FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  沖縄差別を叫ぶ者らが「自衛隊は差別してよい」とするダブスタを許すな

沖縄差別を叫ぶ者らが「自衛隊は差別してよい」とするダブスタを許すな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 3月11日、沖縄で石垣市長選挙がある。石垣は島嶼防衛の象徴的な土地で、この市長選では石垣への自衛隊配備が争点となる。自衛隊配備はもともと、一昨年の9月に市議会で「石垣島への自衛隊配備を求める決議」可決されているのだが、プロ市民の抵抗が激しく、この問題が再び争点化されようとしている。昨年は、プロ市民らが進めた「陸自配備に反対する署名」が1万4千筆集まったと報じられたが、ダブルはおろかトリプル記載の署名が確認され、水増しであったことが発覚。手段を択ばぬ妨害活動が横行している。

 今年に入り、八重山毎日新聞のコラム「不連続線」に、上地義男なる人物(多分、同紙編集長)の文章が掲載された。その中に、自衛隊配備に反対する文脈で、「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される。」という部分があり、ネットで大きな批判が起きた。八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、自衛隊隊友会八重山支部ら3団体から連名で毎日八重山に、記述の撤回と謝罪を求める抗議が行われたそうだ。一週間後、上地は同じコラムで、こう居直った。

▼冒頭に申し上げるが、3団体が抗議の理由としている「自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろにしている」との意図は全くないし、従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない▼沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ▼そこで石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述したまでのことだ▼従ってそこに自衛隊や自衛官、その家族の尊厳や職業選択の自由をないがしろにするという意図は全くない。むしろ安保法制定で自衛官が殺し殺される危険な戦場に駆り出される可能性が高まったことを憂え、同じ人の親として危惧を感じている▼ただ抗議があったということは自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい。


 上地本人が「謝罪の意思は全くない」と断言しているから、今後も謝罪、撤回はないだろう。これは明らかに自衛隊および自衛隊員に対するヘイト記事であり、このような自衛隊差別を容認する新聞社は、朝日と同じ便所の落書き程度のもので、とてもじゃないが言論機関とは言えない。

自衛隊石垣配備に反対する集会
北朝鮮マスゲームさながら?自衛隊石垣配備に反対するプロ市民ら


 自衛官が不祥事を起こすと、寄ってたかって左派系メディアが取り沙汰するから目立つのだが、実は自衛隊員の刑法犯率は日本在住者の1/23という、驚異的に少ない数値であることを証明した方もいる。上地は「自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通り」と言っているが、これは自衛官を絶対悪と見做す偏向であり、事実に基づいていない。明らかに「自衛隊差別」なのだ。

 拙ブログでは2011年の震災の後、被災者のために昼夜問わず奮闘する自衛隊について、「自衛隊に名誉を。 そして彼等に敬意と地位を。」という記事を書き、その中で「雫石事件」、「なだしお事故」、「多賀城事件」といった例をあげ、自衛隊ヘイトを是とする偏向メディアを批判した。左派系のメディアでは、『歴史的』に、自衛隊差別が堂々と行われてきたのだ。私は安倍総理の改憲案には反対だが、自衛隊の地位を今のままで置いておくことには強く反対する。彼ら自衛官も、同じ国民なのだ。そして、同胞のために命を張る、我々国民の英雄だ。

 沖縄に対する差別を声高に叫ぶ在沖メディアが、自衛隊だけは差別の対象として許されると考えていることが、上地の「不連続線」に滲み出ている。石垣市長選は保守系が分裂するとの噂もあるが、自民党はきっちりと調整し、中山市長の再選に向け、抜かりない対応を望む。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/20 07:19 ] メディア | TB(0) | CM(5)
「戦争に対する反省」「生命尊重」という尤もらしい名目が、彼らの軍事アレルギーの根源です。軍事に関わると論理的思考を無くし、原因物質(アレルゲン)は時に国家・歴史認識にまで範囲を広げます。この症状を持つ者の中には、原発を含むエネルギー問題、人権問題等でも異常反応を示すことが多く見られます。

その異常反応メカニズムは大きくわけて3つあり、①刷り込み(インプリンティング)、②失認、③癌化の順で重症化・深刻化します。
①刷り込みは、動物が生まれて初めて見た動くものを親と認識する本能行動と同様のものです。ある意味、何も考えず、学習せずに生きている証左となります。動物のそれと同様、後天的学習により改善する余地があります。
②失認は高次機能障害であり、今回のような自衛官の人権無視のように、特定のモノを認識できない障害です。その治療は難しく、また患者が自己の障害を認識していない場合が多い為、リハビリテーションによるQOL、ADL向上も困難です。
③癌化は、患者自らが日本社会を攻撃する細胞と変異してしまうことで、根治困難のため摘出が勧められます。近年の研究により癌化メカニズムにはコミュニズム目に属する中共ウィルス、GHQウィルス等が深く関与していることがわかっており、好発部位として朝日などのメディア、大学などの教育機関、自治労などの労働組合があります。
[ 2018/01/20 09:37 ] [ 編集 ]
↑ すごい!
素晴らしく簡潔で明快な解説だと思います。

絶賛です。
[ 2018/01/20 10:44 ] [ 編集 ]
中国の脅威を取り除いてこそ、沖縄県に平和は訪れる。
>彼ら自衛官も、同じ国民なのだ。そして、同胞のために命を張る、我々国民の英雄だ。

…自衛隊は、国際法上の軍隊や軍人として、憲法で定義すべきだ。国軍(国防軍)ではない民間人の自衛隊は、どうやって、外国の軍隊と軍人から、守るべき国土と国民を守るというのだろうか。

日米安保によるアメリカ軍頼みの現状は、主権国家としては望ましくないが、アメリカ軍の機先を制する先制攻撃なくして、日本国の防衛は不可能という現実は、沖縄県民だけではなく、日本人として国民全体として理解すべきことではないだろうか。

自衛隊は民間人だから、撃たれてから自衛で撃て…これでは、先の戦争の特攻と、本質的には変わらない。自衛隊員にとっても、守るべき国民にとっても、共に闘う同盟国にとっても、望ましくない作戦状況といえるだろう。まず、有事の際、自衛隊は国軍(国防軍)として動けるように、改憲や特別法の制定は、国政に携わる政治家の仕事として、急務ではないだろうか。

沖縄県の翁長県知事は、沖縄県の尖閣諸島を、一体どのように考えているのか。沖縄県知事として、記者会見や記者の取材などで、立場と見解を、明確に表明すべきだろう。

先日、沖縄県の尖閣諸島の領海を、中国が侵犯した事件が報道されていたが、沖縄県知事の翁長さんが、抗議の意思を示さずに沈黙しているのは、沖縄県知事としての職責を放棄しているように見える。米軍のヘリコプターを批判する前に、沖縄県で頻繁に訓練をしなくても済むよう、沖縄県の安全確保を優先した政治、つまり、中国へ沖縄県への軍事行動をやめるよう抗議すべきではないだろうか。

アメリカ軍による事件や犯罪は、残念なことだと日本国民の多くが思っている。あえて、デモやシュプレヒコールをして煽るのは、中国や韓国などが、沖縄県を政治利用する意図を感じる。

沖縄県で、自衛隊とアメリカ軍による沖縄県民との交流イベントを、もっと増やしてはどうだろうか。例えば、北海道の札幌雪まつりでは、自衛隊による雪像づくりが行われている。沖縄県の美ら海で、自衛隊とアメリカ軍は協力して、何か沖縄県のためになるようなイベントをできないだろうか。
[ 2018/01/20 12:17 ] [ 編集 ]
金太郎飴
八重山毎日のご紹介の記事は、まるで朝日が小川榮太郞氏を訴えた文章の「安倍総理が関与したとは書いていない」にそっくりな腐った言訳ですね。

基地が無ければ沖縄に性犯罪や強盗事件は一件も起こらない。とでも言いたげな文章展開ですが、管理人様の上げられた自衛隊犯罪率を観ると、反射的に、日教組教職員の犯罪はどれぐらいなのだろ?と野次馬的考えをしてしまいます。
最近はメディア勤め人の犯罪も報じらること少なく無さそう。

「自衛隊に関わる新たな犯罪や事故が当然予測される」ですか。「当然」?
起きなければ起こして仕舞えホトトギス。でしょうかね。

自衛隊が如何に国民の為に働き自衛隊のみが出来る貢献は貴重で大きい、という事実は無視して、如何にも事件事故の災いの元の様な書き方。
今や新聞社は、他と比較にならない程その報道により自国民への害を撒散らしている事の自覚は無いのか?

中山・石垣市長の再選を切に切に祈ります。


最高裁で「内閣機密費の開示」に初判断が出たそうですが、この訴訟は”市民団体メンバー”が国の行政文書の開示を求めたもので、訴訟の対象は
 安倍晋三官房長官時代の、平成17年10月~18年9月
 河村建夫官房長官時代の、同 21年9月
 菅義偉官房長官就任後の、同 25年1月~12月
以上三件の出費に関する文書。
この市民団体は、何故か河村氏と菅氏の間の、民主党時代の機密費の使用文書開示は求めていないのが、あからさま過ぎて嗤えます。

朝日と言い、地方毎日と言い、市民団体と言い、まるで金太郎飴の如き一方方向思考です。飴との違いはマズイだけ。
[ 2018/01/21 01:33 ] [ 編集 ]
自衛隊を
自衛隊を「移民」に置き換えたら
差別って言いだす方に100万円
賭けてもいいけど、恐らく賭けが
成立しないw
[ 2018/01/21 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: