FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  嫌韓、非韓から「棄韓」へ

嫌韓、非韓から「棄韓」へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表のメンバーが試合中の休息時間「もぐもぐタイム」で食べ、すごく美味しいとコメントしたイチゴについて、斎藤農水相が「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主だ」と指摘し、「海外でも知的財産権を取得し、仮に流出が発見された場合は、栽培や販売の差し止め請求などを行うことが重要だ」と強調した。日本もだいぶん物言える国家になったものだと思う。日本の技術やノウハウは、特亜を中心に類似・コピーが出回りし、知的財産権の放棄が常態化していた。劣化コピーの代表格は支那だが、南鮮とてその仲間であることには変わりない。このような発言はもっとすべきであるし、発言とともの実行力が要求される。

 違法コピーを指摘された側の南鮮だが、文在寅の迷走は留まるどころか、一層加速している。日本のアスリートの活躍を除けば、平昌五輪の記憶として残ったのは政治ショーである。政治利用になかば成功したのが北朝鮮であり、文在寅はその露払い役を進んで引き受け、南鮮国内でも批判が強まっているという。そんな文在寅は、批判などには聞く耳持たず、より深い南北朝鮮関係を模索しているようだ。

トランプ氏、情報共有要求=北朝鮮への特使派遣で文氏に (時事)

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領が1日、トランプ米大統領との電話会談で、北朝鮮に近く特使を派遣する計画を伝えたのに対し、トランプ氏は「分かった」と了承した上で、「(派遣されたら)そこで起きたことに関し、われわれと十分(情報を)共有してほしい」と求めていたことが分かった。韓国大統領府高官が2日、記者団に明らかにした。
 トランプ氏は特使派遣に理解を示しながらも、南北間の「密室の協議」による先走りに警戒感もにじませた形だ。
 両首脳の電話会談については、韓国大統領府が「南北対話のモメンタム(勢い)を維持し、これを朝鮮半島の非核化につなげていく努力を続ける方針で一致した」と説明。一方、ホワイトハウスは「北朝鮮とのいかなる対話も『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』という目標が伴わなければならないと確認した」と発表し、非核化目標をめぐり温度差が浮き彫りになっている。


文在寅


 この報道から読み取れるのは、文在寅が既に米国のコントロール外で活動しているということであり、米韓の関係が既に崩壊の道へ進んでいるという現実だろう。北朝鮮の非核化は、日米韓の共通認識である。恐らく中共も、温度差はあれど、北の非核化には賛同するだろう。中共のグリップが効かない平壌の独裁者を、中共が放置するわけはない。その「北の非核化」という大前提を、文在寅は聞いているふりをして実は聞いていない。彼の頭の中にあるのは南北融和と近い将来の統合のみだ。

 朴槿恵までは、米国のグリップは効いていた。南鮮が望まない慰安婦日韓合意は、米国の介在なしには成立しなかったはずだ。しかし、今度ばかりは例外だ。米国の『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』という目標が伴わなければならないというスタンスの表明は、南北朝鮮両方へのメッセージだろう。米国は、同盟国である南鮮にさえ、圧力を隠さないようになった。

 文在寅も南鮮も、もはや制御不能なのだ。かねてから平壌の浸透が既成事実のように語られる青瓦台から、様々な発言が出てきている。韓国大統領の外交安保特別補佐官である文正仁は、「韓国大統領が駐韓米軍に出ていけと言ったら出ていくべき」と、公然と語ったそうだ。国防部の長官が、野党の「主敵は誰か?」と聞かれ、「断言するのは難しい」と語った。とどのつまりはこれだ。


 保守派は今まで、非韓を是としてきた。筑波大教授の古田博司氏が提唱する『助けない、教えない、関わらない』を軸とする『非韓三原則』が支持されてきた。しかし、そろそろ非韓から「棄韓」へのシフトが必要な時期だ。日本は、憲法改正、日米同盟に加え、独自の防衛力を備え、この東アジア情勢に備えるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/05 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
制御不能な韓国が味方のふりをして背後にいるよりも、敵として向こう側にいたほうがずっと戦いやすいのでは?
いや、実際の戦闘に限らず、味方のふりをして足を引っ張り、本来敵であるはずの陣営の顔色を覗うのが韓国ですからね。
まして日本が絡むと、劣等感を覆いつくして優越感を感じられるまで嘘をつき、虚勢を張り、妄言を吐き続ける、しかもその自覚がない、それが韓国ですから。
[ 2018/03/05 07:58 ] [ 編集 ]
信頼とか信用という言葉は日本語にはあるが、シナ語や朝鮮語には
ない。人間関係には信頼と信用は大変重要である。そのことは
彼らにはわからないのである。平気で約束は破るのもそのためである。
日米韓同盟などあって無きが如きである。日米同盟と日米韓同盟は
異質なものであると理解することが必要である。韓国は日本米国を
必ず裏切るということ念頭に置いてことを運ばないと失敗するであろう。
[ 2018/03/05 10:49 ] [ 編集 ]
正直、非韓三原則もままならない日本の状況で、棄韓など出来るだろうか?
国内に巣食う在日朝鮮人や、それらを支援する売国野党の弱体化がなされなければ、絵に描いた餅であろう。
[ 2018/03/05 12:30 ] [ 編集 ]
あまりにも急激過ぎる変化
世界が、日米と朝鮮半島で分裂している韓・北の4カ国のみで構成されているのであれば全く異論はありません。しかし残念ながら、日本は中国やロシアのような赤い国家とも隣り合っており、毎日のようにスクランブルを繰り返している状況です。韓国は厄介者ではありますが簡単に棄てれる程、準備はできているでしょうか?

…と反論めいた思いもありましたが、朝鮮半島の急激な赤化統一傾向に、果たして憲法改正及び軍事力(私は防衛力と限定しません)の強化が間に合うのだろうか。事が起きれば中露が火事場泥棒となるのは歴史が示している。現実を振り返れば、暗い気持ちになります。

「日本は、現在の朝鮮半島情勢に対応する為、なによりも日本を守る為、韓国を棄てる」、それは現実として選択肢にあります。ならば、その前段階としての管理人様の言論は、大変貴重です。
[ 2018/03/05 18:49 ] [ 編集 ]
「棄韓」へ 、、、 そだねぇ~~
愚鳩ルーピィが米国に出張り「米軍は沖縄から出て行け・・」と宣ったところ
「それは我が国への宣戦布告と理解してよいのか? 
米国民の血を流して得た土地を返還するのは戦争で負けた時なのだが・・・」
と返答され腰を抜かしたのだとか。

日本は米国の覇権を維持するための極めて重要な戦略拠点のようです。
東アジアから中東まで米軍の迅速な展開が可能。 第七艦隊が使用するミサイルは
もちろん弾薬や燃料は日本に豊富に備蓄してあり補給能力も充分にして安全。
基地の警護も陸自の協力を得られますから。 その上、空母から各種飛行機までの
補修と点検能力は米国を凌ぐといわれています。

例えば軍艦はダブル・ハル(二重船体)ですが、その狭い隙間に潜り込んで点検を
行う「ロボット軍属」なんかも簡単に作ってしまうんだとか。 得体のしれぬ軍属より
はるかに頼りがいがあり米国にとって日本を凌ぐ同盟国は無いでしょう。

米国もロシアや支那と全面的な戦争をやる気はないのでしょうから、南鮮に基地を
維持しなければならない強い理由は「誇り」と牽制を除き考えられません。 
北鮮はおろか露や支那が相手でも動きの先を撃ち事を収めようとする「先の先」
なら日本に基地があれば充分に思えます。 グアムから超音速爆撃機B1を
半島まで飛ばしていますし、攻撃型原潜一隻にミサイル(トマホーク)を90発程
積めると云われるのですから。

日本が憲法の改正まで行うのが理想ではありますが、それができなくとも米国と
共にアジアの橋頭保になるとの覚悟と姿勢を見せたうえで、「トランプ兄ちゃん、
もう棄韓しようよ」と言えば、「Oh,my Sinnzou,good idea,
そだねぇ~」って答えそうに愚考しておりますが。
[ 2018/03/05 21:02 ] [ 編集 ]
いずれは統一するのでしょうから
ザイトラの選挙公約の一つが「南北統一」で、南鮮人の多くは統一したら北の核はオイラの物で良し、と考えるのだそうで、北が主体であれ南が主体の統一であれ、それはその時、不都合なら統一後に考えればよい、と、大変柔軟な「思考」も少なくないそうで。
そしてザイトラとそのスタッフは今までの南鮮に無い親北従北思想者達。

私もST様の仰る様に、形ばかりの日米韓で後ろから弾を撃たれる懸念を常に持ちながら同陣営にいるより、いっそ敵味方はっきり認識出来る方が、平時であろうが実戦に至ろうが心的負担が少なくて良いと思います。

となれば、取り敢ず”38度線”は一気に朝鮮海峡まで下る訳で、最前線の日本は相当な覚醒と準備をしなければなりません。が、それは致し方なし。

ロシアは念願の不凍港が欲しいので朝鮮半島釜山を狙っているとか。それには飛び地よりも地続きが当然良い筈で、朝鮮半島の持てば北方領土も返し易かろう、と捕らぬ狸の皮算用をしてはイカンかな?
日露戦争の御英霊には無礼な考えですが、日本もその後いろいろありまして、と総理がしっかり詳細にご報告されれば「応諾」ではなかろうか。
その際、絶対権力者になる予定のキンペーがどうするか?それはハブとマングースでそちらでやって戴きたい。日本は一切関わらず、積極的国防専一がよろしいと思います。

後は、在日様方に選択戴いて、最終不可逆的に国籍の明確意志を誓約書と共に提出させ、帰るべきは帰る、残るは義務ある日本国籍者に別れて戴きたい。しばらくは再入国不可。
あ、どちらも書類には指紋押捺も。

最大の問題は日本国内の愛国を羞じる者達ではないかしら。


五輪或いは国際大会の開催先と日本の間に基本的に介在する問題の実例説明ぐらいは、選手派遣時に組織がしっかり為されるのも必要な気がします。
[ 2018/03/06 01:58 ] [ 編集 ]
日本さよくの矛盾
所謂「リベラル」と称している日本の変態さよくですが。

http://www.sankei.com/premium/news/180304/prm1803040016-n1.html

まだまださよく・在日がはびこる日本です。
あの東京MXなどさっさと

http://www.sankei.com/entertainments/news/180305/ent1803050033-n1.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%A5%B3%E5%AD%90

ここでも『さよく・在日連合』の一つ、BOP(放送倫理・番組向上機構)が暗躍というより表立ってさよく活動をしているわけです。

ご存知のようにこのBPO、あの極限まで偏った香山リカの居たところです。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160316/ent1603160007-n1.html

対してTBSの「サンデーモーニング」、「報道特集」古舘伊知郎や恵村順一郎、木村草太、中島岳志などを使って来た朝日など同じ仲間へはやはり協力、忖度し放題というものです。

https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/cd2834eccc1d49c9b5fb1d590000124a?fm=rss

そんな日本の変態さよく(リベラル)ですが、その一員であるメディアや野党、毎日のように批判・非難する自民党安倍政権に対しての言葉は「一強」、「権力の横暴」、「疑惑隠し」等々です。
そしてよく好きな言葉は「人権」、「民主」等々です。

そんな正義に燃えているかに見える日本のリベラルですが、お隣の中国、韓国、北朝鮮に対する報道は常にまたまた腰が引けているというか忖度てんこ盛りです。

共産党一党独裁の中、習近平主席が永続的に主席(現在の皇帝)の地位に就けるように反対を抑え込み習近平独裁体制を進める中国での全国人民代表大会(全人代)が開かれています。

明確に憲法改正をし、軍備を公然と増大し、現在侵攻している南シナ海、東シナ海での実効支配を強固にすると名言している国が日本の最も重要な国益を侵食するのが目に見えているにも関わらず、その独裁国家の憲法改正等にはさしてもの申さず、攻撃を受ける側の日本側の防御に関しては憲法改正をはじめとして防衛費、地方自治で沖縄、石垣で妨害し、来日中国人ウエルカムという状況です。

韓国に対しても相変わらず幻想である「日韓友好」なり北朝鮮との「南北友好」を基軸にしているためでしょうか。

平昌(ピョンチャン)五輪終了を待っていたかのような韓国、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「3.1独立運動」式典で早速本音を語っていました。
さて安倍首相の訪韓、どんな効果があったんでしょうか。

慰安婦問題「日本が『終わった』と言ってはならない。反人倫的犯罪」 文在寅大統領、独立運動式典で演説 「日本に特別な要求はしない」とも
http://www.sankei.com/world/news/180301/wor1803010009-n1.html

結局は韓国に日本毀損を続けさせ、北朝鮮に核開発の時間を与えているという事です。
韓国に対しては時々出る慰安婦問題などでの「韓国側の心情に寄り添え」だとか北朝鮮の核開発応援では「北朝鮮と話し合え」という立ち位置が日本目線ではなく半島目線というスタンスなわけで、おまけに中国目線というスタンスなわけです。

『韓国問題』では何時までも韓国という反日国に日本は振り回わされず、米国には韓国という国をもっと理解してもらい、「日米韓」という建前とは別に半島対策・半島有事に「日米」のみで対処するシナリオを構築する必要もあるでしょうし、持論として北朝鮮が米国主導で潰れれば中国への最大の圧力となり、先ずあり得ませんが中国が潰れれば北朝鮮問題、韓国問題など即座に解決します

日本のリベラル(変態さよく)が如何に日本国民をミスリードしているのか。
現状の各分野さよく・在日に支配され、反日野党連合支持率約25%の現在けっして安穏としてはいられません。

先ずは新聞、テレビなどの反日偏向メディアの駆逐・改革が急がれます。

[ 2018/03/06 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: