も「妄想」逞しく楽しめました。
そのメモの保持の経緯も随分不明朗だそうで、曖昧模糊模糊。

こちらでご趣味の”芸の無い”お為ごかし振りを披露して居ないで、実際に何度も愛媛県の獣医師確保の為の教育機関を作る計画を断念させられてきた加戸前知事の言葉の重みを、アナタもまともな日本国民なら(でなければ好きにして良いわ)少しは考えて戴きたいワ。
[ 2018/04/16 20:52 ] [ 編集 ]
1つの候補のみに投票できる単記式多数決では、
他の候補と比較して最も多くの投票者から
「一番目に支持」された候補が勝つ。

その候補を一番目に支持しなかった投票者からの評価は一切考慮されない。
過半数を使わなければ最悪の場合、
その候補を最も支持しない投票者の方が多かった、
ということも起こりうる。

逆に、二番目ながらもすべての投票者から支持される候補がいたとしても、
単記式多数決は投票者が一番目に支持した候補にしか加点しないため、
そのような候補が勝つことはない。

それを回避するには、
投票者にとっての順位に対応したポイントを加点するボルダルールや、
「A>Bとした人数」と「B>Aとした人数」といった2候補間の比較を
全ての組み合わせで行なうシュルツ方式などの選好投票を用いること。
[ 2018/04/18 00:07 ] [ 編集 ]
日本の正常化を邪魔しているもの
相変わらず毎日の『安倍倒閣報道』ですが、その材料が「モリ・カケ」であったり「財務官僚問題」などです。

それらは問題視してはいけないというものでは勿論ないのですが、あまりに反日さよく野党、偏向さよくメディアの行いが「安倍打倒」という目的に向かって何がなんでも安倍首相に結び付けようとする倒閣活動の露骨さに辟易しています。

それにしてもここのところ調査主体にもよりますが、安倍内閣の支持率低下具合が大きくはなってきてはいます。

https://www.sankei.com/politics/news/180415/plt1804150021-n1.html

https://www.sankei.com/politics/news/180415/plt1804150007-n1.html

それは逆に言えばこれも相変わらず「日本の大衆の政治意識のレベルの低さ」を表しているわけで、また「洗脳されやすく」、「思考力が足りない」という事を表しているわけです。

構造は単純であり、『反日さよく党と同盟関係にある偏向さよくメディアとのマッチポンプ的戦略に一般大衆がそそのかされている』という事でしょう。
これだからこの戦略はやめられないと彼らは思ってもいるのではないでしょうか。

今の日本は国家としての自立を米国により七十数年損なわれたまま、自ら自立を避け只管あの「タコツボ」の一端の様にみえます。

http://www.akane-law-office.jp/blog/2014/12/09/post-878/

それに関係して「陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報問題」が国会で取り上げられています。

https://www.sankei.com/politics/news/180416/plt1804160033-n1.html

https://www.sankei.com/politics/news/180416/plt1804160011-n1.html

これはつまり国際社会に於いて日本の軍事的貢献はしてはいけないと法を基に言っているわけであり、予てより言われている「日本は金だけ出して汗をかかない」というものに繋がります。
そしてその協調は日本の安全保障にも繋がります。

何も積極的に紛争地で戦争に加われと言っているのではなく、紛争地で現地の為に働くという事は軍事的プロが行き行うべきであり、また『危険はつきもので当たり前』であるという事です。
但し、安全に関して最善を尽くして行動するというのは当然です。

それを「軍事的に安全でなければ行けない」というおかしな規定があるのでグレーな言動がそこに必要となってしまうわけです。

そんな法があったり、四方から突き上げがあるのも日本が独立していない証拠であり、大東亜戦争の根深い後遺症とでも言えるでしょう。


日本が独立していないから軍事力を背景としての主張を米国に依存しなければならず、近年の北朝鮮、中国の軍事的脅威に独自の対応が出来ない。
国民の生命・財産を守る最低限の安全保障というものを米国に依存し、しかも日本国民自体が敵から逃げ回り、タコツボに頭を突っ込んでいる。
その様な日本です。


当たり前の思考が出来る日本国民の日本を阻害しているのがさよく野党の同盟者偏向メディアです。
それによりに一般日本国民の世論はまだまだ影響されてしまいます。

現在国益に対してベターな政権が安倍内閣です。
それ以外は与党であっても況してや野党などでは日本破壊に向かうだけで、数だけ、口数だけの野党やメディアの安倍批判という足の引っ張りや体力消耗は日本の外交にとってもマイナスと言えるでしょう。

https://www.sankei.com/politics/news/180417/plt1804170063-n1.html

[ 2018/04/18 08:10 ] [ 編集 ]
さよく・在日の敵は日本
結局のところさよくや在日の影響力の強い日本国では日本の軍事力(自衛隊)を他国の軍よりも脅威と見ているという事です。

それは同盟国である米国に対しても同様で敢えて言えば一に日本軍、二に米軍とでもいうものです。

日本国の直ぐ横には非民主主義独裁国である中国や北朝鮮、そしてソ連に先祖帰りしつつある半独裁国ロシアが実際様々な動きをしているのを横目で見ていながらのことです。

https://www.sankei.com/world/news/180227/wor1802270013-n1.html

https://ironna.jp/article/299

http://www.afpbb.com/articles/-/3162484

https://ironna.jp/article/8020#

対して自衛隊に関してはちょっとした事があれば直ぐに「文民統制」、「文民統制」と騒ぎ、オスプレイが飛べば地元の反対の声を大きく取り上げるという、まして事故があれば大騒ぎという次第です。

それらをざっと見渡せばどうも彼ら『さよく・在日連合』は世界中で日本の軍隊が一番危険だと思っているのではないかと思えてしまいます。
それも昨今長い年月をかけて災害救助・国際貢献をし続けて来ての今の状況という事です。

http://ncode.syosetu.com/n5786eg/

よく中国の軍事力は米国に対して圧倒的に劣勢であるという数値だけの話が出ますが、人名軽視の中国と国民が直ぐ騒ぐ米国とは違います。

戦闘にしても飽和攻撃が中国には可能だというのを加味しなければ勝敗は分かりません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%BD%E5%92%8C%E6%94%BB%E6%92%83


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36856

そしてそんな日本のさよく意識はやはり大東亜戦争を自虐史観で捉えているところが根底にあるからなのでしょう。

[ 2018/04/18 12:14 ] [ 編集 ]
野党がずっとさぼって、国会に戻れば、もりそば、かけそば 国会議員は日当にしたほうがいいかも。
[ 2018/06/19 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: