私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「加計ありき」ではなく「安倍政権怪しい」ありき

「加計ありき」ではなく「安倍政権怪しい」ありき

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の報道は、心血を注ぐ倒閣運動にというレベルを超え、「倒閣に全精力を傾ける」と表現したほうが良いかもしれない。朝日は昨日の朝刊で、学園を誘致する行政、学園側が当時の首相秘書官だった柳瀬議員と面談した際、柳瀬氏から加計学園が「首相案件」だという発言があったとの文書を発見した、と報道した。

「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録 (朝日)

 学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した。

 文書は「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」との題名で、15年4月13日の日付が記されている。

AS20180410003471_comm.jpg


 経緯を知る愛媛県の関係者は、朝日新聞の取材に対し、「加計学園の誘致交渉を進める中、国への要望を行う過程で、様々な国の関係部署に状況を説明するため、配布した文書である可能性は否定できない」としている。現在、経済産業審議官を務める柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。(以下略)


 昨夜、珍しく報道ステーションを冒頭から観たが、トップニュースとして伝えられたこの件の報道ぶりを見てみると、この番組の視聴者は簡単に誘導されると感じた。とにかく、疑惑が罪というレベルで報道されている。しかも、政府側の反論の根拠が乏しいとし、お決まりの「疑惑は深まった」で結んでいる。疑惑を撒き散らし、「無実を証明せよ」と言っているのだ。

 柳瀬氏は報道があった昨日の朝、朝日の報道に対してコメントを発出しており、その中で「(今治市などの)具体的な地点の選定手続きは、私が総理秘書官の職を離れてかなり時間がたってから始まったこと」とし、「私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません。」とはっきり否定している。報ステはその内容については報道しておらず、ただ柳瀬氏の「コメントの通り」という発言のみを伝えた。これもフェアではないだろう。

 疑惑を巻き散らし、「反証責任はそちら側にある!」と言えば、誰でも疑惑の渦中に引きずり込める。よしんば、柳瀬氏が本当に「首相案件」と言ったとしても、首相が座長を務める国家戦略特区という目玉政策であるから「首相案件」となるわけで、筋違いの表現とも言えないだろう。

 朝日のような左派メディアや野党の追及のポイントは、加計学園の獣医学部解説に際し、首相から何らかの便宜があったのではないかという点だろう。ここを証明できれば安倍総理の首は取れる。だがしかし、そのことは前愛媛県知事の加戸氏の国会証言で証明済みだ。残るは忖度。だが、忖度で首を取ることは不可能だ。

 結局、反安倍派は森友、加計問題を永遠に継続させることによってしか、その存在意義をアピールできないのだ。トランプと金正恩の会見は来月から差来月初旬にかけてと言われている。その前に、日米首脳会談がある。日本外交にとっては、最重要案件が目前にあるのだが、反安倍派には大局観はなく、もっぱら打倒安倍なのだから、国政を遅滞させていると言われても致し方ないだろう。

 政治のレベルは、与党ではなく、野党が決める。今の政治は、言うまでもなく「底辺」だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/11 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
もりがダメならかけか日報wwww
フェイクニュース専門紙アカヒが愛媛県職員の備忘録を持ち出してきたが
文書改ざんの可能性は?
財務省職員がやれて愛媛県職員がやれない理由は?
しかも私的な備忘録に証拠能力はあるんかいな?
秘書官が例えそう言ったとして安倍首相が特区採択に関与したことになるんか?

フェイクニュース専門紙アカヒも必死だねwwwww
なんせ「嘘新聞」の評価が世間に定着しちゃったからなぁwwwwwwwww
[ 2018/04/11 09:16 ] [ 編集 ]
関与皆無の肝心なとこ黒く隠した1年以上前の報道にまた戻った
愛媛県じゃなく個人が書いた備忘録だから改竄、後から文章書きたしや妄想文章個人の主観何でも有りの状態
朝日が「見えるのではないか」ってとこ改竄して隠したように何でも出来る!!!

安倍打倒ありきで去年の2月からずっと報道し続けてるんだから
[ 2018/04/11 10:33 ] [ 編集 ]
「自治体は死 ぬほど実現したいという意識を持ちなさい。なぜなら、政府は手心を加えませんから。」が正しい読み方
朝日新聞が写真で報道している『柳瀬首相秘書官の主な発言』の内容を読んでも、その『首相案件』という言葉が、加計学園の獣医学部新設の件を指しているのか国家戦略特区制度自体の件を指しているのかが中途半端でよくわからない、読者のミスリードを誘うような相変わらずの印象報道ですね。そこに朝日新聞のこの記事に対する自信の無さが現れているように思います。また、先日の財務省の公文書書き換え疑惑の時の単独スクープの時と異なり、お仲間の東京新聞とも情報共有し、同時報道して東京新聞を道連れにしていることからもそれが伺えます。もっとも最近のマスコミは文書内容の詳細な分析よりも、文言遊びがお得いのようですが、、、。

小生が特に気に留めたのは、『いずれにしても、自治体がやらされモードではなく、死 ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件。 』という発言です。これはたとえ『首相案件』という内容が加計学園の獣医学部新設の件であったとしても、「実現したいのであれば自治体も死ぬ気で取り組まなければだめですよ」ということでしょう。つまり、「死ぬ気で取り組んでください。政府は手心を加えたり、優遇したりしませんから。」ということの裏返しなのではないでしょうか。

ビーチ前川が相変わらず「行政が歪められた」と騒いでいるようですが、この件については「文科省が行政を歪めいていた」ということで既に決着ずみです。加戸前愛媛県知事の国会発言に加え、一般受験でも20倍以上、推薦入試では30倍以上の高い競争率であった加計学園獣医学部の入試状況を見れば明らかです。これだけ需要の高い獣医学科を何ら正当な理由もなく50年間も新設させてこなかった文科省こそ、「行政を歪めいていた張本人」と言えるでしょう。
[ 2018/04/11 13:30 ] [ 編集 ]
頑張れ安倍政権の街宣あり
頑張れ安倍政権の街宣があります。
日時  4月14日13時~17時
場所  首相官邸~第二議員会館前
最寄駅 国会議事堂前、永田町駅(いずれも地下鉄)
主催  頑張れ日本!全国行動委員会
電話  03ー5468-9222
途中参加、途中退出自由

なお14時から左翼の街宣があるそうです。
[ 2018/04/11 17:20 ] [ 編集 ]
それがどうした?
経済特区政策はもともと「首相案件」でしょうが!
この政案座長が首相でしょうに。そのメモに何の問題があって騒ぐのか、全く理解不能だわ。

柳瀬元秘書官が仮にお忘れで、実際には「首相案件です」と仰ったとしても、それ自体何の不思議も無いのですが、普通に考えて、わざわざ地方行政員に言う言葉とは思えない。
言ったのなら「首相案件」の説明もあった筈。

それに「時系列で考えても合わない」と当の柳瀬氏が指摘して居るのですから、シンプルに考えたら、これもヤラセ騒動の一つではないかしら。
そう言えば、物事を時系列で考えられないで、メチャクチャ勝手な話法の近隣民族が居ますわねえ。

文科省文書の、関係者以外が書いたメモ
財務省近財局の無駄に長い交渉羅列メモ(の削除問題)
一回りして加計学園に戻って、今現れたメモ。
まあまあ、攻撃野党には次々都合良く出現する「メモ」ですわ。

彼らには、これまでの日本と違う”主権国家で在ろうとする安倍内閣”打倒の、悪意がある。
悪意のあるものは何でもする。と私達は考えても良いと思うぐらいに、彼らの日本壊し、国政放棄は度を越したものになっています。
前後の紙質とフォントと形態を変えなければ文書の偽造は出来ます。メモであれ、正式文書であれ。
時間経過したものの正式文書は既に持つべき部署が持って居るのでしょうから、新たに作って「あった」とするのは一部か数部のメモ。
そこまで疑いながら、事の推移を見て行きたい。

加戸前知事の出せないお声を振り絞った「安倍総理の冤罪を晴らしたい」心の叫び。あのお声が当時の本当の愛媛県事情を顕わして居いると思います。

「後ろから村上誠一郎」なる、自民党議員にして民侵無所属派岡田の縁戚も愛媛県選出だそうで、胡乱な愛媛県庁の背景も疑えば疑えそう。

朝日は今回も「確認した」のですね。見せて貰えた、訳だ。


[ 2018/04/11 18:58 ] [ 編集 ]
狂乱朝日とテレ朝の三馬鹿トリオ
一晩おいて、無駄に長いものをかなり削ったのですが、
削る作業も中途半端です。ご容赦ください。

***
モリカケ騒動で散々、火を点けまわり、カケが何も出てこないとなれば、
モリを無様に掘り起こし、鎮火しそうになれば、何の火のないカケに
薪をくべるつもりか、センセーショナルな文字を躍らせ、
安倍政権打倒に常軌を逸した醜態を見せつける。

彼らにとって真実は、何の価値もないかの如く、
ひたすら偽弾を乱発する狂乱朝日の存在は言葉にするほど、
おぞましくなるばかりです。


4月7日の土曜日に放映されたチャンネル桜の討論
【討論】激変する世界の真実[桜H30/4/7]
を拝聴することで、只今の日本の置かれた
現実の厳しさにいっそう、胸が潰れる思いでした。

敵国に囲まれ、自力で国を守れず、同胞が
北朝鮮に攫われたまま奪還も出来ないままに、
長い年月が過ぎ、国内では国立大学ですら、
スパイは思うままに動き回り、朝日新聞、NHKはじめ、
国を売ることに何の躊躇もないメディアが
のさばっている日本の現状。

反日教育を施した憎悪むき出しの国々に囲まれ、
欠陥憲法に縛られ、守るに手薄な現在の日本にとって、
最悪のシナリオがもたらされる危険も孕むこの時期に
安倍総理でなくて誰が、それ以上の働きが出来ると言うのか。
誰がその重責を担えるというのか。

日本をどうしようとするのか、
日本の存亡に関わる重大事を前にして、
モリカケで明け暮れる反日メディアや野党の連中の
悪さのし放題には、憤怒の気持ちが湧き上がるばかり。

中国は、遠大な計画の下に、南は尖閣を始め沖縄を
我が物にせんとし、北は北海道の港の要所要所を
着々と合法的に買占め、種を撒くこと数年前から
アイヌの独立などと言い始め、日本の南北を
侵略のターゲットにしています。

将来にわたって、ウイグル、チベット、南モンゴルのような歴史を
日本が歩まされることにならないとは、誰が言えるのでしょう。
善意やお人好しは通用しない国や人種が相手です。

中国の世界に於ける振る舞いをみても、
日本との友好などある筈がないものを
日本を差し出すことに躊躇がない反日のメディアや野党の
国家の大事よりも我が身の欲得が優先する愚かすぎる行状には、
日本人を止めてしまえと叫びたくなります。

中国の大洋進出には日本列島が邪魔なもの、
トランプ大統領との連携を断つためにも
憲法改正を推進する安倍晋三の失脚を執拗に画策する。
モリカケ騒動、日報問題と、日本国民を国家の大事と比較すれば
些末な問題に目を向けさせ、日本の守りを疎かにさせる意図で、
反日では一致する中国、南北朝鮮等が、政治工作に明け暮れる。

これほどにあからさまになった一連の
安倍政権打倒キャンペーンのことはないものを
テレビを見ない私には吃驚仰天の報道ステーションの画像を
見てしまいました。
スタジオには小川彩佳、富川悠太、後藤謙次と三人が並んでいます。
バックには、「首相案件」と大書した横断幕を高々と掲げているのです。
馬鹿の標本を見た思いでした。

国内外の政治プロパガンダを易々と引き受ける
この三馬鹿トリオが、公共の電波を恣にして
お茶の間の視聴者に向かって、したり顔で物申していたのでしょう。

テレビは、送り手も受け手も双方にとって、
ひたすら中毒性、習慣性を伴う麻薬だと思えます。
確信犯の工作員も混じった送り手は、
テレビ局に帰属する構成員ゆえに、朝日新聞の論調
そのままに自己過信、自己優越性が肥大化し、
謙虚に常識で考える思考を捨て去っています。

受け手は、お茶の間にいる情報弱者であり、
毎日見慣れた顔に安心を覚え、多くの国民が
同じものを見ているという共有意識も報道内容にいつの間にか、
権威付けをしてしまうという流れを作り出しているように思えます。
長い歳月にわたって、大きな勢力となった反日左翼の工作に
視覚に訴えるテレビが大きな効果をあげてきたのです。

現代版アヘン戦争とでも言うのでしょうか。
人間の精神を腐らせるような低劣愚劣なメディア情報戦争の
真っただ中に、うぶな日本人が、未だに洗脳のシャワーを
浴び続けている姿を想像してしまいます。

テレビを見ない国民が増えてきた昨今とは言え、
反日左翼メディアの情報宣伝戦には、負けられません。

***
最後になりましたが、
こはる様とツキクサ様には、ともかくも未知数な議員に対する
人物評価に目を留めて下さり有難うございました。

松川るい議員の政治信条がどうなのかをよくよく知らずに
多分に希望的観測、こうあって欲しいと期待度で
申し上げてしまいました。
好印象であることは、間違いなく、先に行って、
妙に変節しないで欲しいと願うものです。

*正直、ちょっとエクスキューズしていますのも、
 氏が好きな作家に村上春樹をあげていたものを見たのです。
 あれ?っていう感じから来ています。別に個人の自由ですが。(笑)
[ 2018/04/12 10:42 ] [ 編集 ]
なつこ様
議員の先の思考変化はどなたにも「保証」は出来ません。
それでも、ここだけのお話ですがw 変り身男性よりは「変質度」が少ないのが女性議員ではないでしょうか。

細田派所属だそうですが、あの派閥の内の、親中福田グループでなければ有望議員候補で注目して居ようと思います。
[ 2018/04/12 18:05 ] [ 編集 ]
2015年4月の、愛媛県、今治市、加計学園の首相官邸訪問の前に、官邸から文部省に愛媛県が官邸に陳情に来るという連絡があったということを、どうやら林文部大臣が認めるそうです。林大臣は岸田派ということでいよいよ文部省内の情報で岸田総裁へ向けての行動を開始するようです。岸田さんは外務大臣のときの印象が国民受けしていてポスト安倍の最有力候補になるのではないかと思います。訳の分からない石破さんや野田女史よりはましだと思います。

愛媛県の文書は忘備録という個人のメモですが、今治市の出張報告は自治体の公式文書ですから、柳瀬元首相秘書官が会った記憶がないと言っても国民に納得してもらえない公算大です。記憶が戻って、自分の独断で愛媛県の陳情を受けてあれこれ説明をしたという言い方で首相をかばっても理解してもらえない可能性が大きいのではないでしょうか。

安倍首相の潔癖主義は良いと思いますが、疑惑のなかでは身を亡ぼす元凶となりかねません。もう少し人間味のある返答をしていれば良かったかなと思います。8億円の値引きが正しいどうか聞かれて、一年前は問題ないと思ったが、現時点では正しくないかもしれない、ぐらいの言い方をすれば国民もそうだったんだ~安倍さんも騙されてたんだということになるでしょうに。安倍首相には悪徳の財務省と心中などしてほしくないです。
[ 2018/04/12 22:00 ] [ 編集 ]
夢を叶えた方に失礼だ。
今、加計学園がどうのこうのと言う野党どもに岡山大学獣医学部の志願倍率を見せてやりたい。(知っていてわざと言わないのでしょうが。)
私は、松山市在住ですが、県外の方に今治の話をすると、「ああ、加計のとこね。」と言われ、今治=加計 というイメージを持たれていると感じます。今治市だって、今治タオル、造船技術、バリィさんなどの名物が沢山あるにも関わらず、全般的に悪いイメージを持たれるのは、愛媛県民として非常に悔しいのです。
知事の発言に関しては、少しやり過ぎでは?と感じます。
あくまでもメモであり、岩盤規制を緩和するという首相の意思を、首相案件とまとめたのかも知れず、それを公開するのはどうかと思います。お陰でメディアは柳瀬氏が首相案件と発言したと騒ぎ立てて野党に更に餌をやったことになりますし。


まあ、最後にですが、是非、愛媛県へ観光に来て下さい!
[ 2018/04/13 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: