FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  浪費される血税 ~ 文科省が守る「反日教育」という既得権益

浪費される血税 ~ 文科省が守る「反日教育」という既得権益

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2日の衆院予算委員会で、森友学園問題に関して安倍総理を追及した、立憲民主党の陳幹事長。こともあろうに、「もうこの問題(の追及)は嫌だ。はっきりしてほしい。いつまでやっているのか。追及しているほうが悪いのか」とキレていた。「全くよく言うよ。猿芝居もいい加減にしてくれ」と言いたくなる。森友は、野党の倒閣運動にとって、必要な材料となっている。野党にとって、真実など二の次である。とにかく、安倍政権を追い込めると思えば、徹底的にネガキャンをやるのがいまの野党である。正義の味方ぶって、国会で大声を上げているが、その言動に正義など無い。

 さて、その森友問題の震源地は財務省(近畿財務局)なのだが、教育行政も大きく絡む問題だけに、文科省はもう一人の主役である。加計問題でも、かの前川助平が「行政が歪められた」と政権を批判したが、彼らは単に既得権を守ろうと、必死に抵抗していただけだ。さて、その既得権の実情たるや、目を覆いたくなるような惨状だ。拙ブログでは、「韓国軍の蛮行は日本軍の分身の悪行だ」とする、北の工作員「徐勝(ソ・スン)」に血税がつぎ込まれている事実を批判した。しかし、事例は徐勝に留まらない。

 TwitterユーザーのCatNA(@CatNewsAgency)さんのまとめが衝撃を与えている。文科省および日本学術振興会が交付する科学研究費助成事業により行われた研究の採択時のデータや研究成果の概要等々をデータベースとしてまとめているKAKENから抽出したデータによると、日本国内における反日教育に対し、膨大な血税がつぎ込まれている現状がわかる。

金慶珠の科研費
・「日韓メディアの歴史認識報道における視点の対立軸研究課題」 2,990千円
・「新聞報道における情報構築の視点-批判的談話分析から見た日韓文化交流」 3,250千円
・「談話構成における話者の視点」 2,200千円

金慶珠


明治学院大学准教授・鄭栄桓の科研費
・「瀬戸内の島嶼・沿岸の朝鮮人社会に関する総合的研究」 4,680千円
・「日韓相互認識研究の深化・発展のために」 31,590千円
・「境界の島対馬の朝鮮人社会に関する総合的研究」 4,940千円
※親北派。朴裕河「帝国の慰安婦」批判の急先鋒

恵泉女学園准教授・李泳釆(イ・ヨンチェ)の科研費
・「海外民族動員運動として在日朝鮮人帰国運動の実態研究」1,950千円
・「戦後の記憶を問い直す-アジア・ポストコロニアリズム・ジェンダー」4,230千円
※メディアによく登場する市民活動家。靖國批判。

文教大学教授・山下英愛
・「北朝鮮ドラマとジェンダーに関する基礎的研究」 4,290千円
元挺対協。戸塚悦朗の妻(事実婚)。父は元朝鮮総連。

 一連のツイートはここにある。フェミ・ファシストの牟田和恵、しばき隊教授の五野井郁夫への研究開発費も公表されている。金慶珠はホリプロに所属し、瞬間的に論破されるデタラメを吐き散らして金を稼ぐ、電波芸者的な芸能活動も兼業だから、笑いが止まらないのではないか。

 学問は自由だ。だが、学問が国費によって助成される現実がある限り、行政が有権者のチェックを受けるのは当然だろう。出会い系パブに足しげく通った高級官僚が、頑なに守ろうとしたのが既得権益であったことは、今更繰り返す必要もない。その出会い系官僚は、朝鮮学校の補助に対しても積極的に関与し、今も外野から声を上げている。朝鮮学校が受ける補助も既得権益なのだ。このように歪んだ教育行政こそ、森友や加計のような案件よりも遥かに深刻だ。文科省が保護しようとする既得権益に、反日教育への国費の垂れ流しが存在することを、周知すべきである。

 既存メディアの一方的な情報散布の時代とは違い、いまはものが言える時代だ。私も、文科省に声を届けようと思う。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/07 07:08 ] 教育 | TB(0) | CM(9)
何ができるのだろう
朝鮮人が勝手に住みついて、我が物顔でわが国の政治に口をだし、挙句大学に入り込んで我々の税金で朝鮮の研究をする。この研究が我々日本国民や日本国の何の役にたつのかまったくわからない、というかまったく役にたたないことが明白である。我々は何をすればこれらの寄生虫を叩きだせるのだろうか?
[ 2018/03/07 08:50 ] [ 編集 ]
高級官僚には日本ではなく中国共産党や韓国北朝鮮に自身の所属アイデンティティーを抱いた人間が多そう。なにせ、あちらこそが科挙の本場。彼ら、ノーベル賞級の頭はなくとも超難関試験を突破する偏差値秀才に欠くことはない。
[ 2018/03/07 11:01 ] [ 編集 ]
有能な研究者らが「募金」を募り、三流プロ市民学者に多額の血税
ノーベル賞受賞者各地の博物館著名な若手研究者らが「どうか温かいご支援をよろしくお願いします」と言って、「募金」を募っているという現実があります。

真に国益に貢献する有能な研究者らが困窮して募金を募り、かたや、天下りだか、タレントだか、プロ市民だか分からない変な「教授」に多額の血税が垂れ流されるという皮肉な現実があります。
[ 2018/03/07 17:07 ] [ 編集 ]
困窮する真面目な研究者らvs金持ち三流プロ市民バカ学者
国立や地方の研究機関も軒並み困窮、著名な研究者らも「寄付」を募る有様。

金持ち三流プロ市民バカ学者に回す金があるなら、有能な研究者たちにお金を挙げて欲しいです。

山中教授が「iPS細胞研究基金」への寄付を募る 「研究所の教職員は9割が非正規雇用」にネット震撼
http://blogos.com/article/246471/
[ 2018/03/07 17:14 ] [ 編集 ]
文科官僚こそ教育改革を
日本の大学に雇用され、ひたすら、捏造歴史を創り出すことを
研究と認められ、うまうまと科研費を頂戴し、
日本人が納めた税金で、仕事が出来ることの不条理。
反日国家の彼らにとっては、パラダイスのような国、日本。

下準備は、出来ていたのです。
日本人に戦後以来、自虐史観を刷り込んできた
朝日新聞やNHKは、常套手段の国連を使った遣り口で
喧伝したのでしょうか。
東大を始め、日本の大学は諸外国に比べて、
外国人の教授の登用や留学生の比率が少ない。
門戸を開放せよと盛んに言っていたのが、
遥か昔と覚えています。

情報弱者だったその頃は、外国人とは、
欧米の人達を漠然とイメージしていたのですが、
豈、図らんや。
入ってきた外国人とは、嘘捏造の歴史で反日教育を施された
中国、韓国、北朝鮮の人間たちの大勢。

日本の根幹が崩れていく様を呆然として
見ていなければならない不幸があります。
精神の腐敗が進んだ官僚の世界が見えます。
官僚だけにとどまらず、法曹界の裁判官も弁護士も
日本人の心性を持たない人達が多く入ってしまった所為ですね。

つくづくと、学歴が優秀で、難関の試験を突破し
官僚として職を得た者が、リベラルというは名ばかりの
反日左翼に陥っていることの寒々しい情景を見るのは
耐え難いものです。

彼らの中に、財務や外務などと比べて、
文科官僚は採用試験では劣等との意識が、
妙な形で影響するものか、本来は国家の礎を築く
教育が一番であって欲しいものを。
尤も、幾ら優秀であっても、先祖に尊崇の念を持たず、
国家に感謝の念を抱かないエリートなんて、最低ですが。

それにしても、反日的な思想に冒された帰化人を含めた者たちが、
文科省と言う教育の中枢に入り込み、日本人の心を卑小なものに
引き下げ、日本の善きものを壊すことに加担していることには、
暗然とします。


今日も朝から文部省唱歌を聴いていました。
綴られる詞も曲も心に染み入る美しさと清潔さで、
日本の国をこよなく愛する心情が伝わってくるものです。

当時の官僚は、国を富まし、国民を精神的に
豊かにするためにも教育こそ肝心と理解していたからこそ、
懸命の努力を注ぎこんだのだと思われます。
文部省唱歌の見事な作品となって表れていることも
一つの証となります。

翻って、今の文科省と言えば
後世に残せるような仕事をするどころか、
ビーチ前川と揶揄される文科省トップが
存在したことの恥ずかしさも極まるほどの
濁り切った有り様です。

日本の善なるものを引き出し、国民に勇気や希望を与えることや、
正しい歴史観、国家観を醸成し、将来、国を背負って立つ日本人の
育成に資する善き教育をと言ったような理想理念は、
欠片も感じ取れないことに、絶望的になります。

これでは、どんなに草莽の人々が、
歴史の真実に目覚め、自虐史観を払拭し、
只今の国難の状況に精神的武装をしようにも
一方で、教育を預かる文科省の官僚連中が、
大いなる妨げ、障壁となっていることは、
こんなに悔しいことはないものです。
[ 2018/03/08 01:00 ] [ 編集 ]
活動費だったりして
金慶珠ホリプロタレントの科研費項目は、日本なら何処かの大きめな図書館に籠れば資料が得られるでしょうから、その金額850万円弱はコピー代でしょうかね。

明学准教授の項目は・・・活動費?と妄想が湧く「研究題名」。
恵泉女学園と文教大の方の課題は、何でソレ日本が出すの?南鮮政府に出して貰えばいいじゃない?と思えます。

どちらにしても、科研費として支払っている各研究者に、文科省は、その「研究結果報告書」を提出検証させているのでしょうか?支払うだけは支払いますが後は存じません、では納税者の理解はとても得られないと思います。
そして、その「研究」は日本国に如何に寄与しているのでしょう?

文科省って地味に見えて随分な利権の巣と以前から言われて居るのですが、各省共、予算獲得に前年度減額は面子に賭けても出来ない事らしく、その辺は財務省の厳しい査定が必要だと感じます。
労せずして得られる金額は、とかく無駄遣いされるものと役人は身を以て識って居る筈ですけどね。

他人(国民)のお金の湯水の如き遣い様は、他にも見える場所もあり、政府はしっかり対処(封印では無く)されますように、と願いたい。
[ 2018/03/08 01:32 ] [ 編集 ]
安全保障と検閲
文書の検閲は、文部科学省で行ったほうが、安全保障に寄与するかもしれない。

検閲といっても、思想と良心の自由、学問の自由は、日本国憲法に保障されている国民の権利であるから、戦時中のような統制的な厳しい検閲ではなく、是正勧告のような問題箇所の指摘に留めた検閲は、必要なのかもしれない。

コロコロコミックは、何十年も子供たちのギャグマンガとして市民権を得てきたマンガ本だが、チンギスハンの侮辱的表現により、モンゴル人の怒りを買ってしまった。

これは、文科省の教育方針、日本文化の造られつつある方向性や自虐的な歴史観が、戦前に比べて崇高というよりは幼稚なものであるため、モンゴルのように外国から見れば、歴史的な英雄への侮辱は、常識外れともいえる表現を含むものであった、ということなのだろう。

ギャグマンガがダメだとはいわないが、自由の名の下、程度や配慮の度を超せば、日本国と日本人にとって、安全保障上のリスクのひとつにすら、なりうるのかもしれない。

日本人になされていることを、外国人がなされれば、怒りを覚えるようなことは、耐え忍ぶ日本人から見れば多い。一国の首相である安倍総理を、安易に批判したり侮辱する兆候もそうかもしれないが、その氷山の一角、コロコロコミック問題は、文科省の仕事の範疇に、本来はあると思う。
[ 2018/03/08 08:20 ] [ 編集 ]
我が家のゴミ掃除
正に

『さよく・在日連合』の一員でもあるのが省庁です。
思い出して下さい。
主に官僚を辞めたあとの言動、あの元通産(経産)官僚古賀茂明や文部科学官僚の発言前川喜平など。

反日偏向メディアである朝日や毎日が一時多用していましたね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%96%9C%E5%B9%B3

他にも国土交通省などの無策が例の中国、韓国による北海道や対馬などの水源地を含む土地の買い占めがあります。
更にこの件は水質の安全という観点からは厚生労働省も絡んでいると言えるでしょう。
そして厚労省とは日本人の生活の質を落とし在日外国人の生活を応援している省庁の一つでもあるのでしょう。

http://www.sankei.com/premium/news/170731/prm1707310005-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/171119/plt1711190014-n1.html

またこれらは増加する中国人、韓国人の永住権や移民へと繋がっています。

http://www.sankei.com/life/news/171030/lif1710300021-n1.html

全て法律に直結した立法に関しての事ですから勿論政治家が主体ですが、官僚が深く関与しています。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=256093

その他多数の官僚上がりの政治家たちの日本の政治家とは思えない異様な発言。
省庁の場合、左傾化している官僚の問題と無責任主義の事なかれ官僚により国益が侵されていると言えると思います。

文科省の仕事は将来の日本を背負って行く若年者全体に関わる長期の日本の骨組みに関する事をしている教育行政の官庁、そして厚労省、国土交通省、経産省などは将来的な事もありますが即座に悪弊が日本国に影響する事に関係する官庁でしょう。

昨今地方自治が国政という国民の生命財産の安全を脅かす出来事が目立つ現在日本。
日本侵略活動中の中国、韓国、北朝鮮と戦うその日本国内に様々な反日組織が蠢いています。

https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/c11af438909f4d090571b64126c97591?fm=rss
https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/7d3a06eae9669af5942a695006935330?fm=rss
[ 2018/03/08 19:24 ] [ 編集 ]
日本を日本人の手に取り戻そう
そうです。日本国と日本国民が代々喪失してきたカネと時間の膨大さが問題です。
あいつらに勝手にやらせて、こちらが「ばかなことを言ってやがる」と笑っていても、それだけで事足りるわけではありません。

本来なら、日本国民に「発信されるべき情報」が発信されず周知されない。
(愚民化です)
本来なら、日本国民、特に研究者や開発者に与えられる時間が奪われる。
(競争力の喪失です)

国家は大きな営利組織と言えます。外国は通商相手であり、競争相手です。顧客にもなるし、商売仇にもなるのですね。
しかも、日本を公然と敵視して、何をしても反日無罪の国、ないしその国民、国籍者、精神的な内通者に便宜を図るなど、愚の骨頂です。
彼らは、相変わらず反日ありき、謝罪と弁償ありきでモノを言い行動します。

戦後の日本が、反省するとしたら、日本国ぐるみで「反日」「売国」に手を貸してきたところでしょう。
変えなければなりませんね。彼らの地位を奪わねばなりません。取り返そう。
[ 2018/03/08 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: