FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  翁長の「基地移設反対は地元の民意」というロジックが破壊された名護市長選

翁長の「基地移設反対は地元の民意」というロジックが破壊された名護市長選

← 応援クリック、ありがとうございます。

 沖縄県名護市長選は、新人で自・公・日本維新推薦の渡具知武豊氏が、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺進を破り、初当選を果たした。国防の要衝となる沖縄県で、しかも米軍基地移設で全国から注目を浴びる名護市であるだけに、注目も集まり、メディアも熱心に報道した。自民党のみならず、他の国政政党のコミットも強く、深い選挙戦だった。沖縄の基地問題に、光明が見えてきた。

渡具知武豊


 昨日が新聞休刊日にあたったことで、ある種の安堵を感じた反日新聞もあったかもしれない。反日新聞の報道は、日常通りとはいえど、この名護市長選に関しても公平さを欠いた偏向ぶりだった。まず、テレビや新聞に出て来る有権者はほぼ全てが基地移設反対派で、容認派の声はほとんど取り上げられていなかったのではないか。稲嶺の圧倒的勝利を予想したメディアは少なかったが、それでも報道のボリュームを見ていると、沖縄の声=辺野古移設反対という図式が強く伝わってきて、渡具知武豊氏が劣勢と見る向きも少なくなかった。ところが蓋を開ければ、3,458票差で渡具知氏の勝利。報道とは真逆だ。

 これには、基地容認を表立って言えない、名護市民の事情もあるだろう。信頼できる情報筋によると、沖縄の反日メディアは、反基地勢力である人達の住所や家族などの情報を、豊富な資金力を使い、ほぼ完全に調べ上げているという。そして、それら情報を反日勢力に流し続けている可能性もあるという。沖縄に集まる基地反対派の傍若無人ぶりを見ていれば、その反対派に目を付けられることは、生活を脅かされるのと同義だ。声に出せない民意が、渡具知氏を勝たせたと言えるのかもしれない。

 さて、落選した稲峰は、「残念ながら移設問題が争点となり得ず、はぐらかされてしまった」と語っていたそうだ。自身の政策発表会で、「市内の自然公園にパンダを招致する」という愚策を発表した稲峰が言うべきセリフではないだろう。逆に言えば、稲峰には基地移設反対くらいしか訴えることがなかったのだろう。ちょうど、憲法改正反対というシングルイシューにすがる、どこぞの国政政党と同じだ。渡具知氏を勝たせた名護市民は、決して基地誘致派ではない。町の振興のためには「やむを得ない」と言ったところだろう。その市民の心を動かしたのが、渡具知氏の政策だったのではないか。

 既にネットでは話題になっているが、この市長選の出口調査の年齢別投票先が興味深い。

名護市長選 年代別投票先


 投票先は60代を境にくっきり分かれ、50代以下では渡具知氏に、60代以上では稲峰に、支持が集まっている。将来世代は基地移設反対一辺倒の稲峰には市政を預けられないと判断したということだ。全国レベルと同じく、守旧メディアの影響力はシニア層に及んでも、将来世代を動かすことはできないという証左だ。

 この選挙結果を以て、沖縄県下11市長の勢力図は、オール沖縄が2、それ以外が9になった。県知事の翁長は、移設反対の理由を「地元の民意」としてきたはずだが、これがほぼ完全に崩れたこととなる。しかも、地元である名護市が、その翁長のロジックを否定したのだ。さぁ、翁長はこれからどういう理由をつけて、辺野古移設に反対するのだ?

 沖縄県知事選は今秋に予定される。自公および維新は、勝って兜の緒を締めよ。沖縄サヨクを、県知事選で粉砕だ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/06 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
ぱよちんには学習能力が無い
まずは名護市の有権者の良識に敬意を表したい。
ぱよちんのパンダ稲峰やヅラ翁長の落胆ぶりが実に心地良いwww
沖タイや琉球新報のマヌケぱよちんもさぞかし肩を落としていることだろう。
メシうまぁ~~~wwwwwwww

コイツらぱよちんには学習能力が無い。
地域経済の活性化を後回しにして基地反対ばかり主張している愚かさは
学習能力の無さを露呈している。
沖縄には観光産業しかないのに
もう一つの大きな収入源である交付金を断って、代わりに何を充てるかのビジョンが皆無。
ヅラ翁長は愚かにも「オスプレイが飛び交う沖縄で観光振興などあり得ない」
と負け惜しみを吐いていたが
沖縄の観光人口は年間200万人超で4年連続過去最高を更新中だ。
基地をなくせばこれが倍増するんか、ボケ! と突っ込みたくなる。
むしろ在日米軍基地を観光資源として活用すべきだ。
特区指定で実射訓練などの体験ツアーやグッズ販売などをすれば
倍増は無理としても2~3割アップの伸びしろはあるだろう。
政治は理念だけでするものではなく、
現実と折り合いながら進めるべきものと信じる。
[ 2018/02/06 10:05 ] [ 編集 ]
はやり支那の犬だよ「犬HK」
昨日の支那の手先:犬HKの報道「クロ現代+」が醜い!
明らかに渡具知氏の当選が支那の手先機関としては残念でならず解説員と言いながらの稲嶺の応援団そのものだったね。
報道では若い世代の渡具知氏支持が高かった等の検証さえ流さずに反対派の姉ちゃんの意見だけが中心の公狂放送の正体がバレバレだ。
国民から受信料を貪り、ヒラマサヨイショ、韓流ヨイショが続いているがはやり国民の手で解体に持ち込むべきだろう。
さて翁長は既に退路が断たれたが、支那にでも亡命するのか?
[ 2018/02/06 12:35 ] [ 編集 ]
何かと今年は決戦年か?
この選挙に合わせて約3000人の住民登録がされたという未確認情報もあるようで、そういう人は選挙が終わればまた移転手続きするのか?小忠実な人も居るもんだ、と面倒くさがり者には小さな呆れです。
それともこの機を境に実際に住み着くのか?

シナは自国に有益な人間を便利な内は徹底的に利用する為にその者の保護をするのだそうで、例えば「百人斬り」を書いた毎日新聞記者の娘を北京大に留学させ面倒を見、その「娘」は北京の商業ビルの一隅で小さな土産物店を経営している。と実際に彼女に会いに行った高山正之氏が以前書いて居られました。
翁長父娘も似たパターンなのか?「貢献度」次第かしら。使えなくなれば棄てられる。

今日本の若者は新聞購読をしないとか。ならば将来性の無い職種になったのですね。
沖縄二紙の販売数はどうなんでしょ?販売地域の逐一情報を掴むにもただでは出来ない活動ですから、売れているのか、何処からか湧いてくるのか。

高齢者はあとは死ぬだけで、イデオロギーに余生を潰すのも一つの生き方でしょうけれど、未だ先の長い方々には自分の生活は第一の大事。金喰いパンダを市民で飼ってはいられません。
経済右肩上がり時代と違って、地元経済の足掻きを放置したままで、経済計画を語らずイデオロギーに励む為政者に現在未来を賭す庶民が非常に少ないのは道理でしょう。
まして、沖縄は否が応でも地勢的に国防の最前線。

翁長県政は翁長に同調する事業者だけに仕事を割り振っているというお話も長くあるようですが、その翁長に応援された前市長の選挙結果を見ると、その広がりは無い、という事なのでしょうね。
あのシナの何が良くて靡けるのか?トンと理解が及びません。
[ 2018/02/06 15:49 ] [ 編集 ]
選挙結果にヒヤヒヤしていましたが、「渡具知氏当確」の速報が出た時
思わず拍手していました。
夜中までずれ込むかと思っていましたが、意外や意外
早く決まりましたね。

沖縄は今年は次々に選挙が行われ、石垣市は自民保守系が二人立って
星をつぶし合うのではないかと心配されています。
馬鹿な市会議員(今は落選)が、陸上自衛隊駐屯地が来ることで
レイプ被害が増えるとかわけのわからない理屈をこねていたことがありました。
昨日の佐賀の陸自ヘリ墜落事故が誘致のマイナス要因にならない事を祈ります。
石垣市は尖閣も含まれるわけですから、出来れば海保立寄所
無理なら灯台を設置していただきたいです。
[ 2018/02/06 20:43 ] [ 編集 ]
誰がために鐘は鳴る
沖縄左翼への弔鐘が鳴っているようですな。海江田(牧場長)事務所は「フェィクニュース」がSNSを通じて大量に流され、若い有権者に影響を与えたことも目立ちました。とかボケた言い訳をしているようですが、NHKの朝ドラから戦前真っ暗史観のドラマを垂れ流し、宅配の新聞が人権、平和、民主主義の3点セットを配りまくっても守旧メディアによる洗脳は効かなくなった悲鳴にも聞こえます。

反基地専業候補への支持層がまず九十代に集中し、ついで六十代、八十代、七十代と続いているのが笑えます。人生が終わった人たちのみがあのような左翼の妄想主義と付き合えるのです。現実を処理して行かなければならない若い人たちがそうはいかないのは、至極当たり前の結果ではありまか。

今日は事故物件に真子様がお嫁入りする計画が延期になったとの発表が、宮内庁からありました。併せて、めでたし。

[ 2018/02/06 21:09 ] [ 編集 ]
訂正〈削除〉依頼
ダフって投稿してしまいました。1件削除をお願いします。お目汚しで、失礼致しました。

[ 2018/02/06 21:24 ] [ 編集 ]
年齢別投票先の意味するところ
いつも的確にわかりやすいロジックで時事問題を解説していただいている本ブログには敬意を表します。
表題にも書きましたが、年齢別投票先のデータには意味深いものを感じ、世の中捨てたものではないなと、頼もしさを感じました。
[ 2018/02/06 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: