私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  左派の「反安倍全体主義」と山口二郎大先生のデタラメ政治学

左派の「反安倍全体主義」と山口二郎大先生のデタラメ政治学

← 応援クリック、ありがとうございます。

 言論の自由とは都合の良いもので、現在の日本においては、「権力者に対しては何でも言える権利」というふうに曲解されている。昨日の支持率ゼロパーセント政党の代表、玉木雄一郎も曲解者のひとりだ。玉木は昨日、国会質疑で首相秘書官にヤジを飛ばされたことに激高し、後に記者段に対し、「犬は飼い主に似るという言葉がある。首相の傲慢な姿勢が隅々まで行き届いている」と語ったという。

 人を犬扱いできると思っている玉木自身こそ、傲慢ではないのか。野党は何を言っても赦されると思っているのか、支持率が限りなくゼロパーセントに近いから、これ以上落ちることはないと開き直っているのか。ヤジを不規則発言という玉木こそ、不規則発言の主だ。まぁ、立民でも希望でも民進でも、「お前らみんな犬のように似た者同士だな」と返してやりたくもなるのだが。

 保守派には大人気の山口二郎大先生も、なんだかわけのわからないことをツイッターで呟いている。


 民主主義とは「人民が権力を所有し行使するという政治原理」を意味するが、そのあたりを専門とする政治学者の山口先生の解釈は違うらしい。山口先生にとっての民主主義とは、イデオロギー的に相反する勢力が権力を握ることを否定するらしい。これは、反安倍勢力が「安倍一強」等々の表現を使いながら、安倍総理の「リーダーシップ」を「権力の乱用」という言葉にすり替えることによってのみ成立するロジックだが、少なくとも現政権は国民の信任を受けているという点において、山口二郎は敗者なのだ。

山口二郎


 山口大先生はこんなことも言っている。


 麻生発言を安倍政治と直結させて論じる短絡性には辟易とするが、政治学者の山口先生に言わせると、安倍政治はファシズムに近いという。これも曲解と言わざるを得ない。そもそもファシズムということばを政治学者が簡単に使ってしまうところがおかしい。

 ファシズムとは「全体主義的・排外的政治理念」を指すが、安倍政権による政治は全体主義でもなければ、排他的政治理念でもない。むしろ、今のマスコミの報道姿勢が、「反安倍一色」という全体主義を作り出す装置ではないのか。山口大先生は、安倍政治がでたらめだと言う。だが、政治学者である山口大先生の発言ひとつひとつが、極めてでたらめであり、ファシズムの擁護者であるとしか思われない。

 そもそも、安倍総理がでたらめな政治で行政を勝手に動かし、排他的な理念で税金を差配していれば、山口大先生は研究費として6億円はもらえないはずだ。安倍総理を批判するなら、6億円を国庫に返納してから言ってもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/12 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/04/12 07:34 ] [ 編集 ]
 本当に、山口二郎って馬鹿ですねぇ。
 馬鹿は馬鹿らしく大人しくしていればいいのだが、馬鹿は、己が馬鹿と思わないから始末に負えない。
 こういった馬鹿を無視する世相はもう永久に来ないのだろうか。
[ 2018/04/12 07:36 ] [ 編集 ]
まあ“人民民主主義”というのもあるそうで
このバヨク教授の言う“民主主義”はそっちの方なのでしょう笑
[ 2018/04/12 08:58 ] [ 編集 ]
FC2ブログランキングについて
最近、FC2ブログのランキングが異常に低いというご指摘を、複数の方からいただいています。
普段あまり気にしないランキングですが、確かにFC2だけ低いですね(^^;

実は、運営者経由で「名誉棄損だから記事・コメントを削除しろ」という要請が、或る法律事務所から来ており、もしかするとその影響かもしれません。

ちょっと対応を考えてみます。
以上、業務連絡までw
[ 2018/04/12 10:49 ] [ 編集 ]
邪魔な言論は封殺しろ!ということでしょうか。
名誉毀損にあたると言っている記事・コメントと、要請者が誰なのか、問題がなければ管理人様に開示していただきたいものです。とりあえず応援クリックします。
[ 2018/04/12 11:29 ] [ 編集 ]
人民裁判、文化大革命主義
共産主義を民主主義だと信仰してた連中が唱える民主主義とは好意的に解釈しても民主集中制のことでしょうね
でも彼等パヨクを見て居ると其れよりも遥かに劣化して、単に自分の気に食わない事は民主主義では無いと云うスタンスを取ってるのが分りますね
パヨクに取って民主主義とは自分が気に入るか気に入らないかを主体にしているのは明確ですね
彼等パヨクが憧れる民主主義国家とは朝鮮民主主義人民共和国の事でしょう。
気に入らん奴をミンチにする。
気に入らない首相を捏造報道と冤罪のコンボで魔女狩りをする。を持って民主主義と云う解釈をするのがパヨク

>実は、運営者経由で「名誉棄損だから記事・コメントを削除しろ」という要請が、或る法律事務所から来ており
赤が如何にも赤らしく強烈でクラクラして来る~。

恐怖を持って人を支配しようとする共産主義ファシズム、共産主義的なファシズム、赤いファシズム
人民裁判の下した結果が過剰な処刑活動などに転じる例は毎度のことだwik+

[ 2018/04/12 12:32 ] [ 編集 ]
犬以下じゃん
犬は躾れば、少なくとも玉木よりはずっと賢くお行儀良く行動出来ます。育てれば犬にはなにより大事な「心」があります。

躾られず、他者に対する最低限の礼儀も身につかずに国会議員になって、「親の顔を見たい」と言われるレベルの親不孝者達。
先ず、玉木の秘書は玉木に犬だと思われて居る、って事なのでしょうね。お気の毒に。

山口だいせんせーは、心が拗くれているだけで「主義」なんぞというご立派な物は無いのでは?と思える悪口雑言ばかり。
心の拗くれは目で分る。(四十過ぎたら顔は自分の心懸け次第、と世間では申します)

他人が映画鑑賞して、どう観てどう受け止めたか?なんて勝手に決めつけないでよね!と思う。
この感覚が「~と思ったに違いない、ますます疑惑が深まった」に通じる誤りの元。

イイ歳をして、言葉には諷喩や反語的表現もあるという事を知らないらしい山口だいせんせーには、麻生副総理の真意は難しくて汲み取れまい。


業務報告は詳細にお願い致したいw
[ 2018/04/12 19:04 ] [ 編集 ]
認識をすり合わせよう
非論理・暴力的な左翼の言う民主主義とは、現実的に表現すると
「左翼小児病末期患者のみによる極左ファシズム(極左以外は人ではない)」
となるのではないか。保守右翼は論敵を嫌っても悪質でなければ存在は許す。
しかし、左翼は危険層が大半で論敵の生存権すらまず認めない。狂っている。
[ 2018/04/12 20:28 ] [ 編集 ]
山口センセの教養
山口センセが政治学者と言われると、ご冗談を。確かに政治活動に熱心な大学教員には違いないけれど、政治をまともに研究した形跡などどこにもありませんがな、と言いたくなります。

民主党政権が成立した時には、この政権交代によって初めて日本で市民革命がなったとか、感動する自由はあるにしても、およそ言葉の概念規定からおかしくて、少なくとも学者の言ではありません。その後は民主党によるリフォーム詐欺の片棒を担いだことを自認しているもので、サヨク業界関係者として生きる道を選んだ人物としか思われません。

チャーチルの言は、子供の頃からナポレオンの時代に生まれたくて切歯扼腕師していたチャーチルがヒットラーという強敵と遭遇して多少舞い上がった?状況から出てきたもので、安倍総理がたかが日本のローカルサヨク勢力を敵に回す程度には大袈裟だと言っておけばよいものを。チャーチルは名文家であり、名演説家
ではありますが、ヒットラーを倒すのに張り切りすぎて、結果、至高の大英帝国を質流れさせてしまった人物であることも一言申し添えておきましょうよ。

[ 2018/04/12 22:04 ] [ 編集 ]
ヒトラーもはだしで逃げ出す。アカほど血に飢え狂った奴らはいない
ロシア革命の真実
ロシア革命はロシア人に対するユダヤ人側からの革命だった
山口先生が発言された「チャーチルが戦ったファシズムは人種差別を推し進め、個人の尊厳を否定する政治体制。」この部分は正しく共産主義者が起したロシア革命と其の後のウクライナで推し進められた人工飢餓政策 ホロドモールが当て嵌まり、其れ等の人種的な差別に基づいた虐殺行為を正当化し行ってきた共産主義思想と其れを推進してきたソ連にこそが相応しい
共産主義者がヤッタ此の二つの大虐殺に比べてもナチスの虐殺など遥かに小さい事が分り、戦後共産主義がらみで粛清や虐殺された人の数を加えれば共産主義がらみで何らかの理由を付けられて虐殺されて人の数は19世紀の地球の人口に匹敵するのではないかと云う位に天文学的な数字に昇りるだろう
これ等の事実と向き合えばナチスより極めて残酷で差別的で非人道的なファシズムが共産主義、共産主義的な物だと云う事が分るだろう
ナチスが行ったとされる大虐殺は共産主義者が自分達の大虐殺を隠す為に盛った数字だと言われている

「血まみれの統計」という章では、1918年の段階から毎年「革命裁判所」により銃殺された人々の記述がなされている。この著者は、それが赤色テロルとして共産党のもつ階級闘争というイデオロギーでなされたことを語っている。ナチの人種抹殺よりもはるかに主観的な階級抹殺を口実に人々が逮捕され、処刑され、暗殺されていたことを述べているのだ。それはレーニンの時代から行われていたが、意外にもその指導者の責任のことはこの書物では語られていない。つまり、これらの処刑は集団指導的に行われたのである。必ずしも誰かが責任を問われることのない体制のなかで行われていたことになる。この革命はある共通な集団によってとりしきられていた。
http://oyakochoco.jp/blog-entry-830.html

ホロドモール
1932年から1933年にかけてウクライナ人が住んでいた各地域でおきた人工的な大飢饉である[2]。 アルメニア人虐殺、ホロコースト、ポル・ポト派による虐殺、ルワンダ虐殺等と並んで20世紀の最大の悲劇の一つ
この大飢饉が当時のソ連の最高指導者ヨシフ・スターリンによる計画的な飢餓ではないかとする議論が長年続いていた。2006年にウクライナ議会は、「ウクライナ人に対するジェノサイド」であると認定した[6]。また、米英など西側諸国においても同様の見解が示されており、ソビエト連邦による犯罪行為であるとしている。
アカほど差別的で血に飢えた思想は無い。それを綺麗事のラップで包んで人々を騙し思うようにコントロールしようとする
[ 2018/04/12 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: