私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「嘘の新聞=朝日新聞」が定着する日

「嘘の新聞=朝日新聞」が定着する日

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「嘘の新聞」という検索ワードでググると、「もしかして朝日新聞」というサジェスチョンが出て来ることが話題となっている。現在、そのサジェスチョンは出現せず、この現象を取り上げたネットの記事が上位を独占している状況だ。ちなみに、「捏造新聞」で検索してみても、朝日関連の記事が上位を独占している。トップ記事は、かの有名なサンゴKY落書き捏造事件だ。

捏造新聞、朝日


 嘘、捏造という、メディアにとっては致命的なキーワードで上位を独占しているということになる。国民にとっての朝日新聞の位置づけが、朝日が自ら自認していた「クオリティーペーパー」でもなんでもなく、「信用に値しない新聞」という真逆の方向にシフトしているということだ。

  朝日は嘘や捏造で、たびたび裁判に引っ張り出される。先月24日、国内外の62人が朝日に対して名誉棄損の訴えを起こした裁判で、裁判所がその要求を棄却した事を記事にしている。これは、ビッチ像が建てられた米グレンデール市近郊に住む原告らによる訴訟で、朝日が吉田清治の慰安婦強制連行という嘘をネタにした記事に対する訴訟だった。この勝訴に、朝日広報は自慢げに、このようなツイートを残している。


 全面的勝利宣言で胸を張る朝日。だが、訴えが棄却されたのは、「記事の対象は旧日本軍や政府で、原告らではない」との理由によるもので、名誉棄損が成立しないという判断に過ぎない。少なくとも、朝日の記事が嘘や捏造ではない、と裁判所が判定したわけではないのだ。

 司馬遼太郎賞というものがある。「創造性にあふれ、さらなる活躍を予感させる作品」を表彰するものだが、今年の受賞は朝日新聞の奥山俊宏編集委員に決まったという。「産経新聞の元記者の名を冠した賞を、読売新聞のホールで、岩波書店から朝日新聞の記者が出した本が受賞」という奇怪な構図だが、受賞者である奥山は、受賞スピーチでこう語った。

 私が考えますに、新聞も雑誌もテレビも、もともとあった大手マスメディアはいま、かつてない逆風にさらされています。だれもがスマートフォンを使ってインターネットに接続してそのコンテンツを気軽に手軽に見ることができるようになりました。既存のマスメディアの影響力は昔に比べるとずいぶん下がってきています。そして、そのことはそれぞれの報道機関の経営状況の悪化にもつながっています。また、さまざまな批判、ときには誹謗中傷にさらされることが多くなってきているということも実感しています。なかなか元気が出ない。萎縮してしまう。心が折れてしまう。というようなことも多くの記者たちが経験しているところだと思います。

 それに加えて、近年、報道機関の間で論調が鮮明に分かれる問題が多くなり、それが先鋭化する傾向が見られます。それが建設的な批判の応酬ならばいいのですけれども、たとえば、「報道機関を名乗る資格はない」だとか「日本人として恥だ」といった非・建設的な汚い罵倒の言葉も見受けられます。

 こうした近年の寒々しい状況を乗り越えて、産経新聞にも読売新聞にも朝日新聞にも岩波書店にも共通する価値観――民主主義社会における、独立したジャーナリズムの活動の重要性、自由な報道や言論の大切さ、事実に基づく報道と評論の大切さ、歴史と世の中に対する責任を果たし、真相に近づくために必要な記録の作成、保存、公開の大切さ――を改めて確認する契機として、私はこの受賞を受けとめたいと考えています。


 さて、朝日新聞に「自由な報道や言論の大切さ、事実に基づく報道と評論の大切さ、歴史と世の中に対する責任」や「真相に近づくために必要な記録の作成、保存、公開の大切さ」を語る資格があるのか。昨今の朝日の報道は、「真実の追及」に名を借りた印象操作やプロパガンダが、以前にも増して溢れかえっている。奥山が指摘する通り、既存メディアにとっての逆風は、かつてないほど強い。しかし、それも朝日の嘘や捏造などに代表される、身から出た錆でしかない。真摯に真実を追求し、読者を一定の方向に誘導するような印象操作をしなければ、風当たりどころか応援の声が上がるはずなのだ。

 小川榮太郎氏らを名誉棄損で告発した新聞社に、「自由な報道や言論の大切さ」を言ってもらいたくない。言論の自由には、同じ比重で責任が伴うことを、朝日新聞は自覚すべきだ。それがなければ、「嘘の新聞」という称号が、より定着の方向に進むだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/04 09:11 ] メディア | TB(0) | CM(7)
うそ
♪少し調べてみるだけで あなたのうそはわかるのよ
 それで騙せると思うのね 思うのね
 ああ 捏造ばかりの記事なのに
 ああ クオリティペーパー名乗るのね
 ネットは見ないでいてくれと
 都合が悪いと隠すよな
 みえすいたうそのつける人
[ 2018/03/04 09:49 ] [ 編集 ]
嘘 嘘 嘘 嘘朝日 
「さまざまな批判、ときには誹謗中傷にさらされることが
多くなってきているということも実感しています」と
この朝日記者は言いますが、
実際は、国民が本気で怒っていることを、受け止められない、
決して認めたくない状態で貰った何とか賞ですから、
決して自省することない「おまいう」受賞スピーチの愚かしさと
言うほかありません。

管理人様が指摘される以下の箇所
>民主主義社会における、独立したジャーナリズムの活動の重要性、自由な報道や言論の大切さ、事実に基づく報道と評論の大切さ、歴史と世の中に対する責任を果たし、真相に近づくために必要な記録の作成、保存、公開の大切さ――を改めて確認する契機として、私はこの受賞を受けとめたいと考えています。

何と空々しいこと!
悉く、虚しい言葉の羅列です。

長い間、こうして日本国民を騙してきたこと、
世界に広がる日本貶めの発信源は朝日だと言うことを認めず、
今なお改まることのない日本叩き、安倍総理叩きの悪辣さ。

歴史を改竄し、抗弁しようのない先人たちへの誹謗中傷、
かつて、朝日にあらずんば人にあらずと言うが如くの横暴さで、
情報空間を制覇していた朝日が、日本人の心を幾度となく、
折らしてきた責任を取ったことがあるのか。

よくもお為ごかしの文言を発せられるものです。
日本語を汚し、日本人の心性を悉く冒涜し続ける朝日新聞がと
罵られてもその罪過に比べれば当然のことに思われます。
嘘を糊塗する名人朝日ですから、せめて庶民は、
巨悪の朝日新聞を揶揄する言葉で追撃しかありません。

その昔、テレビで「磯自慢」という海苔の佃煮の
コマーシャルソングが子供たちの間で流行っていました。

♪磯、磯、磯 磯自慢
 海苔の佃煮 磯自慢

覚えておいでの方がいらっしゃるでしょうか。
凄く乗りの良い(笑)、コマーシャルでした。

朝日のとんでもない嘘が、あきらかになるにつれて
この昔のコマーシャルソングが頭の中を流れ、
替え歌を作っては心の内で反撃をしていました。

朝日の記者には、
「朝日フェイクで賞」を差し上げたいものです。
序に以下の「嘘自慢ソング」を添えて。
 
♪嘘 嘘 嘘 嘘自慢
 捏造歪曲  名人芸

♪嘘 嘘 嘘 嘘自慢
 歴史改竄 お手のもの

♪嘘 嘘 嘘 嘘まみれ
 慰安婦南京 朝日発

♪嘘 嘘 嘘 嘘朝日
 朝日の常道 反日さ

♪嘘 嘘 嘘 嘘朝日
 ネットの攻勢 うろたえる

♪嘘 嘘 嘘 嘘朝日
 反日ビジネス 翳りあり

最後に川柳を

 あな可笑し 公正信義を 朝日言う

[ 2018/03/04 13:59 ] [ 編集 ]
文字色、訂正します
コマーシャルソングの箇所を青色にしたつもりが、
間違って緑色になっていました。

♪磯、磯、磯 磯自慢
 海苔の佃煮 磯自慢
[ 2018/03/04 14:03 ] [ 編集 ]
また、まとまって名誉毀損、慰謝料で損害賠償の訴訟しませんかね。
参加したいです。日本国民全員でできたらいいのにな。
潰れるまで、何度でも何度でも訴えてやりたい。
[ 2018/03/04 22:50 ] [ 編集 ]
資格はないが

この受賞者の言葉は、南鮮がよく使う「歴史を忘れた民族は滅亡する」(でしたっけ?)と同じで、原則的にまともな事を言うだけは言っているけれど、それが発言者自身に「だから、それは君だよ」と還って行くだけの、アホかいな発言です。
おまけにやっぱり、悪いのは世間やネットで自分達ジャーナリストに原因があるのではない風な、他罰的思考。
実に何もかもが南鮮方式になっている朝日(ちょうにち)新聞社&記者。

厚顔無恥というべきか真実と虚偽の境目も分らない程グズグズ頭になってしまったのか、この手の嘘つきに共通の、真っ当に聞える言葉を言っていれば世間は騙せる「信念」が、正直になる勇気を奪っていそうな人間集団の朝日新聞。
日本人、お人好しですものね。未だ騙せるのでしょう。

今メディア団体がメディア人に授与する賞は総じて内向きの「審査基準」で、結果を聞けば外部の一般国民が仰天するものが多い様に感じます。自分達で価値を低めているみたい。
司馬遼太郎賞にはあまり関心が無いので、言える資格はないですが。
[ 2018/03/04 23:11 ] [ 編集 ]
客観視ができないぱよちんアカヒ
ぱよちんのフェイクニュース専門紙アカヒは
自己を客観視できないクズ新聞www

言うことは立派だが、行動が伴わない。
美辞麗句を繰り出すのは得意だが、偽善を見透かされて説得力が皆無。
鉄面皮の厚顔無恥。
ゆえにアカヒは侮蔑の対象にしかなり得ないwwwwwwwww
[ 2018/03/06 09:56 ] [ 編集 ]
ゴミ発見器
見識のない馬鹿ライターが書いたゴミの集積と表現せざるをえないリテラも見受けられますね
[ 2018/04/04 11:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: