FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  日米のメッセージを聞いていないふりをする文在寅政権

日米のメッセージを聞いていないふりをする文在寅政権

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平昌五輪には、どうしても、今までの五輪にあったような興味がわかない。政治ウォッチャーとしては、出場日本選手の活躍は期待したいのだが、それ以前にこの五輪を目いっぱい政治利用しようとしている南鮮政府の下心が丸わかりで、かなりシラけてしまった感があるのだ。

 序盤のクライマックスは、競技ではなく、五輪外交だといえるだろう。中央日報が、安倍総理と文在寅の会談に関し、青瓦台報道官の南鮮メディアに対するブリーフィングを記事にしている。

 安倍総理が「五輪以降がヤマ場だ。米韓合同軍事演習は、五輪直後には予定通り進めることが重要だ」と述べたことに対し、文在寅は 「安倍首相の言葉は北の非核化が進展するまで韓米軍事訓練を延期するなという言葉と理解する。しかしこの問題は我々の主権の問題であり、内政に関する問題だ。首相がこの問題を取り上げるのは困る」 と応じたという。北朝鮮問題が、南鮮単独の問題でないことは、国連が制裁を決めたことでもわかる通り、国際社会の問題なのだ。この軍事演習にかかわる部分は、当初の報道官ブリーフィングにはなく、後で追加されたものだという。恐らく、ペンス副大統領からも同じ要求があっただろうが、米国の要求には触れず、日本の要求のみに触れたのは、「日本に指図されたくない」南鮮の御家事情なのかもしれない。

安倍総理と文在寅


 いわゆる慰安婦問題に関する応酬も記事になっている。

 「慰安婦合意は国家対国家の合意であり、政権が代わっても守らなければならないというのが国際原則だ。日本は合意を最終的かつ不可逆的なものと受け止めて約束を守ってきただけに、韓国政府も約束をすべて実行してほしい」 (安倍首相)

 「慰安婦合意が解決していないという決定は、前政権の合意以降、慰安婦被害者と国民が合意内容を受け入れなかったからだ。慰安婦問題は被害者の名誉と尊厳を回復し、その方が受けた心の傷が癒える時に解決する。政府間のやり取りする形の交渉で解決されるものではない。慰安婦問題を本当に解決するためには被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やせるよう両国政府が継続して共に努力していかなければいけない」 (文大統領)


 文在寅の主張はめちゃくちゃだ。ゴールポストは再び動くという宣言である。自称慰安婦の余命はそれほど長くない。言葉は悪いが、彼女等が亡くなれば、日本政府は彼女らの心の傷をいやさなかったと結論付けることができる。従って、日本に対し、未来永劫、批判を向けることができるという筋書きが成立するのだ。そもそも、合意事項を何ら履行していない南鮮に、「両国政府が努力を」と言われたところで、「アサッテ来やがれ」である。

 五輪開会式レセプションでは、ペンス副大統領が冒頭に顔を出しただけで参加せず、5分で帰ってしまったことが話題だ。一方、安倍総理はペンス副大統領と連れだって「遅刻」し、文在寅が挨拶している場面でようやく一緒に入場した。ペンス副大統領の遅刻には事前通知があったが、安倍総理の遅刻は「通知なし」ということで、不満をあらわにしている。

 安倍総理とペンス副大統領が連れ立って遅刻という「演出」には、意図があったと解釈すべきではないのか。それは、満面の笑みで「制裁を加えている北朝鮮」の代表を迎え入れる文在寅に対する当てつけがあるのではないか。また、北の代表を日米両首脳と同じテーブルに席を用意したことへの拒絶の意思表示であることも想定できる。少なくとも、ペンス副大統領の退席が、「米国は北とは対話しない」という明確なメッセージであることは間違いない。

 青瓦台は、ほぼ、北に乗っ取られたと見るべきだ。文の平壌訪問を要請した北朝鮮に対し、まんざらでもない態度で「前向きな検討」を表明した文在寅。南鮮国民は、よくこんな無能な大統領を選んだものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/13 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
>青瓦台は、ほぼ、北に乗っ取られたと見るべきだ。

青瓦台が「赤瓦台」と改名される日も近いでしょう。
[ 2018/02/13 13:02 ] [ 編集 ]
松本人志さんの言った事ですが。
言い得て妙なので……「ムンちゃんオリンピック」
[ 2018/02/13 16:57 ] [ 編集 ]
解らないニダ
「聞いてないふり」なのか「聞いても理解不足」なのか、ちょっと疑いたくなる事が多い在寅サン。
言葉通じてないのじゃない?

「内政に関すること」=内政干渉は困る、という意味であろうと思いますが、イイ事聞いちゃった!感があります。
そうなのよ、靖國も教科書も対外的には日本の内政なのよ。言っちゃえば竹島も日本の内政範疇なのよ、手も口も出すなヨ!と。

慰安婦合意に関しての在寅発言は、彼が全くの「市民政治家」である証明だと思いました。とても国際問題や外交は無理なのではないか?自国民感情と外国政府との合意を同じテーブルに並べて、普通、これは恥だわ。

尤も日本のアノ3年3ヶ月もスゴイ悪夢でしたので南鮮を言うには気後れする部分もありますが、それを忘れず、今の処唯一、二桁支持率を持つ立件枝野の「草の根からのナンタラカンタラ」政治に、出来心でも戻る事の無い日本で在らねばならん!と在寅を見て再確認です。
愚バトやスッカラ菅にドロ狸、実に悪夢じゃった!!!


あのーーー、「アサッテ来やがれ」は「ならば明後日行くぜ」と言われると思うのね。この場合「一昨日(おととい)来やがれ」じゃないと「バカ抜かすんじゃねえ」の意味にならんぜ~。

[ 2018/02/13 23:43 ] [ 編集 ]
ST様
拝読仕った。
「よい名前を考えつくものです」が第一感想です。
靱帯切っちゃったのねw、あの当時とリハビリ映像を思えば笑ってはいられませんが、合わせてみれば「珠央」の名前が凄く生きて感心しちゃいました。
カロちゃんはカナダでサブリナw。アレは彼女にとっても御難でしたね。

タクアン色の漕ぎ漕ぎで銀が思い浮かんでイカンですが、その後の、選手珍島物語「人が割れるのよ~」で、やっぱり日本人だけじゃ無かったのね、と思えたのも思い出しました。
で、続編も是非!

長い間にはフィギュアは今までも不審なお話があった様ですが、アレほどの「珍現象」は今後は、まあ、無い?と思いたいですよね。
[ 2018/02/14 00:18 ] [ 編集 ]
こはる様
かたじけのうこざいまする。
あの「人割り」も、ヨナには「私の前に道はできる」くらいに思っていたのでは? それくらいのメンタルがないとやってられませんってw

あれほどの「世界的珍現象」は今後ないと信じたいですが In Koreaでだけは継続中のような……。
[ 2018/02/14 04:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: