FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安倍総理の平昌開会式出席に断固反対する

安倍総理の平昌開会式出席に断固反対する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が、一転、平昌五輪の開会式に出席する方向で調整に入ったという。これまで伝え漏れてくる情報は、出席見送りが濃厚であることを示していたが、いつからか風向きが変わったのだろう。ネットでは、出席を促すために動いていた二階、竹下ら自民党幹部の調整や、公明党山口の要請ともとれる発言によって、出席せざるを得なくなったという意見もちらほら見える。しかし彼らは、総理が屈する相手としては軽すぎる気がする。とはいっても、最大の動機はいまだ不明だ。

安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」(産経)

 今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」(安倍首相)だった。
 「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」
 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。
 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。


 失礼ながら阿比留さんの記事なので、安倍総理寄りの内容になることは含み置かねばならない。各社の世論調査によれば、「開会式に参加すべき/すべきでない」の調査結果は数字が拮抗している。しかし、「すべきでない」とする側に内閣・自民党支持者が多いことを勘案すれば、総理は自身の支持層を敵に回すことになる。第一次安倍政権が崩壊した理由のひとつに、靖国参拝を見送る等々による、この「支持層を敵に回す」というものがあった。それを最も理解しているのは、安倍総理自身であるはずだ。

安倍総理


 そもそもこの平昌五輪は、平壌五輪と揶揄されるほど、北朝鮮による政治利用が著しい大会だ。平壌が台本を書き、その台本に青瓦台が場所を提供し、ついでに共演するパフォーマンスである。この場合、現地で大会に花を添える各国首脳は脇役でしかなく、金豚に利用される道化となりかねない。そういう利用のされ方は、日本国民として願い下げなのだ。まして南鮮は、日本との約束を破り続ける国だ。誤ったメッセージを送ることになるというより、その政治ショーを脇で支えることになるのだから、保守派は参加すべきでないと言っているのである。

 阿比留さんの記事によれば、安倍総理は文在寅に対し、文と南鮮が注目を集める晴れ舞台で「約束を守れ」と言うことで、青瓦台に最大の圧力をかけようとしているということだ。しかし、これはいささか思い切り過ぎなギャンブルだろう。なるほど、恥をかかせるには恰好の舞台だ。しかし、舞台はあくまでアウェイだ。日本国内では、総理の南鮮行きに批判と失望の声が渦巻くだろう。

 文の魂胆は、安倍総理の開会式出席を政治利用するだけだ。開会式における安倍総理というキャスティングは、そこで終了する。いままで非礼を働いてきた相手である。首脳会談のドタキャンなど、可能性が皆無と言えるのだろうか。そういうことを考えるだけでも、リスクは限りなく高い。

 いままでブログでも散々書いてきた通り、私は総理の南鮮行きに断固反対だ。自民党内では傘下に猛反発があるようで、それ自体は、自民党がまだ健全さを残していることの証拠だろう。ただし、一度決めたことをひっくり返せば、総理総裁としての求心力の低下を招くため、総理が決断を変えることはないだろうと想像する。その場合、首脳会談での日韓合意遵守を迫る強硬な姿勢を内外に示すことができなければ、総理は自ら墓穴を掘るだけになる。

 それにしても、だ。今回の日程調整で総理の外堀を埋めた、二階俊博、竹下亘両氏は、まさに万死に値する。過去の過ちから学ばず、ひたすら特アに媚びるこういう議員こそ、自民党から消えてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/25 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
江沢民碑の二階などや公明党という日本国の足かせ
此処まで発表されているという事はほぼ確定で、韓国側への連絡も既にされているでしょうから結局訪韓という運びになるでしょう。
安倍首相失策です。
かくすれば かくなることと知りながら 押しに押されてヘタレ外交

http://www.tamanegiya.com/ura/2016/05/26/nikaitosina/

安倍首相は2月9日韓国で行われる「平昌(ピョンチャン)五輪の開会式出席」のため訪韓すると決断したらしい。

http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240004-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240003-n1.html

これは自民党の二階俊博幹事長などや公明党の意見、及びさよく偏向メディアなどの主張に沿ったものでそれほど二階、公明党を無視出来なかったという事ではないかと思います。
押し切られた形ではないかと思います。

http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170009-n1.html

其処に置いて安倍首相は「日本人選手の激励すること」、「文在寅大統領との会談で慰安婦問題での韓国の新方針の拒否を直接伝える」、「北朝鮮への圧力維持再確認」としていますが、まあ其処まではと思いますが、仮にこの文大統領が安倍首相と会談ではなく挨拶程度で終わってしまうとか、或いはお座なりの短時間会談で終わるのであればまるでこの一連の「慰安婦問題」がありながらも日本国の首相は五輪開会式に出席したという事実だけが残ってしまうのではないでしょうか。

今回、この「慰安婦問題」で文政権の「慰安婦問題の不可逆的最終解決」を反故にする動きに対しての不満の表明の意味での開会式に出席しないという日本側の意思を崩したという言い方が出来ます。
韓国へは歴史的経験則からもこれは失敗であると考えます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%90%88%E6%84%8F


[ 2018/01/25 08:16 ] [ 編集 ]
命がけの決断?
のこのこと安重根模倣テロリストが待ち受けるゴキ生息地へ行くなんて
愚の骨頂とは思うが、首相として命がけの決断をしたのであれば
もはや四の五の言うまい。無事の帰国を祈るのみ。
[ 2018/01/25 08:53 ] [ 編集 ]
敢えて異論を
まず、行くと決断した訳でないんですよね。

「事情が許せば、平昌五輪の開幕式に出席をしたいと考えています。」

冒頭に「事情が許せば」と条件を述べています。
事情=国会日程なんで、首相独自では如何ともし難いもの。
以前から表明していたように、行けませんとの遠回しな表明なんですね。

この辺を端折って、NHK以下民放も、行く事前提に報道されているのが実情。
確かに二階氏その他が蠢いていますが、まだ行くという確定はしていません。
何しろ、自民党内から批判噴出ですしね。

ただ、安倍首相の発言をよく見ると、2段階作戦とも取れますね。
行かなければそれで良し。行ったら、色々ギッチリと釘を刺して回る、と。

基本的に安倍首相は、韓国の扱いを意外と心得ていると思います。
その上で、足を引っ張る連中とのバランスを取るから、保守層から不満の声が出るのかと。
例の10億円拠出時で、その辺は理解できてるはずですが……。
[ 2018/01/25 10:07 ] [ 編集 ]
教条主義では現場判断を正当に評価できない。
安倍総理が平昌開会式出席するような報道に力が抜ける思いです。櫻井よしこ女史や門田隆将氏他、多くの方々が仰る様に出席してはならないと私も考えていました。
然し乍ら、この決断のみで評価するのはまだ時期尚早です。

国政と比べるもない、卑小な隊活動を指揮することがありますが、現場は選択の連続です。その度に選択肢の迅速性や確実性を踏まえたメリット・デメリットを判断して決断・行動しています。その立場に立つ者なら概ね他の指揮と同様の選択をしていると私は全国の同業者を信頼していますが、時折「何故、この指揮者はこの選択をしたのだろう?」という事例を見聞きします。多くの場合は詳細情報は明らかになりませんが、検証されたり、同業者から漏れ聞く情報では、何らかのアクシデントや状況変化が起きている場合がほとんどで、止むを得ずの次善策であった事例ばかりです。そして本来は望まぬ選択肢の行動の中でもメリットを最大化し、デメリットを最小化しようと現場は努力しています。

今回の報道でも『「実は、米ホワイトハウスからも、安倍首相に開会式に出てほしいという強い要請があった」政府高官はこう明かす。韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ。そしてそれは、最大限に対北圧力を高めたい日本政府の思惑とも一致する。』とも書かれています。韓国のように秘密事項が公式発表されることはないでしょうから、今後の状況を見た上で何が起きたのかを類推するしかないと私は考えます。

ムーア人のオセローは、妻デズデモーナのでっち上げられた不義を簡単に信じてしまい、嫉妬のあまり自らの手で殺してしまいます。シェイクスピア四大悲劇の一つは、オセローが冷静に事実を確認すれば起きなかった、只々それだけだとも言えます。日本人はオセローになってはなりません。
[ 2018/01/25 11:09 ] [ 編集 ]
いま「ひるおび」で
青山繁晴議員の反対意見の映像が流れました。

もりかけ他の質疑など本当に必要な時は使わないのに、こんな時だけは青山氏を議員として扱うんですね。
[ 2018/01/25 12:07 ] [ 編集 ]
オルグイユさんに賛成
そう、「事情が許せば」なんですよね。
私はこの箇所に期待しています。
あげて落とす作戦だったら、日本中大笑いでしょうね
[ 2018/01/25 12:25 ] [ 編集 ]
連投になりますが
在韓邦人他の有事避難や拉致被害者奪還、脱北者返還への反対等々。国際社会の懸念は多くありますが、「日本と北朝鮮との問題」を北朝鮮に踊らされている韓国に突き付ける。テレビでは米vs北の観点で報道していますが(北朝鮮を敵国と報道したくないのでしょう)、本質は日本vs北朝鮮であり、日本の問題です。

「ひるおび」は世論調査結果を理由の一つにしていますが、有事を前にした宰相の行動と私は捉えています。
[ 2018/01/25 12:28 ] [ 編集 ]
不本意
2Fは旅行業者団体のトップで、先の訪中時も三千人の業者が同行した、と「事情通」のツイッターがあるようですね。
それでフィギャア・スケートのチケット付きを発売した業者は南鮮側の「不備」でチケットが取れない、なんて詐欺みたいなお話があるのは不可解。

産経には、安倍総理のご出席は米国の希望がある、とか。
米国は開会式前にペンス副大統領が来日され、南鮮の北接近問題に日米で対処協議したい意向が強いのだそうで、総理ご自身が不本意でも国防関連を持ち出されたら、こうなるのかな、と残念至極ながら、だったらそれだけでも絶対成功しておくんなせえ、です。
在寅は必至で忙しい振りをして逃げ回るでしょうけれど。

南鮮「民間」は日本大使館だか公使館だか領事館だかの前に今度は「強制労働者像」を立てる計画だと胸を張って居ます。
次から次とキリ無く、捏造歪曲を曝しておねだり方法を考え出す。
日本はもう一切南鮮など相手にせず、英・仏・独語(出来ればスペイン語ポルトガル語も)で世界に「正しい日本の事実」を頻度高く発信する事の方が良いのではないか、と思います。


万やむをえず、どうしてもご出席ならば、是非自衛隊管理の政府専用機で往復して戴きたい。
[ 2018/01/25 17:09 ] [ 編集 ]
ラストコーション
安倍総理が訪韓する必要があるとするならば、ペンス副大統領と共に文在寅に対するラストコーション(Lust caution)を発する場合だけでしょう。二重スパイなのはハナから判っていても、そこはそれ,一応は民意で選ばれた大統領、手を尽くして説得にあたった外交的経緯は残しておく必要があるからです。

既に実務レベルでは南朝鮮を除外した協議が進行しており、南朝鮮から在留民を避難させる作戦会議が国連軍参加国と日本との間で極秘裏に始まったとか。これが韓国政府の知るところとなって、猛然抗議されたらしいですが。 知るか。W                                                                        
今さら安倍総理も、南朝鮮相手に人類言語が通じるとはゆめゆめお考えにはならないでしょうが。
[ 2018/01/25 22:58 ] [ 編集 ]
安倍総理の命懸け外交を、私は尊敬しています
「最終的かつ不可逆的に解決した」と合意したわけだから、こっちは淡々とそれに従って行動すればよい。

今思うのは「10億円払っといて本当によかった」。

こっちは合意事項を完璧に実行すること。これをやったから、朝鮮人が騒ぐことが全て国内問題。韓国政府の統治能力のなさが露呈するだけのこと。

「そっちがやったらこっちもやってやる」は下策。「こっちはやったぞ。お前もはよやれや。」が上策。

慰安婦問題はもはや外交問題ではない。あるとすれば「合意の不履行」。それだけ。責任は全面的に履行しない側にあるのは、明らか。

官房長官や外務大臣が出しているのは警告。
警告は、それ無視すると災いが起こるから出ている。

もしも、ムンが警告を無視して、大将の前でこのことを持ち出してきたら、そのこと自体が外交問題。
席を蹴って、全てをキャンセルして帰ってくればよい。
こっちは断交が正当と言い切れるカードが手に入るだけのこと。

警告とはそういうこと。


さぁ、言えるもんなら言ってみろよ、ムン。

それとも、テロリストでも使うかね?
かつて日本の元老を殺してしまったように。

100年経っても変わらぬ火病国家と世に知らしめるか。
オリンピックのさなかに。
[ 2018/01/27 12:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: