FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「謝れない新聞」朝日、今度は日韓首脳会談をネタに安倍批判

「謝れない新聞」朝日、今度は日韓首脳会談をネタに安倍批判

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党和田政宗氏が、Facebookで、「安倍晋三記念小学校」の設置趣意書を国に提出した、という間違った報道の経緯を振り返った朝日新聞の検証記事について、「朝日新聞はやるべき取材をしていなかったことを暗に認めた。だが謝罪はない。」と批判したところ、安倍総理からコメントが入ったという。

 ひと言。「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。」

朝日新聞、哀れ


 現在はこのコメントを確認することができないが、安倍総理もトランプに倣ったのか、メディアと対峙する姿勢をより鮮明にしている。我が国の首相が、既存メディアに対して公然と批判するのは異例である。しかし、当の朝日は誤報を出した手前、正面から反応できない。朝日が総理のこの姿勢を批判すれば、より強い批判は朝日の側に集まる。だから朝日は、サンゴや吉田証言と同じように、紙面を大々的に割いて謝罪すべきなのだ。

 しかし、和田議員が書いた通り、朝日とは伝統的に「謝れない新聞」だ。総理への批判はモリカケにではなく、平昌での日韓首脳会談に向けられた。朝日は10日の社説で、総理をこう批判している。

日韓の首脳 往来交流の歩を重ねよ (朝日)

 一方、安倍氏は合意を「1ミリたりとも動かす考えはない」と繰り返している。
 合意には両政府が協力して事業にあたることが盛り込まれている。ことさら相手を突き放す言動をとるのは不適切であり、事態をこじらせるだけだ。


 本当にバカが書いたとしか思えない文章である。両政府が協力して事業に当たることが合意の精神であることは良いが、合意はその協力を、為すべきことごとに「分担」しているのだ。日本はその分担に沿って、南鮮側が設立した財団に、10億円を支払った。一方、南鮮側は財団をつくっただけで、そのあとは何もしていない。ソウルの日本大使館前に設置されたビッチ像も、いまだその場に居座り続け、青瓦台はその碑の移動に関し、結果を出していないどころか、結果を出す努力すらほとんどしていない。分担している事柄をやる以前に、タスクフォースなるものに調査を出させ、この合意を無効化しようとしている。

 ここで1ミリでも合意を動かせば、国際合意の意味がなくなるのだ。批判のほとんどは南鮮に向けられるだろうが、それをしてしまえば、日本も「合意を動かす国」に仲間入りすることになる。その結果として被る「国際社会における国家としての信頼の低下」は、大きなダメージになるはずだ。

 朝日は、こうも書いた。

 歴史問題などで応酬があろうとも、安保・経済・環境など幅広い分野での協調の意義を見失わない。そんな冷静さを両政府ともしっかり保ってほしい。


 これは、文在寅の「2トラック外交」の受け売りであり、また、代弁でもある。しかも、その歴史問題を創作したのが朝日新聞だ。「どの口で言う?」と、朝日の社説担当者に聞いてみたくもなる。

 朝日新聞を表した標語に、「アカが書き、やくざが売って、バカが読む」というものがある。新聞販売店が気の毒だが、「アカが書いたものを読んでいるとバカになる」という法則は、いまだ健在だ。購読者は明日にでも解約したほうが身のためだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/11 07:22 ] メディア | TB(0) | CM(4)
皇紀2678年 奉祝 紀元節・建国記念日
我家では朝露に濡れた門前に支那朝鮮等に負けるかと
日の丸と旭日旗を掲げさせていただきました^^

しかし旭日旗と似た朝日の社旗を掲げながら戦後いまだに
反日というのは敗戦後疲弊した国情にあってGHQの洗脳体
制によって得た特権で生活の基盤を築いてしまった。
それは新聞に限らず放送メデイア、また芸能は云うに及ばず
共産主義者、日教組など純粋な日本人ではなくなってしま
った・・・、戦前の右体制からGHQ左体制へと変更するこ
とで戦後の日本人は生きる術を得ていったと思います。
在留した朝鮮半島の人々も生きる術として我が国に帰化する
者、また朝鮮、韓国人としての誇りを捨てず、もしくは同胞と
の互助のもと生きてゆく。
毛沢東の振り子理論というのを昔教えてもらったことがありま
すが、インターネットの登場でまさしく今は本来の日本国とし
て回帰する右に振り始めているのだと期待を込めて思います。
揺れる旭日旗を眺めながら思いました・・・・
[ 2018/02/11 11:42 ] [ 編集 ]
反日狂新聞 朝日
男塊世代様が、この間から国旗についての思いを
縷々書かれて来られ、得心するばかりでした。

そもそも国旗や国歌を蔑ろにする国が
世界中で日本以外にあるとは思われません。
国家を喪失した訳でもないのに
日の丸だろうが旭日旗だろうが、国の顔である旗を
堂々と振れない日本人なんて、世界の笑い者でしょう。

どこの国に、自らの国旗を燃やされたり、汚されたり、
自らの国や国民の命を守る陸上自衛隊や海上自衛隊の旗を
悪魔の象徴のように言い立てられて、押し黙る国があるのでしょうか。


日本を二度と再び立ち上がらせないための
GHQの占領統治の破壊力の凄まじさは、
大東亜戦争を戦った先人が物故者となった辺りから
しだいに強烈となり、その旗振り役の朝日新聞、
NHKに於いて今も侮れません。

欧米列強にとって植民地の分断統治が常習であったことから、
日本国内に不要な対立を生み、紛争の種を残すことも
目的とされ、日本占領政策の一環として行われた
「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」
と言われるWGIPの忠実な履行者となったメディアや教育界に於いても
その効果が顕著に表れました。
それらの権威を信用し、従順すぎる只今の日本人は、
長い間、途轍もない洗脳を受けてきたことになります。

日本の国旗を燃やし、靖国神社に爆弾テロを仕掛け、
自国は歴史を改竄しながら、幼い頃からの反日教育を徹底し、
日本の教科書に介入して、捏造の最たる南京大虐殺や
従軍慰安婦など、政治プロパガンダを世界中にばら撒く
中国、韓国、北朝鮮の謀略の先導役を果たしてきた朝日新聞。

大方の日本人と言えば、国防に関心が薄く、昨日の平穏が
明日をも続くとばかりの偽りの平和を貪って来たのです。
日本人を目覚めさせないために、謀略を持ってメディアや
教育機関や行政機関に入り込んだ 反日左翼の人間や
特亜の人間たち、あるいは様々なトラップに嵌った日本人の
日本毀損は、ネットで真実が明らかになってもなお、
知らぬ間に加速しています。

最近でもセンター試験の近代史が酷いと聞きます。
更に、古代史が韓国辺りに配慮するように書き換えられ、
または記述そのものがなくなっていると聞きます。

超進学校と言われるところほど、自虐史観まみれの
嘘の歴史教科書を使うという体たらくです。
その挙句、税金が最大級に投下された東大へ進んだ者が
国家の枢要な位置に就き、自虐史観まみれ思考を持って
政治や行政を行う倒錯ぶりが展開される日本の不幸が改められません。

特亜三国の嘘八百の歴史物語に乗せられて、
散々、謝罪させられ、お金を払い、将来に渡って、
執拗な政治プロパガンダにいいように手玉に取られている不甲斐なさは、
日本を悪玉にしておき、ATMの役目を担わせたい戦勝国の
思惑があるとしても、究極は、現行憲法を一度も変えることが出来ない、
スパイ防止法も作れない(先進国でないのは日本だけ)、
要は自分の国は自分で守ることを考えない
いかさま憲法を後生大事と抱え持つ日本に繋がります。

事実上、アメリカの属国に甘んじている日本人の所為です。
今回のJOCの例を見るまでもなく、事なかれ主義の目覚めない
日本人の所為ですから、厳しい日本の現実が続いて当然だと言えます。

中国、韓国、北朝鮮等に、止むことのない情報戦を
仕掛けられていることに気づかず、気づいたとしても
国家の安全を他国に任せることに何ら懐疑を抱かず、
今さえ良ければの日本人は、後世の日本人に大きなつけを
負わせることにも無頓着です。

そうした日本人を作った一因ともいえる朝日新聞の罪深さは
何度でも書きます。
日本の国旗、国歌、靖国神社を蔑ろにする反日日本人の
再生産に力を貸し、反日国家を幇助するために、
存在し続ける朝日新聞こそが、日本の真の独立を阻み、
亡国へ導く嫌日反日の謀略機関紙の正体そのものです。

反日の癌細胞が増殖し続けた朝日には、もう後戻りが出来ないまま
終息が待っていることとは言え、朝日同様の日本を普通の国にしたくない
NHKと一体となって策動に走っています。

更に、これから反日メディアが一丸となって、憲法改正阻止のため、
安倍政権叩きが一層、凄まじいものとなることでしょう。
そうはさせては、なりません。

いつもの今更ながらのことを長々と書いています。
ご容赦ください。


*****
チャンネル桜の討論
【討論】追悼・西部邁と日本[桜H30/2/10]

https://www.youtube.com/watch?v=3kxbHcGujWs

日本のことを、様々に考えさせる濃厚な討論でした。
ご視聴のほどを。
[ 2018/02/11 21:27 ] [ 編集 ]
和魂
なつこ様 正しく和魂のことだまと拝読しました。
小生は父親が居なかったせいか世の中を生きてゆく為には先人の
言辞また出会った年配者に教えを乞う生き方をしてきました。
40代に入った頃、松下政経塾を卒塾した青年と出会い体験入塾
したとき松下翁の「無税国家にしよう」という我が国を憂い国家
運営を青年達に託す心に触れました。その時既に松下翁はお亡く
なりになっておりビデオ等で勉強しました。その際で出会ったの
が漁火会、のちに青年自由党を創設した中村功氏で「日本人を取
り戻す!」運動に関わりました。
以来塾の報、青年自由党や国民新聞、正論など手にするようにな
りました・・・
伯父貴からの南方軍幹部候補生の活動と戦後五十年の回顧「霊山
万里」など大東亜戦争を戦った兵隊さん達の回顧録を読んだり
1994年ビル・トッテン著「日本人はアメリカにだまされている」
1998年西鋭夫著・「国破れてマッカーサー」etc
など書籍タイトルに引かれ手にしてきました。あれから二十数年
経過しインターネットの登場でようやく左の振り子が右へ振れ始
めたに思えます・・・思いたい!(笑^^

蓋し、本気本物の日本再興の為のものであるかと人生後半^^
我が自身の魂で見抜いて生きてゆきたいと思います。 
なつこ様の和魂、有り難う御座いました^^

       紀元節・建国記念日二日目、真白き富士が峰、青天成り。


[ 2018/02/12 12:35 ] [ 編集 ]
朝日は恥知らず
何時ものチョウニチ新聞だと思えばいいのか、思うしか無いのか。
悪い事をして謝れないのはオバカさんなのよ、と小さな子に大人は教えるけれど、朝日は集団バカなんでしょうね。もう成人してなが~い年月経ってちゃあこのまま死ぬしかないのだろうと思います。

以前(何時まで居たのか分りませんので)、NYタイムズ東京支社長にニコラス・クリストフという記者が居て「日本兵はシナで子供を殺してその肉を食った」等々のでっち上げ記事を書いたので有名ですが、
その支社が朝日本社ビルの中にあって歪んだ情報しか入らなかった為だと高山正之氏は書きます。
というのは、彼が日本を出た後に書いているのが「悪いのはシナ。歴史を捏造しては反日を煽っている」「日本の主張する通り増えすぎた鯨が海の生態系を壊している。捕鯨をすべきだ」だそうで、それを高山氏はヘラルド・トリビューン紙に載った記事で知ったそうです。
ところが、そのヘラトリのアジア版が朝日から出る様になってそちらが変になった。と。

何が楽しくて日本を貶しめ嘘を塗りたくるのか?結局はバレて大恥を晒すだけなのだけど、恥を知らないからどうにもならん。
少なくとも朝日の社員は心が腐って居なけりゃあ務まらん。
[ 2018/02/12 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: