FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  毎日新聞の「それでいいのか」の対象は受験生ではない

毎日新聞の「それでいいのか」の対象は受験生ではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 さすが変態新聞!と言うべきか。いや、決して褒めているわけではない。呆れを通り越して、笑いしか出ないのだ。国会や左派メディアで槍玉に挙げられている岡山理科大獣医学部。加計学園が開設するこの大学・学部の入学試験に、一般入試方式とセンター試験方式を合わせて1,000人以上が応募し、競争率が約20倍にもなっていることが判明した。この事実を、毎日新聞 統合デジタル取材センターの公式アカウントが「これでいいのか」というコメントを付けてツイートし、大炎上したのである。

毎日新聞「これでいいのか」


 このツイートには「受験生が悪いことをしたのか?」とか、「これでいいのか、とはどういう意味なのか説明しろ」という批判のリプライやリツイートが殺到し、毎日新聞は「これでいいのか」のツイートを削除した上で、下記のような謝罪ツイートを掲載した。


 「誤解を招く表現」とは便利な言い訳だ。紙上では「説明責任」を連呼する新聞社が、「誤解を招く表現」というひと言で幕引きを図るというのは、完全なダブスタである。

 「受験生を傷つける意図はなかった」ので「受験生を傷つけるような誤解を招いた」という文脈で、毎日は謝罪した。しかし、「受験生を傷つける」云々が、問題ツイートの核心的な部分ではない。そんなことは、毎日新聞の報道を日々観察していれば、容易にわかる。

 毎日新聞の当該Twitter担当者の「意図」は、忖度するとすれば、「安倍総理が便宜を図って岩盤規制に穴をあけ、開校させようとしたのが加計学園の岡山理科大獣医学部だ。便宜供与の疑惑がはれない中で開校が決まり、そういう学校に受験生が集まる。問題が解決されないまま、既成事実化される。これでいいのか。」というようなところだろう。毎日新聞が批判したのは、加計学園に押し寄せた受験生ではない。それは、安倍政権であり、毎日新聞の眼から見た「歪んだ行政」なのだ。

 要するに、アンチ安倍政権の毎日新聞にとって、この受験生殺到は、“実に面白くない現実”なのだ。だから、仕事の後の居酒屋で、焼き鳥を食いながらビールを煽るような状況で吐く愚痴レベルのことばが、SNSという公的な場でつい出てしまったということだろう。迂闊であることは確かだが、反面、この「これでいいのか」は、毎日新聞の本音と取っても差し支えないと思う。

 このツイート発信者が毎日新聞そのものであるとは言わない。だが、このツイートからわかることは、こういう歪んだ視線で物事を見聞きし、そのフィルターを通して書かれた記事は、スタート時点から偏向しているということだろう。この自社にとって「不都合な事実」に真正面から向き合うことを、毎日新聞のイデオロギーが阻害しているのだ。

 毎日をはじめとする反日メディアにとって、報道とは、貶めたい相手を徹底的に叩くための道具に過ぎないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/02/01 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(10)
いま放送されている参議院予算委員会では、森友の値引きは「安倍昭恵夫人が積極的に関与しているからだ」と共産党は下らない質問をしています。
「もり・かけ(最近はこの後にスパが続くそうですが)」という馬鹿馬鹿しい言葉を作ったのがマスコミなのか野党なのかはわかりませんが、当人は得意満面でも、側から見れば愚の骨頂、知性の無さに憐れみさえ感じてしまいます。

その後、別の共産党議員が健康保険について質問をしていますが、明らかにこちらの方が国家・国民にとって重要な問題です。けれども、大きくは報道されないでしょう。マスコミにとっては国家・国民の大事より、「貶めたい相手を徹底的に叩く」ことの方がプライオリティが高いのですから。
[ 2018/02/01 09:49 ] [ 編集 ]
ぱよちんのダブスタ体質
ぱよちんは常にダブスタ体質だなぁw
他者には執拗に説明責任を求め、自らは説明責任を果たさない。
ゆえに毎日変態は本日も「平壌」運転wwwwwwwww
[ 2018/02/01 10:34 ] [ 編集 ]
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
毎日新聞は、安倍総理が憎くて憎くてたまらないんだろう。

それは今までの総理が誰ひとり手をつけようとしなかった憲法改正をやろうとし、反日国に対しては毅然とした対応をとっているからだ。

彼らの本音は、法政大学の山口教授とおんなじ。
「安倍総理よ、お前は人間じゃねぇ、たたき斬ってやる!」だ。
だから、安倍総理の周辺、お友達も加計学園も同様に憎い。

そう、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のだwww
[ 2018/02/01 11:40 ] [ 編集 ]
エブリデイ新聞社にて
「デスク! 『これでいいのか』に抗議が殺到して止まりません!」
「早く削除しろ!」
「手遅れです、拡散してしまってます!」
「よし! ならば全部の大学の応募状況に『これでいいのか』をつけて書け!」
「そんなことをしたら、『これでいいのか』だらけになって他のニュースが埋もれてしまいます!」
「それがどうした、そんな事は問題ではない!」
「…………(゚_゚i)…………」
[ 2018/02/01 13:11 ] [ 編集 ]
変態悪態泡沫新聞
それでいいのか毎日新聞!と返してやりたいですねえ。

もう殆ど報道の本筋は忘れ果てていそうで、返されても痛痒も感じないでしょうが。
当にエブリディw悪態新聞だわ。

購買部数減少が冗談ではなくなっていると言われる朝日は、それでも元々の部数に「体力」があったのでしょうから、まだしぶといと思いますが、こちらは朝日に並んで居るつもりで悪態をついて講読者に見放されたら、本当に聖教新聞印刷所で、社員のお給料、どうするのかしら?
本気で考えた方が良いと思うけれど、もうじき「自業自得だろ」と嘲られる方が早そう。

朝日や毎日&地方新聞や反日野党がせっせと「加計」「獣医学部」と騒動宣伝してくれたおかげで、この倍率20倍という学部発足実績になって、一般国民には「本当に需要があったのね」と感じられる現象。
加戸さんのご苦労が実って、ホント 良かったですね。

安倍総理を叩きたいばかりに一私学の経営計画を妨害したようにも見えるのですが、こういうのって許されるのかしら?



[ 2018/02/01 16:28 ] [ 編集 ]
毎日新聞
受験生の中にも家族が毎日新聞を購読してる(少ないと思いますが?)人がいるでしょう? これを機に、毎日新聞を止めましょう!
[ 2018/02/01 16:56 ] [ 編集 ]
負けてくやしい花いちもんめ
毎日新聞は昔は朝日より中立的なイメージがありました。東大紛争を正確に取材した内藤国男のような名物記者がおりましたし。読朝が激突する販売競争にあって、「それでも鍋や洗剤をくれる新聞がいいのか」という内藤記者の悲痛な叫びには、いささかの同情を禁じ得なかったものであります。彼の晩年の10年はГ諸君」誌上での創価学会批判に費やされました。

それが今や、TBSのバカコメンテーターの卸元としてのみ有名な、朝日、東京=中日と並ぶ悪の三社枢軸に成り果てました。既に、東京都内での販売部数は産経に抜かれているそうですね。 貧すれば鈍す、ツィッツターの中身を見てもせいぜい「負けてくやしい花いちもんめ」程度のことしか書けない。児戯に等しい、と言うべきでありましょう。

これで六年後に、獣医学部の卒業生諸君の就職がバンバンに決まれば、前川助平次官殿と結託して、需要予測がなんたらと因縁をつけていた輩の嘘がより鮮明にあぶり出されることでしょう。覚えておきましょうね。

[ 2018/02/01 17:25 ] [ 編集 ]
産業廃棄物新聞に明日はない
産業廃棄物新聞のゴミの山から猛毒が流出!!
と書いた見出しを進呈したいものです。

実態はないのに「モリカケ、モリカケ」と印象操作で
総理を悪役に仕立て上げ、疾うに虚偽がばれてもなお、
平気の平左のすまし顔で、講釈を垂れるこの神経。
偽善と欺瞞と嘘と捏造、印象操作に満ちた朝日やNHKや
この毎日に代表されるオールドメディアの醜い姿。
国民の信頼の下によって立つ報道、言論機関の
本来あってはならぬ行状ゆえに、最も卑しい職業に成り果てたとは、
少なからぬ国民の胸の内です。

彼らにすれば、
「これでいいのか」と書けば、ブーメランが返ってくることは
わかり切ってはいても書かずにはいられないと
言ったところでしょうね。

朝日と同様に、反安部、反日一直線で
やっては見たが、どうにもこうにも国民を騙せない。

ひたすら反日反安部の同士である野党を
焚き付け、安倍を叩きに叩いて、一時は
支持率を一気に下げさせ、狂喜したが、
今や、返り血を浴びる状態になってしまったと
悔しまぎれの愚かな発信の連発。
雉も鳴かずば撃たれまいにと国民から嘲られる始末。

万策尽きた感もあれど、そこは、どこかの国と同様に
嘘も言い続ければ、真実になると信じてともかく、
やり続けるしかないとブレーキの利かないポンコツ車(社)に乗った
壊れた記者たちが、新聞破滅道を目指して今日も明日もと、劣悪な記事を
撒き散らし続けているのです。

但し、このように罵詈雑言を投げつけてみても、
こうした連中は、何ら痛痒がないのも、彼らの過去が証明済みです。
我こそ中立公正と未だに正義の擬態を世間に晒して
悪徳商売の展開に余念がないのです。
今日も、国家や国民の為とはならぬ彼らに都合の良い
新たなフェイクニュースを発掘、仕込み中だと想像します。

真実の情報を国民に提供することが使命であればこその
社会の公器である(書くも恥ずかしいものですが)新聞である筈。
その根幹が、信用に足らずとなれば、
如何に、鷹揚で危機意識の薄い日本人でも
「新聞に明日はない」と思うのも当然です。
[ 2018/02/01 20:30 ] [ 編集 ]
勝って嬉しい花いちもんめ
正義は勝つのだ。月光仮面

加計獣医学部生が(仮に)就職率満点になる暁に、助平氏は腐っても元役人で上手に生きて居るかもしれませんが、変態新聞の6年後は在るのかどうかw

朝日の様に、日本毀損の為には大嘘吐いても歪曲しても、批難なんぞには目もくれずの社歴の”根性”に比べ、毎日は悪態も変態もしてはみるけど反論されるとオドオド。
賢ければ「だったら止めよう。みっともない」になるのだけれど、愚か者揃いの様で展望が利かない。

昔、学生時代にアルバイトしていた竹橋社屋には、「東京日日新聞」などの輝かしい紙面が何部か時系列で飾られていましたが、その後ろに現在の紙面も堂々と飾っちゃったら・・・赤っ恥。
[ 2018/02/01 21:44 ] [ 編集 ]
日本国の獣医学のレベルは、十分に高いとはいえない
加計学園の獣医学部は、まだ始まったばかりだ。加計学園の評価は、今後、学生と卒業生の仕事ぶりを見なければわからないだろう。1000人の応募、その若い獣医を目指す方々には、期待を寄せたいと思うし、志願者の大志を挫くような新聞記事こそ、未熟に思える。

今、ペットブームの中、家族の一員として、大切に動物を飼っている日本人は多い。獣医の質を、今よりも高めるために、教育を充実させることは、全国的に見ても必要なことではないだろうか。

鳥インフルや口蹄疫など、家畜や養殖における病気についても、すべて殺処分ではなく、ワクチンや特効薬で予防と沈静化を図り、数年経って薬の影響がなくなってから出荷する、そのような対応も専門家の研究から、出てきてもよいはずだ。畜産業を営む方々にとって、丹精こめた家畜の全殺処分が、精神的に堪える対応であり、方法の改善が求められているのは明らかではないだろうか。

酪農大国の北海道には、酪農学園大学などがあるように、地域の畜産業の振興には、獣医学部のある大学は必要だ。認可の経緯については、法的に問題ないという話だが、そもそも獣医学の充実や必要性を否定するところに、野党の獣医学に関する利権や思惑が見え隠れしているように思える。

政治家ならば、必要な政策は、与野党問わずに理解を求めつつも、政党の方向性や理念そのものの違いについては、どれほど時間をかけても説得しようがないのだから、説明責任を果たしたならば、多数決で民主的に推し進めるべきではないだろうか。

審議に時間を掛け過ぎることは、牛歩戦術のような時間の無駄、国会運営上の遅滞行為にほかならない。毎日、一生懸命に働いている国民から付託された一票の期待を、国会において裏切る行為になる。一国の政治家ならば、武田信玄公の「風林火山」ように「はやき事、風の如く」であってほしい。
[ 2018/02/02 09:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: