私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自衛隊日報問題を、単なる行政文書の扱い問題に終わらせるな

自衛隊日報問題を、単なる行政文書の扱い問題に終わらせるな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国民は森友学園問題に飽きている。何の不思議もない。野党とメディアが共闘し、1年2か月かけてこの問題を追及したが、クライマックスとなるべき佐川前国税庁長官の証人喚問でなんの新事実も引き出せなかったばかりか、虚偽答弁が罪に問われる証人喚問で、佐川氏は安倍総理や昭恵夫人の関与を全面的に否定した。

 安倍政権の支持率は、共同の調査でアップ、読売の調査でダウンしているが、このままいけば、恐らく下げ止まるのではないかと思われる。森友に関しては、野党もメディアも「昭恵喚問」を叫ぶばかりで、野党は完全に弾切れ状態に陥った。加計学園問題など、皆もう忘れており、いま蒸し返しても話題としての新鮮味がない。しかも、蒸し返したとしてもネタは尽きている。そんな中で野党やメディアが次に食いつくのが、陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報問題だ。朝日は早速これに飛びつき、「防衛省・自衛隊の隠蔽体質は変わっていない」とし、「国会を軽視し、独断で政策を進めようとする安倍政権の体質にも通じるもの」という無理筋な結論を出している。

 民進党への出戻りが噂される、絶望の党の泉健太(国対委員長)は、「稲田元防衛相を国会に参考人招致すべきだと」と言い出した。証人喚問や参考人招致で政権・与党を追及し、その様子がテレビで流されることでしか、自分や党のプレゼンスをアピールできないのだ。選挙を戦った党の基本政策すら簡単に捨てる連中である。彼らの頭の中にあるのは政局のみで、政策なんかどうでもよいのだ。

小野寺防衛相


 自衛隊の日報問題を、極めて表面的に解釈すれば、なかったはずの行政文書が突然出てきたのは、確かに大きな問題だ。しかし、自衛隊の日報が単なる行政文書に位置付けられている現実とその問題点について、言及するメディアや言論人はほとんど存在しない。考えてみれば、このほうが大きな問題ではないのか。

 これについて、評論家の西村幸祐氏は、こう書いている。

日報問題の本質は、9条改正だ。

我が軍(自衛隊)の日報問題こそ、9条改正の必要性を証明する。下らない争点に堕ちるのは狂気の沙汰で日本の病理を物語る。
問題は日報が情報公開の対象になる行政文書に過ぎないからだ。この敗戦後体制の矛盾を政治家も指摘すべき。日本が脅威に包囲された今、極めて危険だ。
単なる行政文章を特定秘密にはしにくい。軍事的な作戦に関わる文章でもある自衛隊の「日報」なら軍事機密も含まれている。ところが日報が単なる行政文章であれば、市役所の日報と同じものになってしまう。
自衛隊が憲法に明記され、特別な存在である法的根拠がないと、自衛官の命を危険に曝すことになる。


 私は、自衛隊を憲法に明記するという安倍総理の改憲案に100%与するわけではないが、その一方で、自衛隊が行政機関のひとつである現在の位置づけは、すぐにでも変えるべきだと考える。彼らの任務は、ただ税金を集め、その使い道を検討する市役所職員とは次元が違う。他者のために命の危険を冒すという点において、彼らは特別な存在なのだ。当然、防衛上の国家機密も扱うだろうし、外国の軍隊との表には出せない情報交換もある。その記録である日報が、単なる行政文書として公開請求され、公開されなければ糾弾されるという現実にこそ、我が国の戦後体制が色濃く残っているのだ。

 森友や加計で、国家の根本的な問題から目を逸らさせる守旧メディアや野党の狙いは、間違いなく安倍政権による改憲の阻止だ。自衛隊の日報問題は、自衛隊の存在及びその位置づけを合わせて考えるべきで、単なる行政文書の扱いの問題ではないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/05 07:08 ] 政治 | TB(1) | CM(25)
やっぱりそうですよね!
自衛隊の日報って、機密文書ではなかったの?
という疑問をずっと抱いていました。

岡山理科大学の入学式の報道、NHKのニュースウォッチで
見たのですが、「加計学園」の看板をさも疑惑ありげに
映していました。
加戸氏のユーモアを込めた祝辞「魔法がかけられてできた学部」
を流し、これは安倍首相がかけた魔法と視聴者が受け取る
ことを狙っての切り取りと感じました。
知識人風の市民活動家は、国民を騙して作った学部だと言い、
どこかの大学教授は、この学校ちゃんとやれんの?といった感じの
上から目線で話していて。
新入生と親御さんの希望を打ち砕く報道の仕方で、
怒りが湧きました。


[ 2018/04/05 09:27 ] [ 編集 ]
森友捜査情報を、朝日や野党ら特定政治集団に漏洩していた奴が判明!
森友の捜査資料を、政治的目的で朝日や野党ら極左政治思想集団に情報漏えいしていたのは、大阪地検の女性特捜部長だったことが判明しました。
情報漏えいは、犯罪行為ですよね。 この女性特捜部長を国会で証人喚問する必要があると思います。もしかして、民主党や共産党の関係者?そこも追及するべきです!
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50509565.html

>江田憲司(衆議院議員)
?認証済みアカウント @edaoffice
#森友 大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK「何千台分のトラックで
ゴミを撤去したと言ってほしい」と本省理財局の職員が森友学園に要請と。ネタ元はメールらしい。
今のところ、特捜部は「やる気」みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?

【国家公務員法第100条】
職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする
[ 2018/04/05 15:01 ] [ 編集 ]
【森友】江田憲司氏が一連の報道ネタをリークしたのは『大阪地検の山本真千子特捜部長』とツイートしてしまいネット騒然…
http://snjpn.net/archives/47388
[ 2018/04/05 18:02 ] [ 編集 ]
何をしたいのか?
防衛部門、外交部門の情報を一般公開したら、国の対外的な信用問題にも関わり或いは国益を損ねかねない案件が多いと、常識だけでも分かる筈の処を公開させようとする国会議員は、一体自分が生きるこの国をどういう国にしたいのか?具体的に聞いてみたいです。


森友国会を延々一年余りも強行して、煽るメディアと違って、国民の冷視を集めている自分達にようやく気がついたのかな、と思った途端にこの防衛省文書。
攻める野党にとって、大変にタイミングが良すぎなくらい良いですね。

「日報は捜しても無い」と報告して女性大臣の稲田氏を辞任させ、それが陸自の目的だったのかな、と思って居たのですが、このタイミングで「ありました、去年三月に見つけていました」というので、これは陸自の、全国民と最高司令官である安倍総理への背信行為と言えると思いました。
国民を敵に回すこの愚行の目的は想像も出来ません。
[ 2018/04/05 20:30 ] [ 編集 ]
意味のない秘匿
終戦の時のこと。ウチの親父の属していた部隊は内部の文書や資料を悉く焼却したそうです。敵に情報を渡さないのは、降伏する側の常道としても、各個人の履歴を書いた兵籍簿がなくては日本に帰還できないということになって、大慌て。書記的な能力を買われて、中隊本部の文書係的な仕事をしていた親父がヒヤリングをしつつ、一から書類を作り直す騒ぎになったそうです。親父はドンパチより、文書作りで帝国陸軍に寄与した?この作業が終わるまで、日本に帰る船に乗れなかったというのですから、親父もさぞや焦ったことでしょう。

軍隊や自衛隊といえども、行政機関の一環ですから、その運用に付随して膨大な文書が発生します。但し、その中でも、部隊や艦船、航空機の行動記録は機密情報を含むと解されるべきでありましょう。例えば、海上自衛隊の潜水艦がどこの海域に潜っているか、などの情報を航海日誌を開示させて明らかにするのは、利敵行為以外の何ものでもありません。

但し、財務省による文書修正事件に続いての防衛省の不祥事は、何を目的にしているのか、さっぱり判りません。徹底的に隠蔽するでもなし。結局、ゲロるなら最初から正直ベースで臨めばよいものをと思ってしまいます。官僚の小心さが招いた惨事にしても、続きすぎる印象は拭い去ることが出来ませんですね。


[ 2018/04/05 21:57 ] [ 編集 ]
少し長くなりますが
問題となっているこの日報。勿論、本来は公開するべきものではない機密文書です。なぜ機密にするかと言えば、国民に知られたくない事であるのと同時に、外国にも知られてはいけないからです。いやいや国民に対しては、知られたくないのではなく、知らせる必要がないと言った方がよいでしょう。

味噌も糞も一緒にして「情報公開が第一だ」なんて言う輩の気が知れない。

よく似た話であるのが、山崎豊子の小説「運命の人」で話題になった、沖縄返還交渉の一件です。(私はその主役である、毎日新聞の西山記者の言動には反対ですが)
それはさておき私の思いは、「大衆は愚かであるが、国の舵取りを左右するのはその大衆。」そして、「国家を語るならば、国民に知らせない方がいいこともある。又、国民も分かりもしないくせに全てを知ろうとするべきでない。」と言うことです。

ついでに言うと、間接民主主義である我が国においては、「意見は投票で示せ」そして、その結果によって浮くか沈むかは、運を天に任せるに等しい。
自分の運を天に任せるのが嫌ならば、もっとましな政治家を国会に送り込もう。

結局は国民の意識次第です。日報問題を憲法9条に結びつける人がどれだけいるかです。

[ 2018/04/05 22:54 ] [ 編集 ]
文章訂正
又、国民も分かりもしないくせに→又、国民も国家が分からないくせに
[ 2018/04/05 23:15 ] [ 編集 ]
バロン閣下
小泉内閣の外務相だった田中真紀子氏が、米国同時多発テロの直後の大統領の居場所をノー天気に暴露してしまった、とんでもない失態を思い出しました。


[ 2018/04/06 00:20 ] [ 編集 ]
何事も裏を読まなければ
私も以前から自衛隊の日報については違和感を持っていました。自衛隊の部隊の全ての事が詳細に書かれているそうで、相当機敏な情報も書かれているようです。以前、稲田大臣が泣くほど責められていた時、産経新聞には「そもそも、これが表に出てくること事態がおかしい。防衛上出してはいけないのではないか」と言うようなことが書いてあったのを記憶しています。

この日報の出所が共産党だそうで、何かを疑いたくなります。あるジャーナリストがその辺りを今後調査すると仰っていましたが、なかなか難しい気がします。

日本人でありながら他国を利するような、そして国益を著しく損なうだけでなく、国民の安全さえも脅かす行為に対して、断固反対の意志を示さねばなりません。左翼の思い通りにはさせないという強い決意で安倍政権を支持したいです。
[ 2018/04/06 01:37 ] [ 編集 ]
概ね同意、一部拒否
国防に関わる事柄の重要性、特異性に異論などありません。
国・民草の安寧が確保されること、その優先度の高さをひっくり返そうとも思いません。
ただ以下のような言葉には、素直に首肯出来ません。
>他者のために命の危険を冒すという点において、彼らは特別な存在なのだ。

軍であれ、自衛隊であれ、消防であれ、海保であれ、民間の警備員であれ。
皆、「他者のために命の危険を冒す」存在です。ならば特別側の方々と言える。
また台風の日に自らの危険を顧みないインフラ整備の電力会社、道路管理者等々も同様。
大雨の日に水路を見に行って事故に遭うニュースが多い農業従事者は、同一水路の他者の生活のため年回しの役職に殉じます。「他者のために命の危険を冒す」存在、特別側。
…続けてると嫌になるのでここら辺で辞めますが、「国防の職」であるから殊更に特別視するのはどうでしょうか。同じ職でも各々で熱量は違います。時に役立たずもいます。反対に「他者のために命の危険を冒す」職種でなくとも、命を賭す方々もいます。

国防の大事を主張することに、私は異論はありません。
しかし下記のように何かをまとめて記号化し、蔑む言論には大いに違和感を覚え、それを表明します。
>ただ税金を集め、その使い道を検討する市役所職員とは次元が違う。
役人・公務員を敵視して大衆迎合した、過去の民主党と何が違うのか。
[ 2018/04/06 18:09 ] [ 編集 ]
そうかしら?
別に管理人様の文章は市役所員を蔑み敵視するものだとは全く思えません。
同じ公務員でも職種によってそれぞれのご苦労は違いましょうが、命を的にせざるを得ない場合がある自衛隊の任務はやはり他と比べて特別なものだと思います。

実際にイラクに派遣された陸自には十数発の砲弾に見舞われた事もあるのだそうで、市役所員さんがお仕事中にそういう場面に遭遇する事は、幸いな事に、少なくとも戦後今までの日本では皆無ですし、ご家族もその種の心配は端からされない職種でしょう。

危険と隣り合わせのお仕事は数限りなくありましょう。それを逐一検討比較しながらブログを書かねばならないとは、私は思いません。以上、横から感想まで。
[ 2018/04/06 18:56 ] [ 編集 ]
訂正
イラクに於ける陸自宿営地が見舞われたのは、十数発の砲弾ではなく、十数回の砲撃 でした。訂正致します。
[ 2018/04/06 19:30 ] [ 編集 ]
■さんへ
市役所職員の方からすれば面白くない表現だったかなという気がしますが、大衆に分かりい説明を、と考えれば何てことはない。大勢がこの様に「木を見て森を見ず」になってしまっているのが今の日本社会。

それよりも、イラク自衛隊の日報問題の根幹に、憲法9条の問題があることをお分かりいただけているのかが気になります。それこそ国の行く末に大きな影響を及ぼす大問題です。

[ 2018/04/06 22:18 ] [ 編集 ]
もう一言
5日の産経ネットニュースで掲載されていた、元イラク派遣航空部隊指揮官 織田邦男氏に聞く「政争の具にせず、問題の本質直視を」は非常に分かりやすかったですよ。
[ 2018/04/06 22:29 ] [ 編集 ]
「国防の特異性」を語る上で、比較対象として一般的な業種を例に挙げる。成る程、その論理は理解できます。しかし、その比較対象を蔑むような表現を付け加えてしまうことで、「国防の特異性」の意味までもがより低い次元になり、逆に理解から遠ざかる。

Aの素晴らしさを紹介する時、その比較対象Bを貶して紹介するでしょうか。場合によってはAそのものの価値をも傷ます。何かを貶めなければ優位性を説明できないAの価値は低くなります。

今回、比較対象として挙げられた市役所職員は、意味もなく蔑まされた形となっており、表現に悪意すら感じます。毀損する意図が無ければ、そんな表現は蛇足としか言えない。
[ 2018/04/07 00:45 ] [ 編集 ]
「感じる」という個人的感覚に反論する気は全くありません。

ですが、一例として、沖縄だけではなく戦中に空襲や艦砲射撃を受けた都市や、占領中米軍の射爆場に使われた土地では、今でも不発爆弾が出てくる事があります。
その場合、担当役所の公務員さんはルールに従った諸連絡等に動き、爆弾処理になれば警察は警備行動、消防は救急車の待機などに勤務されるでしょうが、爆弾そのものに触れ、移動させ土嚢積み作業などをして、爆発処理をするのは自衛隊の処理班だと思います。
一つの仕事に関わる同じ公務員さんでも、任務上危険度に於いて格段の違いはあるわけで、自衛隊の場合は完全に他者の安全の為に献身する任務に就いている分、特筆されて当然だと思います。

そしてその特殊性を持ち上げるために机上事務の公務員さんを貶める意図で書かれた文などとは、個人的感覚で申せば、私は感じませんでした。
一般事務仕事の公務員さんを配列したのは、命を張らない部署の文書と国防に従事する部署の文書を一緒くたにして「公開」されるべきではない、という件も関係するからだと、この間のブログを拝見したら即推測出来ましたから。
[ 2018/04/07 01:29 ] [ 編集 ]
特別な存在
自衛隊員は自分の命を顧みず、他人の為に自らが犠牲になる事もある。危険度の高さについては多くの方が認識されていると思います。しかし、それは自衛隊が「特別な存在」である上でのごく一面。

自衛隊が持つ最大の存在的意味は、国民の生命の安全を図り、それを実行する事。その為には恨みも何もない相手と殺し合いをする事もある。それも合理的且つ迅速に。そして、その様な非常的且つ非情的な訓練を何度も繰り返す。しかし、本番はない。それもあってはいけない。

命がけで練習をしても、本番がない。オリンピックのメダルを目指すスポーツ選手や、甲子園を目指す高校球児とわけが違う。(スポーツ選手を貶めたり蔑んだりするつもりはありませんが)

決定的なのは、その様な特別な存在である自衛隊を、国の最高法規である憲法
が認めていない。これはあまりにもひどいじゃないですか。又、国際的に軍隊とされていないとも聞く。表舞台に立つことも殆どなく、職務上は団体行動という規律正しい生活を続けられている。そんな特別な存在である自衛隊には、いくら敬意をはらっても足らないくらいです。
[ 2018/04/07 04:20 ] [ 編集 ]
・様のおっしゃっていることは、表現上の話というより、思考の落とし穴への警告と取るべきと思いました。

胸に手を当てれば、私自身、一方の肯定を際立たせるために、つい、関係のない他方を貶めて浮き彫りにさせることは、無意識のうちにやってしまっていると思います。

絶対評価と相対評価をつい混同してしまうのではないかと思います。

これをきちんと区別しなければ「外部に共通の敵を作って内政批判をかわす」という手にまんまと乗ってしまうような国民になってしまうかもしれない。

それは、内政の話だけでなく、「内政」を「事実上の宗主国」と読替えても同じ話ではないかと。

日本が真の独立国家になり、世界の荒波の中で自らの意思で針路を誤らぬようにしていくためには、日本人がこのことをしっかり自覚することではないかと思いました。

我々が自衛隊員に敬意を払うのと同じように、自衛隊員が我々に心の底から敬意を払い、愛し、安心して防衛に精進できる国家、国民を目指すことを忘れてはならないのだと、今回のやりとりを見て思いました。
[ 2018/04/07 19:41 ] [ 編集 ]
+(四角マーク)様
四角マークが私のPCでは捜せないので、ご無礼致します。

+様が拘られる箇所の文章を拝読した当初に私が感じたのは、筆者の怒りの様なものでした。

自衛隊の機微に亘るであろう日報と、一般省庁の机上事務文書を同列にして「公開すべし」という、愚劣な輩への怒り。
と申して良いかどうかは判りません。私的感覚ですとお断り致しますが、そのようなものを感じました。
「あ、怒ってる」と。

怒りは感じましたが、再度申しますが、悪意や蔑みなどは全く受け取れませんでした。
[ 2018/04/08 15:23 ] [ 編集 ]
自衛隊の日報は、興味本位で情報公開するほど、軽い内容ではない。
こはるさんへ
◾️さんの◾️は、名前のその部分をなぞり、右クリックしてコピーしたのち、貼り付けると、書けるようですよ。

◾️さんのコメントを読んで感じたことは、
-1と+1の比較により、2を表現するならば、せめて
+1と+3の比較により、2を表現したほうが良いという指摘かと。

たしかに、野党が安倍内閣と官僚の方々を罵倒する様は、テレビで見ていて見苦しい物がありますし、そのような批判への対応に影響されて、オレたちも他者を安易に批判しがちなのかもしれません。オレも、知らず人を傷つけることもあったかもしれませんので、お詫びするとともに、言葉には気をつけたいと思います。

管理人さんの本意は、前半部分の公務員の税金集めにあるのではなく、後半部分の自衛隊の公務員としての特殊性(生命のリスク)にあるのではと思います。

国防を担う自衛隊には、多額の予算は必要なので、税金集めもまた、国防を担う後方支援になる。戦闘で負けない物量を、長期的に担える予算は、勝敗に大きな影響を及ぼすことは、管理人さんやコメントされている方々、◾️さん、読者のみなさんの、詳しく知るところではないだろうか。

日本国憲法においては、自衛隊は公務員だ。しかし、自衛隊の国防を担う活動は、国際法上、軍人であることを求められている。

自衛隊の行動を記した日報についても、公務員としての情報公開を優先するよりも、自衛隊員の生命の安全を優先して、軍事機密に指定すべきではないだろうか。

日報の存在について、その報告が遅れたという指摘が与野党、マスコミから言われているようだ。しかし、自衛隊の日報は、興味本位で情報公開するほど、軽い内容ではない。

そのとき、自衛隊は撤退中であったのか、まだ活動中であったのか。撤退した後であっても、現地に残っている自衛隊の方々や、他の地域で駐留している自衛隊員への影響など、優先して考慮すべきことは多いのではないだろうか。

自衛隊員も、日本国民だ。国防上、自衛隊員に護られている日本国民。その日本国民の興味本位による情報公開で、日本国民たる自衛隊員を、外国において危険にさらすような愚こそ、非難されるべき利敵行為ではないだろうか。
[ 2018/04/08 20:31 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
言いたい事を言って人様のお心をグッサリ刺すのはワタクシ、得意w。夫は「毒塗り手裏剣」と申します。
特に最近、国会と花粉症で気持ちが荒れに荒れておりますれば、私の書くコメントの論旨も矛盾が多いです。
一日遅れで気がついて、ヒヤッとしますが何方も見過ごして下さるので、読まれないことはいいことだ~と反省無しの気楽者です。

ツキクサ様は私には理解不可能なほど善人説で居られるご様子で、余程の事が無い限り人様を傷つける事はない様に拝見致します。
その分、ご自分が傷つくかも知れませんが、満身創痍になれば痛み慣れして乗り越えられるwww ならいいですね。


自衛隊の事は、結局文書の扱いなどではなく抜本的に正統な国軍と設定しないから、国会で政権VS野党の揉める元になり、毎回非生産的な質疑答弁になるのだと思います。

与党政権が「法の解釈」と「前例」でその都度切り抜けるのは、命を張らない政治家だから出来る事で、当の隊員としては不満が蓄積されるだけ、特に海外派遣される身となればご家族共々どれだけ不安な事でしょう。 

国会で野党が突くのは単に安倍政権打倒の為であって、打倒の目が潰れたらもう自衛隊の事など議論にもならないでしょう。
国益の為に自衛隊を本気で論争出来る国会であって戴きたいものです。
[ 2018/04/08 23:56 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
PCのマークの切り貼り方法ご伝授。ありがとうございました。
御礼を先に申しあげるところ、うっかり致しました。ゴメン!
[ 2018/04/09 01:00 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
>PCのマークの切り貼り方法ご伝授。ありがとうございました。

…伝授は、持ち上げすぎですよ~。

スマホ世代の若い方に、
「ウィフィって、難しいよね?」
と、聞いて、
「そうっすね。」
と、そのまま相づちされるくらい、あとでわかったら、恥ずかしくなるような伝授でして、失礼しました。
(^^;)
[ 2018/04/09 07:22 ] [ 編集 ]
出来ない事や知らない事を教えて戴くのは、私的には皆「伝授」なのです。

ウィフィ・・・WiFi 検索しました。ページを見るなり脳作動が拒否しましたw 
[ 2018/04/09 15:04 ] [ 編集 ]
私のHNは、四角四面の四角、常に角が立ってしまう四角、そんな意味で付けました。スクロールした時の視認性も高く気に入っていたのですが、iPADで投稿しているせいでしょうか、そんな所までご迷惑をおかけしてしまうとは申し訳ありません。「しかく」で変換できる記号なら何でもいいですが、腹黒さを自覚しておりますので白抜きの四角だけはご遠慮下さい。

Alinamin2011さんが仰って下さいました「警告」というほどのものではありませんが、歪んだ言葉を使い続けていると、思考までもが歪んでしまいかねないので、そういう歪んだ言葉が言論に含まれる事が“嫌”なのです。
例えば、政治系のまとめニュースでは、日米韓という枠組みから韓国が外れる事を望む多くの書き込みがあります。私も韓国は“嫌い”です。気持ちは理解できる。しかし日本の防衛を考えれば、朝鮮半島という緩衝地帯が無くなればどうなるか。そこに彼らは思いが及ばない。あるのは唯、嫌韓だけ。日本の、自らの事柄であるのに単なる感情の射精だけで満足している。気持ちいいんだろうが、私から見たら心底“気持ち悪い”だけ。日本防衛の真剣な醸成の邪魔をするな、ばかものよ。

また前述した“嫌”“嫌い”“気持ち悪い”という表現はこはるさんが仰る個人的感覚そのものですが、私はその感受性と思考(というほど立派なものではありませんが)を基にネットでも現実でも言葉にしております。ですから「ただ税金を集め、その使い道を検討する市役所職員とは次元が違う。」などとネットでは書いてても、現実でその市役所職員を前に発せないならば軽蔑します。また、それを肯定的に捉える人も同様。逆に、真剣にそう訴える言葉は傾聴に値するとも思います。バッシングを恐れないその言葉には何かがあるかもしれません。
私は管理人様はそのような事を思っていない、単なる蛇足的な表現であると類推しておりましたが、酔っ払いの愚痴のようなこの言葉には異論を挟ませていただいた、そういう次第でした。
[ 2018/04/09 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

森友・加計問題報道事案  再発防止に係わる三つの処方箋
今度は、防衛省の日報問題に飛び火した。―― 参考情報 ――――――――――ネタが尽きたので日報の話を出してきたんだろうな https://ttensan.exblog.jp/26636615/自衛隊日報問題を、単なる行政文書の扱い問題に終わらせるな http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3041.html―――――――――――――――――...
[2018/04/06 05:19] 祖国創生
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: