FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  冷え込むのは日韓関係だけではない ~ 悪化する支那人の南鮮観

冷え込むのは日韓関係だけではない ~ 悪化する支那人の南鮮観

← 応援クリック、ありがとうございます。

 青瓦台が、平昌五輪で訪韓する各国首脳級要人と文在寅の会談予定を発表した。安倍総理とは、9日の午後に会談が決まったようだ。開会式で恰好を付けるために安倍総理を招待し、会談せずに逃げるかと思っていたが、最悪のシナリオは回避されたようだ。前日の8日には、ペンス米副大統領とソウルで会談し、夕食会も開かれるようだが、安倍総理との会食の設定はないようだ。賢明だろう。ただでさえ行きたくない平昌に行くのだ。どんな顔して食事すりゃいいんだ…というところだろう。

平昌で日韓首脳会談


 そんな日韓関係だが、文在寅の側近で、大統領府経済補佐官である金顕哲(キム・ヒョンチョル)が、日経新聞のインタビューに応え、今年が1998年の日韓共同宣言から20年となることを念頭に、10月の「新しい共同宣言」発表に意欲を表明したという。

日韓新宣言に意欲 韓国大統領府補佐官、慰安婦「追加要求せず」 (日経)

 98年10月の「日韓共同宣言(21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ宣言)」は、当時の小渕恵三首相と金大中(キム・デジュン)大統領が発表した。韓国内では、新しい宣言に歴史問題の対応や、未来志向の日韓共同事業を盛り込む案を検討している。金氏は日韓関係について「底まで落ちた関係を再び回復させるべきだ」と強調。「可能なら文在寅大統領が10月に福岡や山口に飛んで、安倍晋三首相と新宣言を出せばいい」と語った。(抜粋)


 相変わらず現実を全く理解していない。金は、いわゆる慰安婦問題で青瓦台が「追加要求しない」と明言したそうだが、追加要求以前に、日本政府に改めての謝罪を求め、自称慰安婦支援財団へ日本政府が拠出した10億円を青瓦台が肩代わりすることで、合意の精神を根本から覆している。こういう嘘つき国家との新たな約束など、願い下げなのだ。合意事項をすべて履行してから言えというものだ。

 さて、この金顕哲が「底まで落ちた関係」と表現する日韓関係だが、南鮮が関係を悪化させているのは日本や米国だけではない。支那の対韓印象も、すこぶる悪い。

中国人に韓国・韓国人に対する好感度を聞いたところ…(中央日報)

 中国人の頭の中の韓国は今、どんな姿をしているのだろうか。

 調査の結果、韓国に対する中国人の全般的なイメージは大きく悪化していることが明らかになった。2日、韓国の統一研究院が昨年9月に外交部からの依頼で調査・作成した「中国人の韓国に対する認識調査」の報告書によると、韓国に対するイメージはフィリピン・ベトナム・北朝鮮とほとんど差がないことが分かった。また、韓国との関係が過去1年間で悪化したとみている一方、核弾頭と大陸間弾道ミサイル開発で領域内の不安定を引き起こしている北朝鮮との関係改善も難しいと考えていることが明らかになった。

 好感をもつ国について、回答者は米国と日本・ロシアの順で高い点数をつけた。昨年、境界隣接地域で衝突があったインドは、韓国・ベトナム・フィリピンよりも高い好感度を示した。北朝鮮は調査対象8カ国のうち最低点をつけた。(中略)

 韓国の国力に対する評価も否定的だった。回答者の57.6%が「弱い」と認識している一方、「強い」とする評価は42.4%にとどまっている。(抜粋)


 南鮮と同じく反日教育が国是とされ、抗日映画が次々と制作される支那で、日本は米国、ロシアについて好感を持たれているのだそうだ。半面、南鮮の評価はフィリピン、ベトナム、北朝鮮といった、歴史的に対立関係にある国や安全保障を脅かす国と差がないという。

 最近では、南鮮が事大主義を鮮明にしたのは、朴槿恵政権と時である。反日を鮮明にするために、朴槿恵は習近平に近づき、中京主催の「抗日戦争式典」にまで出席し、軍事パレードをも観閲している。キンペーに頼み込んで、ハルビンにテロリスト安重根記念館まで建ててもらった。宗主国さまに寄り添う大サービスだったが、米国の圧力もあって、朴の反日コウモリ外交は、日韓合意に決着で終了した。記事は、「THAADの影響」を殊更強調しているが、そんな南鮮のどっちつかずの政治・外交姿勢を、支那人が冷ややかに見ているという理由もあるだろう。

 朴槿恵が真面目な顔をして「韓国が5000年の歴史を築けたのは、人文学的な文化の力によるもの」と言ったことがある。こういう虚勢は、支那人を呆れさせるに余りあるものだ。仮に、朝鮮に5000年の歴史があるなら、もっとマシな外交を学んでいることだろう。いったいいつになったら身の程を知るのだろうか、彼の国とその民族は…。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/03 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
防衛力の強化あるのみ
支那における南鮮の存在感は有象無象国とほぼ同等ですか!
ひょっとしたら在韓米軍の撤退をすでに視野に入れているのかも知れませんね。
支那母さんは懐妊され属国南鮮の誕生を待つばかりか?

支那は北鮮を使って米国と日本からの強請とタカリ、南鮮から二流技術を収奪し
産業基盤を強化した上で、一億人とも云われる黒ハイ子(ヘイハイズ=戸籍の
無い闇子)らを南鮮に送り込みそうですわw~ 
支那と比べれば豊で垢抜け、キーセンの選り取り見取りですから。
支那闇子とパクチョンのハイブリッドが対岸にゴチャゴチャ増えたらどうなるのか!

フランスは徴兵制を復活させると云われています。
今の段階では若衆の軍事訓練ではなく防衛意識の高揚と啓蒙を図り半年ぐらい
の学科訓練から始めたいのだとか。得体の知れぬ難民モドキが徘徊し仏国籍で
ありながらISISを志願する輩が湧き出るというのですからさもありなん。

南鮮が支那属国となっても暫くの間は対艦と対空ミサイルの配備で事足りるの
でしょう。 日本海側に幾つかと、対馬から沖縄諸島にミサイル基地を配備すれば
シーレーンぐらいは守れそうです。 しかし恐怖のハイブリッド丁が半島に溢れ出し
たら日本も徴兵制度の復活はおろか60歳以上の男子も「みずく屍」となる覚悟で
日本海側の防人とならねばならぬ日が来るのかもしれません。
「二十才、六十才 死に頃」との格言?がありますから。
[ 2018/02/03 18:02 ] [ 編集 ]
たいへんそうね
ベトナム、南北鮮は元々シナを宗主国とした国。その内ベトナムはフランスに売られた恨みで反シナ国家となって、ベトナム戦争後にはそれまで利権を握っていたシナ系人は追い出されてボートピープル。互いに敵対感情はあるのでしょう。

フィリピンは領海問題や鉄道車輌の返品で大揉めの最中。大国中共サマ人民は逆らわれる事が許せないのかも知れませんね。

日本から見れば大抵のアジア諸国はコウモリ外交国の感がありますけれど、華僑が蔓延る国はそんなものなのか。

南鮮は基本的には心底未だ宗主国シナなのでしょうが、そのシナが中共となって「中華を継承する国は南鮮だ」と奇態な意識もあるのだそうで、このネット時代に中共からの観光客を「遅れた国から来た」扱いをして怒りを買って居るとか。
似たもの同士でやってくれ。

シナは異民族国家が入り乱れても四千年と「慎ましい」のに、南鮮が五千年の文化w 
歴史を作って「考古品」も新作して誇る民族にはモノを言うのも鬱陶しい。
[ 2018/02/03 18:57 ] [ 編集 ]
わすれもの
日韓新共同宣言なんぞという、どうせ綺麗事を並べるだけの中味の無い文在寅自己満足用につきあう暇も義理も、一切無い。


[ 2018/02/03 19:40 ] [ 編集 ]
「元寇」の時、朝鮮に対して元朝から軍船の建造、兵力の抽出や物資の供給など矢継ぎ早に動員命令が発せられるのですが、この中には進駐する元軍将兵のために現地妻を供給せよ、というのがありました。元祖.慰安婦でしょうが、但し、条件としては貴族の子女であること。

これ、記録が残ってないのですが、朝鮮側はどのように対応したのでしょう。適当に貧困女性を集めて、速成教育で貴族の子女になりすませたのか。いやいや、相手が元軍なのを考えたら、バレた時のリスクはあまりにも怖ろしい。シナと朝鮮の交渉史はこんなのばかりのようですよ。こういうのは外交史とは言えません。過酷な発令者には対していかに割り引いたり、水増ししたりして、実施した体裁を取るかがポイントなのですから。

啓典の民の先祖アブラハムは旧約聖書の世界で、神を相手に凄絶な値り交渉をやってます。交渉に真剣に取り組むのは、契約は必ず履行されるからです。カネを受け取ったけれど、合意事項は何一つ守らない、ってヤクザ組織でもそのようなことはありません。そんなことをしたら、代紋の値打ちが地に落ちて、そんな組織にカネを払うところは一つもなくなりますからね。今の南朝鮮がその状態です。一切の取引停止が妥当な線ではありませんかね


[ 2018/02/03 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: