私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  朝日よ、散々ゴミを散らかしておいて、結局は「忖度」か!

朝日よ、散々ゴミを散らかしておいて、結局は「忖度」か!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 報道は「森友一色」である。私は昼間仕事をしているので、日中のテレビ番組の内容までは知らないが、新聞紙面やネットニュースなどにおける森友関連のボリュームを考えると、テレビも大差ないだろう。メディアにとって、スキャンダルは大好物だ。相手が大物であればあるほど、新聞は売れ、テレビの視聴率は上がる。メディアにとって、森友はオイシイのだ。しかし、その報道ぶりが印象操作の段階に入れば、日を追うごとに信頼度が下がるメディアがさらに国民に相手をされなくなる状況が来るかもしれない。

 今回の事案では、新聞社によって言葉の使い方が全く異なっている。読売や産経は、引用以外での「改ざん」という表現を避けているが、朝日や毎日は、好んで「改ざん」を使用している。改ざんとは一般的に「文書などの字句を直すこと。特に、悪用するために、勝手に直すこと」を意味するから、朝日や毎日は進んで「改ざん」という言葉を使用することにより、読者に「悪事」を印象付けようとしているのだ。読む新聞が異なれば、財務省の不祥事に関する感じ方にも誤差が出てくるということになる。

 では、朝日や毎日が表現のなかに仕込む「悪意」とはなんなのか。彼らはそれを安倍政権に結びつけようと躍起だ。しかし、昨日の朝日の社説を読んでも、朝日自身がそのレベルまで踏み込めないことがわかる。朝日はこう説いている。

 麻生氏、さらに首相は、政府として誠意ある調査を主導し、その結果を迅速に国民に説明する責任がある。
 問われているのは佐川氏の去就にとどまらない。政権のあり方そのものだからだ。
 格安の売却が報じられたのは昨年2月上旬。学園の開校予定の小学校の名誉校長を首相の妻昭恵氏が務めていた。関係者によると、文書の内容が変わったのは同月下旬以降とみられる。
 首相や昭恵氏の存在が、特例的な扱いの背景になかったか。「1強」といわれる首相への、いわゆる忖度(そんたく)はなかったか。


 今回の文書書き換えをスクープしたのは朝日だが、その朝日とて、安倍政権を追い詰める材料となる文書書き換えを報道しながら、明恵夫人にせよ、安倍一強にせよ、その責任を断定することが出来ないでいるのだ。

 今回の文書書き換え問題を整理してみると、論点は大きく2つある。ひとつは、財務省の公文書管理の杜撰さと、特定の官僚の裁量で文書を書き換えるという、法や倫理に関する問題。そして、もうひとつは、その文書書き換えにまつわる政治の関与だ。ひとつめは言い訳のしようがなく、財務省には大鉈が振るわれるべきだ。金を差配している分、一般的に他の省庁より権限が強いと言われる財務省だが、この省が持つパワーを分散し、権力を相対的に低下させる必要があるという意見が散見されるが、もっともだと思う。

 もうひとつは、安倍総理、昭恵夫人等、政治家の関与の問題だ。野党の追及は、文書書き換えよりも、総理の首に直結するこの部分にシフトしている。しかし、削除された「『いい土地ですから、前に進めてください。』とのお言葉をいただいた」という部分は、籠池氏の口述を信用しなければ成り立たたず、かつ、籠池氏は証人喚問において、「夫人から『いい田んぼができそうですね』と言われたと述べている」と供述していることから、削除元の情報ですら関与の裏付けにはならないのだ。つまり、削除されようとされまいと、何の問題もない。

籠池「いい田んぼ」証言
「いい田んぼ」証言 ~ 全文はこちらに掲載


 朝日は「忖度はなかったか」と書く。だが、何度も書いている通り、忖度とはそれをした側の思考や行動の問題であり、させたとされる側の直接的関与を否定するものだ。従って、「忖度」ということばを使用する時点で、逆に、朝日の腰の引け方が見え隠れするのだ。

 こういうことを書くと、昨日のコメントにあったように「ここまで安倍を擁護するのもみっともない」などという書き込みがあるかもしれない。私は、総理を擁護しているのではない。むしろ、森友問題で政権を批判する側に、「だったら安倍総理が何故悪いのか、論理性をもって説得してみてくれ」と言いたいのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/14 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
「こちら」を観て参りました。脳が更に腐りそうな予感が致しまして、途中で割愛、共産小池質問の項を読みましたが、詐欺師の答えが満足ではないのに小池は素通りして居たのね、と感想を持ちながら、田圃w やっぱり朝から楽しいわ。

本人の口達者な口上の中に、<財務局長の部下の方が「10日間隠れていて」>が去年の三月十五日以前の事。
多分、その方でしょうねお亡くなりになった元国鉄から入られた方は。
「隠れていて」と大阪の弁護士は言うのか?
どれだけ対応されていたのかは存じませんが、お気の毒に、精神的に病むわ、この相手なら。

麻生大臣の要請で検察が入って、上書きされたPC文章が再現されたのですから、この国会参考人の交渉状態の真偽も判明するのでしょう。

「忖度」というのが仮に在ったとして、それは罪になるほど悪事なのか?
だったら、朝日のシナ、南鮮、北鮮、民主党とその政党変名グループ、或いは沖縄の反基地活動集団への全き忖度具合も、具体的に大反省会見して戴こうではないか。
[ 2018/03/14 08:51 ] [ 編集 ]
書き忘れ
メディアが「書き換え」を報じて、しかしその中味が充分に国民には知られていない段階で、辞任すべきだ、支持しない、の答えをする人にも、それを「調査」とする側にも、大いに疑問が湧きます。
[ 2018/03/14 09:00 ] [ 編集 ]
なぜ、籠池さんが、あの場所に学校を造ろうとしていたのか?
籠池さんは、表向きには、日本の伝統と文化を重んじた学校を造ろうとしていたが、その学校は、野党の辻元議員が、副大臣のとき値引きを関与したと思われる公園に近い場所に建てられた。ホームページでは天皇陛下の記事を不敬にも捏造し、安倍総理の夫人に校長の席を用意して、安倍総理の名声を募金集めに利用しようとしていた。

その籠池さんと土地交渉をしていた財務省は、ゼロ回答を尽くしていたが、8億円の値引きは実際に行われている。これは、近接の公園の土地値引き14億円と比較すれば安い値引き幅だが、一般論としては大幅な値引き額といえるだろう。

財務省の中では、辻元さんが副大臣のとき、森友学園近接の公園の土地売買に関わった財務省職員が、今回の森友学園の事件においても、関係しているのかもしれない。


>金を差配している分、一般的に他の省庁より権限が強いと言われる財務省だが、この省が持つパワーを分散し、権力を相対的に低下させる必要があるという意見が散見されるが、もっともだと思う。

…個人的には、大蔵省の名前を復活してほしいと思う。あと、国有地の売買問題は、外国人の土地購入問題(水源地、安全保障上懸念される土地、島嶼など)があっても、スルーされている現状を思えば、土地売買に関する根本的な仕組みの改革が必要なのかもしれない。
[ 2018/03/14 11:41 ] [ 編集 ]
財務省は国会に偽物の文書を出していた。
そして与野党含め一年以上それに基づいて審議をしていた。
そういうとんでもないことが朝日新聞のスク-プで判明したのだから
ここはいやでも朝日を持ち上げなければならないでしょう。

で、どうして自民党も佐川氏の証人喚問に賛成しないのでしょうね。
安倍首相や夫人の関与がなかったことを証明できるのは財務省の当事者以外にはありませんからね。
安倍首相がいくら家内は籠池さんを応援するようなことを言っていないと言っても名誉校長を引き受けたのですからね。普通に考えたら安倍首相がウソを言っているかもと思ってしまいます。

安倍首相にとって麻生大臣はそんなに大事な人物なんでしょうか?
泣いて馬謖を切るというお話もあります。

こうなった以上は、常識的な感覚の国民が理解できる進め方をしないと支持が
離れていくと思います。支持率が下がっても総辞職しない限り政権は維持できますが、国民の支持が低い政権となれば情けない話です。そういう意味では事件発覚後の内閣支持率が気になりますね。
[ 2018/03/14 12:45 ] [ 編集 ]
政治生命をかけて削除させるほどの内容か
野党と左翼マスコミは何とか、文書の削除は政治家の指示によるものではないか、と世論誘導し続けていますが、結局は財務省の独断だったということに、少しづつではありますが道筋が見えてきたように思います。

プログ主様の記事のように、昭恵夫人の「いい土地ですね、前に進めて下さい」という籠池発言も、「いい田んぼができそうですね」言葉を籠池氏が勝手に言い換え、捏造して近畿財務局に話していた可能性も出てきましたし、テレビで言われている昭恵夫人の「いいね騒動」も、「一括いいね」をした中にたまたまそういう投稿があっただけではないのか、という可能性も出てきて、ニュースにする価値もない話だとネット上では徐々に拡散されています。

更に、この問題が公になる3年も前から財務省は文書の削除を行っていたということも明らかになりました。やはり、財務省の中では、文書の一部削除は常態化していたのです。今回の決裁文書の一部削除も、その常態化した中で行われたものだと思います。

そもそも、今回の文書削除に官邸や政治家による指示・関与があったとするには、削除された文書の中身に重みがありません。政治家が削除を指示するには、発覚した時には政治生命を失うという大きなリスクを背負います。今回の削除された内容のほとんどは既知の事実であり、政治生命をかけて隠蔽しなければならないような事柄ではありません。削除内容と政治生命を失うというリスクとのバランスがあまりにも悪すぎます。

削除は、やはり文書の削除を常態的に行っていた財務省が、大した罪悪感もなく独断的に行っていたと考えるのが、素直な考え方ではないでしょうか。
もっとも、佐川氏が国会に呼ばれ、「官邸に指示された」等の虚偽証言でもすれば、また一悶着あるでしょうが、、、。
[ 2018/03/14 18:29 ] [ 編集 ]
全て筋書きなのでは・・・。
いま、韓国は米朝会談につなげることに成功し、南北統一の夢への実現に酔いしれています。こんなときに安倍政権の水をかけるような姿勢にイライラしていることでしょう。しかも安倍さんはトランプさんと大の仲良し。告げ口をするのではとヒヤヒヤしています。だから、このタイミングでどうしても安倍政権を倒しておきたい。

だから、朝日新聞を始め、霞ヶ関や検察庁に潜ませていた工作員を総動員させたのではと、私は勘ぐっています。

去年モリカケ騒動が一旦治まったあと、それでも野党初め朝日新聞はまだまだ終わらせる気がないことを臭わせていました。何か隠し球があるかのごとく自信満々だったことを思い出します。

思うにこれが最後の手段だったのではと思ってます。
最初から確信犯で書き換えて文書を用意した。
誰かが言ってました、こんな文書はすぐに判明するものだからなぜ書き換えるのか不思議だと。

つまり、最初からすぐにバレることを想定して、だから朝日新聞は時期を待って、南北統一と米朝会談が用意されて実現する前に、安倍政権を倒しておこうと。そうすれば安倍総理はトランプさんに近づくこともできなくなり、かつ、自分たちの意を汲むことができる総理になってれば万々歳と。

と、私は思うのです。
書き換えもリークも筋書きなのです。

それくらいのことはやりそうな気がします。

[ 2018/03/14 20:02 ] [ 編集 ]
安倍さんにも責任の一端はあると思う・・・
去年の国会答弁で
「私や私の妻が関与していたら、私は今すぐにでも総理大臣をいや国会議員をやめる」とおっしゃいました。
これはいうべきではなかった!
これがあったから、野党や朝日をはじめとした反安倍マスコミは
重箱の隅を突いてでも総理が関与した何かを探そうと躍起です。

これさえなければ、モリカケがこんなに長引くことはなかったと思います。
今日は加計関連でも文書の書き換えがあったと言い始めました。

潔癖な事を表す意味で発した言葉であっても、この言葉は飲み込んでほしかったです。
[ 2018/03/14 20:54 ] [ 編集 ]
国を売る新聞の底知れぬ悪辣さ
毎度、毎度の印象操作館、朝日新聞です。
外形は日本の新聞でありながら、国防や国益に適う提言は
為すことなく、ひたすら日本叩きに、安倍政権倒閣にと
奔走する朝日新聞。

四六時中、安部潰しのネタになりそうな案件をハイエナの如く
嗅ぎまわり、証拠になり得ないものも、偽造してまでも差し出す。
例え、不発に終わろうと、手を休めることなく、
まさしく、北朝鮮有事の只今この時、めくらましの為には
時を外してはならじと、安部潰しに血眼です。

配下のテレビを使って、連日、安倍総理の止めを刺さんと
近畿財務局の事務処理の不手際を大仰に取り上げ、
日本国中が大騒動になっていると国民に刷り込む。
こうした毎度毎度の洗脳パターンで、世間を誘導し、
愚弄することにかけては、何の躊躇もない。
そうですよね。
朝日にとっては、存亡をかけた情報戦争ですから。

日本に敵対する国と共闘し、底知れぬ悪辣さで
日本人をたぶらかすのが、この新聞の得意なところ。
日本悪と洗脳された忠実な工作員の顔を持つ新聞、
これこそ売国新聞と言わずして、何と評すれば良いのか。

朝日にとっては不倶戴天の敵、安倍総理。
敵国にとっても、邪魔で仕方が無い存在。
このことこそ、安倍総理は潰されるわけにはいかないことの証明です。

安倍総理が今、この日本に存在することが日本の僥倖と、
日下公人氏が、つい最近もチャンネル桜の番組で仰っていました。
心ある国民は皆、そう思います。

この危機に安倍さん以外で、誰が担えると言うのかに尽きるのです。
気づかずにいる日本人は、事の大事を目を見開いて見て欲しいものです。

また、国益や公を忘れた国を破壊する札付きの朝日や
野党の連中は、論外としても、
自民党にいて、後ろから弾を撃つ、小泉進次郎や石破茂の
国家の大事より私欲の際立つ、マスメディア向けの
パフォーマンスが、またぞろ、聞こえてきます。

小泉進次郎は演説の巧さ、瞬時に聴衆の心を掴むことには、
長けていると思いますが、将来を期待される若手政治家としては、
如何なものかと疑問符が付くのです。

「自民、官僚に責任押しつける政党ではない」と言う
あざとさに失望しました。
この国難の時に、真に国を思う国民の意志が、奈辺にあるかも、
感じ取れない思い上がった言動には、情けなさしか感じません。

因みに「放送法遵守を求める視聴者の会」の報告では、
森友報道で、テレビの報道は85%が野党の追及場面に割かれ、
15%が自民党に割かれた時間とのこと。
その自民党の内、石破茂と小泉進次郎の話を主に報道しているのだと
虎ノ門ニュースでケント・ギルバート氏等が、お話されていました。
やはり、真実に迫ることには程遠く、今なお、テレビこそ
洗脳装置の最たるものに違いないようです。
テレビを何とかしなくては、日本が正しい道を歩めません。
[ 2018/03/14 22:00 ] [ 編集 ]
忖度の意味
朝日新聞が書く「忖度」の言葉から、彼の新聞の腰の引け方を見るのは、管理人さんの真骨頂ですね。論理性に重きを置く点にいつも感じ入ります。
私も仕事柄、論理の重要さは身にしみておりますが、なかなかそうはいかないものです。

しかし最近、私の身の回りには論理が通じない相手も多くなってきました。「ならぬことはならぬものです」と言い放ってやりたい事もありますが、家内でしか言えないのが現状です。
[ 2018/03/14 22:45 ] [ 編集 ]
さよく・在日による安倍内閣倒閣運動、その行き着く日本の姿とは
ダラダラと「森友問題」が続いていますが、次が与党が妥協しての佐川宣寿前国税庁長官の国会招致です。
此れについては今回の問題が大きくならなければ佐川国税庁長官が続いていたという事では重要な関係者として不自然なものだったとは思います。

しかしその佐川氏の国会招致があり、その発言を反安倍野党や反安倍メディアが期待しているのが安倍首相の関与です。
そこで関与が明確になればなるで結構。
しかし思い出すのが、あの官僚トップの胡散臭さである前川喜平前文部科学事務次官です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%96%9C%E5%B9%B3

http://www.sankei.com/premium/news/170827/prm1708270012-n1.html

それが取れなくともその次がしつこく行われるであろう事が安倍昭恵首相夫人の国会招致要求ですが、与党が拒否してそして最後は『官僚の政治家への忖度』があったと言い続けてグチャグチャの幕引きとでもいうオチというところでしょうか。

日本の国益を大きく損ねても謝らない朝日、謝っても上っ面だけの朝日、当然此れからも『忖度』の悪用をする事でしょう。

さて旧自民党ゾンビ政治家の減らず口が聞こえます。

http://www.sankei.com/politics/news/180314/plt1803140063-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/180314/plt1803140045-n1.html

また自民党内反安倍勢力の声も利用されています。

http://www.sankei.com/affairs/news/180313/afr1803130033-n1.html

そして国会前
https://www57.atwiki.jp/demoinfo/

[ 2018/03/15 07:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: