FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  若い世代の安倍政権高支持率が示す、パヨクのじり貧と末路

若い世代の安倍政権高支持率が示す、パヨクのじり貧と末路

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日、安倍総理に批判的な立場を取っていた、評論家であり思想家の西部邁氏が亡くなった。そして昨日、今度は、早稲田大学社会科学部教授の西原氏が事故死した。西原氏は、第一次安倍政権下で改正された教育基本法に対し、公聴会で反対の立場をとっており、現在の安倍政権下での改憲に対しても、ところどころで反対の意見を陳述していた人物だ。

 こうなると湧いて出て来るのが、この2人の死を安倍総理とからめて陰謀論を吹聴する、いわゆる「アベノセイダーズ」だ。やれ「事故は安倍が仕組んだ」だの「安倍による粛清か?」だの、低能の限りを尽くす言説は、読んでいる方に哀れみさえ感じさせる。陰謀論という議論の手法は安直であり、現実逃避の際たるものだ。もっと具体的な論証を示して、保守派を説得してもらいたいものだ。というか、他に安倍批判の方法がないのか?

 こういう反安倍派パヨクの願いは、一日も早い総理退陣だろうが、世の中は彼らの望み通りにはいかないようだ。産経・FNNの世論調査によれば、安倍政権の支持率が前回調査から5.1ポイント上昇して52.6%、不支持率は逆に39.2%と、5.4ポイント下げた。安倍長期政権への評価も高く、この5年間に対して53.3%が評価し、今秋に予定される自民党総裁選に関しても、安倍総理の再選を望む声が最も多い。改憲に関しても、3人に2人が議論の活発化を望んでいる。時代は変わりつつあるのだ。

 良い兆候はまだある。

世論調査 若い世代ほど安倍内閣支持 (FNN)

男女ともに、若い世代ほど安倍内閣を支持していることがわかった。
FNNが21日までの2日間行った世論調査で、安倍内閣を「支持する」と答えた人の割合は、全体で52.6%だったが、「男性の10代と20代」に限ると71.8%、「男性30代」では69.9%、「女性の10代と20代」では59.7%と、男女ともに若い世代ほど安倍内閣を支持している。
一方で、女性の「30代」と「40代」、それに「50代」では、安倍内閣を「支持しない」と答えた人の割合が、「支持する」と答えた人の割合を上回っている。

調査は、1月20日・21日の両日、電話調査(RDD)で行われ、全国の有権者1,000人が回答した。

fnn世論調査


 パヨクがじり貧であることを物語る結果だ。安倍政権の支持率は、10代、20代で比較的高く、30代男性でも相当健闘している。彼らは、情報を既存メディアに頼るのではなく、情報を自分で取りに行くことができる世代だ。若い世代ほど新聞離れが顕著だという、他の調査結果と合わせると、新聞の影響力は目に見えて落ちてきているのだ。

 アベノミクスはいまだ中途半端な状態が続くが、それでも「いざなぎ景気」を抜き、戦後2番目の長さを記録し、いまも更新中だ。有効求人倍率に及んでは、昨年11月の数値は1.56倍と、43年10カ月ぶりの高水準を記録した。今の若者は、選り好みしなければ確実に正社員になれるのだ。そんな条件を目の前にすれば、この景気を作り出した政権を支持しない理由はないだろう。ただ、若者は自分の就職のことだけで政権を推しているわけではないはずだ。左派系のメディアが押し付ける価値観に、彼らは縛られないのだ。

 関東圏の方はよくご覧になるだろうが、電車の改札付近でビラ配りをやっている共産党系団体は、ほぼ全てがご老人だ。時折見る、憲法改正反対集会や安保法制反対の集会も、メンツはほぼ全てその世代。たまに若い世代が全面に出ている集いがあるものの、その若者の後ろはほぼ全てがご老人である。そういう運動に、SEALDsのようなごく一部の団体を除いては、若者は寄り付かない。

 つまり、安保闘争の主役の世代が引退すれば、サヨク政党を支えてきた支持層が空洞化する。新聞が影響力を失い、そのイデオロギーや価値観を押し売りできなくなった時、パラダイムは大きく転換するだろう。民主党政権の崩壊と、安倍政権の長期化は、その序章である。

 残る天敵は、テレビだ。朝日新聞に訴えられた、文芸評論家の小川榮太郎氏は、「放送法遵守を求める視聴者の会」の共同呼びかけ人のひとりであり、テレビの偏向報道を厳しく批判してきた人物だ。小川潰しは、朝日新聞だけの問題ではない。朝日の背後にテレビメディアが存在することを、片時も忘れてはならない。

徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/23 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(16)
もっと光を
こちらでも駅周辺に原発ゼロの署名呼びかけをする老人集団が居て、然程年齢的には違わない夫が「暇なのかな?」と言います。同い年の私は「共産党員かアルバイトじゃないの?」と答えておりますが、その年齢層が居なくなっても、昨日の藤沢市民女性の写真を見ますと60年70年の安保闘争時代より10年近くは若そうで、こういう人のお子さん達が予備軍にならない事を願いたいです。

実に安倍批判の発想が貧困すぎると感じるのは同感で、そういう殆ど古代の呪詛陰謀に近い妄想を聴けば、関心の無い方々はむしろ反発するのではないか?とこちらは期待してしまいます。

先日駅構内のコンビニの様な所に立ち寄って目にしたのが「それでもアベと心中しますか」という本。紫婆アの著書でした。
株価は彼女好みの民主党時代の二倍をとっくに超え、庶民生活の殆どの経済面が少なくとも数字の上では明らかに活性化している内閣の現実を、紫で染まった視力には落ち目に視えるのでしょうかね。
手にとって見た訳ではないので、何時の出版なのかは分りませんが、有った場所から思えばそんなに古い物ではないだろうと思います。

サヨクは何故簡単な名字の「安倍」と書かずに「アベ」なのか?
おバカいSEALDsならいざ知らず、仮にもドコゾの教授達ですらが「アベ」としか書けない事に、雇い主の大学は少しは考えた方が良いのではなかろうか。

若い人々が物事を直視出来ること、その物事の裏に何が蠢いて居るかを理解出来ることが嬉しいです。

[ 2018/01/23 08:40 ] [ 編集 ]
こはる様へ
>>サヨクは何故簡単な名字の「安倍」と書かずに「アベ」なのか?
漢字表記せずにカタカナを用いるのは、蔑視の意味を込めているからですよ。昔から、キリスト教団体は、「靖国」と書かずに「ヤスクニ」と表記していますから。南鮮が、われらが天皇陛下のことを、日王と呼んでいるのと同じ発想です。

[ 2018/01/23 10:27 ] [ 編集 ]
団塊世代の現役親父様
それじゃあ、私の「紫婆ア」と同レベルですねw 
国際標準から観たら、比較することさえ間違いな程に価値が大幅に違いますけど。
[ 2018/01/23 10:50 ] [ 編集 ]
が男の辛さは分かる・・・
私信で失礼します。
昨年の12月中旬、戦中派の伯父貴の墓参りに神戸へ家内と
行った帰路、家内の希望で京都に一泊することになった。
新婚旅行以来45年振りだ(笑^^京都に着くなり東寺へ行
くという、濡れ落ち葉状態で後に続く・・・
行く道すがら土地の小母さんに案内していただいて東寺の山
門にたどり着く。多勢の人ごみでごった返していた中に上野
の駅前でみた署名を募る中年男達がいた・・・「平和憲法を
守ろう!」「戦争法案断固反対!」オウムがえしでつぶやい
ていた・・・
帰宅後調べたら12月21日は東寺の終い弘法市であった。
有名な骨董市だと知ったが彼等もいずれ骨董品だな・・・。
売れればいいけど^^

江藤淳氏といい妻に先立たれたとはいえ西部邁氏の自ら命を
絶つっていうのは残された身の上の男としては少し不満が残る
・・・・が男の辛さは分かる。合掌

朝は希望を持って目覚め
昼は懸命に働き
夜は感謝と共に眠る・・・四国霊場八十八番所 弘法大師
[ 2018/01/23 11:05 ] [ 編集 ]
こはる様へ
仰せの意味がよくわかりません。「紫婆ア」って、誰のことでしょうか?

私の表現力が拙いのかもしれませんが、言いたかったのは、反日・反皇の連中は、相手方を正式表記せずにカタカナ表記したり別の漢字を用いてけなし表現をするのは常套手段だということです。

こはる様のご見解にケチつける意図ではありません。
[ 2018/01/23 11:09 ] [ 編集 ]
お二人の団塊様
団塊世代の端くれ様(やっぱり「端くれ」は言い難いです)

東寺の骨董市はピンキリで有名だそうで、壊れ物も並んで居ると聞きました。物好きな向きには売れるかもw



団塊の世代の現役親父様

「紫婆ア」は浜矩子さんと言う、頭髪が紫色染めの、たしか同志社で教授をして居られたと記憶します(現在はどうか?)。

「アベ」が蔑視の意味なら「紫婆ア」も同じだわ、と思ったのです。
[ 2018/01/23 11:32 ] [ 編集 ]
人名はちゃんと漢字表記しましょうよ。

恣意和夫
廉呆 
笑駄脳幸男 
福島見ず呆 
辻元鬼読 
夜間男志桜里
etc

あれ? 誤変換? 
[ 2018/01/23 12:01 ] [ 編集 ]
ST様
いえいえ 機械は正直ですw
[ 2018/01/23 12:30 ] [ 編集 ]
若い人に日本の未来を託せる光を感じます
ST様とこはる様の掛け合い、上手いものですね。(^^♪

***
若い人の安倍政権支持率の高さが発表される毎に、
日本の将来に希望の光を見るようで、明るい気持ちになれます。

明治維新は、武士階級の若いエネルギーが原動力となり、
旧弊を打ち破り、近代国家へ日本が脱皮する礎となりました。
外国の植民地にならずに済んだのも、彼らの国難に対する
真摯な思いが、世界の情勢を敏感に感じ取ることに繋がり、
国を守るための行動が、澎湃と沸き起こったのだと思うのです。

現在であれば、ネットを駆使し情報を素早く取り入れることの出来る
若い人たちこそ、一番に国難の意味を感じ取れる世代だと思われます。
世界が認める安倍総理を戴いた政権でなくては、
この国難に対処できないと数字にはっきりと表れているのは、
頼もしいものです。

オールドメディアに入り込んだ工作のみならず、
ネットの中でも反日左翼と手を組んだ敵国の謀略工作は
日々、加熱し情報遮断もあからさまのようです。
こうした情報戦争の最中にある日本の危機を真っ先に感じ取れる
日本の若い人に、国防の意識の高かった幕末の頃の
若い志士たちと重なるものを見てしまうのも当然のような気がします。

そのような若い人の為にも私達、老人はこれからの日本人の為に
少しでも良い状態にして日本を渡さなければと思うのです。

思うだけで、我が身に何も出来ないことは悔しいところですが、
国の行方に思いを巡らすことのなく、国民を守らず、国益を考えない
国辱者の政治家たちの存在は許せません。

中共、南北朝鮮から嘘の歴史で日本が踏みつけにされ、
拉致被害者を奪われたまま、将来にわたって国益を毀損され続け、
後の世代に如何に、国民の無念や負の遺産を残そうが、
先ずは、我が利権、党益の為にこそと働くという政治家たちです。

二階幹事長や竹下某や公明党のような用日要員には、
激しく怒りを覚えます。
野党のどこの国の政治家かと思われる確信犯の国賊議員も然りです。
[ 2018/01/23 21:29 ] [ 編集 ]
「鎧を脱がせてくれ」
「一日の長い仕事を終えて、我々は眠らなければならぬ」 

  
シェークスピアのГアントニーとクレオパトラ」でのアントニー最期の台詞です。

チャーチルは生涯に何度か、英国人は寝る前に自分自身に言い聞かせる言葉だと語っておりました。西部さんの訃報に接して、この台詞を贈ります。ゆっくりお休みになって下さいませ。


[ 2018/01/23 22:08 ] [ 編集 ]
なつこ様

そしてなつこ様と私は、こちら憂国の看板(元)娘w (by団塊世代の某様)
さぼるなよ~
[ 2018/01/24 00:01 ] [ 編集 ]
弓と矢
生前、先に奥さんを亡くした江藤淳氏と西部邁氏の自ら命を
絶ったことに寄せて思うに・・・ふと日蓮上人の教えの一つ
を思い出した・・・
「男は矢で女は弓だ!弓が強ければ矢は遠くへ飛べる。」
本堂の冷たい畳の上で女房を頭に浮かべて得心したことがあった^^
そのかけがえの無い弓を失っても生き続けた男達も何かを悟った
のかも知れないと不遜ながら思った・・・改めて合掌。

それと忘れていた「異体同心」という教えも思い出した^^
「人は皆、身体は異なり別々であっても心を一つにすると
それぞれの夢も叶う(実現)という」ものであった。
もう30年も前の話、そういえばパリ行きの安いツアーで
乗った機内で「I TAI DOSHIN」と描かれたTシャツを着て
得意そうな顔をした白人の男を観たが創価学会あたりに吹
き込まれたもんだろうと勝手に解釈した^^
さて年金生活の夫婦の身であるけれど隣の女はイタリアの
旅を夢想中^^弓は強くデカい!(爆^^・・・失礼しました^^

追記・いわゆる従軍慰安婦とか大騒ぎしては賠償金だの償
い金だの言い立て謝れ謝れと叫ぶ、かの国のオバアちゃん
達とかそれに呼応する我が国の女性議員とか、こうゆうの
を破れ弓とか恥知らず弓と日蓮は云うのでしょうか!
(笑いをこらえて^^
文在寅さんも曲がった矢なんですかね?

書き込みName変えました・・・4649^^
[ 2018/01/24 14:03 ] [ 編集 ]
こはる様
こはる様から
「さぼるなよ~」ときついお言葉を頂戴していました。
脅しのような(ようなは余計ですね)コメントに恐怖して
投稿することになりました。(笑)

常時、投稿ではないのは事実ですが、
私的には、いつもさぼっている気持ちはないのです。
下書きはしていても到底、人様にお目に書ける代物ではないと
諦めたもの数知れずなのです。

かと言って投稿したものは、自分なりの基準をクリアしたものでもなく、
たぶんにその時々の気分のままの投稿でもあるのですから、
可笑しなものです。

言い訳は、これまでにして、
要は、それなりの憂国の情は、絶やさず持ち続けて
おりますこと、また毎回の投稿とはなりませんが、
羞恥心を封じ込めて、努めて投稿するようにいたしますので、
ご了承くださいませ。

今日の記事に関しても、途中で止まっております。
さて、投稿できるかどうか??でございます。
[ 2018/01/24 20:53 ] [ 編集 ]
なつこ様
思った事を書くだけは同じで御座いまする。
脅迫でも脅しでも、なんでもよかw 
冬枯れっぽいコメント数じゃあ寂しいじゃあございませんか。枯れ木も山の賑わいと思えば気楽だと、私が実証済みです。

男塊世代様
私が書きにくいのは、お残しになった「端くれ」の方で御座います。
人様に呼びかけするのに「端くれ」って、試しに言ってご覧なさいませ~w
[ 2018/01/25 00:11 ] [ 編集 ]
変えてみました
矢は弓に添い^^
[ 2018/01/25 07:16 ] [ 編集 ]
ありがたいです
男塊世代様
お呼びし易くなって、大変ありがたいです。
やっぱり日本男子はオナゴに優しいわw
[ 2018/01/25 16:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: